ファッション

おすすめのマフラーが知りたい|人気ブランドをチェック

冬になるとファッションの必需品となるのがマフラーです。女性の場合、体が冷えやすいのでマフラーは仕事中や外で食事をするときのひざ掛けとしても必需品となりますよね。他の人とは一味違った素敵なマフラーがほしい、そんな方はぜひ参考にしてください。

おすすめのマフラーでかわいく冬を過ごしたい

秋ごろからジャケットなどの薄手のアウターだけでは寒い季節に入ります。そんなときに重宝するのがマフラーですよね。この一つのアイテムだけでコーディネートに華が加わりますし、厚手のコートを引っ張り出さなくても首元を暖めるだけで防寒できます。また、マフラーは恋人や友人へのプレゼントとしても定番商品です。少し背伸びして上質なマフラーをプレゼントすれば相手から喜ばれることも間違いなし。今回は、そんなマフラーについておすすめの人気ブランドをいくつかご紹介していきたいと思います。

マフラーを使うとき、こんなことに悩んでない?

マフラーは必需品ということもあって秋~初春の季節にかけてなくてはならないアイテムですよね。でも、みんなが持っているからこそ意外とこんなお悩みを持っている女性も多いのではないでいしょうか。

みんな似たような柄…量産型にはなりたくない

無地のマフラーから定番のチェック柄まで、同じような柄がありすぎて何を選べばいいのかわからない、というのは誰しも一度は抱いたことのある悩みなのではないかと思います。特に学生時代は周りの友達もほとんど同じブランドの似たような色味、柄のマフラーをつけていたのではないですか?社会人になっておしゃれにもおしゃれにもさらに気を使うようになった今、量産型にはなりたくないけどどのようにしたら他の人と差をつけるのか、マフラーはみんなが持っているからこそそのポイントがなかなか難しいアイテムでもあります。

またマフラーは柄だけでなく素材、太さ、長さ、形態まで本当に数えきれないほとの種類があります。できれば人と違うものを選びたいけど、あまりにも奇抜だと浮いてしまわないかちょっと心配、という方や、流行りすたりがありそうだし最初に選ぶのは何がスタンダードなのかわからない、コーディネートができるのか心配、などたくさん種類があることで出てくるお悩みも多いのではないかと思います。

お手入れが大変…

マフラーはポリエステルでできているものから本物の羊毛を使用しているものまで素材が様々です。そのうえ冬などは毎日使うものになってくるため毛羽立ちが目立ってしまったりしますよね。家で洗濯するのは不安だけどマフラーのためだけにクリーニングに出すのも高いし…お手入れが大変だというのもマフラーに関するみなさんのお悩みの一つなのではないかと思います。

ベストの巻き方がわからない

マフラーの難しいポイントの一つとして、どんな巻き方が一番いいのかわからないというのもあります。見た目をなるべくかわいくしたいけど、髪がぼさぼさになるのはNGだし、苦しすぎるのもいや…巷にはいろんな巻き方がありすぎてどの巻き方が正解なのか誰か教えてほしいというのは誰もが一度は悩んだことがあるのではないかと思います。

使いやすさのポイントはこの3つ

いくつかのマフラーの購入に関するお悩みを紹介しましたが、ではマフラーがより使いやすくなるにはどのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。

1.品質表示を気にしてみよう

買う前に一番気にしてほしいのが品質表示です。羊毛を100%使用しているのか、それともポリエステルを使用しているのか、また洗濯方法なども確認しておくことが必要です。やはり温かさでいえば本物の羊毛のほうが信頼感がありますが、値段も張りますしお手入れにもその分手間がかかるということもありますので、ポリエステルにも強みはあります。自分が使いやすいマフラーなのかどうか、購入の前に見極めておくことで安心して使用することができますよ。

2.動画でベストの巻き方をお勉強

最近は女性向けのコンテンツをまとめた動画サイトやチャンネルなども多くあります。マフラーの巻き方に迷ってしまうという方は、実際に巻き方を見せてくれる動画をしてみましょう。まとめサイトなどで文章で読むよりも、実際に動画を追いながら勉強してみることでより早くかわいい巻き方を習得できますよ。巻き方の種類もたくさんあるため、動画の中でいろいろな角度などを確認しながら自分のお気に入り巻き方を研究してみましょう。

3.マフラーのそれ以外の活用方法

マフラーは単に首元を暖められるというだけではありません。外で仕事をしなければならないときやカフェでお茶するとき、空調が寒いと感じた時など様々な場面で毛布やひざ掛けとしても使えることもあります。工夫次第で様々な使い方が可能なので、1つ持っているだけでおしゃれだけでなく万能アイテムになってくれますよ。

マフラーの選び方のコツ

とはいえ、やっぱり種類が多すぎて選べない…そんなときはどのようなポイントに注意してマフラーを選べばいいのでしょうか。

雑誌を見て研究しよう

マフラーは秋冬の必須アイテムですので、必ずと言っていいほど毎年ファッション誌で特集されています。また、特集以外でもコーディネートの紹介の記事には必ずマフラーを取り入れているものがあるはずですので、それらを参考に自分の手持ちの服やアウターとの組み合わせを考えてみてはいかがでしょうか。

自分の肌の色との相性を考えてみよう

マフラーは首元に巻くものですので、やはり自分の顔色やその時の髪色がもっともきれいに映えるような色をチョイスするのがベターだと言えます。これには、自分のパーソナルカラーを知るのが一番でしょう。パーソナルカラーとは、あなたが生まれ持った肌や瞳、髪の色との相性が良く、より印象を良く見せてくれるいわゆるあなたに「似合う色」のことです。

このパーソナルカラーは、季節にちなんで「サマー」(淡めの色、寒色系)、「オータム」(濃いめの色、暖色系)、「ウィンター」(濃いめの色、寒色系)、「スプリング」(淡めの色、暖色系)の4つに分類されています。基本的には肌のトーンがブルーベースがイエローベースか、また鏡の前でその色を合わせてみた時の感触やメイクでの色のノリ(例えば、ピンク系のチークよりもオレンジ系のほうが顔色が映えた、赤系リップよりも薄いピンクのほうが自分には合っていた)などで決まります。

自分だけで判断するのが難しい場合には、百貨店やアパレルショップの店員さんに相談すれば一緒に鏡の前でいろいろな色を試しながらあなたに似合うパーソナルカラーを診断してくれると思いますので、ぜひ試してみてください。

迷ったらまずは定番の色をチョイス

どうしても迷ってしまうという場合にはまずは黒・白・茶・ネイビーなどの定番色からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。マフラーは毎年使うものですし、またそのシーズンにはほとんど毎日しようするものでもあります。とりあえず最初はどんな服とも合わせやすい定番色をチェックしてみて、飽きてきたら赤や黄色などコーディネートのさし色となるようなカラーにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

マフラーの人気ブランド別おすすめ商品

それでは、ここからはマフラーの人気ブランド別におすすめの商品をピックアップしてきます。ブランドによってかなり個性がありますので、特徴を見比べてみてあなたの好みの形や色があるか、ぜひチェックしてみてください。

やっぱり定番のBURBERRY

マフラーの定番といえばやはりBURBERRY(バーバリー)ですよね。バーバリーはイギリスの伝統的なブランドで、タータンチェックを使用したクラシックなデザインが今も世界中で愛されています。トレンチコートでも有名ですので、名前を知っているという方も多いのではないでしょうか。やはりバーバリーといえばチェック柄ということで、マフラーでも様々な色や形のチェック使用した商品が多く出ています。高級ブランドということもありますし、シックで誰からも愛される飽きの来ないデザインですので初めてのマフラーにも、プレゼントにも人気のブランドになります。

クラシカルなベージュのチェック

バーバリーといえばだれもが連想するのがベージュに黒、白、赤のチェック柄。定番の柄としては一度は買ってみたい憧れの柄でもありますよね。どんな服との相性もよく、上品さを演出してくれる商品です。

キュートに決めたい、他の人と差をつけたいならピンクに挑戦

女性らしさをさらに出したいという人は、ピンクに挑戦してみてはいかがでしょうか。落ち着いたベビーピンクなので大人っぽい、でもかわいらしい印象を演出してくれそうです。そんなにはっきりしたピンクではないので、ベーシックカラーのどんな服とも合わせやすいのではないでしょうか。

男女兼用で使える、ブルーのタータン

バーバリーでは男女兼用で使える商品も用意されています。彼と記念日にお揃いのマフラーを買って一緒につけてみるなんていうのもロマンチックで素敵ですよね。プレゼントにも最適ですし、カラーとしてもどんな服にも合わせやすくなっています。

他の人と差を付けたいならハートパターンにチャレンジ

定番のベージュカラーにハート模様が入ったマフラーまで登場しています。そろそろ定番の柄に飽きてきて少し遊び心を入れたくなったらチャレンジしてみてはどうでしょう。赤は基本的にどんなカラーの服にも合いますし、ベースにあるカラーや柄がシックなものなのでそこまで抵抗感なく挑戦できる柄なのではないかと思います。

クラシックなのにモダンなタッチ、POLO RALPH LAUREN

彼とおそろいのマフラーにチャレンジしてみるなら、おすすめなのがPOLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン)です。こちらはアメリカ発のブランドで、クラシカルなスタイルにモダンな雰囲気をプラスしたアメリカン・カジュアルの定番のブランドです。馬にまたがった人のロゴで有名なので知らない人はいないでしょう。ポロシャツやYシャツなどでよく目にするブランドですよね。男性のラインナップも充実しているため、彼とのお揃いや色違いでマフラーがほしいという人におすすめです。

定番はやっぱりタータンチェック柄

ラルフローレンのマフラーといえば定番はやはりチェック柄です。クラシカルな雰囲気のネイビーや赤を使用した柄であればどんな服であっても上品に着こなすことができます。また、男性にもあまり抵抗がない色ですのでお揃いにも挑戦しやすいでしょう。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

エレガントに決めたいならライトベージュ

優雅な雰囲気のライトベージュをチョイスすれば、より柔らかい雰囲気を出せるとともに、「デキる女」感で周囲を魅了できることまちがいなしです。定番の原色カラーとは一味違った色をチョイスるすることで周囲に差を付けられます。

流行りのカラーコートと合わせるなら大人しめのカラーをチョイス

レッドやパープル、アイスブルーなど今流行りのカラーコートと合わせるのであれば大人しめの落ち着いたカラーをチョイスしましょう。チャコールグレーやブラックなどベーシックな無地のマフラーでも、ラルフローレンのロゴがワンポイントで入っていることで一気にかわいらしさが上がります。

ユニークなバイカラーも気になる

おしゃれ上級者さんにおすすめなのがバイカラーのマフラーです。補色同士の組み合わせなので、どんなカラーの服とも合わせやすくなっています。他にはあまりないデザインですので、自分のセンスで洋服選びをしてみたいという方や、暗い色の服ばかりなのでさし色のマフラーを探している、という方にぴったりの商品ですね。

女性からの圧倒的支持、LOUIS VUITTON

女性からの圧倒的な支持を誇るハイブランド、LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のマフラーも人気です。ルイヴィトンといえば、イニシャルのLとVを文字った特徴的なロゴ入りの商品が人気で、お財布やトラベルバックでは他ブランドと比較しても非常に人気の高いハイブランドになります。ルイヴィトンではどのようなマフラーが登場しているのでしょうか。

女性に人気なのは魅惑の赤

クラシカルなロゴマークが入っている柄ですが。パッキリとした赤色が映えるマフラーが女性の間では人気のようです。ルビーのような赤色で、モノトーンコーデなど大人っぽいコーディネートの差し色となってくれること間違いなしです。初心者でも挑戦しやすい赤色だと思いますし、ロゴマークは光沢感があるので、より上質さや高級感をアピールできます。

ベーシックカラーでシックにキメたい

ライトグレーの明るいベーシックカラーをチョイスすれば大人っぽい上品さを演出できます。定番の色味なので、これぞルイヴィトン、というような高級感を演出することが出来ますよね。色が淡いので、まだ肌寒いくらいの涼しい季節から活躍してくれそうです。

大き目ロゴで差をつける

大き目のロゴのものにすれば、ありがちなデザインを避け、他とは違う自分らしさを演出できます。カラーはあくまでもベーシックなので、どんなコーディネートにも合いますし、インパクトが大きいの顔周りへの注目を集めること間違いなしですね。

個性派を目指すなら英国初のVivienne Westwood

他とは一味ちがうマフラーを選びたいという方は、イギリス発のVivienne Westwood(ヴィヴィアン ウェストウッド)を選んでみてはいかがでしょうか。個性的なロゴマークで男女ともに人気のブランドで、プレゼントに選ばれる方も多いようです。カラーバリエーションもかなり豊富なので、あなただけのお気に入りをぜひ見つけてみてください。

定番のロゴに無地のマフラーが素敵

ヴィヴィアンといえばこれ、ともいえるような定番のロゴマークに落ち着いた渋みのあるワインレッドの組み合わせは落ち着いた印象だけでなく個性をアピールするのにもぴったりです。他のカラーもたくさんそろっているのでぜひ探してみてください。

アーガイルで私らしさを演出しよう

マフラーといえばほとんどのひとが無地かタータンチェックを思い浮かべるのではないでしょうか。ヴィヴィアンのブラウンのアーガイル柄を選べば、クラシックな雰囲気なのに他の人とは一味違う自分をアピールできそうですし、他の服との相性もバッチリです。

モードで現代的なおしゃれを楽しむなら、Christian Dior

フランス発祥で今もファッション、コスメ業界の最先端を行くChristian Dior(クリスチャン ディオール)のマフラーが今女性の間で人気になっています。化粧品などが日本でも大人気で、パリコレなどでも話題の中心であるハイブランドとして有名ですよね。バーバリーやラルフローレンのようなクラシカルな雰囲気から一転、よりモードな雰囲気のおしゃれを楽しみたいという方におすすめのブランドです。

おしゃれなDiorのロゴで差をつけよう

最もスタンダードなディオールのロゴ入りのマフラーで、こちらは同じ柄のグローブもセットとなっています。ブラックとシルバーというオーソドックスな柄ですので、高級感もあり、パーティーシーンなどフォーマルで華やかなコーディーネートにも合いそうです。

さわやかなイエローにチャレンジ

ディオールで黄色というのは少し意外かもしれませんが、落ち着いたイエローなのでベーシックなコートなどとも合わせやすく上品に着こなせそうです。フリンジがついているので動きもでてさわやかかつ暖かなイメージを演出できそうですね。

オンナっぽコーデに合わせるなら絶対FURLA

女性らしい服装が好みという方におすすめなのがイタリア発のブランド、FURLA(フルラ)です。かわいらしいデザインやカラーのバッグやお財布は日本でも人気があります。他のハイブランドに比べるとリーズナブルにマフラーが選べるので、気に入ったデザインがあれば複数の色味や柄に挑戦してみるということもできそうです。また男性が女性に贈るプレゼントとしても非常に喜ばれそうなブランドです。

FURLAっぽさを出すならピンクをチョイス

FURLAといえばやはりかわいらしいイメージがありますので、ピンクに挑戦してみるのがおすすめです。上質なシルクとカシミヤを使用しておりますので、肌さわりも非常に気持ちよく、また発色がとてもきれいなので派手過ぎず控えめでかわいらしい上品なピンクでおしゃれを楽しむことができるのではないでいしょうか。

男性ウケもバッチリのブルーで意外性を出す

いつものお洋服にブルーのボーダー柄をチョイスすれば、それだけでスタイリッシュで意外性のあるコーディネートが完成します。男性からの好印象もばっちり獲得できそうです。

大人っぽさを演出するGucciのマフラー

続いては、少し背伸びをして挑戦してみたい有名ハイブランド、Gucci(グッチ)です。こちらもイニシャルを文字ったロゴマークが特徴的なブランドで、バッグやお財布は20代後半以降の女性から絶大な支持を誇ります。レディースファッションの中ではマフラーの定番ブランドとしても人気があります。

Gucciのロゴマークで高級感をアピール

バッグやお財布のロゴマークとしても有名な定番の柄を使用したベージュベースのマフラーをチョイスすることで、上品なおしゃれを楽しむことができます。あえて落ち着いたカラーをチョイスすることでこなれ感も出せそうですよね。

男性にも人気のGucciで彼とお揃い

Gucciの特徴のひとつとして、男女兼用で使えるデザインが多く、男性からの人気も高いということがあります。彼とお揃いのマフラーも選びやすいので、クリスマスや記念日などで一緒にお揃いのマフラーを選んでみるのもいいかもしれません。

落ち着いたデザインのCOACHはやっぱり外せない

ハイブランドとしては外せないCOACH(コーチ)のマフラーについても見てみましょう。アパレル業界の中でも一流のCOACHは、数あるハイブランドのマフラーの中でも女性からの根強い人気を誇ります。マフラーは割と手ごろなお値段で手に入れることが出来るので、手を出しやすいブランドでもあります。落ち着いたデザインながらも機能性も抜群であり、他の人と少し差をつけるのにぴったりのブランドです。

バニラ×ライトキャメルで冬らしいコーディネートにぴったり

柔らかい雰囲気の色合いと肌触りで、上品ながらも冬らしく女性らしい印象を与えるのにぴったりの商品です。ブラックやグレーを合わせてもいいですが、あえてホワイトのコートなどを合わせて、思いっきりオンナ度をアピールしたコーディネートにも挑戦したくなりますね。

ブラック×グレーでかっこよく

こちらは対照的にブラックとグレーの組み合わせでクールで高級感のある印象です。シックで落ち着いたデザインですので、あえてレッドやイエローといったはっきりとした色味のワンピースやコートと合わせてみてもかわいいかもしれませんね。

定番中の定番、HERMESでゴージャスにキメよう

バッグやお財布でも有名なハイブランドのHERMES(エルメス)のマフラーも定番中の定番で人気です。少し値段設定が高めですので、自分へのご褒美や友人、恋人への贈り物として選ぶのにぴったりの高級感が感じられる商品が多いです。定番のものから少し変わったデザインのものまで多彩なラインナップに定評があります。

あえての無地チョイスで最高級をアピール

カシミヤ100%のエルメスのマフラーでは、あえて無地をチョイスして素材の高級感をアピールするのもおしゃれ上級者です。肌触りがいいのはもちろん、グレーベージュの発色もきれいなので、どんなコーディーネートにも合わせることができます。

オレンジで個性をアピール

ベーシックカラーのマフラーに飽きてきたらエルメスの鮮やかなオレンジにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。高級感のある発色なのでオレンジというはっきりとした色味でも派手過ぎず、上品に他の洋服との組み合わせを楽しむことができます。

お気に入りのマフラーを見つけよう

いかがでしたか。毎日使うものだからこそ、色や形だけでなく素材やめずらしさなどにもこだわりたくなりますよね。これから訪れる冬に向けて、是非自分の納得できるデザインのマフラーとの出会いを探してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧