ファッション

コンバースCT70で毎日のおしゃれをワンランクアップしよう

おしゃれなスニーカーの代表、コンバース。中でもオールスターは人気のアイテムです。カラーも豊富でシンプルな細身のデザインは、服装をより素敵な着こなしにさせます。今回は、さらにハイクオリティーでレアなコンバースCT70について取り上げます。

コンバースはオールスターだけじゃない

コンバースといえば、多くの人がハイカットのオールスターを思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、オールスターだけでなく、CT70というシーズンを問わずにさまざまな服装に合わせられるモデルも人気が高いです。
今回は、コンバースCT70の特徴や魅力、オールスターとの違いなどについて解説します。また、入手方法などもお伝えしますので、参考にしていただければと思います。

コンバースCT70とは

おしゃれをより楽しませてくれるようなコンバースCT70とは、いったいどのようなものでしょうか?人気のオールスターとはどのような違いがあるのでしょうか?

1960~1970年代にアメリカで製造されたものの復刻版

(コンバース)CONVERSE コンバース チャックテイラー’70復刻 三ツ星
1917年にアメリカのコンバース社が発売した世界初のバスケットシューズが、オールスターです。そのファッション性、使いやすさ、リーズナブルさで、現在も世界中から絶大な人気を誇る定番スニーカーです。

オールスターは、モデルやデザイン、そして販売店にもよりますが、現在日本ではおよそ6,000円?というとても手頃な値段で手に入れることができます。カラーバリエーションも豊富で、またシーズン毎に違うデザインも出るので、気に入ったら色違いや柄ちがいを揃えたりと、そのたびに気軽におしゃれが楽しめます。

そのオールスターシリーズの中に、1960?1970年代に製造販売されていたチャックテイラーというモデルがあるのですが、その復刻版が「Chuck Taylor All Star ‘70」、通称「CT70」です。

細部に渡り完成度の高いシューズで、オリジナル品は非常にレアで、現在はほとんど流通していません。CT70は、オリジナルの細部までを忠実に再現し、アメリカのコンバース社で販売されたヴィンテージモデルなのです。

また、商品名にもなっているチャックテイラーとは、1917年頃のアメリカプロバスケットリーグのスター選手で、現役中や引退後、長年オールスターを愛用し多くの人々に広め、またアドバイザーとしてもシューズの改良に貢献した人物です。そして実はこのCT70こそが、オールスターの原型にもなっているのです。

サイズ感は現行のオールスターと変わらない

サイズ感は、日本で販売生産されているオールスターとほぼ変わりないようですが、木型が違うため、そのシルエットが違います。CT70は足の甲の部分にボリュームがあり、現行オールスターはつま先部分にボリュームがあるので、見た目に長いと感じるのは、目の錯覚もあるかもしれませんね。

履き心地はとてもよい

CT70はもともとプロ選手も愛用するバスケットボールシューズなので、驚くほど履き心地がよいようです。一方、そのCT70が原型である現行オールスターは、人によっては痛い、疲れる、などの声も。その違いはなぜなのでしょう?

オールスターとの違いはたくさんある

現在のオールスターと復刻版のCT70では、いくつかの違いがあります。こちらで、特徴を詳しく比べてみましょう。

アウトソールが約5mm厚い

現行オールスターよりも5mmほどの厚みがあることで、実際に歩いた時の衝撃をより吸収してくれます。もちろん履いたときのクッション性も高まりますね。見た目のボリュームも出て、CT70そのものも存在感をより醸し出しています。

インソールが柔らかい

CT70は、驚くほど履き心地がよいと評判です。この点が多くのブロガーさんも絶賛しているポイントです。現行オールスターでは、自分で厚手の靴下を履いたり、さらにインソールを入れたりと、工夫が必要でした。
しかし、CT70はそのままでも十分に快適に履けるそうです。足が痛くなることもなさそうですね。色やデザインなど見た目も大事ですが、靴はやっぱり履き心地が重要ですよね。

親指と小指の横にあて布がある

内側の左右に親指と小指用のあて布があるので、補強力がアップし、靴の中での足の安定感がより保たれます。外から見てもステッチがあるのでデザイン性もアップし、すぐにCT70とわかります。

靴紐の穴がキラキラしている

現行オールスターのマットな質感は、やや軽いので安く見えます。それに比べてCT70は、キラキラでツヤツヤな見た目の質感に重みも感じられ、よりどっしりとした上品な雰囲気です。

ちなみに靴紐に関しては、現行がポリエステル100%で真っ白、厚みは薄く、CT70は綿100%で、肉厚、黄色がかっています。改良を重ねるうちに、耐久性を考えてポリエステルへと変化があったようですが、やはり綿のほうが見た目も素材もよい感じです。

つま先のゴム部分が黄色がかっている

CT70は、黄色がかった白で光沢があるラバーソール、復刻感があります。現行オールスターは真っ白でパサっとした艶なしタイプ、ややチープな印象で汚れもつきやすいようです。

そしてこのつま先は、横から見るとCT70は上向きにそったカーブになっています。細かいところですが、ちょっとした部分にくすぐられます。

つま先の白い三角形が小さい

現行オールスターよりも、CT70はつま先の白い三角部分が小さく、かっこよく見えます。ラインがより内側に入っているので、引き締まって見えるのです。

二つのシューズを並べて上から比べると、はっきりと違いが。全体的にCT70はシャープな印象です。内側に入っているラインや、当て布のステッチなどの視覚効果が効いています。この少しづつの違いで、差が出ますね。現行オールスターはこうしてみると、多少ぼんやりとしているイメージがあります。

ヒールパッチが黒くてデザインも違う

ここがCT70と現行オールスターを見分ける最も分かりやすいポイントです。現行オールスターは、白地に「ALL STAR」とシンプルに書いてあり、星が一つのデザイン。

CT70は、2種類のラインがあります。その一つが「ファーストストリング」(通称「三ツ星」)と呼ばれる、黒地に「CONVERSE ALL STAR」の文字と「Chuck Taylar」の文字、星が3つのデザイン。そしてもう一つが「プレミアムライン」(通称「一ツ星」) と呼ばれる、黒字に「ALL STAR」とシンプルに書いてあり、星が一つのデザインです。

ちなみにファーストストリングは赤い箱、プレミアムラインは黒い箱に入っています。二つのラインの違いは、ヒールパッチとこの箱だけなのです。

また、CT70のヒールにはラバーコーティングが施されており、摩擦に強いため、現行オールスターと違って、印字がハゲにくいというメリットもあります。

コンバースCT70は日本では入手困難

普段なにげなく私たちが見かけるコンバースとは違うCT70は、なぜすぐに見つけられないのでしょうか?

私達が普段見るのはコンバース・ジャパンの靴

コンバースCT70は、アメリカ製の復刻版です。そのため、コンバース直営店やABCマートなどを探しても、なかなか出会えません。
実は、日本で売られているものは、コンバースJAPANで生産されたものが流通しているからです。

コンバース・ジャパンはコンバースUSAと別会社

コンバース社は1908年アメリカのマサチューセッツ州で創業されましたが、その後2001年に倒産した際、日本の伊藤忠商事が企業再建に参加し、2002年にコンバース・ジャパンを設立しました。しかし翌年2003年に、本社であるコンバースUSAはナイキに買収され、コンバース・ジャパンは伊藤忠商事に商標権が移り、USAとジャパンは別会社になりました。

その結果、厳しい流通政策がひかれることとなり、個人で輸入しようとしても、規制がかかり税関で止められることもあるようです。

CT70の入手方法

優秀でデザインも素敵なCT70は、何だか気になりますし手に入れたいですよね。日本で購入できない場合は、どうしたらよいのでしょうか?いくつかの方法をご紹介します。

セレクトショップや古着屋で見つける

小まめにセレクトショップや古着屋をのぞいていると、ごくたまにCT70と出会える可能性もあるようです。しかし、当然品数は少ないので、自分のサイズにぴったりのものと出会えるといった確率は、低いかもしれません。

もしも、見つけたときには、どんなものか試しに履いてみてもおもしろいですね。

海外旅行で買ってくる

海外旅行先で購入する、といった方法もありますね。ショップで買うよりも日本へ仕入れる手間がない分、自分で購入する方が、当然安く手に入ります。日本のショップで奇跡的にCT70と出会えたとしても、お店にもよりますが、ざっと15,000?30,000円くらいはしますが、決してお安くはないですね。

海外のABCマートでは、なんとおよそ8,000円前後でCT70が手に入ります。日本で販売しているオールスターの価格にプラス2,000円程度で、見た目も履き心地もより魅力的なCT70が購入できるのです。これは見かけたら、ぜひとも購入したいところです。
現在ではアメリカのみでなく、韓国やタイなどのアジア諸国でも流通しているようなので、お土産などにもいかがでしょうか。

最終手段はネットショッピング

海外旅行に行けない、そこまで時間もお金もかけられないけど、やっぱり欲しいという場合は、便利なインターネットショッピングがよいでしょう。amazonや楽天、メルカリなどで見つけて購入するという方法も。

ネットで購入する場合は、靴自体の値段のほかに送料がかかることもありますが、運が良ければ日本にいても10,000円を切るリーズナブルな価格で、憧れのCT70を手に入れられるかもしれません。しかし、その場合は、しっかりと本物のCT70であるかを見極めることが必要です。

コンバースCT70の素晴らしい履き心地を体験しよう

細部にこだわってデザインされたシューズの復刻版は、ヴィンテージマニアの間でもとても人気が高いです。スニーカーが大好きな方も、これからコンバースを履いてみたいという方にもおすすめです。入手が少し難しい分、手に入れたあとはすごく特別感があり、大切にしたいですね。

コンバースCT70で、ワンランクアップしたスニーカーファッションを楽しみましょう。ぜひ、一度その素晴らしい履き心地を体験してみて下さい。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール