ダイエット

オレンジジュースのカロリーを知る。ダイエット中で飲むときの注意点

オレンジジュースに含まれる栄養素は、たいへん貴重で日々の生活に必要なものが多いです。ダイエット中にオレンジジュースを飲んでも大丈夫なのか?栄養吸収のいい飲み方とは?などの基本的な栄養素と、レアな栄養素まで詳しく見ていきましょう。

太らないオレンジジュースの飲み方とは

オレンジジュースはとても美味しい飲み物で、子供から大人まで人気のあるジュースです。またその酸味がビタミン豊富!栄養も豊富!という気分にさせてくれますね。今回はオレンジジュースを飲むことはダイエット中に可能なのかどうか、そして太らないオレンジジュースの飲み方とは、などについて掘り下げていきます。さらに、オレンジジュースのカロリーがどの位あるのかについてもみていきます。

オレンジジュースに含まれる栄養

ここでは、オレンジジュースにどのような栄養が含まれているかについて、詳しく見ていきましょう。ダイエットをしている人も是非参考にしてくださいね。

美容効果が高いビタミンC

オレンジジュースには美容効果が高いビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは抗酸化物質の一つです。免疫力を強化したり、美容面ではコラーゲンを作ることができたりと優れた効果を見せてくれます。コラーゲンは美容面だけでなく不足すると血管がもろくなって内出血を起こしたりしますので、摂取は非常に大切です。体内の新陳代謝を促して、抗ガン力や、鉄分吸収力を高めたりとさまざまな効能を発揮します。

【参照リンク:https://calori.jp/eat/post-17459/?】

疲労回復効果があるクエン酸

オレンジジュースに含まれるクエン酸は疲労物質の元である乳酸を早く代謝する働きをするので疲労回復が非常に早いです。また、体にカルシウムの吸収をするのを助けたり、キレート効果といってミネラル吸収を促進する力を持ったりする大切な栄養素です。

【参照リンク:https://macaro-ni.jp/19923?】

血流を良くする葉酸

オレンジジュースには葉酸(ビタミンB9)が豊富に含まれています。葉酸もビタミンの一種です。DNAや細胞の生成に欠かせない栄養素で、妊娠中の人には特に必要な成分です。新しい血液細胞を作り、血液が全身に行きとどくよう血流を良くする働きもあります。

【参照リンク:http://biofloresta.jp/blog/?p=1264?】

むくみ対策に効果的なカリウム

カリウムには、細胞の浸透圧をナトリウムとともに維持・調整する働きがあり、摂取することで余分な水分やナトリウム(塩分)を体の外に排出してくれます。また、余分な水分が排出されることがむくみ対策につながっていて、ナトリウムを排出することで高血圧を改善する手助けをしてくれています。神経刺激の伝達や心臓機能、筋肉機能を調節する効果も認められています。

【参照リンク:https://macaro-ni.jp/19923?】

オレンジジュースのカロリー

オレンジジュース1杯(200ml)にカロリーはどのくらい含まれているのでしょうか?

100mlあたり約43kcal

オレンジジュースのカロリーは100mlで43kcal。500mlで214kcalです。ジュースで飲むと大体200mlですから1度に86kcalを摂取することになりますね。

他の飲み物と比べて低カロリー

アップルジュースは100gあたり約44kcal、牛乳は約67kcalとオレンジジュースが約43kcalですからフルーツジュースとしては平均的ですが比較的低カロリーな飲み物ですね。しかし果糖が多いので残念ながらダイエットには向いて飲み物と言えるでしょう。

【参照リンク:https://calori.jp/eat/post-17459/?】

オレンジジュースの糖質はどのくらい

オレンジジュースの糖質はおおよそ100mlあたり10g前後。コーラの糖質が100mlあたり11.4gであるため、この数値は比較的高い方であると言えます。糖質制限中や摂りすぎには注意が必要です。

【参照リンク:https://shiru2.jp/toushitsu/4234/?】

カロリーオフのオレンジジュースにも注意

ゼロカロリーやカロリーオフと表記されているものであっても、人工甘味料が含まれており、飲みすぎては太ってしまうため注意が必要です。

また、加工されたオレンジジュースからは100%天然果汁オレンジジュースと同量の栄養が取れるとは限りませんので、カロリーオフのジュースを飲んだからといって、必要な栄養も取れたと勘違いしないように気をつけた方がよいでしょう。

【参照リンク:https://coregano.me/article_7227/?】

オレンジジュースで太らないためのポイント

オレンジジュースには2種類あるのをご存知でしたか?天然果汁100%と濃縮還元100%です。どちらがどう違うのかについて知っておきましょう。

濃縮還元ジュースに注意

濃縮還元ジュースはどのように作られているかご存知ですか?濃縮還元ジュースは産地で収穫された後、水分を飛ばして4?5分の1にまで圧縮されます。それから日本に輸出されて元の100%ジュースまで戻し、糖分やクエン酸などを足して天然果汁に「近い」味にするのです。

天然果汁はオレンジの果実を潰してジュースにしたもので、添加物などは入っていません。どちらが体に良い栄養を持つのか?と言えば、天然果汁の方が断然体に良いことがわかります。結論として、値段が安くても濃縮還元ジュースには添加物や糖分が多く含まれるためダイエット中や糖質制限中の人は注意が必要です。

【参照リンク:https://crossptt.com/huruju-87?】

天然果汁100パーセントのジュースを選ぶ

天然果汁100%のオレンジジュースには砂糖や添加物が含まれないため比較的太りにくいです。ですが、ダイエットで飲むのでしたら「生搾り」のオレンジジュースが1番。1回にオレンジ2個を目安に絞って飲んだ方が新鮮で、ダイエット効果も上がりそうな気がするものです。

しかし天然果汁100%のオレンジジュースカロリーが高いということを考慮して、1度にはたくさん飲まずに1日に何度かに分けて飲むと、栄養吸収という面から見ても効果的なのです。

【参照リンク:https://calori.jp/eat/post-17459/?】

おすすめの100%オレンジジュース

天然果汁100%オレンジジュースのお勧めを選んで見ました。選定基準は果汁100%で濃縮還元ジュースではない(天然果汁である)ことです。

伊藤農園 100%ピュアジュースきよみ

モンドセレクション最高金賞受賞の素材の味が楽しめる無添加のストレートタイプジュース

きよみというのは「清見」という温州みかんとオレンジのハーフ種の果実の名前です。

JA全農えひめ ブラッドオレンジジュース

宇和島産のブラッドオレンジを使った安心安全なストレートタイプのオレンジジュースです。ブラッドオレンジは果肉が血のように赤いオレンジでジュースも血のように真っ赤です。で、ジュースも赤いのですが、基本的な栄養価は普通のオレンジと同じです。

ブラッドオレンジは普通のオレンジよりも抗酸化物質、アントシアニンを含んでいるところが違うのです。アントシアニンはブルーベリーに多量に含まれている抗酸化物質でその為にブラッドオレンジも赤い色になっているのです。

アントシアニンは目に良いと言われています。ロドプシンという目の疲れなどに効く物質を助けているのがアントシアニンだからです。主に眼精疲労の回復と視力を回復させる効能があり、網膜の毛細血管の保護や強化と血液循環を向上させる効果や、角膜・水晶体などに含まれるコラーゲンを安定させる効果があります。

【参照リンク:http://www.ja-town.com/shop/g/g7201-2091100/?】

むそう商事 オーガニックオレンジジュース

オーストラリアで栽培された有機オレンジを収穫後すぐに圧搾して作った無添加のジュースです。有機栽培されたオレンジを絞ったもので、独特の酸っぱさと甘さを感じることができます。

【参照リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/B000FQVTXQ?tag=mybest_presses_3472-22?】

オレンジジュースで健康になろう

オレンジジュースだけを飲んで痩せるダイエットというのはちょっと難しいようですが、健康に良い栄養素が入っている貴重なジュースであることがわかりました。高血圧や眼精疲労・目のピント調節機能、老廃物の排出など、体に不可欠な働きをする葉酸やカリウムが含まれているのも高評価ですね。

これらの栄養の中には中々体内に取り込むのが難しい栄養素もありますので、できれば搾りたてのオレンジジュースを1日に何回かに分けて少しずつ飲むと栄養の吸収も高くなるので是非お試しください。”


関連記事