メイク・コスメ

ファンデーションが崩れない方法とは!?原因や対策・塗り方など

「ファンデーションを変えずに、崩れにくくする方法ってないかな…。」と悩んでいる人もいるでしょう。ファンデーションはメイク法やスキンケアなどに焦点を絞ると、崩れにくくすることができます。その方法を知って、ぬかりのない肌に仕上げましょう。

夏が近づくにつれ崩れやすくなるメイク

夏が近づくにつれて、崩れやすくなるメイク。夏場は汗をかいたり皮脂の分泌が過剰になるため、化粧崩れが起きやすくなります。その悩みを解消するためには、メイクの土台であるファンデーションに着目する必要があります。本記事では、ファンデーションが崩れる原因や崩れにくくする方法などを解説していきます。

ファンデーションが崩れる原因

ファンデーションが崩れる原因は主に3つあります。

肌の乾燥により密着度が低い

肌が乾燥していたり粉をふいている状態だと、フォンデーションの密着度が低くなるため崩れやすくなります。密着度が低くなると、その上に塗り重ねる化粧も崩れやすくなってしまうのです。肌は、水分と油分によって作られるセラミドなどの保湿成分でバランスを保ちながら、角層のバリアを生成しています。

このバリアが水分の蒸発を防いでいて、外からの刺激から肌を守ってくれています。しかし、これら保湿成分は年齢を重ねると減少してしまうのです。また、紫外線やエアコンにさらされることで、肌は乾燥してしまいます。ファンデーションの密着度を上げるためにも、毎日のスキンケアを欠かさないようにしましょう。

過剰に分泌される皮脂や汗

肌が乾燥していたり汗をかくことにより、皮脂を過剰に分泌させてしまうことがあります。肌は乾燥していると蒸発を防ごうとして、皮脂を分泌します。また、汗をかくことで体温を調整しようとするわけですが、その際に皮脂も分泌されます。

皮脂が過剰に出ることで、ファンデーションは崩れやすくなるのです。また皮脂が過剰に分泌されると、ニキビや毛穴づまりといった肌トラブルも起きやすくなってしまいます。

乳液や下地が乾いていない

乳液や下地が乾いていないままファンデーションを塗ると、化粧崩れが起きやすくなってしまいます。この2つは密着度を高める効果があり、しっかりと乾かさないとその効果は薄れ、汗や皮脂でファンデーションが浮いてしまうのです。

特に化粧下地は毛穴やシワなどの凹凸に入りこむため、より密着度をましてくれます。時間がなくて忙しいときもあると思いますが、化粧崩れを起こさないためにも乳液や下地は乾かすようにしてください。

ファンデーションを崩れにくくする対策

ファンデーションを崩れにくくするうえで、意外とやられていない人が多いのがスキンケアよる対策です。

正しいスキンケア方法を知ることで長時間ファンデーションが崩れにくい肌へと導くことができますよ。

正しいスキンケアでしっかり保湿

肌質によってスキンケア方法はさまざまです。脂性肌や混合肌の人は、寝ている間に分泌されている変成皮脂を綺麗に洗い流す必要があります。皮脂が普通以上に出ているのが特徴の肌質ですが、皮脂は肌にとって適度に必要な油分であるため、完全に洗い流すことは避けた方がよいとされています。

洗顔料ではなく固形石鹸タイプで適度に皮脂を残しながら洗いましょう。

乾燥肌の人は、朝の洗顔に洗顔料を使うと必要な皮脂まで落としてしまう危険性があるため使わない方が無難です。そもそも皮脂膜によるバリア機能が低いというのがこの肌質の特徴であるため、朝の洗顔によって肌荒れを起こしてしまわないよう、ふき取り化粧水などで簡単なスキンケアを行ってみましょう。

洗顔はぬるま湯で

敏感肌で洗顔料を使わずに洗顔する場合は、ぬるま湯を使って行うようにしましょう。肌に与える負担を減らすことができるほか、洗顔料に含まれる界面活性剤などの刺激を絶つことができるというメリットがあります。

とくにお肌が弱いという人は、洗顔による皮脂の落とし過ぎに注意しましょう。乾燥肌の原因になったり、内部は乾燥してるのに肌表面は油っぽくなるインナードライ肌を作ってしまう恐れがあります。

化粧水はしっかりタッピングする

顔を洗った後はできるだけすぐに化粧水をつけて保湿するようにしましょう。化粧水はしっかりとタッピングして肌によく浸透させるようにしてください。また、コットンを使ったケアも効果的です。コットンを使う場合は化粧水をたっぷりと染み込ませ、強くこすらずに撫でるようにしてつけていきましょう。

こすり過ぎは肌荒れの原因となるため注意が必要です。シートパックやコットンパックを利用する場合は、長時間つけっぱなしにするのは避け、5分程度を目安に行いましょう。

乳液は化粧水から一呼吸置いて必ずつける

化粧水をつけ終えたら次は乳液です。乳液をつける際に気をつけたいのはつけるタイミング。化粧水をつけ終えた直後に乳液をつけてしまうと、化粧水の成分が混ざり合って乳液の効果が薄れてしまう場合があります。

1~2分程度、一呼吸おいてから乳液をつけるようにしましょう。乳液は化粧水で補った保湿にフタをする役割があるため必ず使用するようにしてくださいね。

乾燥肌やシワの気になる方はクリームも使う

乾燥肌やシワが気になるという人は潤いを逃がさないようにクリームも使いましょう。とくにシワは加齢によるものだけでなく乾燥によってできるものが多いため、乾燥ケアを積極的に行っていかないと後々で大変です。

朝のお手入れ時からクリームで乾燥を防ぐことで化粧のノリも良くなり、外部からの刺激や乾燥からも守ることができます。健やかな肌を維持するためには保湿が何よりも大切です。まあいっかなどと疎かにしないようにしましょう。

お化粧直しの際にもプラスで保湿を

正しいスキンケアも大事ですが、日中にも気をつけたいポイントがあります。朝のスキンケアでお肌に取り入れた潤いを維持するために、お化粧直しと一緒に保湿を行うようにしましょう。

また、メイクの上からでもいいので、少しでも乾燥を感じられたら乳液を使って保湿をすることも大切です。ミストなどで簡単に済ませることもできますが、水分が蒸発しやすくなりかえって乾燥を招いてしまうこともあるため注意するようにしましょう。乳液は水分だけでなく油分もバランスよく含まれているため保湿には最適です。

顔表面の凹凸を出来るだけなくす

顔に産毛がある人はしっかりと剃っておくようにしましょう。また、角質などもきちんをケアを行うことが大切です。表面に凹凸があるとメイクやファンデーションのノリが悪くなってしまいます。凹凸を綺麗にして、ファンデーションの密着度を上げて崩れにくくしましょう。

顔の表面温度を下げてメイク

メイクをする時は顔の表面温度を下げてから行うようにしましょう。肌の表面温度が高いと化粧下地が密着しにくく、化粧が崩れる大きな原因となってしまいます。

暑い季節や汗をかきやすい人は難しいと感じるかもしれませんが、首の後ろあたりを保冷材などで冷やすと体温が下がりやすく汗が引いてくれるといわれています。できるだけ汗をかかないよう対策をして、汗によっておこる化粧崩れをふせぎましょう。

普段から顔の皮脂を取りすぎない

普段から顔の皮脂をこまめに取っているという人も少なくありません。皮脂が化粧崩れの原因を作ってるのは事実ですが、皮脂は摂り過ぎないことも大切です。

たとえば洗顔などをしすぎると肌が乾燥してしまい、逆に肌が皮脂を分泌しやすくなってしまいます。皮脂の分泌量のバランスが崩れてしまえば、それはそのまま化粧崩れの原因になってしまうため、気をつけるようにしましょう。

肌をきれいに見せるメイクテクニック

崩れにくいファンデーションの塗り方

ファンデーションが崩れる原因と、崩れにくくする対策はわかりましたね。ここでは、崩れにくいファンデーションの塗り方を解説していきます。

肌質に合った化粧下地を必ず使う

ファンデーションをキレイに塗るためには、肌質に合った化粧下地を使う必要があります。前述したとおり、化粧下地は肌の凹凸をなめらかに整える効果があり、ファンデーションの肌への密着率をより高めてくれます。

また、肌の色を均一にするため、色ムラをなくすことができます。メイク前には自分の肌質に合った化粧下地を使って、化粧崩れを防ぎましょう。

化粧下地の塗り方

  • 1.化粧下地パール1分くらいの量を手の甲にのせる。
  • 2.人差し指・中指・薬指を使ってなじませ、両頬・おでこ・鼻・あごの5カ所にのせる。
  • 3.3本の指で顔の外側に向かって、薄くまんべんなくのばしていく。
  • 4.目元や小鼻はメイクが崩れやすいため薄く塗る。
  • 5.スポンジを使って顔全体になじませる。

リキッドは手とスポンジを使う

リキッドファンデーションは、ベタベタして崩れやすそうというイメージがあります。実は、肌に密着するため崩れにくく、夏に使用することがおすすめだとされています。そんなリキッドファンデーションは、ブラシよりも手やスポンジの方がなじみやすいです。全体的に均一に塗ることができるので、キレイな仕上がりになります。

パウダーファンデーションの場合

パウダーファンデーションは、手軽に使えて便利ですよね。リッキドファンデーションよりはカバー力がおとりますが、工夫することでもちを良くすることができます。

スポンジを使うと崩れにくい

スポンジを使うと、ブラシよりもしっかりとファンデーションを塗ることができます。パウダーファンデーションをスポンジの3分の1の量を目安に取りまんべんなくつけて、ところどころにつけ足していき、頬の内側から外側に向かってやさしくなでるように塗布します。すると、化粧崩れが起きにくくなるのです。

ただ、顔の側面までのばしすぎてしまうと、のっぺりとした印象になるので注意してください。

ブラシを使うとナチュラルな仕上がりに

スポンジの方がカバー力が高めですが、ブラシを使うことでもメリットがあります。ブラシを使用するとパウダーが均一に肌に密着するため、ナチュラルでツヤのある肌に仕上げることができます。

また、スポンジでファンデーションを塗る際には肌に摩擦がかかり刺激を与えてしまい、肌トラブルが起こりやすくなるのです。「化粧崩れを起こしにくくしたいけど、メイクの仕上がりが重要」という方は、ブラシを使用することをおすすめします。

日ごろのケアをきっちりして美肌を手に入れよう

ファンデーションが崩れてしまう、原因や対策などを解説してきましたがいかがでしたか。化粧崩れを起こさないようにするにはファンデーションを正しく塗る必要がありますが、肌のうるおいを保つためのケアも重要です。日頃のケアをしっかりと行って、美肌を手に入れましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール