• HOME
  • 恋愛
  • 「付き合う前のデートを成功させるために」知っておくべきこととは
恋愛

「付き合う前のデートを成功させるために」知っておくべきこととは

付き合う前に一度デートをしてみる人は増えています。付き合う前に、お互いを確認し合うとても微妙な関係です。デートを成功させられれば、次への進展の可能性も高まります。成功するためのポイントを押さえ、次への展開へつなげましょう。

まだ付き合っていないときのデートの心構え

まだ付き合っていないときのデートは、デートと呼べるのでしょうか?ニ人で遊ぶことを、デートと感じている人も多く、この最初の段階で、次の展開が決まる可能性は高いです。最初のデートの結果次第で、今後密に付き合っていくか友達止まりになるかを判断することになります。

付き合ってから後悔しないためにも、付き合いう前のデートでは慎重な行動を取りましょう。付き合う前のデートでの男性の心理や注意したいことを踏まえて、どのように行動すればよいかの指南を挙げていきます。今後の展開に大きく関わることなので、慎重でいながらも自分をアピールしてデートを楽しみましょう。

付き合う前のデートで行く場所の選び方

まだ付き合っているわけではないので、カップルの雰囲気を感じにくい場所がよいです。場所選びも重要なので、慎重に決めていきましょう。

話題に困らない映画館

一つの映画を見ることで共通の話題ができ、会話がスムーズになるので、映画館はおすすめの場所です。カップルも多く、見る映画によって全く雰囲気が異なります。

コメディ系の映画なら、笑いあり感動ありの内容なので、鑑賞後の話題も、見た映画の感想につなげやすく、同じ時間を共有できます。しかし、ラブストーリー系の映画になると、カップル同士の鑑賞客も多く、映画を見終わったあとの雰囲気も、戸惑ったり話題に困ったりすることも多いかもしれません。

相手を知ることができる食事デート

料理という話題もありながら、お互いの話ができる食事デートもおすすめです。食事デートでは、相手と会話ができる時間でもあるので、スマホをいじる行動は避けましょう。相手の顔を見て会話をし、明るい会話ができるように、話すことを用意しておくとよいです。

また、話しやすいお店であるかも大切なポイントです。賑やかすぎる場所や、高級レストランだと話しにくいので向いていません。会話を楽しめる雰囲気のお店を選び、食後ものんびりくつろげるお店を選ぶと、相手とゆっくりと会話ができます。

デートの定番の水族館

薄暗さが緊張をほぐしてくれる、水族館もおすすめのスポットです。恋人同士もいますが、家族連れや友達通しのグループもいるので、微妙な関係のニ人でも行きやすい場所です。歩きながら相手のことを観察でき、歩幅を合わせてくれているかもチェックできます。

程よい暗さが、よいムードを引き立ててくれるので、微妙なニ人の関係でも、抵抗なく過ごせる環境なのが魅力です。水族館はリラックス効果が高いスポットで、みんなが楽しめる素敵な場所なのでおすすめできます。

付き合う前のデートでの服装

デートだからといっても、まだ付き合っていないので張り切りすぎないように注意しましょう。次の3つのポイントをチェックして、適した服装でデートを楽しみましょう。

男ウケするコーデにする

女性のおしゃれと男性が思うおしゃれは違うので、男性目線でコーデを決めることがポイントです。とくに、露出しすぎる服は、付き合う前のデートの服装としてNGです。軽い女性と思われてしまうので、清潔感を感じさせる服装がよいです。

また、色にも注意してみましょう。デートなので、パステルカラーなどの刺激のない色がおすすめです。服でもヘアーアクセサリーにつけてもよいので、カラーコーディネートにも注意してみましょう。

TPOは守りましょう

歩くのに高いヒールをはいてくると、男性は引いてしまいます。TPOである時間、場所、場合を守り、適した服装を選ぶことが大切です。このTPOを考えると、デート前の服装も選びやすくなり、間違った選び方にはなりません。

デートの場所にもよるので、場所を早めに決めておくことも大切です。彼のことを考えると、女性らしい服装をしなければと思いがちですが、付き合う前なので、とにかくTPOを意識して選びましょう。

派手と露出は控えめに

程よい露出は好印象ですが、多すぎると印象がよくないので注意しましょう。また、派手なものも同じで、落ち着きのない印象を与えてしまいます。彼のために張り切りたい気持ちを抑え、今は付き合う前のデートであることを再認識することが大切です。

透け感のあるファッションは男性受けしますが、度が過ぎる服もあるので気を付けましょう。自分はよいと思っても、相手が引いてしまうこともあるので、普段から露出気味のファッションの人は控えめにしましょう。

付き合う前のデートの誘い方

付き合う前のデートの誘い方を知っていますか?断られないように誘うために、次のことを意識して誘ってみましょう。万が一断られても、そのあとの態度が重要です。

誘いやすくかつ断られにくい誘い方

自分から積極的にならなければ、進展しないと思うこともあります。断られるかもしれないと憶病になっていると、いつまでたっても進歩なしの今のままです。勇気を出して、思い切って誘ってみましょう。

「チケットがあるから映画に行かない?」など、口実を作ると誘いやすいですが、自分が見たい映画ではなく、彼が見たい映画を用意しておくと断られにくいです。そのためにも、相手の情報をあらかじめ知っておくことが大切です。人気の映画や、なかなか手に入らない観戦チケットも効果的です。

よくないデートの誘い方

「ついでに」「急な誘い」など、誰でもいいような言い回しや、相手の都合を考えないと断られやすいので、注意しましょう。焦ってしまい、つい使ってしまうワードですが、相手にとっては響かない言葉になるので、誘うときの言葉も工夫してみるとよいでしょう。

自分だったら、このような誘い方をされるとうれしく感じるなど、イメージをすることです。また相手の都合も、あらかじめ聞いておくと、断られる率も低くなります。何度も自分でイメージをして、練習しておくとよいです。

断られてしまったら

自分ではイケると思っていたのに、断られる場合もあります。よって、断られるかもしれないということも、しっかりと考えておきましょう。断られてしまった場合、その場は明るくふるまい、次の機会をうかがうことが大切です。それすらも断られてしまった場合は、自分に興味がないというサインになります。

しかし、今回は本当に都合が悪く断る形になったけれど、次の機会ならOKしてくれる場合もあるので、勇気を出して次の機会はどうなのかを聞いてみましょう。

付き合う前のデートでの男性の心理は

付き合う前のデートの男性の心理は、さまざまです。純粋な気持ちで接してくれる人もいれば、下心から付き合いたいという気持ちの人まで、幅広くいます。そこで大切なことは、女性側の態度になります。女性側の態度や接し方で、男性の心理を大きく左右する場合も多くあります。

女性が軽い態度をとったり、露出の多い服装でデートに行ったりすると、男性も軽い女性だと思い、接し方が変わります。しかし、純粋で謙虚な女性の態度だと、男性側も紳士で純粋な気持ちで、接してくれるようになります。最初の気持ちはどうであれ、デートに臨むニ人の態度や接し方によっても展開が変わるので、冷静で慎重な態度が鍵となることを覚えておきましょう。

付き合う前のデートで知りたい彼の気持ち

見極めのポイントは、さりげない言動です。例えば、時間ギリギリまで付き合ってくれる態度や、気遣った言動などで相手の気持ちを確認できます。素っ気ない態度や雑な言葉遣い、スマホを頻繁にいじっているなどの行動は、女性に対する気持ちが薄く、次回の約束の可能性も低いです。

付き合う前でも、彼の気持ちを態度や行動で察することができます。自分自身も、本当に彼氏にしてよいかを判断するために、いろいろなポイントをチェックしてみましょう。

 

付き合う前のデート中に気を付けること

デート中に注意したいことがあります。デートはデートでも、付き合う前ということを認識しながら、行動することが大切です。

付き合う前に手をつないだらダメ

相手を惑わせたり、軽く見られたりするので、自然に距離を保って過ごしましょう。相手の気持ちも、自分に向いていることを察することができると、自然に手をつなぎたいという心理が働きます。相手から手をつないできた場合、断ってしまうと雰囲気が悪くなってしまいます。

もしも、彼のほうから心を開いてきてくれた場合、自分も抵抗せずに彼の行動に合わせましょう。何気なく行動の意味を聞いて、彼の気持ちを確認することも大切になります。つなぎかたにもよりますが、指を絡ませる握り方は控えましょう。

付き合う前のキス

彼のほうから誘われたとしても、付き合う前のキスは基本的にNGです。手を軽くつなぐ程度なら許せたとしても、キスは軽い女と思われてしまいます。雰囲気や気持ちが流されやすくなる人は、自分を大切にすることを心がけて行動することです。

付き合う前のデートでのキスは、断って当然です。断られた男性が落ち込んでいる場合は、彼の行動がおかしいと考えましょう。その後、「順序よくね」などのフォローもしてあげると、場の雰囲気が和みます。まだ微妙な関係なので、お互いに接し方に注意しなければなりません。慎重に行動することを、再確認しておきましょう。

時間を守る

時間を守ることは、大人の人間として守らなければならない、基本的なマナーのひとつです。遅刻厳禁ということは、社会人として当然であって、ドラマのような遅刻に、よい気持ちはしないことを覚えておきましょう。

時間を守れない人は、自己管理ができない人という印象を与えてしまい、マイナスイメージを与えてしまいます。デートの終わりの時間が多少長引いてもよいですが、最初の約束の時間に遅れることがないように、早めの行動を心がけましょう。

相手に集中する

携帯や時計、周りを気にしすぎると、楽しくないかもと思われるので、相手に集中することが大切です。スマホや周りを気にしすぎていると、相手を退屈させてしまいます。会話も弾まないので、相手とのデートを楽しむことを考えましょう。

付き合う前という微妙なデートですが、彼はどういう人なのかということをきちんと理解するためにも、会話は重要になります。会話がなくても、相手の行動やしぐさなどを見ていると、癖などの特徴もわかってくるので、今後の展開を決める大切なデートになります。

会話でまた会いたいが決まる

デートでの会話で気を付けたいポイントがあります。次のことに注意して会話をしてみましょう。

聞かれてうれしい質問は好きなタイプ

タイプを聞かれることで、お互いに意識し合うきっかけにもなるので、好きなタイプという話題で話を盛り上げてみましょう。「芸能人でいうと誰?」というお題を出してあげると、答えやすくイメージしやすいです。

芸能人は幅広いので、選びにくいという場合は、SMAPの中では誰、嵐の中では誰、俳優では誰というように、枠を設定してあげることもでも選びやすくなり、会話を盛り上げられます。

元カノなど過去は聞いてはいけない

元カノなどの過去に終わった話は、まだ微妙な関係のときには聞かないように注意しましょう。過去の恋愛などは、もっと親密な関係になってから聞くようにして、明るい話題を見つけて話をしましょう。

将来の夢や目標を聞いてもよいです。過去の話を聞く場合は、面白いエピソードなども話が盛り上がるので、自分も用意しておくと楽しく会話ができます。楽しい話ができると、また会って話がしたいと思う心理が働くので、なるべく明るい話や盛り上がる話を準備しておくことが大切です。

会話がうまくできなかったときは

会話をしたくても、恥ずかしくてうまくできない人もいます。デートでの雰囲気もあまりよくなく、落ち込んでしまいがちですが、デートのあとの連絡で工夫してみましょう。

相手の男性も、女性の態度などを見て、本当の自分を出せていないことを察することができる人もいます。次回の約束ができた場合は、次のデートで、工夫をする努力を忘れずに行うことが大切です。進歩がない場合は、愛想をつかされる場合もあるので、自分の改善点を早く見つけて次に生かす努力をしましょう。

しっかり準備をして楽しいデートにしよう

付き合う前のデートは、自分の気持ちや接し方で注意しなけばならないポイントがあり、微妙な関係なので戸惑う場面がいろいろ出てきます。大切なポイント、注意したいポイントを把握しておくことで、デートを楽しい時間にでき成功させられます。

さらなる進展の可能性を高めるためにも、おさえておきたいポイントをチェックして、上手に自分の魅力をアピールし、ニ人の時間を楽しみましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール