• HOME
  • 恋愛
  • 「初デート告白」成功させるには?事前準備と男心を徹底解剖してみる
恋愛

「初デート告白」成功させるには?事前準備と男心を徹底解剖してみる

初デートのに日に女性から告白するということは、とても勇気がいることです。しかし、告白する前に事前準備をしておけば、緊張もせずに本番当日を迎えられます。男心の深層心理を探りながらメリットやデメリットを知り、告白を成功させましょう。

初デートで女性から告白する場合の成功例や失敗例

片思いの相手がいて、どうしてもこの恋を成功したいという人や、初デートで告白をしようとしている人に、告白が成功するためのレッスンを始めてみませんか。

始めてのデートというものは、誰でも緊張するものです。しかし、そこからさらに告白をするということは、かなりのリスクを背負いながらのデートになるかもしれません。失敗しないためにもさまざまな角度から切り込んでいき、告白するまで恋愛について学んでいきましょう。

初デートでの告白はありかなしか

初デートといっても、相手にとっては遊びに行く感覚かもしれません。その中での告白ということは少なからずデメリットはありますが、メリットもあるのです。

女性からなら基本的にあり

残念なことに男性は付き合ってから、お互いを知っていけばよいと考えている人が多いのが事実です。そのため、すごく好きではなかったけれど、付き合ってみようかなという例はたくさんあります。相手が本気で好きな人がいれば、振られてしまうかもしれませんが、特定の好きな女性がいなければOKされる可能性があるのです。

また、多くの男性は面倒臭がり屋の人が多く、女性から告白されるのを待っている場合もあります。特に、歳が若くなるにつれて、自分の気持ちをうまく伝えられない男性が多くなってきているようです。しかし、女性から誘われても、嫌いな女性とは一緒に遊びには行かないので、デートに誘うのが成功すればうまくいく可能性のほうが高いでしょう。

好みタイプの人からの告白ならあり

好みのタイプであれば、初デートで告白されても嬉しいと考える男性がほとんどのようです。女性からなら軽いとは見られないので、大いに告白をしてみてはいかがでしょうか。

万が一意中の相手がいたとしても、自分の好みに当てはまれば乗り換えてしまう男性もたくさんいます。自分に気がなさそうでも告白をしてみなくては、なにがあるかわからないということなので、自分を磨きつつ告白する機会をうかがっていきましょう。

熱意の感じられる告白ならあり

中には意識していなくても熱意ある告白で、OKしてしまうという人もいます。今どき面と向かって告白をする女性は、とても勇気ある行動ですので、男性はそれに感動してしまうのかもしれません。告白されてから急にかわいく見えはじめる場合もあり、誠意ある人という印象が強くなるのです。

それによってこの先も「自分のことをずっと好きでいてくれそう」など、妄想が膨らんでOKするのでしょう。しかし、気持ちを込めすぎて、重たくなりすぎないようにしなくてはいけません。この先一緒にいると、ストーカーになられそうで怖いという恐怖を与えてしまいます。

いきなり付き合うのも楽しそうだからあり

好奇心旺盛で恋愛経験豊富な人なら、こういった意見も出てきているようです。特に、恋愛に疲れてしばらくは恋愛は休もうかな、というときのタイミングで告白されたら好奇心が湧いてくるのでしょう。しかし、このタイプは、マンネリになるとすぐに違う相手に、走ってしまうかもしれませんので注意してください。

また、長年彼女が欲しいと思っていたけれど、なかなかできないときに告白されたら、同じことを思う男性もいます。急に彼女のいる生活が始まるということで、舞い上がってしまっているのでしょうか。しかし、返事はOKということになっても、そこからがスタートになるため、あなた自身が常に自分磨きをしていかなくてはいけません。相手があなたに、夢中になってしまうくらいの勢いが必要になるかもしれませんね。

ガツガツしてるのが嫌だからなし

1回目のデートなのに、告白されたらガツガツしてて怖いと感じる人も中にはいます。特に、自分に自信がない人ほど「自分のどこがいいのか」と思ってしまい、相手のことが怖く感じてしまうのでしょう。いったん嫌な気持ちが芽生えてしまったら、取り戻すのには時間がかかってしまいます。

草食系男子などは、そういった肉食系女子を恐れているところもあるようで、この先自分がどのようになってしまうのか想像するだけでも、恐ろしいと思ってしまうのです。

不真面目なイメージがあるからなし

男女ともに遊ばれていると感じるため「なし」という意見も多いようです。マイナス思考の男性ほど女性からの告白は「もしかしたら誰でもすぐに告白しているのでは」などと、変に勘ぐってしまうところがあります。これは、1回目のデートで告白をすると、誠実ではないと感じる男性がとても多いということなのでしょう。女性はいつでも受け身でいて欲しい、という気持ちのあらわれなのかもしれませんね。

まだどんな人かわからず不安だからなし

初デートでは相手がどんな人か、まだわからないため「なし」という人も多いです。2?3回目のデートでようやく相手のことがわかりはじめてから、付き合いたいと思う人も多いため、1回目からの告白は振られてしまう可能性があります。

友達同士だった場合は、どんな人か不安という人はまずいませんが、街コンなどで出会った場合の告白は、やはり誰でも引いてしまうようです。また、男性からすると好みではなかった女性から、告白されたときの断り方でもありますので、脈はなかったと諦めるしかありません。

初デートでの告白を成功させるコツ

せっかく勇気を出して告白するなら、成功させなければ意味がありません。告白前に事前準備というものが必要になってきますので、参考にしてみてください。

好意的であることは前から匂わせておく

相手の初デートへの挑み方が変わってくるため、デートに誘ってOKが出たのであれば、ものすごく嬉しいということをストレートに伝えておきましょう。そうすることによって相手も、あなたを意識してデートにくるはずです。

男性は意外と鈍感なところがあるため、告白前には一緒にいてしいアピールをしておくことがポイントです。「好きです」というのはそのときまで置いておいて、こちらから好意的なことをできればデート前にやっておきたいですね。

デート前にも接触する機会を増やしておく

顔を合わせる頻度が多くなることで、安心感が増すのは人間の心理として当然のことです。あなたが社会人で相手も同じ会社に勤めていたら、できるだけ近くに接近して話をするようにしてください。いつの間にか自分の側にいて視界に入ってくるということは、だんだんとあなたのことが気になる存在になってきているということです。あまり話ができないという人は、そこからスタートしてみてはいかがでしょうか。

デートはリラックスして楽しむ

好きな人と一緒にいるだけで緊張すると手汗をかき、なにを話せばよいのかわからなくなってしまいます。緊張というのは「自分のことをよく見せたい」と、いう気持ちからくるものでもあります。それでは自分のことしか考えていないですし、相手もあなたと一緒にいて楽しいと思わないでしょう。

自分も楽しみ相手も楽しめるという、空気を作っていかなくてはいけませんが、力みすぎると逆効果ですのでリラックスを心がけてください。リラックスすることで、引きつっていた笑顔も素敵に変わるはずです。

予定通りに行かなくても焦らない

自分から誘ったので「何時にここに向かって、何時にご飯食べて」というスケジュールを組んでしまいがちです。しかし、そのようなスケジュールは、いざ予期せぬことが起こったらパニックになってしまいます。

初デートですので予想外の反応も、想定して楽しむことを心がけてください。大まかなデート場所だけ決めておき、あとは男性リードでも構わないのです。かわいいトラブルがあったほうが、あなたとのデートが印象付けられてよいかもしれません。

会話の際は距離を近めに

人にはパーソナルスペースというものが存在していて、パーソナルスペースよりも近くに入ってくると、嫌悪感を感じることがあります。いきなり距離を詰めるのではなく、徐々に詰めていくようにしましょう。初デートでは相手が緊張してしまい、警戒しているかもしれません。そのため、楽しい会話をしながら、ボディータッチで始めてみてはいかがでしょうか。距離が詰まっても相手が嫌な反応を示さなければ、警戒が解けたということでもあります。

告白は誠意のある態度と言葉で

やはり女性からの告白というものは、軽い人なのではないかという風に見られてしまう可能性があります。そのため、遊んでるイメージを持たれないようにすることが、大事になってきます。きちんとまっすぐ相手の目を見つめ、誠意を持って告白しましょう。

服装なども大事で、露出度の高い服などはNGです。ある程度流行りを取り入れながらも、清楚風なファッションで挑んでください。

初デートでの告白が失敗するパターン

初めてのデートでタイミングや状況を間違えてしまうと、成功する告白も失敗していま可能性があります。どのようなことに注意していけばよいのかを、まとめてみましたので参考にしてみてください。

デート開始直後の告白

デートが始まったばかりだと緊張しているため、成功率が下がってしまいます。運動でも何事でもウォーミングアップというものが必要で、体をほぐしていかないと思わぬケガにつながります。二人の関係を少しずつ温めながら、最高の状態で告白していきましょう。相手の空気感を読み取ることで、どのタイミングがよいのかがわかってくるものなのです。

焦って想定外の告白をしてしまう

初デートで舞い上がったりすることは仕方がないことですが、焦って告白してしまうのはNGです。計画的に考えながら、誠意のある告白をすることが大事になってきます。焦るということは周りの状況が見れなくなってしまっているため、相手の気持ちを考えることもできなくなります。

単純に自分の気持ちだけを伝えたいと思ってしまうため、告白されたほうはその気がなかったのに困ってしまいます。うまく空気感を読み取って、告白する雰囲気ではないと感じたら、その日はやめて次に持ち越せばよいだけのことです。

コミュニケーションがなおざりになっている

友達に聞き込み相手のことをリサーチばかりしていると、コミュニケーションを忘れがちになります。そして、相手のことをわかった気になってしまい、いざデートというときには関係がうまくできていないため、緊張して話せなくなってしまうのです。

日頃から好きな人と、コミュニケーションをとっておくのも大事です。デートが本番だと思わず、日常から付き合えるかどうかの関係がスタートしている、ということを頭に入れておきましょう。

酒に酔った状態での告白は完全NG

お酒の力を借りたくなりますが、酔った勢いでは誠意が伝わらないため印象が悪くなります。特に、女性が酔って告白をしたとき、男性はあなたをとても軽い人だと認識してしまうかもしれません。

中には酔った勢いで付き合う人もいますが、お持ち帰りされて一晩限りということもあり得ますのでおすすめしません。本当に好きであれば、お酒の力を借りずに告白しましょう。

相手に求めすぎてしまう

まれに、デートするということは、もう付き合ったのも同然という考え方をしている人がいます。しかし、それはあなただけの考えであり、相手は全くそんな気持ちがないときもあります。いきなり手をつなごうとして、相手がびっくりしてついふりほどいてしまった、というケースもとても多いのです。

初デートにも関わらず、相手に恋人らしい接し方を求めすぎてはいけません。この時点ではまだ彼氏ではないため、ずうずうしい女性だと思われて、次のデートの約束はできなくなるでしょう。

異性として意識してもらえない

異性として意識させることに失敗すると、仲良しの友達になるだけになってしまう危険性があります。やはり相手を楽しませたいという気持ちが強くなり、好きすきアピールではなく同士のような関係になってしまうのです。

女性らしさを出すのが、恥ずかしいと感じている女性は少なくないようで、うまく相手にアピールできないのです。しかし、これはとてももったいないことで、女性として生まれたのであれば、少しでも女性の武器を使ってみてはいかがでしょうか。

初デートで告白する際のタイミング

告白のタイミングは意外と難しいものです。しかし、タイミングさえよければ初デートのときでも、成功しやすくなるのです。

特別なイベントの日をデートに選ぶと効果が増す

恋人が楽しむようなイベントの日にデートをするということは、少なからず相手もあなたのことが気になっている証拠です。すでに告白というハードルはその時点で低くなっているため、雰囲気で告白するタイミングに持っていけるでしょう。

たくさんのカップルが街に歩いているクリスマスや、バレンタインなどがよいです。また、相手の誕生日に一緒にいれるとなると、告白の成功率が高くなります。もしかすると、相手から告白してくるかもしれません

帰り際に告白するのがベスト

相手にとっては、これからの関係を家に帰ってからじっくり考えられるので、とてもよいタイミングといえます。デートした日のことを振り返り、この人と付き合うと楽しそうだなという気持ちが出てくれば、翌日はOKの返事がもらえるでしょう。

デートの最中に告白してうまくいけば楽しいですが、あまり相手が乗り気でない反応になってしまったら、そのデートはもう台無しになってしまいます。

時間は夕方から夜の間が理想

少し疲れが溜まって頭がぼんやりしているため、雰囲気に流されやすいというのも事実です。帰る時間がこれくらいになるように計算しておくとよいでしょう。また、周囲がカップルばかりのレストランなどに行くと、自分たちもカップルになった気持ちになるため、あなたのことを意識するようになります。

辺りが暗くなるときは気持ちがリラックスムードになり、何事も受け入れやすくなる時間帯なのです。また、食事のあとは空腹感も満たされ、心に余裕が出てきますので、このタイミングでもよいです。

デート後にLINEで告白はNG

せっかくよい雰囲気だったとしても、LINEでの告白で急に冷めてしまいます。ましてやメールなどはただの文字であって、気持ちが伝わりにくいのです。誠意という意味でLINEでの告白はおすすめしません。

LINEをしたいのであれば、今日楽しかったことなどを伝えるのが無難でしょう。しかし、なるべくその日は連絡はせずに、お互い楽しかった余韻に浸り、お礼は次の日にするのがよいといえます。LINEは便利なものですが、ときと場合によってはうまくいくものも失敗してしまうので注意してください。

デートの空気が微妙なら後日再び誘ってから

微妙な空気をなんとかするために告白すると、失敗する確率が上がってしまいもったいないです。初デートで微妙な空気にしかならなかったら、いったん告白は保留にしておくのもひとつの手です。まだ二人の関係が温まっていない証拠ですので、普段から少しずつコミュニケーションを取るようにしていきましょう。

LINEでのやり取りで親密になっていき、徐々に温まってきたら再び誘えばよいのです。焦ってもなにひとつよいことはありません。告白するタイミングなどは自分からいくらでも作れますので、慌てずに心に余裕を持っておくことが大切です。

初デートで告白するメリット

初デートではリスクも高くなるのに、なぜおすすめなのでしょうか。初デートの告白の効果や、メリットなどを学んでいきましょう。

すぐに異性として認識してもらえるようになる

すぐに友達関係から抜け出せるのは、大きなメリットでライバルからも一歩抜きんでることができます。彼氏がなかなかできない人というのは、好きな人にアピールできずにいつまでも友達関係が続いていくからです。そういう状況はいつの間にか、相手に彼女ができてしまったりと悲しい結果になりかねません。

男性は自分に好意がある人のことをとても気になりますし、とても嬉しいと思っているのです。気になる存在は、いつの間にか自分の中で大きくなっていき、好きなのかもしれないという状況に自然となるのです。

自分の気持ちを早い段階で知ってもらえる

男性はとても「鈍感な生き物」だと思っておいたほうがよく、あなたの気持ちを知らずに去って行ってしまう危険性があります。自分の気持ちを伝えていれば、相手も責任を感じてあなたのそばにいてくれます。そばにいてくれるということは、あなたを意識しているということなのです。

いったん好きと伝えておけば、相手もどう接してよいかもわかってくるので、相手はそのつもりであなたと一緒にいるのです。そこから連絡を取り合って、仲良くしていけば晴れてカップル誕生になるでしょう。ライバルがたくさんいるような相手は、自分から先に仕掛けておいて、あとは慌てずに様子をうかがえばよいのです。

初デートで告白するデメリット

初デートの告白には、最悪のことも想定しておきましょう。メリットもあればもちろんデメリットも出てくるのです。

付き合ってから合わない相手だったと気付くことが

最初は友達同士であれば、お互いどのような人間性なのかを知ることができます。しかし、そうでない場合ゆっくり関係を深めながら、相手を知ったわけではないためいざ付き合い始めても、断るのも申し訳ないので自然消滅になる可能性が高いのです。

また、自分にも同じような問題が出てくるかもしれません。自分から告白したにも関わらず、OKになったのもつかの間、理想と現実のギャップが押し寄せてきて嫌になるかもしれません。そうなってしまうと自分から告白したので、我慢しなくてはいけなくなるでしょう。

失敗したら今までの関係が崩れる可能性も

関係が崩れるリスクも想定して、告白しなくてはいけません。異性として見られるメリットもありますが、それ以前の関係には戻れないということを頭に入れておきましょう。友達同士だった場合はうまくいけばよいのですが、もし断られたりした場合は、今まで通りという訳にはいかなくなります。

しかし、あなたの気持ち次第ではもし振られても、いつも通りに振る舞っておけば相手も自然と話しかけやすくなるかもしれません。恥ずかしくて会いたくないと思っていたら、もうそこで関係は完全に終わってしまうのです。

振られてもまだ好きなのであれば、平然と構えておきましょう。そうすることで相手は逆にあなたのことが気になって仕方がなくなるかもしれません。

男性が初デートで告白してくる際の心理

あなたが初デートで告白をしようとしたのに、逆に相手から告白してくるかもしれません。そのときは、どのような深層心理なのかを確かめておきましょう。

ずっと好意があった

ずっと前からあなたのことが好きで、告白の機会をうかがっていた可能性が高いです。あなたからデートを誘ってきたときは、舞い上がるほど嬉しかったことでしょう。デートに誘ったときの相手の反応を見てみて、手応えが感じられたら相手があなたに好意を持っている証拠です。

男性は意外と奥手な人も多いため、自分からはなかなか誘えないというのもあります。誘う前からよく目が合ったり、話しかけてくるようであればかなりの脈ありです。しかし、女性は誘うことが精一杯でそのような、事前情報が入ってこないため見落としがちです。誘ったあとの好きな人の行動を、観察してみてはいかがでしょうか。

デートが盛り上がったため

最初は意識していなくても、初デートが盛り上がり運命を感じて、告白してしまったというパターンも多いようです。会話というのは盛り上がっていても、お互いが合わせることに精一杯で疲れてしまう、ということもあります。しかし、自然と会話が盛り上がれるような相手はなかなかあらわれないため、かなり貴重な存在となります。

デートの誘いを受ける時点で、あなたのことは嫌いではなくむしろ好印象と感じていたのであれば、告白してくる可能性が高くなるでしょう。その日に告白してこなくても、次のデートの誘いは必ずくるはずなので、付き合うのは時間の問題です。

体目当ての可能性もあり

街コンや友達の紹介で知り合った男性が、体目当てでノリで告白してくることもありますので注意してください。その場合はあなたが相手を好きで合っても、いったん気持ちの整理といって帰ったほうが無難といえます。

もしそこであなたがOKしたのであれば、相手はあなたのことを都合のよい女性としてしか、見なくなってしまうからです。ノリが軽めな人の場合は、簡単に体を許してはいけません。付き合ったとしても浮気をされて、捨てられてしまう可能性のほうが高くなるでしょう。

そもそも街コンなどで出会った人は、全くどのような人かもわからないため、すぐに告白してくる人はやめておくのがよいです。イケメンだったとしても何度かデートを重ねて、お互いを知っていくことが大切です。

彼女が欲しいだけということも

相手の女性が好きかどうかより、自分が彼女が欲しいという思いが優先されているときもあります。特に、彼女いない歴が自分と同じ年の人や、性的に欲求不満な人は「誰でもよいので彼女が欲しい」という気持ちになるようです。

そのような人のターゲットは優しそうで、自分のことを好きでいてくれる人を狙っています。デートを誘ってきたときから、もうあなたのことを彼女扱いし、自分の都合のよい女性としてそばに置いておきたいのです。

中には彼女が欲しくて付き合ったけれど、あなたにゾッコンになる場合もあります。相手の出方をよく観察して、お互い信頼関係を築きながら付き合っていきましょう。

初デートでの告白はリスクも高いが成功する可能性もある

初デートでの告白は誰でも緊張するものです。しかし、女性からの告白は男性にとっては、とても嬉しいということを頭に入れて置いてください。「振られたらどうしよう」「次に顔を合わせることができない」などという気持ちは起こりますが、そのような不安は告白してから考えるようにします。

まずは第一歩を踏み出さなくては、なにも変わらないのです。告白するときよりも告白前の、準備を慎重に行うほうが大切になってきます。リスクはありますが好きな人と一緒になれる、ということを夢見て早速足を踏み出しましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール