健康・運動

レモン入りデトックスウォーター。魅力的な効果とその作り方

話題のデトックスウォーター。中でもレモン入りデトックスウォーターは、香りも良く飲みやすい上にさまざまな効果が期待できます。レモン入りデトックスウォーターで日々の水分補給から栄養素をチャージして、美容と健康に役立てください。

レモンのデトックスウォーターを試してみたい

水分補給の定番となりつつあるデトックスウォーター。さまざまなレシピがありますが、中でもレモン入りのデトックスウォーターがとても多いです。レモンに期待できるデトックス効果とはどのようなものなのか、また、デトックスウォーターの注意点なども詳しくチェックしていきます。

レモンのデトックスウォーターとは

毎日の水分補給の定番になりつつあるデトックスウォーター。レモンのデトックスウォーターを試してみたいという方や、普段から飲まれている方にも改めてデトックスウォーターのよい点や注意点を掘り下げてみました。

水のデトックス効果にレモンをプラス

美容と健康にはお水を飲むことがとても重要です。飲み過ぎてしまうと水中毒という低ナトリウム血症などを引き起こしてしまい体を壊してしまいますが、適切な量を飲めば代謝を上げ、体の毒素を排出する働きがあります。

ここで注意が必要なのが、水分補給にカフェインなどが含まれたお茶を飲むこと。お茶に含まれるカフェインは利尿作用があるため、余計に体内の水分が奪われてしまう恐れがあります。水分補給にはノンカフェインが鉄則です。大切な水分補給の中でも注目されているのがデトックスウォーターです。

デトックスウォーターとは、スムージーや野菜ジュースのように食材を圧縮やミキサーして飲むのとは違い、果実やハーブ、野菜などをお水の中に入れたものです。レモン入りのデトックスウォーターはレモンの栄養素と酵素をお水に溶け出させて効果をアップさせたもの。普通のお水を飲むよりさらなるデトックス効果が期待できます。

デトックス効果で有害ミネラルを排出する

体内で毒となる有害ミネラル。有害ミネラルとは主に水銀や鉛、カドミウム、ヒ素、アルミニウムなどの重金属を指します。有害ミネラルは食品だけでなく、大気や土壌、水道水にも含まれており、当然ながら体に害のあるタバコにも含まれています。有害ミネラルは生活をしていれば必然的に摂取されてしまう物質です。

有害ミネラルが排出されないと体内の酵素の働きが阻害されてしまい、本来代謝に使われるべきエネルギーが少なくなってしまいます。便秘などで太る原因はここにあります。有害ミネラルの多くは尿や便によって排出されます。野菜や果物などには食物繊維やビタミン、ミネラルによるデトックス作用があり、普段からこれらをしっかり摂ることで自然と排出されていきます。

デトックスウォーターはそれらの効果を得られる手段のひとつとして近年注目されているものです。ミランダ・カーなどのモデルや海外セレブなどが愛用していたことからその存在が広まりました。また、果物などが入った見た目が美しいことからインスタ映えすると話題になっています。

期待できるうれしい効果

続いてレモン入りのデトックスウォーターに期待できる効果を見ていきましょう。

クエン酸による疲労回復

レモンにはクエン酸が含まれています。クエン酸とはレモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系に含まれています。また、梅干しにも多く含まれている酸っぱさを感じる有機化合物です。意見は専門家によって様々ですが、クエン酸はアミノ酸、ビタミンB群、乳酸と結合することにより運動機能を高め、疲労回復に効果が期待できるといわれています。

ペクチンによる腸内環境の改善

ペクチンとはセルロースと共に植物を形成している食物繊維の一種です。ジャムなどもったりしたテクスチャになるのはペクチンによる効果です。体内に入るとカルシウムなどと反応してジェル状に変化します。また、ペクチンにはケイ素が含まれています。美容情報などではシリカという名前で出ています。

シリカは腸内に溜まった老廃物と結びつく働きがあり、最終的に便として排出されます。シリカは老廃物と結びつくだけでなく、コラーゲン再生に重要なエラスチンやヒアルロン酸をサポートする効果があるので肌の弾力を保つためにも重要な物質です。

ビタミンCによる抗酸化作用

レモンに含まれるビタミンCは肌の老化を防ぐ抗酸化作用に優れています。またビタミンCはアスコルビン酸とも言われ、骨や腱、皮膚に重要なコラーゲンを生成するのに必須の化合物です。

タンパク質であるコラーゲンは、一度体内でアミノ酸に分解されて体内に吸収されます。そこから再びコラーゲンに戻るための再合成をサポートしているのがビタミンCだと言われています。上で述べたシリカと共にビタミンCは美容や健康にとても大切な役割をしています。

リモネンによるリラックス効果

リモネンは柑橘類果物の皮に含まれる精油成分。抗酸化力や免疫に役立つとされるファイトケミカルの一つです。ファイトケミカルとは、野菜やお茶、ハーブなど植物性の食品色素や香りなどの成分から発見された物質です。

リモネンが体内に入ると、脳からα波という脳波が分泌されるようになります。α波とは、ストレスなどによる緊張を緩和し、リラックス効果を与えてくれます。また、リモネンの香りは自律神経を整え交感神経を刺激させ、新陳代謝が活発になります。その作用により眠気覚ましにやリフレッシュ効果が期待できます。

レモンのデトックスウォーターのレシピ

様々効果が期待できるレモンのデトックスウォーター。その作り方はとてもシンプルです。ここからは作り方やアレンジ方法を掘り下げました。

材料はレモンと水のみ

1.煮沸した水と容器を用意する

水道水はなるべく使わず、やむ終えない場合は塩素などを取り除き、必ず一度沸騰させてから冷ましてください。使用する容器も雑菌の繁殖を防ぐために煮沸消毒をしてください。

会社などに持参する場合は、保冷性が高く、酸に強い容器をおすすめします。レモンには「ソラレン」という成分が含まれています。「ソラレン」には、光に当たると紫外線を体内に吸収しやすくする作用があるため、レモンの入ったデトックスウォーターでは透明な容器をなるべく避けましょう。

2.レモン半分~1個分を水に漬け4時間待つ

レモン半分~1個を適当な大きさに切り、水を入れた容器に入れ冷蔵庫で4時間待てばでき上がります。ビタミンCの適量はレモンですと1日1個が適量とされています。デトックスウォーターは栄養素が溶け出すまでに時間がかかります。したがって、就寝前に作ることをおすすめしています。冷蔵庫に入れておけば翌日朝に飲むことができます。

炭酸水やミネラルウォーターがマスト

水道水でも作ることは可能ですが、上で説明をした通り、水道水にも有害ミネラルが含まれています。それではせっかくのデトックス効果が弱まってしまいます。デトックスウォーターには代謝促進に効果のある炭酸水や水自体に栄養素を含んだミネラルウォーターが望ましいです。

好きな果物や野菜を加えてアレンジ

レモン入りデトックスウォーターで特にオススメするアレンジを見ていきましょう。

ショウガやシナモンを加える

レモンと同様に香りに自律神経を整える働きがあるショウガや高い抗酸化作用のあるシナモンをプラス。ショウガやシナモンには夏場の冷房や冷たい飲み物で冷えきった身体を温めてくれる働きもあります。自律神経が乱れがちな季節の変わり目などにもぴったりです。リフレッシュ効果の高いミントを加えれば爽やかさがアップします。

リンゴを加える

リンゴにはむくみを解消する効果のあるカリウムが多く含まれています。カリウムは熱に弱く調理をすると約30%が失われてしまいます。しかし、デトックスウォーターならリンゴを生のまま入れますのでカリウムを効率良く摂取することが可能です。座り仕事などが多く、むくみやすい方にはおすすめの組み合わせです。

レモンのデトックスウォーターの注意点

様々な効果の期待できるレモン入りデトックスウォーターですが、作る上での注意点があります。参考になさってください。

24時間以内に飲み切るようにする

市販されている飲料とは違い、自宅で作るデトックスウォーターは保存料などの添加物が一切入りません。健康のために作ったもので食中毒を起こしては本末転倒です。24時間以内に飲み切りましょう。また、夏場など気温の高い場所で痛む場合もありますので、長時間の放置には注意をしてください。

皮についた農薬や防腐剤に注意する

外国産レモンには防腐剤を使用されているものが多いため、なるべく国産のものを使うようにしましょう。国産でも農薬を使用しているものがありますのでよく洗ってから使いましょう。農薬が気になるようなら皮をむいてから使用することをおすすめします。

レモンの洗い方を二種類ご紹介します。

1.ボウル1杯の水に大さじ4杯の塩にレモン半個分のレモン汁を加えて10分間放置し、流水でよく洗い流します。

2.ボウル1杯の水に小さじ1~2杯の重曹を加え、そこに30秒ほど漬け置いて流水で洗い流します。重曹を使用して洗う場合は、重曹水にレモンを長く漬けておかないようにしてください。そのほかに、希釈した強アルカリ電解水で農薬を洗い流す方法もあります。

体内の水分をデトックスウォーターでクリアにしよう

デトックスウォーターは短時間で劇的に効果が得られるものではありませんが、毎日摂り続けることによって効果が期待できます。デトックスウォーターを日々の生活で上手に取り入れて、体の中からクリアにしてキレイを目指しましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール