メイク・コスメ

カバー力のあるコンシーラーを公開。タイプ別のおすすめコスメ11選

ファンデーションだけでは隠せないシミやクマ。コンシーラーを使う人も多いと思いますが、カバー力が高ければそれだけでいいのでしょうか。たくさんのメーカーがいろんな悩みに対応した商品を販売しています。今の自分に合ったコンシーラーを見つけましょう。

コンシーラーのタイプ別カバー力と用途

まず、コンシーラーとは何でしょうか。ファンデーションでカバーできないシミやクマなどを隠すために部分的に使用することで、ポイント的に隠したい部分を隠すための追加の化粧下地のことで、目的別や使いやすさなど、いろんなメーカーがそれぞれ独自の特徴を持ったものを販売しています。たくさん販売されていますが、いったい自分の悩みはどれを使えばいいのでしょうか。

コンシーラーのタイプ別用途

コンシーラーには悩みの症状ごとにいくつかのタイプが作られています。お友達には合っても自分には合わないなど、悩みによって使うタイプが違ってきますので、自分に適したものを探しましょう。

伸びがよく自然に仕上がるクリームタイプ

クリームタイプのコンシーラーは、油分が多く含まれているので伸びがよく、大きなシミやニキビなど広範囲をカバーするのに適しています。肌のカサつきも抑えられるので仕上がりも自然で、万能なタイプといえるでしょう。カバー力が高いので、厚塗りしてしまうと上に塗ったファンデーションがヨレてシワのようになってしまう可能性があるので、いっきに沢山取らず、部分的に薄くのばすことがポイントです。

自然な仕上がりになるリキッドタイプ

クリームタイプと同じく油分が多いので広範囲をカバーするのに役立ちますが、リキッドタイプはクリームタイプと比べると水分も多く含まれているため、シワや目の下のクマなど皮膚の薄い部分に適しています。またほっぺの赤みなど、広範囲を薄くカバーするのにも適しています。こちらもあまり厚塗りせず、部分ごとに薄く伸ばすと綺麗に馴染みます。

細かい部分修正にペンシルタイプ

ペンシルタイプは文字通り鉛筆のような形状で、広範囲ではなくピンポイントの補修に適しています。例えば細かいシワや小さなそばかす、カバー力が高いのでアザやホクロなどの濃い色を隠したい場合など、その部分だけ集中して隠せるので小さな場所に使用するのにおすすめです。

クマでお困りの方におすすめのコンシーラー

悩みの症状別におすすめのコンシーラーの具体的な商品を取り上げていきます。まず、目の下のクマでお悩みの場合に適しているコンシーラー。肌になじみやすく、使いやすさに定評があり伸びがいいものが多いです。

ボビィブラウン インテンシブ スキンセラムコンシーラー

ベースメイクで定評のあるボビィブラウン。色展開も豊富で、黒ずんだクマや青みのあるクマなどお悩み別に細かく色味を選ぶことができるのが嬉しいところ。保湿成分が配合されているため、目元のハリ感もアップする優れものです。サラッとしているのでナチュラルなメイクに向いています。

トム フォード コンシーリング ペン

肌に自然になじみ、細かい部分にも最適なペンシルタイプです。ペンシルタイプですが先端はスポンジなので薄くのせたい時は軽めにたたくと少量になり、使用していない部分との境界線が出にくい作りになっています。

RMK スーパーベーシック リクイドコンシーラーN

ダイヤルをカチカチと回すと出てくる液状タイプ。スティック状の容器に入っているので、お出かけ先でもコスメポーチに入れて持ち運びに便利です。使いやすく、クマ消し以外には鼻筋にも使え、乾燥に強いのも嬉しいところです。

ニキビでお悩みの方におすすめのコンシーラー

ニキビを隠したくてコンシーラーを使用する人も多いです。ニキビは目立つ赤色を隠すだけでなく、悪化させないような成分が配合されているものが適しています密着性が高くカバー力が高い事もポイントです。

ETVOS ミネラルコンシーラー

【ETVOS(エトヴォス)】ミネラルコンシーラーパレット

【ETVOS(エトヴォス)】ミネラルコンシーラーパレット

5,658円(12/12 03:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

天然ミネラルと植物性オイルが配合された肌に優しいコンシーラー。カバー力もよく、伸びのよいテクスチャーなので隠したい部分にしっかりフィットします。お肌を整えるビタミンC誘導体なども配合されて、カバーしている間もニキビをいたわります。洗顔石?でも落とせるので化粧落としの油分が気になる人にもおすすめです。

イプサ スーパーマットコンシーラー

イプサ(IPSA) スーパーマットコンシーラー

イプサ(IPSA) スーパーマットコンシーラー

3,024円(12/11 12:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

強いカバー力を持ったこちらの商品はTゾーンや鼻のテカリが気になる人にぴったりです。皮脂をしっかり吸着してくれるので夏の汗ばむ季節の強い味方です。コンシーラーを塗る前にお肌の油分を取っておくとさらに長持ちするようです。

シミが気になる方におすすめのコンシーラー

お肌のシミは、ファンデーションだけではなかなか隠せないもの。隠そうとしてファンデーションを厚塗りするとゴワゴワした肌のように見えてしまいます。厚塗り感がなく自然な仕上がりで、ハイライトにもなるカバー力のあるシミに適したコンシーラーを塗ってからファンデーションを塗ると自然なお肌に見せることができます。

クリニーク・ビヨンド パーフェクティング スーパー コンシーラー

少量でとても伸びがよく、上からファンデーションを塗ると綺麗にシミが隠れると評判のコンシーラーです。気になる部分が自然な肌に仕上がり、24時間お直し不要のカバー力が自慢の商品です。衣類への色移りもしにくいので安心。汗や湿気でも崩れにくく、少量でカバーできるのでコスパがいいのも嬉しいところです。

NOV ノブ コンシーラー

クリームタイプでよれにくいのが特徴です。容器に入っている状態では固めなので、少量だけ取りたい時に取りやすく、指の温度で柔らかくなってとても伸びがよいコンシーラーです。敏感肌の人にも使いやすい低刺激の無香料のアレルギーテスト済みなので皮膚が弱い人にもおすすめです。

資生堂 スポッツカバー ファウンデイション

シミだけでなく、あらゆるタイプの悩みに万能に対応するコンシーラーです。カバー力がとても強いので、気になるアザやシミも綺麗に隠れます。マットな仕上がりになるので汗をかく時期や、なかなかお化粧直しが出来ない日などにおすすめできる商品です。

プチプラなのに優れものなオススメコンシーラー

同じコンシーラーでも高額なものから安価なものまで多種多様です。安いからといって質が悪いものばかりではありません。毎日使うものはなるべく安くて質がいいものを使用したいですよね。プチプラでも質のよいおすすめコンシーラーをご紹介します。

コーセー ヴィセ リシェ コンシーリング ベース

ヴィセ リシェ コンシーリングベース

ヴィセ リシェ コンシーリングベース

1,980円(12/12 03:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

赤みやくすみだけでなく、さまざまなトラブルを万能に覆い隠してくれる高いカバー力が持ち味。化粧下地なしでこれだけでベースメイクが完了。アクアポリマーが保湿感をあたえ、モイスチュアポリマーで表面はつるんとした仕上がりになります。

毛穴カバーパウダーやアミノ酸コーティングをしたカバーパウダーも配合され、SPF25・PA+++なので、ちょっとゴミ出しに行くだけの時などはこれだけでも紫外線対策になります。美容液成分が配合されているので乾燥を防いで長時間しっとりとしています。

エクセル サイレントグロウ コンシーラー

お手頃価格のスティックタイプのコンシーラー、3色展開でなりたい仕上がりに合わせて選べることが特徴です。カラーごとにペン先の素材が違い、スポンジタイプや筆タイプなど、その色を肌に塗るのに適した材質を使用しているので自然に肌に馴染みます。また、カラーコントロール効果で肌色をさりげなく補正できるのでハイライトのように光でシミやシワを目立たなくする効果があります。青色のクマなどは光を飛ばすことで、健康的な肌に見せることができるのでおすすめです。

ザ セム チップコンシーラー

低価格で伸びもいい韓国で有名なコスメ商品です。肌の屈折率とよく似ているSoft Focus Powederが配合されているので、自然に肌の欠点をカバーして透明な肌に見せてくれて、SPF28・PA++と紫外線対策の効果も高いので日差しが強い時期にも安心。

ロングラスティングポリマーできれいな肌を長時間維持することが可能で、なかなかヨレません。保湿感あるテクスチャーで、肌に自然に密着するので乾燥する環境でもお肌をしっかり守ってくれます。このお値段でかなりの効果が期待できるので、お試しに使ってみるのにおすすめです。手放せなくなるかもしれませんね。

肌トラブルにあったカバー力のコンシーラーを使用する

沢山のコンシーラーが販売されていますが、自分は「これ」と、どんな場合でも同じコンシーラーに決めてしまうのではなく、その時の肌トラブルに合わせたコンシーラーを選んで使用すると健康的な肌の状態が保てるでしょう。例えばニキビがひどい時、しっかり隠したい気持ちはよく分かりますが、油分の多いマットタイプのコンシーラーなどを使用すると悪化したり、なかなか治らない可能性もあります。

ニキビなどの腫れがあるような場合は、お肌に優しい成分が配合されているコンシーラーを使用し、シミを隠したい時は油分の多いカバー力が高いものを使用するなど、カバー力が高いものばかりを重視するのではなく、その時その時の症状に応じて適した選択することをおすすめします。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール