ダイエット

スープダイエットはストレスフリーでおすすめ|おすすめメニューも紹介

スープダイエットは、脂肪燃焼スープとも呼ばれていて身近な野菜を使って誰にでも簡単に作れるダイエット食です。基本的なスープの作り方やアレンジレシピをあげながら、短期間で確実に効果を出す進め方のルール、注意点などをご紹介していきます。

おすすめのスープダイエットを教えて

スープダイエットは、糖質や脂質を抑えながら、食物繊維をたくさん摂取できるので、腸内環境の改善によって便秘解消などの効果も期待できます。

1週間という短い期間で、簡単なルールに沿って行うだけで、普通でも2~3㎏、多い場合でも8㎏の減量が可能な満腹感があるスープダイエットです。

おいしく食べられるスープダイエット

野菜がたくさん入ったスープを取ることで、空腹感からくるイライラなどのストレスを感じることなく進めることが出来ます。置き換えダイエットや短期間のプログラムで集中して結果を確実にだす方法などのパターンがあるので、自分に合った方法をみていきましょう。

罪悪感なく食べれるダイエット

スープダイエットは、食べることへの罪悪感なく好きなだけスープが食べられます。

スープに入る基本的な野菜は、キャベツ、セロリ、トマト、玉ねぎ、ピーマン、人参の6種の野菜です。

野菜で作ったスープなので、空腹感からのイライラなども軽減されるので挫折されやすく、食材を変えることでアレンジもできます。

7日間で結果が出やすい

野菜だけで作るスープは低カロリー(160~200kcal)なので、一週間行うだけでも効果が出やすいです。

しっかり食べることでデトックス効果、脂肪燃焼効果がアップします。また、血液やリンパの流れもよくなるので、新陳代謝もよくなり、美肌効果につながります。

スープダイエットの効果.

食べれば食べるほど、効果が出やすくなる「スープダイエット」は、たくさんの野菜を取ることで食物繊維を摂取。そのため腸内環境が改善され便秘の解消になり、新陳代謝がアップされ、体質改善にも効果があります。

腸内環境の改善で新陳代謝がアップ

野菜スープの野菜に含まれている食物繊維は腸内の善玉菌のエサになり腸内環境の改善に役立つ作用があります。善玉菌が増えると老廃物や毒素が排出され、デトックスの効果がより高まります。

その結果、血液やリンパの流れがよくなり、冷えやむくみなどの解消につながります。

むくみ解消や美肌効果

スープダイエットをすると、老廃物のなどの排出機能が正常になり、むくみ解消や美肌効果につながります。

むくみは老廃物の蓄積により血流やリンパの流れが悪くなっておこる症状です。排出機能が正常に行われていないと、毒素を体内に留めておくことになり肌トラブルの原因になります。

スープダイエットに使われるトマトや人参、セロリなどには、利尿作用のあるカリウムが豊富に含まれているのでデトックスに効果があります。

カリウムは水や加熱により栄養素が失われやすい性質がありますが、流れ出てしまう栄養素はスープとして飲めることで摂取ができるのが、スープダイエットの利点でもあります。

その他、基本の野菜にも解毒作用のある玉ねぎ、食物繊維豊富なキャベツ、活性酸素の除去する抗酸化作用を含むピーマン(パプリカ)なども含まれています。

1週間で結果が期待できる脂肪燃焼スープダイエット.

短期間で減量したい場合でも、スープダイエットは、簡単なルールと食事を進めることで、必ず結果が出る方法です。詳しいレシピやルールなどを紹介します。

医療機関で行われたダイエット

手術前の患者を安全に減量するために考えられたのがスープダイエットです。アメリカの医療機関でも行われているメニューです。

体に取り入れるカロリーより多くのカロリーを燃焼させることが1番のポイントです。そのため「デトックス効果」「簡単に作れるもの」「手軽にいつでも食べることができるもの」として「スープ」になったといわれています。

トマトベースの野菜たっぷり脂肪燃焼スープのレシピ

脂肪燃焼スープの基本レシピ

  • キャベツ.1/2~1/4
  • ?セロリ??1本
  • ?ピーマン(パプリカ)1個
  • 玉ねぎ.1個
  • ニンジン.1本
  • ニンニクやしょうが.各1かけ
  • チキンスープ.1L
  • トマトの水煮.1缶
  • ココナツオイル.大さじ1(お好み)
  • 唐辛子やハーブ、塩、コショウ.適量…

..作り方

  • 1.野菜を食べやすい大きさに切る(小さくすれば短時間で済みます)
  • 2.大きめの鍋に、1の野菜、スープの素、トマト(缶詰でも可能)を入れて野菜がひたひたになるくらいのお水をいれて煮る
  • 3.野菜が柔らかくなったら、塩コショウなどで味付けします。

.作り方はとてもシンプルです。基本レシピの材料(とくに野菜)は必ず入れるようにしましょう。

味付けのアレンジは可能ですが、まずは基本のスープ(塩味)から始めていきましょう。味付けのポイントは濃すぎないこと。少し薄めくらいに感じるくらいがよいです。

脂肪燃焼スープダイエットの1週間スケジュール

1週間と限られた期間で行う場合、食事の取り方のルールを守ることで確実に結果を出すことができます。

脂肪燃焼スープダイエットのルールは簡単なことばかりなのでしっかり守り進めていきましょう。

量や時間帯に決まりはありませんが、必ず脂肪燃焼スープを毎日に飲むようにしましょう。

【1日目】バナナ以外のフルーツOKの日

フルーツはバナナ以外であればOKです。水分も水か、果汁100%ジュース(甘味料の入っていないもの)は可能です。結果をしっかり出すのであれば、水分は水にするとよいです。

【2日目】野菜のみOKの日

2日目は野菜スープの他に摂取するのは野菜だけにします。

  • 油を使わない調理方法
  • 豆とスウィートコーン、芋以外のお野菜は何を食べてもOK
  • 果物はNG
  • 夕食時にベイクドポテト(少量の油)は食べても可能

【3日目】フルーツと野菜がOKな日

スープ、野菜、果物は好きなだけ食べてもOKです。(ベイクドポテト・バナナはNG)

食物酵素がたっぷり含まれているフルーツは朝~午前中に摂取することがおすすめです。食物繊維やカリウムが豊富なフルーツを早い時間帯にとることで、デトックスにも効果があります。

フルーツに含まれている果糖は朝~午前中であれば蓄積することがないので、積極的にこの期間も取りましょう。

また、この期間に「頭痛」等の不快感がでることがあります。これは「ケトン体」(脂肪分解物質)が、血中に出ている状態で、食べ物から糖質が入ってこないことで体内脂肪を燃やしているときの状態のときに起こります。

【4日目】バナナとスキムミルクがOKな日

  • バナナ.3本
  • 無脂肪ミルク(スキムミルク)500ml

.カリウムや炭水化物、タンパク質、カルシウム不足など、体内に補充する期間になります。バナナはカロリーが高く、炭水化物、タンパク質の摂取と食物繊維が豊富なので便秘の解消にも効果があります。

スキムミルクもバナナと同じ成分が含まれています。スキムミルクがない場合や苦手な場合は「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」で代用してもOKです。

スープはもちろんですが、水は十分に取るように心がけましょう。

【5日目】肉とトマトがOKな日

  • スープ
  • 赤身牛肉、鶏肉、煮魚…350g~700g(量が多いのでわけて食べましょう)
  • トマト…6個(最大)

肉か魚は油を使わないようなメニューで食べること。鶏肉ならばムネ肉。魚であれば煮魚など生のトマトを用意しましょう。

そのまま食べたり、肉や魚のソースや付け合わせとして食べてもOKです。またトマトは熱を加えることにより栄養価が高くなりますので、スープにさらに加えてもよいです。

4日目、5日目になると、急激な摂取量の変化により脂肪分解の時にケトン体が血液中に増えて尿酸が排出されにくくなります。そのためには、この時期には水もいつもより多く取ることが必要です。..
.

【6日目】牛肉と野菜がOKな日

牛肉はできるだけ赤身のもので、ひれ肉やランプ肉などがおすすめです。牛肉の摂取量に制限はとくにありませんが、2~3枚のステーキ、焼き肉でもOKです。

  • 味付け…ステーキソースやたれなどは使用しないこと。しょう油や塩コショウなどシンプルな味付けで素材を楽しみましょう。

スープダイエット中、たんぱく質が不足していきますので、補うために牛肉をしっかり食べましょう。

・野菜の摂取…コーン、芋、豆以外のものを食べましょう。

・野菜スープ…必ず1杯は食べること。また味付けに飽きてくる時期です。アレンジを加えてみましょう。

【7日目】玄米と野菜とフルーツジュースがOKな日

玄米…摂取量の制限はありません。胃の負担を避けるために3回くらいにわけて摂取していきます。(腹八分目を目安に摂取します)

野菜スープ…必ず1杯は取ること。また味付けのアレンジは可能です。

野菜、甘味料の含まない果物ジュースは摂取は可能です。(水分はお水でも十分です)

※玄米が苦手な場合…白米より硬く、よく噛む必要があります。そのため満腹感も得れます。リゾット風にして摂取してもいいでしょう。

おすすめダイエットスープ.

脂肪燃焼スープダイエットを続けていくと、同じ野菜と同じ味付けでは飽きてきてしまうこともあります。味付けを少し変えたり、ほかの野菜を加えてみたりとアレンジを加えて行うことができます。いくつかアレンジレシピを紹介していきます。

栄養バランス満点の豚汁

少量の油で豚肉を炒めてコクを出すことがポイントです。

材料(5~6杯分)

  • 豚バラ肉…200g
  • にんじん…1/2本
  • 長ネギ…1本
  • 大根…1/4本
  • ごぼう…1/2本
  • 厚揚げ豆腐…1/2枚
  • つきこんにゃく…100g
  • サラダ油(炒め用)…大さじ1
  • だし汁…(水1000ml+顆粒和風だし大さじ1でも可)…1000ml
  • しょうゆ…大さじ2
  • みそ…大さじ3~4
  • ごま油(仕上げ・お好み)…小さじ1

..作り方

  • 1.大根、にんじんは皮をむいていちょう切りにし、ごぼうは皮をむき斜め薄切り、長ネギは小口切りにします。
  • 2.厚揚げ豆腐は食べやすい大きさに、豚肉は幅2㎝ほどの食べやすい大きさに切ります。
  • 3.鍋にサラダ油をいれて中火で豚肉を炒めます。
  • 4.豚肉の色が変わったら、厚揚げ豆腐以外の具材を固いものから順に炒めます。
  • 5.全体に軽く炒めて出汁をいれて煮立ったらアクを取ります。
  • 6.弱火にして厚揚げ豆腐を加えて10分煮込みます。
  • 7.調味料(しょう油.みそ)を加えて軽く煮込んだら出来上がりです。

.※大豆が原料のみそにはダイエット効果のある成分が多く入っていますので積極的に取り入れたいアレンジレシピです。

ごろごろ野菜のポトフ

大きめに野菜をカットして煮込むと食べ応えのあるスープになります。また多めに作り翌日に味を変えてみることで楽しく食べられるスープのひとつです。

材料(4~5人分)

  • ベーコン…100g
  • じゃが芋(なくても可)…3個
  • 玉ねぎ…1個
  • にんじん…1本
  • 大根…10㎝
  • キャベツ(白菜でも)…3~4枚
  • オリーブオイル(サラダ油)…大さじ2
  • コンソメ…3個
  • ウィンナー(あれば)…6本
  • 塩コショウ・パセリ…少々

.作り方

  • 1.鍋にオリーブオイルを入れベーコンを軽く炒める。
  • 2.炒めたらお好み大きさに切った野菜をすべて入れる。
  • 3.オイルが全体に回ったらかぶるくらいのお水とコンソメをいれて柔らかくなるまで煮る
  • 4.塩コショウで味をととのえます。(ウィンナーを入れる場合はここで)最後にもう1度煮たたせたらできあがり。
  • 5.器に盛ってお好みでパセリを飾ります。

.※ポイント

  • キャベツを白菜に置き換えても可。
  • スープは多めにして煮込むのがポイント。
  • キノコ類などを加えても食感がかわり美味しく食べられます。

ピリ辛アレンジのキムチスープ

キャベツやそのほかの脂肪燃焼スープの具材が足りないときにも簡単に作れる志望燃焼スープのひとつです。

材料(2人分)

  • きのこ(えのき.しめじ.シイタケ.マイタケ等)…適量
  • もやし…1袋
  • キムチ…100g
  • 水…700cc
  • 木綿豆腐…1/4丁
  • キャベツ(あれば)…1/8
  • ダシダ(なければ顆粒和風だし、鶏がらスープの素)…小さじ1
  • コチュジャン…小さじ1
  • 豆板醤…小さじ1
  • みそ…大さじ1
  • カットワカメ…適量

.作り方

  • 1.もやしは洗って水きりをしておく。キノコ類は食べやすいように切って、キャベツはザク切にしておく。
  • 2.豆腐は一口大に切っておく。
  • 3.鍋にごま油をいれてキムチを軽く炒めたら、もやし以外の材料と調味料を入れて沸騰したらもやしをいれて、さらに20分煮込みます。
  • 4.カットワカメをいれたあと、味をととのえます。

人気のまいたけダイエットスープ

まいたけには食物繊維とさらにまいたけだけに含まれている「MXフラクション」という不溶性の多糖類です。

効能は体内の中性脂肪や血液中の悪玉コレステロールの分解を促進させることです。これによって代謝があがり体内の内臓脂肪の減少や脂肪をため込まない体になるといわれています。

マイタケとたまごのスープ

材料(1人分)

  • まいたけ…20~30g
  • たまご…1個
  • ネギ…5㎝
  • 水…250cc
  • 鶏がらスープ…小さじ1
  • しょうゆ…小さじ1
  • 塩こしょう…適量

.作り方

  • 1.鍋に水と鶏がらスープをいれて火にかけます。
  • 2.一口サイズにしたまいたけと輪切りに切ったねぎを入れてひと煮たちします。
  • 3.卵を溶いておき、流しいれて.ゆっくり混ぜます
  • 4.しょう油、塩コショウで味をととのえます。

食物繊維たっぷりのもち麦のスープ

もち麦は白米の22倍の食物繊維が含まれていて、食べ応えのある食感で食欲抑止や便秘解消などの効果があります。

もち麦の、水溶性食物繊維・βグルカンには「満腹感を維持する作用」があります。

またもち麦には「デブ菌」といわれるファーミキューテス菌を抑える肥満防止効果が高いといわれています。もち麦に含まれる「βグルカン」にはこのデブ菌を抑制、減少させる作用があるためです。

大根と白だしの和風リゾット

材料(1人分)

  • もち麦…1カップ
  • 白だし…小さじ2杯
  • 大根(根と葉)…1/4本
  • 白菜…2~3枚
  • 水…200ml
  • ピザチーズ(お好み)

作り方

1.炊飯器にもち麦を1カップ入れて180mlの水で炊きます。

2.白だし、もち麦.大根、白菜、水を入れて火にかけます。

3.沸騰したら弱火で10~15分煮込む

※チーズは火を止める2~3分前にふりかけるのがおすすめです。大根は成分の50%以上が水分なので低カロリー。また便通改善、代謝アップの効果もあります。

夜だけ行うスープダイエット

短期間で効果が出る脂肪燃焼スープダイエットですが、ストレスなくゆっくり進めていける「夜だけスープダイエット」も、注目を浴びています。短期間でのメニューでは難しい場合、1食(夜のみ)置き換えてのダイエットに挑戦してみましょう。

スープを夜だけ飲む

夕食だけを脂肪燃焼スープにする置き換えダイエットでも十分に効果があるといわれています。

短期間での集中ダイエットでは、確実に痩せることが出来ても、途中体調に違和感が起きたり、時間的に難しいことなどで挫折しやすい部分もありました。

朝と昼の食事は普通にとり、夜だけを脂肪燃焼スープに置き換えることにより、消費されにくい摂取カロリーを抑えることで、ストレスなく続けられるメリットがあります。

夜の置き換えでも痩せる

夜だけを脂肪燃焼スープに置き換えることで、カロリーを抑えらることで十分に痩せることができます。

朝と昼の食事では、肉、魚、炭水化物など取ることもできます。短期のようなさまざまなルールに縛られることがないため、ダイエットへのストレスが減り、継続しやすいのが最大のメリットです。

しかし、結果が出るまでには時間がかかることや、夕食を置き換えにすることで、朝昼の食事の量を多めに摂取してしまうデメリットもあります。

夜だけの場合でも「基本のスープ」は変わりません。もちろんアレンジをすることも可能です。

ダイエットスープのストック方法

脂肪燃焼スープは、1回に多めに作って小分けにして冷蔵、冷凍にストックしておけます。小分けにしておけば、使いたい分だけ取り出してすぐ食べることができますのでおすすめです。

保存方法や保存期間を守れば、その間にお弁当や外出時にも手軽に食べることができます。

粗熱が取れてから冷蔵庫へ

多めに作ったスープは冷蔵庫(冷凍庫)での保存が可能です。1番の注意点は、「必ず粗熱を取ってから保存すること」です。

保存する場合は、タッパーやジップロックなどで小分けにしましょう。

保存の期間は、およそ3日~1週間ほどできますが、季節や気温などで変わることが多いので、食べたときにすっぱい感じがしたら捨てるようにしましょう。

3日くらいで食べきってしまう場合、鍋のまま保存する場合には、必ず火をいれること。(食べきるまで、その都度行いましょう)。

正しい冷凍保存方法

粗熱を取ったスープは、ジップロックなど冷凍保存ができるものに、小分けにしておきましょう。

小分けにしておくことで、食べたい分だけ取りだしてレンジで解凍すればすぐたべることができます(お湯であたためることもできます)アレンジするときも簡単にできます。

また外出時の持ち運びにも便利です。お弁当と一緒にもっていくことも可能です。

冷凍保存の期間は約2~3週間ですが、変色してしまったり、解凍後のにおいに違和感があった場合は食べないように処分しましょう。

スープダイエットのルール

脂肪燃焼スープダイエットは、決められたスケジュール通りに行っていく中で、いくつかのルールがあります。それらをしっかり守って進めていけば、比較的、結果がでやすいダイエットです。

  • アルコールは脂肪の燃焼の妨げになるので禁止です。
  • 甘味料、炭酸飲料は摂らない。糖分制限中にはとくに気をつけましょう。
  • 食事必ずスープから1杯以上必ず取りましょう。
  • 脂肪燃焼スープダイエットは連続7日以上禁止
  • 糖質制限やカロリー制限になっていますので再び行う時には最低でも2日以上あけること。

色々なスープでダイエットを楽しもう

脂肪燃焼スープダイエットは、ほかのダイエットに比べて手軽にできることがメリットです。1週間決められたルールを守って行えば、必ず結果がでるダイエット方法です。運動が苦手な人や、特に費用が高くなくチャレンジすることができます。

7日間と短い期間でおこなう中で、たんぱく質が不足することになります。そのため筋肉も失われていくので、何度も繰り返していくうちに基礎代謝が低くなるため痩せにくい体になってしまうこともあります。

また、効果の高い脂肪燃焼スープダイエットは、確実に痩せることのできるダイエットです。自分に合ったペースで短期・置き換えなどアレンジを加えながら、美味しく食べながら結果を出していきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール