メイク・コスメ

フェイスパウダーのおすすめ5つ。選び方のポイントと使い方のコツ

自分の肌をよりきれいに見せられるフェイスパウダー。購入を検討されている人のために、おすすめの商品と使い方のコツをお伝えします。選び方のポイントを知って、たくさんある商品の中から自分にあったものを見つけて、魅力的な肌を目指しましょう。

メイクの最後のひと手間でよりきれいな仕上りに

私たち女性にとって、メイクは毎日の生活に欠かせません。スキンケア以外の、自分をきれいに見せるための一つの手段であり、自分自身でもあるからです。少しでもきれいに見せたいと思うことは、女性なら誰もが願うことでしょう。

そんな願いを叶えるために、フェイスパウダーを使うことを考えてみてはいかがでしょう。メイクの最後にフェイスパウダーを使うという、そのひと手間をかけるだけで、肌をぐっときれいに仕上げられます。

しかし、実際に購入することを考えると、迷ってしまう人もいるかと思います。フェイスパウダーの特徴や使い方がわからないと、本当に自分に必要なものなのかどうかもわかりません。そこで今回は、そんなフェイスパウダーについて、使い方やおすすめの商品をお伝えします。

フェイスパウダーの効果

化粧崩れを防ぐ

ベースメイクの最後に使うフェイスパウダーには、化粧崩れを防ぐ効果があります。フェイスパウダーは油分が少ないので、皮脂や汗を吸収しやすく、テカリやべたつきなどを抑えられます。そして、ベースメイクの最後に使うことで、液状のファンデーションなどを、より肌に密着させてくれるため、メイクの持ちをよくしてくれるのです。

また、花粉やホコリなどの刺激からも肌を守ってくれるので、そうした刺激によるメイクの崩れも防げます。化粧直しに使うと、ファンデーションのヨレや浮きを抑えてくれるので、メイクしたてのようなさらさらな肌の状態を保てます。

くすみをカバーし自然できれいな仕上がりにする

フェイスパウダーは、化粧崩れを防いでくれるだけでなく、きれいな肌にも仕上げてくれます。肌に密着するので、毛穴やくすみもカバーしてくれます。厚塗りした感じにもならず、自然できれいな仕上がりにしてくれる効果もあります。

ファンデーションだけのときよりも、透明感も出してくれるので、肌の色をきれいに見せる効果も。素肌のような、きれいでさらさらの肌を作れることも、フェイスパウダーの効果といえます。

フェイスパウダーを選ぶポイント

種類で選ぶ

フェイスパウダーには、大きくニつの種類があります。ソフトな仕上がりには「ルースパウダー」、きりっとした仕上がりには「プレストパウダー」と、使用目的や悩みに応じて、自分に合った種類のものを選ぶといいでしょう。

ルースパウダーの特徴

「ルースパウダー」は、フェイスパウダーの中でも、最も油分が少ないといわれています。粉状でサラサラとした質感のもので、ブラシなどでサッと付けられて、空気をまとってふんわりと肌に乗ります。そのため、薄付きで透明感のある、ソフトな肌に仕上がります。

一般的には、分厚いケースにブラシやパフと一緒に入っているものが多く、持ち運びが大変だったり、化粧直しの際に粉が飛んでしまったりと、外出時にはあまり適さないかもしれません。

プレストパウダーの特徴

「プレストパウダー」は、「ルースパウダー」のような粉状のものを、押し固めて固形にしたもののことをいいます。粉状のルースパウダーと比べると、しっかりと肌に付いてくれるため、シミや毛穴などのカバーもしてくれます。テカリも抑えてくれるので、きりっとした肌に仕上がります。

一般的には、薄めのケースに固形のものが入っているので、持ち運びもしやすくて便利です。また、粉が飛んでしまうこともないので、外出時には使いやすいでしょう。

肌に合った色を選ぶ

フェイスパウダーの色はいくつかあるため、自分に合ったものを選ぶことが大切になってきます。主な色の種類としては、「ホワイト」「オークル」「ピンク」「パープル」といった色付きのものや、「ルーセント」「カラーレス」と呼ばれる透明、または半透明のものがあります。

以下にそれぞれのカラーの特徴をあげますが、これらの色の中から自分に合ったものを選ぶためには、実際に手や顔などにつけて、確認するといいでしょう。

ホワイトのパウダーの特徴

「ホワイト」カラーのものは、その名の通り白いパウダーのことです。「おしろい」などと呼ばれることもあり、色白の人におすすめの色です。白いパウダーが光を反射して、透明感が出せます。コントロールカラーとして、気になる部分だけに使うこともできる色です。しかし、色白の肌以外の人では、白く浮いてしまうこともあるので注意が必要です。

オークルのパウダーの特徴

「オークル」カラーのものは、イエローベースの小麦色の肌の人におすすめの色です。肌に馴染みやすい色で、毛穴もカバーしてくれて、健康的に見せてくれます。日焼けした肌などにもおすすめです。ただし、イエローベースでない人は、逆に肌の色が暗く見えてしまうこともあるので、自分に合った色を選ぶようにしましょう。

ピンクのパウダーの特徴

「ピンク」は、多くの日本人の肌色に、馴染みやすいといわれています。色浮きしづらいのに、色白肌に見せてくれる色です。透明感も出せる色で、赤系のチークやリップを引き立たせてくれます。色に迷ってしまったら、まずはピンクを試してみるといいでしょう。

パープルのパウダーの特徴

「パープル」は、透明感とともに、肌を明るく見せてくれる色で、自然な色白肌になれる色です。くすみが気になる人のコントロールカラーとしても使えます。透明感が出るので、ホワイトでは浮いてしまう人にもおすすめの色です。パープルには、ピンク系とブルー系のものがあるので、ここでも、自分の肌に合った色を選ぶようにしましょう。

カラーレスパウダーの特徴

「カラーレス」または「ルーセントカラー」という色のないものは、自然な仕上がりを求める人におすすめです。そのほかの色のあるものと比べると、パウダー自体のカバー力は弱いですが、自然な透明感のある肌に見せてくれます。基本的には、どんな肌の色やファンデーションの色にも合うといわれています。薄めのメイクをしたい人におすすめです。

役割にあったものを選ぶ

自分の目的に合った役割のフェイスパウダーを選ぶことも、ポイントの一つです。毛穴やくすみや赤みなど、肌の気になる部分を隠したい場合は、カバー力のある商品を選ぶことが大切です。また、色白に見せたい場合や、透明感を出したい場合などにも、その役割にあったものがあります。

さらに、日焼け止め効果のある成分が配合されたものもあります。紫外線の刺激は、肌へのダメージにつながります。わかっていても、忙しいと日焼け止めを塗ることが面倒なときもあるでしょう。そうしたときでも、日焼け止め効果のあるパウダーを使うことで、紫外線から肌を守れます。また、パウダーをつけるだけで化粧直しができるので、一日中紫外線対策ができます。

人気のあるおすすめのフェイスパウダー5つ

コスメデコルテ AQ MW フェイスパウダー

最高級オーガニックシルクパウダーを配合していて、毛穴カバー効果の高いなめらかな肌を実現できると人気の商品です。ルースパウダータイプで、色は全部で5色あるので、自分に合ったものを選べます。

キメの細かいパウダーが肌にしっかりと密着し、美容成分も配合されているため、乾燥を防いで潤いのある肌へ導いてくれます。ソフトフォーカスさせる効果もあり、毛穴カバー効果の高いなめらかな肌に。さらさらで付け心地のいいパウダーで、肌に馴染みやすいです。

エレガンス ラ プードル オートニュアンス

上質なシルクのようにすべらかで、さらりとした肌を実現できる商品です。プレストパウダータイプで、価格は高めですが、品質の良さから人気となっています。セミマットタイプ4色、ツヤタイプ2色の全6種類展開です。

ふんわりと明るくて透明感がある、シルクのようなキメの細かい肌に導いてくれます。また、ファンデーションの質感を生かしながら、ふんわりとした肌ざわりに仕上がります。上品な香りがするので、化粧品独特の香りが気になる人にもおすすめです。

エクストラリッチパウダー’18

パウダーをアミノ酸でコーティングしているため、しっとりと肌に密着し、うるふわ肌を実現してくれます。コストパフォーマンスもよく、人気があります。美容液成分を200%に増量されているため、肌を乾燥から守り、うるおいを保ってくれます。

カバー力もしっかりとあり、毛穴の凸凹などをカバーし、テカリも抑えてくれるパウダーです。さらに、肌に明るさを与えてくれ、テカリを防いでさらさらの肌になります。しっかりと保湿できて、自然な仕上りになるので、肌の乾燥が気になる人におすすめの商品です。

ゲラン メテオリット ビーユ

繊細なバイオレットの香りが特徴的で、人気があります。特殊ポリマーにより、光を肌の上できらめきに変える「スターダストテクノロジー」が使われている、魔法のようなパウダーです。

ふんわりとやわらかいルースタイプのパウダーが、肌に軽く乗ります。肌が明るくなるだけでなく、キラキラ光るラメが、肌に乗せるときらめきに変化。ツヤのある肌に仕上がるので、ツヤ肌になりたい人におすすめの商品です。カバー力は低めですが、軽い質感で、きれいな肌に仕上げてくれます。

シャネル プードゥル ユニヴェルセル リーブル

パールのような輝きと、透明感のある肌を実現してくれる、ルースパウダータイプの商品です。マットな質感で、肌をしっとりとカバーでき、素顔のような肌に仕上げてくれます。

細かい粒子が肌に均一に馴染んで、色むらもなく、シミやシワなどの肌悩みもカバーしてくれます。空気のようにさらさらと軽いパウダーで、透明感のあるなめらかな肌に整えてくれます。光のヴェールをかけたような質感で、乾燥も防ぎ、美肌を長時間保ちます。

粉っぽくならず、カバー力もあり、キメの細かい仕上りに。肌に馴染んでくれるので、きれいな肌を長時間保つことができるのです。価格は少し高いですが、輝く透明な肌に近づけてくれるおすすめのパウダーです。

リーズナブルなおすすめのフェイスパウダー3つ

マシュマロフィニッシュパウダー

商品名の通りの、マシュマロのような肌に仕上げてくれる商品です。しっかりとしたカバー力で、気になる毛穴や、赤みなどの色むらを隠してくれます。さらに、ベタつきやテカリも抑えて、柔らかくふんわり美肌に仕上がります。美容液成分配合のため、乾燥を防ぎながら肌のケアも。

また、天然ミネラル成分が配合されていたり、洗顔だけで落とすこともできる肌に優しいパウダーです。マットな質感のサラッとしたプレストパウダーで、肌に薄く乗せられます。ふんわりだけでなく、マシュマロのような白い美肌に見せてくれる商品です。

カラーも4色展開されており、自分の肌に合った色や、理想の肌色に合わせて選べます。マットな仕上がりや、ふんわりとした肌になりたい人におすすめです。

セザンヌ UVクリアフェイスパウダー

ヒアルロン酸や加水分解コラーゲン、セラミドなどの12種類の美容液成分が配合されています。軽い微粒子のヴェールのようなパウダーで、さらさら肌に仕上がり、くすまずに透明感を出せる商品です。メイク落としも、クレンジングを使わずに洗顔だけで落とせるので、肌への負担も少ないパウダーになります。また、かなりリーズナブルな商品です。

「くすみ補正パウダー」の効果で、光を反射して顔色を明るく。また、余分な皮脂を吸収し、メイクの持ちを良くしてくれる「テカリ防止パウダー」も配合されているため、ヨレや粉浮きを抑える効果も。12種類の美容液成分には、保湿成分も配合されており、乾燥を防いで肌の潤いも守ってくれます。

さらに商品名に「UV」とあるように、日焼け止め効果もあります。SPF28/PA+++で、日常の紫外線を防止できます。紫外線による肌ダメージを防ぎ、肌をケアしてくれるので、肌へのダメージを抑えたい人におすすめのパウダーです。

キャンメイク シークレットビューティパウダー

エモリエント成分と、5種の保湿成分が配合されており、しっとり美肌を保ってくれる商品です。24時間使用でき、クリアパウダーのため、素顔のような透明感のある肌に。サイズもコンパクトで持ち運びしやすく、価お財布にも優しいです。

「エモリエント成分」とは、皮膚の水分が蒸発することを抑えて、肌を柔らかくてくれる成分のことです。スクワランなどの油分で、肌に膜を張ることで潤いを閉じ込めて、肌を乾燥から守ります。配合されている保湿成分を、このエモリエント成分がしっかりと閉じ込めてくれるため、しっとりとした肌を保てるのです。

「ソフトフォーカス効果パウダー」が配合されており、肌の気になる部分をぼかして、ヴェールをまとったような滑らかな肌に仕上げてくれます。肌に負担の多い、タール系色素などが入っていないため、肌への負担が少なく、24時間つけていられます。就寝中の皮脂などを抑えたいときにもおすすめです。

フェイスパウダーの効果的な使い方

ファンデーションは塗りすぎないようにする

フェイスパウダーは、ベースメイクの最後に肌に乗せるようにしましょう。化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーの順に肌に乗せていき、ベースメイクを完成させます。

そのとき注意したいことは、ファンデーションは塗りすぎないようにすることです。フェイスパウダーはファンデーションの一種なので、重ねすぎると厚塗りになってしまいます。ファンデーションではカバーしきれない、気になるところに薄く乗せるだけでも、仕上がりに差が出るでしょう。

また、粉状のファンデーションの上に使うよりも、液状のファンデーションの上に使うほうが効果的です。液状のファンデーションだけではベタついたり、テカリが気になる場合に使うことをおすすめします。

顔の中心から外側へとつける

顔につけるときの効果的な使い方としては、顔の中心から外側へつけていくことです。これは、パフの場合でもブラシの場合でも同じです。そうすることで、パウダーをムラなく付けられます。

パフでつける場合は、肌に軽く乗せて、すべらせるようにつけていきます。力を入れすぎてこすらないように注意しながら、肌の表面だけにつけるように意識しましょう。小鼻や目元などの細かい部分も、パフを折ったりパフの端を使って、丁寧に肌に乗せるようにつけるとよいでしょう。また、顔だけが浮いてしまわないように、輪郭から首筋にも、ぼかすようにつけましょう。

ブラシでつける場合は、ブラシにとったパウダーを、ブラシに馴染ませてから肌につけることが大切です。そうすることで、パウダーが厚くなってしまうことを防げます。そのあとは、パフのときと同様に、顔の中心から外側へとつけていきます。ブラシをくるくると肌の上で動かしながら付けると、ムラになりにくいです。

どちらの場合でも、最後にきれいなブラシで、余分なパウダーを払いましょう。これをすることで厚塗りを防ぎ、化粧崩れ対策にもなり、仕上がりがきれいになります。ぜひ、ひと手間かけてみてください。

清潔なブラシやパフを使う

フェイスパウダーに限らず、どんなメイク道具にも共通していえることですが、ブラシやパフは常に清潔なものを使うようにしましょう。どんなに清潔な肌でも、菌は少なからず存在しています。その肌に触れるブラシなどにも、そのたびに菌は付着してしまいます。

そのため、そのままの状態で放置しておくと、菌はブラシやパフの上で繁殖します。それを使うことで、繁殖した菌をまた肌に付着させることになり、肌荒れの原因となることもあるのです。定期的に洗って汚れや菌を落として、清潔な状態を保つようにしましょう。

自分に合ったフェイスパウダーを見つけ魅力的な肌にしましょう

たくさんの種類や色があり、さまざまな特徴があるフェイスパウダー。そのたくさんの商品の中から、自分に合ったものを見つけることで、今よりもっときれいな肌に見せられます。

目的や自分の理想によって、合う商品はさまざまなものがあります。最後にひと手間かけるだけで、多くのうれしい効果があるのですから、ぜひフェイスパウダーデビューをしてみてはいかがでしょうか。自分の理想の肌に近づくために、自分に合ったフェイスパウダーを見つけて、魅力的な肌にしましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧