メイク・コスメ

アイシャドウはキャンメイクで決まり。プチプラコスメの魅力と使い方

プチプラコスメのブランドであるキャンメイクは、豊富なバリエーションのアイシャドウを販売しています。お手頃価格ですが、品質が高いため幅広い年齢層の女性に人気です。キャンメイクのアイシャドウにはプチプラだからこそできることがたくさんあります。

キャンメイクのアイシャドウが人気

プチプラコスメの代表格であるキャンメイクは、クオリティが高いことから幅広い年齢層の女性に支持されています。バリエーションも豊富なアイシャドウは、気分やシーンに合わせて使い分けができるため人気が高いようです。

キャンメイクのアイシャドウの魅力とは

年齢を問わず人気のキャンメイクのアイシャドウ。その魅力は品質が高いのにプチプラ、思わず使いたくなるパッケージデザインのかわいさでしょう。

パレット一つで三役こなせる

キャンメイクのアイシャドウは、単色のものと3色以上がはいっているパレットタイプのものがあります。特に人気なのはパレットタイプのアイシャドウです。アイシャドウだけでなく、アイブロウやアイライナーとしても活用でき、パレットが1つあれば目元のメイクを完成させることができます。

【参考:https://lindel.jp/cat02/matome-canmake 

女の子らしくてかわいいパッケージ

キャンメイクの商品の魅力といえば、低価格とパッケージのかわいらしさがあげられます。持っているだけでテンションが上がってしまうような、女心をくすぐるパッケージデザインが多いことも人気の理由です。

キャンメイクのブランドコンセプトである「かわいらしさとトレンド」を表現するため、女の子らしいポップなデザインのパッケージデザインを取り入れています。

【参考:https://arine.jp/articles/20572 】

ラインナップが豊富

キャンメイクはアイシャドウの種類が豊富に展開されているのも魅力の1つです。ベースタイプやグロスタイプ、リキッドタイプなどがあります。ラメ入り、微粒子のパール入りなどのアイシャドウもラインナップ。

すべてのタイプでカラーバリエーションも豊富です。アイシャドウを洋服に合わせたり、シーンに合わせることもできます。

【参考:http://www.canmake.com/eye/index.html 】

価格がお手頃

キャンメイクの最大の魅力はクオリティーは高いのにプラチナであることです。単色のアイカラーは500円から、アイシャドウのパレットは1,000円以下で購入できます。毎日のメイクに欠かせないアイシャドウ。

品質も大切ですが、できれば少しでも安く、でもいろいろな色も試してみたいという方にキャンメイクは人気です。スーパーやドラックストアで購入できるお手軽さと、品質が確かなところがさまざまな年代の女性に支持されています。

【参考:http://www.canmake.com/eye/index.html 】

20代女性におすすめのキャンメイクのアイシャドウ

キャンメイクのパレットタイプは、色が豊富で1つのパレットで2つのスタイルが完成できるため人気があります。

パーフェクトマルチアイズ

発色が有名ブランドのパレットと似ていると話題になったパーフェクトマルチアイズ。使いやすい同系色のブラウンで構成されています。

パーフェクトマルチアイズひとつでアイシャドウ、アイブロウ、アイライナーとして使えるのでメイクが完成するだけでなく、アイメイクに陰影やグラデーションを出すことが可能です。成分に撥水効果のあるオイルを配合しているのでメイクが長続きします。

【参考:http://www.canmake.com/eye/item_eye063.html 】

パーフェクトスタイリストアイズ

5色のアイシャドウが1つのパレットにまとめられています。中央に配置された繊細ラメを囲むように、ベースやハイライトが一緒になっているので、パーフェクトスタイリストアイズがあればアイメイクも完璧でしょう。メインカラーを選んでメイクすることで1つのパレットで2つのスタイルが楽しめます。

色落ちを防ぐ繊細な粉質でまぶたにしっとりと密着。気分によってラメなしメイクとラメありメイクに対応できる透明トッピングジュエルでおしゃれの幅も広がります。

【参考:http://www.canmake.com/eye/item_eye049.html 】

ジューシーピュアアイズ

メイクに自信がない方でも簡単にツヤめくアイメイクが完成します。パレットの中には3色のアイシャドウ、メインカラーとラインカラーにはフィッティングオイルが配合。しっとりしたパウダーはまぶたに溶け込み、仕上げのコートで覆うことで目元の透明感がアップします。

仕上げのコートであるジューシーコートスフレは、下地として、パウダーの上に重ねて、下まぶたに塗って涙袋を演出するなど、いろいろな使い方が可能です。

【参考:http://www.canmake.com/eye/item_eye059.html 】

シークレットカラーアイズ

3色入りのパレット。ハイライトとシェーディングで深みのある顔立ちを作ることが可能です。3色で自然な陰影をつくり立体的なメイクに仕上げることができます。01は血色風赤シャドウと名付けられ、下まぶたに赤みを入れることで肌の透明感を際立たせます。

03はパレットの右端からアイホールに順番に重ねるだけで目を強調するメイクに仕上げることが可能です。しっとりとした粉質で肌にフィット。付属の幅広先と先細なブラシは使いやすいと好評です。以前は肌のベースカラーに合わせた使い分けがされていました。現在、販売されているものはイエローベース系の商品です。

【参考:http://www.canmake.com/eye/item_eye065.html 】

キャンメイクのアイシャドウの色の選び方

アイシャドウで目元をナチュラルにもクールにも演出できます。気分によってアイシャドウの色を変えてみましょう。

普段使いにはベージュ

ベージュは黄色人種の私たち日本人には肌へなじみやすい色といえます。ベージュのアイシャドウは、なじみやすいため派手になりすぎず、使い勝手がよい色です。仕事やちょっとした外出のときなどのナチュラルに仕上げたいときにおすすめのカラー。

色味を抑えたメイクをすることで上品な印象を与える効果もあります。ベージュのアイシャドウを上手に活用し、上品なかわいらしさを演出しましょう。

【参考:https://makey.asia/column.php?id=1702 】

デートにはビビットなピンク

デートでかわいらしさをアピールしたいときは、華やかなピンクカラーがおすすめです。ピンクは女性らしさを引き出します。奥二重や大人の女性はピンクは腫れぼったい目になったり、不自然な印象をあたえる難しい色ではありますが、上手に使えば色っぽさも演出できる色です。

ピンクのアイシャドウは、広範囲に入れずに目じりを中心にいれるなどのテクニックを使用することで、かわいらしさをアピールできるでしょう。

【参考:https://makey.asia/column.php?id=1702 】

クールに決めたいならブルー

日本人の顔に合うブラウンやゴールドと異なり、派手な感じで使いにくいイメージのブルー。塗り方のコツを押さえればブルー系は白を引き立てる働きがあるので、目元のメイクに取り入れると白目がきれいに見える効果が期待できます。

クールに見られたいなどいつもと違う自分を演出したいときは、ブルーやネイビーなどの寒色系のアイシャドウをチョイスしてみましょう。

【参考:http://atgirl.com/news/393227 】

目元を明るくしたいならオレンジ

オレンジは明度にもよりますが日本人の肌色に意外と似合う色です。明るいイメージのあるオレンジをアイメイクに取り入れることで顔色が明るく見える効果があります。

また、オレンジアイシャドウを塗ることで、二重の幅が広く見える効果も。チークやリップもオレンジの暖色系で揃えれば、明るくて元気な印象を与える顔を作ることができるでしょう。

【参考:http://www.canmake.com/makeup/lesson02.html 】

キャンメイクのアイシャドウの使い方とコツ

プチプラコスメでもきちんとメイクをすれば、驚くほどきれいに仕上げることができます。そのためにはコツとテクニックが必要です。

持ちをよくするために下地を使う

アイメイクをする前に下地を塗りましょう。まぶたの皮膚はとても弱く、乾燥しやすい部分です。アイシャドウやアイライナーを直接塗ることは、肌への負担が大きくなります。

保湿成分が配合されていたり美容液成分が配合されている下地を使うことで、まぶたの皮膚の負担が軽くなるのです。アイカラーのつきもよくなり、発色がよくなる、メイクの持ちがアップするなどの効果が期待できます。

【参考:http://www.canmake.com/makeup/lesson02.html 

涙袋にパールを乗せて目を大きく見せる

涙袋をぷっくりと強調することで目が自然に大きく見えるようになり、うるんだ瞳を演出。アイメイクを終わらせたあと、ラメやパール入りのシャドウを涙袋に乗せることで目が立体的に見えるようになります。

涙袋に白のパールをのせるのは違和感があるのでおすすめしません。私たちの身体に「真っ白」な部分はなく、顔の部分に白いものがあると人は不自然に感じるので、淡い色のラメやパール入りシャドウを使いましょう。

【参考:https://arine.jp/articles/17878 】

色っぽく仕上げたい時はグロスシャドウを使う

グロスシャドウは濡れツヤメイクを簡単に演出することが可能です。使い方はチューブから米粒程度のアイカラーを取りだし、目の際から塗ります。カラーを重ねるほど透明感がアップし、グラデーションが手軽に作れるので色味の調節も簡単です。ツヤのあるまぶたに仕上がります。

【参考:http://www.canmake.com/eye/item_eye071.html 】

ゴージャスにしたい時はラメを重ねる

ツヤ感やゴージャスな雰囲気にしたいときは、アイシャドウの上からジュエリーシャドーベールを重ねてみましょう。大粒ラメと小粒ラメの2種類を気分に合わせて使い分けて、アイメイクに輝きを持たせることができます。

普段使っているアイシャドウにプラスするだけでゴージャスな目元に。ベースとしても、単品でも使用することができます。

【参考:http://www.canmake.com/makeup/lesson02.html 】

アイテムの使い分けでメイクのバリエーションを増やそう

女の子らしいかわいいパッケージデザインと、お手頃価格で人気のキャンメイクは、プチプラですが高い品質で幅広い年齢層の方に愛されています。

キャンメイクのアイシャドウは発色がよく、バリエーションが豊富なことから気分やシーンに合わせた使い分けも可能です。キャンメイクのアイシャドウを使って、定番スタイルや流行のメイクとメイクバリエーションを増やしてみてはいかがですか。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール