• HOME
  • 恋愛
  • 彼氏がほしい人がすべきこと。彼氏がいない間の時間を有意義に使おう
恋愛

彼氏がほしい人がすべきこと。彼氏がいない間の時間を有意義に使おう

仕事に疲れたとき、友達に彼氏ができたとき、適齢期を過ぎたときなど、人はふと寂しくなって彼氏がほしくなります。そのようなときにどのようなアクションを起こすのかがとても重要。焦らずに自分を磨くことで、素敵な出会いを待ちましょう。

彼氏を作って恋愛をしたい

「一人だって楽しい」そう思っていても、ふと寂しくなることは誰にでもあります。彼氏を作って恋愛をしたいというのは、自然な気持ちなのです。この記事では、恋愛事情や恋愛するメリットなど恋愛についてみていきたいと思います。

今時の社会人の恋愛事情について

昨今の社会人の恋愛事情はどのようなものなのでしょうか。彼氏がいる人の割合などをみていきましょう。

彼氏がいる人の割合

彼氏がいる人の割合がどのくらいかというと、アンケートなどの集計結果をみると女性の約半数以上が彼氏がいると答えているようです。

彼氏を欲しいと思っている人の割合

現在彼氏がいない人の中の43.8%の女性が、彼氏が欲しいと思っているというアンケート結果があります。

彼氏が欲しいと思う理由について

なぜ人は彼氏を欲しいと思うのでしょうか。その理由についてみていきましょう。

一人でいるのが寂しいから

「一人でも楽しい」。そう周りに強がっていても、誰からも連絡が来ないときや一人で食事をしているときなどは、寂しさを感じてついつい彼氏が欲しいと思ってしまいます。恋人というのは楽しいときや悲しいときなど感情を今日して甘えられる相手。気持ちが弱っていて誰かに支えて欲しいときなどにも恋人を欲しくなる傾向があるようです。

休日を彼氏と楽しく過ごしたいから

休日にやることがなく、一人で部屋でゴロゴロ。そんな風に休日を一人で過ごすと、ついつい「彼氏がいればもっと楽しい休日を過ごせるのになぁ」と考えてしまいます。もしも彼氏がいればデートをしたり、一緒に旅行ができたりするからです。特にクリスマスやバレンタインデイなど、恋人と喜びや楽しさを共有したい年次イベントが近づくと、彼氏が欲しいと思う気持ちが強まるようです。

友達に彼氏ができたため

仲のよい友達に彼氏ができると友だちづきあいが悪くなってしまい、休日や仕事帰りの時間帯など一人の時間が増えてしまったりします。また友達に彼氏との楽しい時間の話を聞かされると、どうしてもうらやましいという気持ちがわき上がってしまうことも。親しい友達に彼氏ができてしまうというのは、恋人が欲しくなる一つのきっかけとなり得るのです。

年齢的な理由から

寂しさだけではなく、年齢的な義務感から恋人が欲しくなることもあります。たとえば親族からの圧力。「いつになったら結婚するの?」「孫の顔が早く見たいわ」などの言葉から焦ってしまいます。また子供がほしいと思っている場合、どうしても35歳という高齢出産の壁を考えてしまうことがあるでしょう。適齢期を過ぎても恋人ができないと、「私は一生独身を貫き通す」と割り切っていない限りどうしても焦りは出てきてしまうものです。

恋愛は寂しさを紛らわすものではない

たとえ恋人のいない時間が寂しくても、焦る必要はありません。恋愛は寂しさを紛らわすものではないからです。彼氏がいたら、どうしても会いたいという気持ちが強くなるでしょう。そして会えないとその会えない寂しさはどんどん強くなるのです。大切なのは「寂しいから恋人をつくる」のではなく、自分が愛して大切だと思える人と恋人になることです。

恋愛するメリットとは

恋愛をすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。恋愛のメリットをみていきましょう

愛されることで自信が得られる

「誰も私のことを愛してくれない」。そんなふうに思っていると、すべてにおいてネガティブな考え方に陥りがちになってしまいます。しかし恋人から愛されていると、誰かに認められているという充実感を得ることができ、それが自信につながります

たとえば外見のコンプレックス。恋人から毎日のように「かわいい」「大好き」といわれ続けていれば、しだいに自分がコンプレックスだと思っていたものも気にならなくなってくるでしょう。

今までと違う角度から物事を眺められる

よくドラマや漫画などで、恋人たちが美しい風景(夕焼けなど)をみて「同じ風景を何度もみてきたはずなのに、君と一緒だと違う風景にみえる」などのうセリフをいうことがあります。

しかしこれは現実にも本当に起きること。恋人と一緒だと今まで見ていた景色が違って見えたり、いつもしていることでも誰かと一緒にやることでまた違った体験になったりするものです。映画などをみた後に感想をいいあったりすると、自分とは異なる視点で物語をみていて新鮮です。

関心事が自分のことだけじゃなくなる

一人でいるときには趣味のことや、自分の将来のことなど自分のことばかり考えがち。しかし恋人がいれば違います。結婚や将来のことなど、悩みの多くは「二人の問題」になりますし、彼氏に悩みができればそれも自分の悩みにもなりえます。しかしそれは悪いことばかりではありません。自分以外の人のことで心を悩ますことにより、人間として成長することができます

人の欠点を受け入れる経験

恋愛の初期は相手のいいところばかりみえやすいもの。しかし長い時間をともにすれば、お互いの欠点が見えてきます。そのときに相手のよいところだけでなく、欠点に思えるところを受け入れることができるのが真の愛情。もしも相手のすべてを受け入れる寛容さがあれば、強い絆を築くことができるでしょう。

また他人の欠点を受け入れることで、自分の欠点も受け入れることができるようになるかもしれません。自分のことを少しばかり以前より好きになれる。それも恋愛のメリットのひとつです。

彼氏が欲しくても急がなくていい理由

彼氏が欲しくても焦らなくてもいい。まわりからそういわれることもあると思いますが、それはなぜでしょうか。

恋愛経験と人の魅力は全く関係ない

たまにとても魅力的な人なのに、なかなか恋人ができない人がいます。そうかと思えば、この人が?というような人が恋人を取っかえ引っかえしていることも。実は恋愛経験と人の魅力には全く関係がないのです。

たとえば女子校出身で、さらに進学先がビューティー系や看護師専門学校などの女子率の高い学校。そして就職先も女性ばかりの会社となればなかなか異性との出会いがないでしょう。そのように異性との出会いがない、もしくは出会いに積極的ではない場合恋人はできにくいのです。もしも恋人がほしいならば、自分に魅力が無いと嘆くのではなく、出会いを増やしましょう。

焦ることで魅力が減る

男性から引かれやすい女性の特徴のひとつとして、恋愛にガツガツしていたり、必死にみえたりする人があげられます。彼女たちは彼氏を探すことにエネルギーを使いすぎてしまい、自分らしさを表現できなくなっている人が多いのです。

彼氏をゲットすることが目的となってしまうと、ついつい「彼はどんな女性が好きかしら?」と考えて、相手の趣味に自分を合わせるようになってしまうのです。それでは本来の輝きが色あせてしまいます。焦る必要はありません。自分らしい美しさを磨きましょう。

焦ることでうまくいかないことも多い

彼氏を早くつくりたいと焦りすぎると、彼氏を作ることが目的となってしまい、好きではない人とつきあって別れることになってしまいます。あるアンケート結果では、女性の4割が焦って恋人選びを間違えたと回答しているので、よくある失敗だといえるでしょう。

大切なのは愛せる人と出会うこと。そしてお互いに惹かれあうことでゆっくりと愛情を深めることです。愛し愛されることにより、自然に恋人という結果がついてきます。将来を考えられるような素敵な人との出会いを、焦らず信じてください。

一人の時間にしかできないことがある

彼氏ができたら、なかなかできないこともたくさんあります。たとえばゆっくりと楽しむ一人読書や、一人旅など。彼氏といる時間も貴重ですが、彼氏がいない今だからこそ楽しめる一人時間を精一杯有効活用しましょう

一人で過ごす時間は、ゆっくり過ごすのもいいですが自分を磨くことにも使ってください。外見や内面を高めることで、モテる女へ近づくことができます。

 独身女性が寂しいと感じる瞬間とその対処法|幸せの定義は結婚なのか

彼氏いない歴が年齢と同じ女性について

これまで男の人とつきあったことが一切ない人もいるでしょう。そんな女性たちについてみていきます。

女性の約1割が彼氏いない歴が年齢と同じ

アンケートによれば、女性の約10%の人が生まれてこのかた彼氏がいないと答えています。つまり身の回りの10人に一人は彼氏いない歴が年齢と同じ人。珍しいことではないのです。

彼氏がいない理由はひとそれぞれです。一生独身を貫き通すと決めている人もいますし、彼氏がほしいのに出会いがない人もいるでしょう。そこには正解も間違いもありません。人生をどう選択するかという個人的な問題があるだけです。

彼氏いない歴に悩んでいる人もいる

世の中には、彼氏いない歴に悩んでいる人も多くいます。彼女たちは「一人は寂しい」ということではなく「これまで彼氏ができなかったことが恥ずかしい」という不安を抱えているようです。恥ずかしく思う必要はまったくありません。将来の恋人との出会いは運命です。運命の人と早く出会う人もいれば、遅くなってから出会う人もいるだけなのです。

しかしもしも本気で運命の人と早く出会いたいと思っているのならば、悩んでいるだけではなく行動に移しましょう。自分の魅力を上げたり、恋活・婚活をスタートすることを考えてみてください。

恋愛経験がなくても気にする必要はない

恋愛経験がないことが、今後の恋愛の足を引っ張ることがあるのでしょうか。その点をみていきましょう。

男性はむしろ歓迎している

恋愛経験がまったくない場合それを気にしているのは女性だけで、73.2%の男性が過去にこだわらないとアンケートで答えています。男性はどちらかというと女性をリードしたがるもの。恋愛経験豊富な女性に他の男性と自分を比較されるよりも、なにも知らないウブな女性をリードしたいと考えます。

恋愛経験がないことを気にして一歩を踏み出すことができないことで、とても損をしているかもしれません。男性はむしろ歓迎していると考えて、リードしてもらいましょう。

何歳になっても恋愛はできる

適齢期を過ぎてしまうと、女性は一気に諦めモードに入る人が多いです。それまで貯めていた結婚資金でマンションを購入してしまう人もいます。しかし時代は変わりました。一昔前とは違い、年齢にこだわる男性は減っています。子供を作らなくても、好きな女性と生涯を共にしたいと考える男性が増えてきているのです。

○○歳になってしまったから、もう恋愛はおしまい、と割り切ることはありません。いくつになっても恋愛はできますし、大切なのはその人がどれだけ人生を謳歌するかということです。

 初めての彼氏とお付き合いをするコツ。恋愛がうまくいく秘訣とは何か

彼氏がいない女性の特徴

彼氏がなかなかできない女性には、やはり共通の特徴があります。どのような特徴があるのかみていきましょう。

自分から行動を起こさない

彼氏ができない女性の多くが、待っているだけで自分からなにも行動をおこしません。それなのに理想だけは高かったりするものです。多くの女性が憧れるようなハイスペックな男性には、肉食系女子が群がります。

肉食系女子は、素敵な彼氏を手に入れるために自分磨きに余念がありません。外見はもちろんのこと、内面を磨いている女性も多いので、努力をしないで待っているだけでは太刀打ちができないのです。

まずは自分から第一歩を踏み出してみましょう。「出会いがない」と嘆いているのではなく、社会人サークルに参加してみたり、恋活・婚活をスタートしてみたり、素敵な異性と出会える場所に足を運んでみるのです。出会いは待っていれば来るものではありません。自分から探しに行くものなのです。

状況をネガティブに捉える

彼氏がいない歴が長いと、「私に魅力がないから」というように、状況をネガティブに捉えることがあります。しかし自分自身で魅力がないといい続けていると、嘘から出た誠という言葉のように周囲の人の心にそれが浸透してしまいます。

自分のことを魅力が無いという人は、他の人の目から見ても魅力がないのです。彼氏がいないということを否定的に捉えず、せっかくなので一人の時間を充実させたり、自分磨きに時間を費やしましょう。今日出会いがなくても、明日は出会いがあるかもしれない。その思いを大切に、運命の人との出会いのために日々を充実させていけばいいのです。

「自分が嫌い」「私は魅力がないから」そのようなネガティブシンキングはもうやめましょう。

一人の時間がすき

趣味などに没頭しすぎる人も、彼氏がなかなかできにくいです。特にマンガやアニメなどのオタク系の趣味や、読書などインドア系の趣味の場合、他人との趣味の共有が難しいためにどうしても一人の時間が好きになりがち。

しかし実際には恋人ができたからといって、一人の時間がなくなるわけではありません。常に一緒にいることが好きな男性もいるかもしれませんが、大半は二人の時間も一人の時間も両方を大切にする人が多いでしょう。恋人ができたら一人の時間がなくなるというのは、勝手な思い込みなのです。

もしも一人の時間が好きなのなら、同じような価値観の人を探してみるとよいかもしれません

彼氏が欲しい人が心がけるべきこと

彼氏が欲しい場合、なにを心がけたら彼氏ができやすくなるのでしょうか。みていきましょう。

自分磨きに時間を費やす

スポーツでも、インドア派の趣味でも、それがなにかは問題ではありません。なにかに打ち込んでいる人は、キラキラと輝いてみえるものです。そのあなたの輝きに心惹かれる男性はきっとでてくるはず。

せっかく一人の時間が多いのだから、家でゴロゴロせずに新しいことにチャレンジしたり、趣味をみつけたりしてみましょう。そのように新しい場所に足を運ぶことで、新しい出会いがあるかもしれません。

また資格所得などに向けて、勉強をするのも一つです。自分自身のために学びたいことを学んでもよいですし、ハイスペックな男性が集まるような勉強会や講習に参加して出会いを探すのもよいでしょう。それこそ一石二鳥です。

 自分磨きをしよう。人から好かれる方法を知り目標を決めて取り組もう

出会いの場に参加する

出会いの場というのはどこにでもあります。多くの人が恋活をしている場所といえば、合コン、街コン、恋活・婚活アプリ、結婚紹介所などさまざまです。恋愛に積極的なのに出会いがなかなかないのなら、街コンやネットで相手を探すのもよいでしょう。より自然な出会いを求めるのならば、社会人サークルという手もあります。

しかし内気で、お節介を焼いてもらえないとなかなか異性とうまくお付き合いできないという人は、少々高額ですが結婚紹介所などを利用するのも一つです。

出会いの場に参加することで、自分がどのような相手を求めているのか、また自分のよさなどもみえてくることがあります。たとえ恋人がみつからなくても、人との出会いはその後の人生を豊かにしてくれることでしょう。

 婚活パーティー・恋活イベントなら、ゼクシィ縁結びPARTY

理想にこだわらない

白馬の王子様のような理想的な男性を、いつまでたっても待ち望んでいるいる人たちがいます。そのような女性の多くは婚期を逃してしまいます。たとえば「年収1000万円以上で、身長は180センチ以上、イケメンで性格のよい人じゃないとつきあいたくない」と日々口にするような女友達に、なかなか友人たちは男友達を紹介しにくいでしょう。

理想の人と相性がいい人は違います。理想にこだわらずいろいろな人と会話することで、また違った出会いがあるかもしれません。

彼氏が欲しくても焦ってはいけない

彼氏がいないときには、ついつい「彼氏がほしい」と思ってしまうものです。それは寂しさからだったり、別の理由からかもしれません。まずは自分がなぜ彼氏をほしいと思っているのか、自分なりに考えてみてください。寂しさを埋めるためだけの恋人探しは、失敗することが多いのです。

また恋人がいない一人の時間を無駄にせず、自分磨きや、新しい出会いを探すことに使いましょう。自分の魅力をアップしていくことで、自然に素敵な出会いがみつかります。

 独身生活は楽しい。年代別の楽しみ方と将来へのアドバイス


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール