• HOME
  • ココロ
  • 恋愛
  • 初めてのお泊りデートを成功させる秘訣とは|準備から当日の行動まで
恋愛

初めてのお泊りデートを成功させる秘訣とは|準備から当日の行動まで

日帰りデートは数知れず、だけどお泊りは初めて。彼に喜んでもらって、もっと仲良くなるために、楽しいお泊りデートにしたいところです。計画のコツや持ち物、お泊り中の注意点などを、失敗のないようにしっかりチェックして、準備していきましょう。

お泊りデートで彼を喜ばせるには

ただ何となく彼とお泊りの予定を立てて、適当に準備して当日を迎えては、思わぬ失敗をする可能性があります。また、たとえ何事もなく済んでよかったと自分では思っても、彼にとってはそうではないことも。

ポイントは、男性が「お泊りデートで彼女に期待すること」を知って、その期待にできる限り答えてあげることです。重要なのは、詳細なシミュレーション。彼との仲をより深めるために、綿密な計画を立てましょう。

お泊りデートで彼を喜ばせる彼女の行動

彼との仲をより深めるお泊りにするために、ぜひ実践したいことを解説します。

恥じらいながら着替える

着替えには、恥じらいが必須。彼との仲がどんなに親密であっても、目の前で堂々と着替えられるよりは、照れながら隠れて着替えたほうが、男心をくすぐりやすいです。

わざとらしくする必要はありません。「着替えてくるね」と一言残して、さっと脱衣所やトイレに行けばOK。このさりげない照れが、男性からすると、かなり可愛いのです。

そして、いつもと違う姿を期待して待っていたのに、ヨレヨレのルームウェアでは彼はがっかり。胸元がはだけすぎているような、だらしない恰好も避けましょう。

簡単な朝ご飯を用意する

彼の家にお泊りする場合、ぜひ挑戦したいのが朝食作り。ゆっくり起きてきた彼が、喜んでくれる可能性が高く、幸せな結婚生活をイメージしてくれるかもしれません。

スマホでバイブのみのアラームを設定しておき、朝早めに起きて朝食の準備をしておきます。力を入れすぎて時間がかかったり、キッチンが汚れたりしてはいけないので、簡単に用意できるメニューを考えましょう。

おすすめは、ヨーグルトやトースト、シリアル、フルーツなど。火を使うものは、ウインナーや目玉焼き程度が無難です。「朝はコーヒーだけでいい」という人も珍しくないので、彼の普段の食生活を考慮して、メニューを選びましょう。

物音で彼がのんびり起き出してきたり、食事ができても熟睡している彼を、優しく起こしてみたり。いっそのこと、添い寝してみたり…。いろいろなシチュエーションが想像できます。

起床後にスキンシップをねだる

日帰りデートでは味わえない楽しみの一つが、朝のまどろみタイム。目が覚めてから、ベッドの中でキスやハグをねだったりして、のんびりとした甘い時間を過ごしてみましょう。少し早めに起きて、トイレや洗顔、デンタルリンスなどを済ませておくと、思う存分まったりできます。

相手も自分も、テレビもスマホもみていないし、歩いているときのように周囲を気にする必要もなし。寝起きでぴったりくっついていると、普段なら言えないような甘い言葉を、切り出すきっかけが多いことに気づきます。少し素直になってみて、彼との愛情を深めましょう。

服をきちんとたたむ

彼の家ではもちろん、ホテルや旅館などでも、脱いだ服はきちんとたたみましょう。彼の分も一緒にたたんであげるなど、さりげない優しさを見せることも効果的です。実践するタイミングを、シミュレーションしましょう。

まず部屋に入って上着を脱いだら、ハンガーに掛けます。シワにならない薄手のカーディガンなどは、きれいにたたんで鞄にしまいます。彼が脱ぎ捨てていたら、何もいわずに掛けてあげましょう。

そして、お風呂のとき。着替えはあらかじめきちんとたたんで、大きめの不透明の袋に入れておきます。脱衣所に着替えをセットしたら、脱いだ服をさっとたたんで袋にしまいます。ルームウェアに着替えるときや、翌朝の着替えも同じようにして、半裸で歩き回ったり、脱ぎ散らかしたりしないようにしましょう。

ホテルでのバスタオルなども、たたんで1カ所にまとめておくとキレイです。こんなふうに、身の回りの整頓ができると、彼に育ちの良さをアピールできます。

お泊りデートに必須の持ち物

抜かりなく揃えたい、お泊りグッズを紹介します。

髪をセットするヘアアイロン

彼の家にはもちろん必須ですが、ホテルもドライヤーしかない場合が多いため、朝のくせ毛が気になる人は、ヘアアイロンを忘れずに持っていくようにしましょう。携帯用の小さなものや、コードレスが便利です。

そのほか、ヘアセットのためのスプレーやワックスなど、必要最低限のコスメをチェックしましょう。自宅のように、髪のセットに長い時間をかけるわけにはいかないので、時短スタイルを練習しておくこともおすすめです。

使い慣れた基礎化粧品

ホテルのアメニティは、肌に合わない可能性があります。スキンケアに関する基礎化粧品は、普段から使い慣れたものを準備していきましょう。

旅行用に1回分ずつ個包装されているものや、小さなボトルに入っているものが、ドラッグストアやコンビニで売られています。自分の使っているコスメの携帯用が、市販されていない場合は、空のミニボトルを購入し、必要な分だけ入れていきましょう。

可愛いパジャマ

彼宅デートなら、彼に大きめのTシャツを借りるのもよいでしょう。ホテルや旅館なら、バスローブや浴衣が部屋に用意されていることが多いです。ただし、どこで泊まるときも、可愛いルームウェアやパジャマなどを、とりあえずは持参することが賢明です。

用意されている浴衣などは、サイズが合わないことも。また、自宅でもホテルでも、ルームウェアでくつろぎたい時間が、予定外にできる可能性もあります。そして何より、男性は「彼女の可愛いパジャマ姿」を期待しているものです。上下スウェットなどで、がっかりさせないようにしましょう。

清潔感を維持するオーラルケアセット

翌朝のまったりタイムに、口臭があったら台無しです。歯磨きやマウスウォッシュなど、口臭をケアするためのグッズをしっかり揃えていきましょう。

歯磨きセットは、お泊り用の可愛いデザインも豊富に売られています。マウスウォッシュは携帯用の小さなものを。洗面台を独占しないようにするため、すべてポーチに収まるように、サイズを考えて選びます。

ホテルのアメニティは、歯磨き粉が小さくて使いづらかったり、歯ブラシが大きすぎたりすることが多々。やはり、こちらも自前で準備していったほうが無難です。

お泊りデートにおすすめの場所の選び方

デートを成功させるためには、場所選びも重要。彼と一緒に計画すると楽しみも倍増です。

貸し切りのお風呂がある旅館

少々割高ですが、部屋に貸し切りのお風呂がついている旅館に行けば、一緒にゆっくりお風呂に入ることができます。大浴場と違い、好きな時間に何回でも使用可能で、ユニットバスのように狭くもありません。

露天風呂だったりガラス張りだったり、タイプはさまざまですが、お風呂に入りながら二人で外の景色をながめることは、特別な雰囲気作りには最適です。大抵は、クールダウンするためのスペースに、リクライニングチェアがあったりして、部屋自体も広めになっています。彼の家やホテルでは味わえない、開放的な空気を楽しみたいならおすすめです。

おしゃれなシティホテル

女性が喜びそうなアメニティが豊富で、食事のできるレストランも充実していることが多いシティホテル。プールやジム、エステなど、さまざまな施設が設置されていて、宿泊料金に利用料が込みになっているプランなら、施設を自由に使えたりします。

旅館やリゾートホテルは自宅から遠く、また旅行は慣れていなくてハードルが高いと感じる人は、都市部や駅の近くにあるシティホテルがおすすめ。コンビニも近いので、安心感があります。

彼が一人で暮らしている部屋

彼の普段の生活の様子など、プライベートな部分の新たな発見が期待できるのが、お家デートの醍醐味。そして旅行先やホテルでは難しい、DVD鑑賞やゲーム、近所への買い物など、比較的自由度の高いお泊りが叶います。

注意点は、気になるからといって、許可なく勝手にクローゼットや引き出しを開けたりして、部屋の中を物色することは絶対にNG。とても失礼な行動で、彼の冷めポイントにもなります。

また、外を歩いていた服のまま、ベッドに座ることはありえないと考える男性は多いです。部屋に入ったら、彼にすすめられた通りの場所に座るようにしましょう。親しき仲にも礼儀あり。「相手の家にお邪魔している」という意識を、忘れないようにしてください。

海の見えるリゾートホテル

海辺のホテルは、全室オーシャンビューになっていることがほとんどです。昼は窓からみえる景色を楽しめて、夜は波の音が聞こえ、ロマンティックな雰囲気が味わえます。明るい都会とはまた違った、港や海辺の明かりがみえる静かな夜景は、二人で寄り添って眺めているだけで、幸せな気分に浸れます。

そして、食事も期待できる所が多く、ランチやディナーには新鮮な海の幸が並ぶことも。海水浴やダイビングなど、海の近くならではのレジャーも豊富なので、アウトドア好きなら彼と計画してみましょう。

お泊りデートを計画するときの注意点

お泊りデートの準備の段階で、しっかりシミュレーションしましょう。

すっぴんを見せる覚悟をする

これまではすっぴんを見せたことはなくても、お泊りでメイクを落とさないわけにはいきません。お風呂が旅館の大浴場なら、メイクばっちりで彼と合流することもできますが、男性にとっては「彼女のすっぴん、素の顔が見られる」ということも、お泊りデートの醍醐味です。

すっぴんを見せる覚悟をするか、どうしても抵抗があるなら、マツエクや普段からのスキンケアなど、化粧が落ちても大丈夫な準備をしておく必要があります。

ほんの少しすっぴん感を隠せるアイテムとして、色付きリップとつけたまま眠れるミネラルファンデーションは、お泊りデートの強い味方です。入浴後にメイクするなら、「彼には分からない範囲でうっすらと」が原則です。

生理予定日を避ける

お泊りを思いきり楽しむためには、生理予定日は避けて計画するのが無難です。生理中のデメリットとして、性行為ができないことが真っ先に思い浮かびます。せっかくの初のお泊りで、彼をがっかりさせてしまうのは避けたいもの。さらに体調が悪いことも多く、自分自身がつらいだけでなく、相手に気を遣わせてしまいます。

また、下着や寝具の汚れ、トイレの確保、ゴミの処理など心配事が増えてしまうので、楽しさが半減することにも。日程的にどうしてもかぶってしまう場合は、産婦人科で旅行用のピルを処方してもらうなどの対策をしましょう。

有休をとっておく

お泊りデートで、ゆっくり彼と過ごす時間を作るために、事前にまとまった休みを申請しておくことも一つの手です。泊まった翌朝が出勤というパターンでは、朝に彼と顔を合わせることができない可能性も。また、仕事の準備も必要で、荷物が大げさになってしまいます。

お互いに慣れてきたら、せわしない朝も気にならないかもしれませんが、初のお泊りでは、余裕を持って計画したほうがよいでしょう。

ムダ毛の処理を怠らない

一緒に過ごす時間が普段よりも多くなるため、事前の準備として、ムダ毛の処理は完璧にしておきましょう。室内で隣に座っていると、脚の細かいムダ毛も、意外によく見えるので要注意です。数日間ケアできないことも考えて、念入りに処理しましょう。

そしてやはり、肌をさらすシーンが増えるのがお泊り。よく聞かれるのが「ムダ毛の処理が甘くて引いた」という男性の本音。彼に見られる可能性のある場所は、前日にくまなくチェック。お泊り当日に、処理し忘れたムダ毛を発見しても慌てないように、シェーバーを持参しておきましょう。

お泊りデートで彼との仲を深めよう

お泊りで、自分の素の姿を見せることは不安なものです。しかし、彼ともっと親密になるためには、いつかは覚悟が必要なこと。しっかりと準備して、後悔のないようにしましょう。

覚えておきたいことは、どんなに完璧に計画を立てたとしても、旅行やお泊りにトラブルは付き物だということ。楽しく過ごしていい雰囲気を作れていれば、多少のイレギュラーは二人で笑い飛ばせるでしょう。帰宅後、「二人の仲が深まった」と感じられれば、お泊りデートは成功です。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール