ボディケア

爪切りの高級アイテムに注目。器具の魅力を知ってストレスのないケア

爪切りは、日常のボディケアに欠かせないアイテム。爪切り器具も、安価なものから高級なブランドメーカのものまで様々あるようです。そこで爪切りの種類や特長をおさえて、色々な種類の爪切りアイテムの魅力を知っておきましょう。

自分に合った爪切りを選ぼう

爪きりはどれも同じだと思っていませんか?適切な爪切りを選ぶことで、爪への負担を抑えられ、指先を綺麗に保つことができます。爪切りによっては、爪をボロボロにさせてしまうダメージのかかるタイプもあれば、ストレスがかからず綺麗にカットできる爪切りもあります。

爪切りによって、その後の爪のダメージや手荒れの原因となる場合もあるので、自分に適した爪切りを使用することが大切です。爪の型に適した爪切りを選び、爪にダメージを与えないタイプを選んで愛用しましょう。

爪切りの種類は3種類ある

爪切りには種類が3つあります。それぞれの特徴を知ることで、自分に合った爪切りを選ぶことができます。

一般的で扱いやすいグリップ型

一般的に使われているタイプがグリップ型の爪切りです。爪への負担は大きいので、爪が弱い人には向かないタイプです。二枚爪になるなどのトラブルにつながり、足の爪も切りにくいことも特徴です。足ではなく指先の爪切り様として活用が向いており、丈夫な爪の人におすすめです。

使いやすくコスパに優れた爪切りとして、活用している人は多いです。爪が弱く薄い人にとってダメージが大きい爪切りということを把握しておきましょう。

ネイリストや看護などプロに多いニッパー型

一般的な爪切りとして活用されるタイプではありませんが、ネイリストや看護師などのプロが活用するタイプの爪切りです。爪をそぎ落とすようにカットし、爪への負担は少ないのが魅力です。足の爪もカットしやすく、手も足も両方の爪をカットできます。

爪が弱い人やダメージをかけたくない人におすすめですが、価格は高めで使い慣れるまで難しいとされているため、一般的ではなくプロが活用する爪切りとして定着しています。どうしても爪の負担を軽減したい人は、ニッパー型の爪切りを選ぶことをおすすめします。

赤ちゃんや爪の柔らかい人用のハサミ型

ハサミ型の爪切りは、赤ちゃんや爪の薄い人に向いている爪切りです。赤ちゃん用の爪切りとして見かけますが、大人でも爪が薄い人に向いています。爪への負担は少ないが切った後はやすりが必要なので、最後までケアすることで綺麗な爪を維持できるでしょう。

小回りが利きにくく、はさみの先端が丸いため細かい部分までカットするのには向いていないタイプです。爪へのダメージは回避できますが、使いにくいことがデメリットに感じる人は多いようです。赤ちゃんの爪は切れても、自分の利き手の爪を切る場合は難しい作業になります。

爪切りの刃の形の違いと特徴

爪切りには刃の形に違いがあります。それぞれの特徴を把握して、自分に適した爪切りを選べるようになりましょう。

巻き爪などに適している直線刃

シンプルで使いやすそうに見える爪切りでも、刃の形を見てみると直線刃であることがわかります。直線刃は巻き爪を防止することができますが、爪への負担は大きいようです。直線でカットすることで爪の端が食い込みにくくなり、巻き爪のトラブルを回避できるでしょう。

巻き爪が気になる人は直線刃の爪切りを選びましょう。直線刃なので、巻き爪の対処ができると簡単に考えてしまいますが、爪へのダメージも大きく少しずつカットするようにしましょう。大きくカットしてしまうと、爪が割れてしまうトラブルにつながる場合があります。適した爪切りでも、ゆっくりと丁寧にカットすることをおすすめします。

一般的で使いやすい曲線刃

曲線刃は、爪の負担が軽減できる魅力があるため、爪を伸ばしている女性や割れやすい人にもおすすめです。爪への負担を軽減させ、便利に活用したい場合はグリップ型の曲線刃の活用が適しています。

グリップタイプは一般的に使われているタイプなので、多くの人がこのタイプを選ぶのですが、その中でも曲線刃を選びましょう。切った後の爪の仕上がりが大きく異なるので、刃の形に注意して選ぶことが大切です。曲線刃は足の爪には向かないので、指の爪専用に選ぶようにしましょう。

高級な爪切り商品の特徴

爪切りの中には高級な商品もあります。高級爪切りの特徴を把握して、爪のダメージに悩みを抱えている場合は購入も検討してみましょう。

上刃と下刃の噛み合わせが抜群

上下の刃のかみ合わせが抜群によく、切断後の爪の断面がきれいに仕上がるのが特徴です。爪を切ると、爪先をやすりにかけないと違和感のある仕上がりになるタイプは比較的安い爪切りですが、カット後のやすりが必要ないものは高級な爪切りの特徴です。

刃の形は曲線刃が一般的で、爪に負担をかけず爪先も綺麗に仕上げられるタイプが多いようです。高級な爪切りと安い爪切りを比較すると、刃と刃のかみ合わせが異なります。高級なものになれば、少しの力だけで切ることができ、カット後の爪も滑らかである特徴があります。

切れた時に良い音がする

爪を切ったときによい音がする特徴がありますが、中には音が鳴らないタイプも。音が鳴らないタイプは爪を引きちぎっているような感覚になりますが、爪へのダメージを与えにくく仕上がりも綺麗になるでしょう。

よい音がするタイプもあればならないタイプもあるので、爪切りの特徴を把握して選ぶようにしましょう。音が鳴らないタイプは、切った感覚が苦手と感じる人もいるので慎重に選ぶことが大切です。

ステンレス製の刃物が使用されている物が多い

高級な爪切りの刃は、ステンレス製のものを使用していることが多いです。ステンレス製は切れ味がよく錆びにくい特徴があり、加工方法もメーカーで違うため、切れ味を重視したい人にもおすすめです。

刃が錆びてしまうと、爪にダメージを与えてしまいストレスを感じながら切ることになります。ステンレス製はいつでも切れ味がよく保管も楽なので、選ぶときのポイントにするとよいでしょう。

切った後の爪が飛び散らない

爪を切った後の爪が飛び散ることを防ぐストッパーがついているものを選ぶと、安心して便利に活用することができます。安い爪切りだと、爪が飛び散るため片付けの手間がかるでしょう。

高級な爪切りになると、カットしたら飛び散らず下に落ち、仕上がりも滑らかでやすりをかける手間も省けます。便利で仕上がりがよいものを選びたい人も、高級な爪切りをおすすめします。

日本製の高級な爪切りSUWADAの特徴

日本製の高級爪切りで人気なのが、SUWADAというブランドの商品。このSUWADAの爪切りには、どんな魅力があるのでしょうか。

シリアルナンバーが記されているものがある

SUWADAの爪切りは、職人がひとつひとつ手作りで仕上げるため、シリアルナンバーが記載されているものもあります。ニッパータイプですが、初心者の人でも安心して利用でき、切れ味だけではなく仕上がりの滑らかさに感動する人は多いようです。

新潟県三条市にある諏訪田製作所の爪切りは、世界中に展開しているブランドで、ミリ単位まで寸分の狂いなく精巧に作られている爪切りです。爪切りの概念を打ち破り、爪を大事にするためには爪切り選びが重要であることを感じさせてくれるでしょう。

プレゼントにも喜ばれる名入れサービスがある

SUWADAの爪切りは、職人技術の結晶で爪が飛び散ることなく静かに落ちていく爪切りです。仕上がりも滑らかで固い爪でも力は必要なく、低い静かな音がなります。

プレゼントにも喜ばれ、名前入れのサービスもしているため、世界に一つだけの特別感を味わえます。ステンレス製で切れ味もよく、シンプルな構造なので管理もしやすい魅力があり、愛着を持って利用できます。

高価なものは5万円以上で販売されている

爪切りは100円ショップでも販売されていますが、高級爪切りになると製品の切れ味や爪の仕上がりの滑らかさなどに差が大きく出てきます。SUWADAの爪切りの中でも、安価なものは5千円位から販売され、中には5万円以上する製品もあります。

熟練した職人の手作りで、ミリ単位まで精巧に作られているSUWADAブランドです。一般の人でも使用したいという人もいますが、特にプロの人が注目するブランドです。カット後のやすりも必要なく、滑らかでストレスフリーの爪切りとして知っておきましょう。

高級な爪切りでストレスのないケアを

爪切りには種類があり、切れれば何でもよいと思っている人も多いですが、種類や特徴を把握することで、自分に合った爪切りを選べるようになります。高級な爪切りになると爪へのダメージを回避し、滑らかな仕上がりにできるため、ストレスのない生活ができるかもしれません。

爪を大切に管理できるようになるので、爪が弱い人や爪切りにストレスを感じている人は、自分に合った爪切り選びを検討してみましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール