ファッション

シャツとパーカーの重ね着コーデ術。着こなしのコツをつかもう

シャツをインしてパーカーを上に着る重ね着コーデ。定番のカジュアルスタイルのイメージはありますが、重ね着の仕方がわからないという声が多いです。難易度が高いコーデほど、上手く着こなせたらおしゃれで差がつくので、着こなしのコツをつかみましょう。

シャツとパーカーの着こなし術

シャツとパーカーのレイヤードは王道のスタイルではあるものの、着こなしかたが難しいと敬遠されがちです。キレイめのシャツとカジュアルなパーカーとのレイヤードは、清潔感があっておしゃれ度も高くなるので、着こなし術を身につければまわりと差がつく大人カジュアルコーデになります。

パーカーにシャツをインすることで、ちらりと見えるシャツの襟が良いアクセントに。シャツの襟の色や、シャツとパーカーの色のコントラストなど、組み合わせ方次第で雰囲気が変わります。インするシャツをチェック柄などの柄物にするか、シンプルに無地にするかという選択肢もあり、シャツとパーカーの着こなしは幅広いです。

シャツをインすると、おしゃれ度が上がるだけでなく、秋冬の寒い時期には防寒性が高くなるというメリットもあります。秋冬スタイルをあたたかくおしゃれにできる最高の組み合わせです。

シャツとパーカーの着こなしを成功させるためには、少しコツが必要。以下には、サイズ感による雰囲気の違い、カラー別の合わせ方、デザイン別の合わせ方など、さまざまな着こなし術をまとめています。これらを参考にして、シャツとパーカーを使ったおしゃれ度の高いカジュアルコーデを目指しましょう。

シャツ+パーカーのコツ

シャツ+パーカーを上手に着こなすにはコツが必要です。特にサイズ感は重要なポイントで、大きさによって雰囲気が変わります。

サイズ感で合わせてみよう

理想とするスタイルの雰囲気を出すためには、サイズ感に気を配ることが大切。同じシャツ+パーカーのスタイルでも、ゆったりサイズとピッタリサイズとでは全く違う雰囲気になります。

シャツやパーカーを選ぶときには、デザインや好みの色を重視がちですが、まずはサイズ感をチェック。かわいい雰囲気にしたいのか、清楚な雰囲気にしたいのか、大人っぽくしたいのかなど、理想とするスタイルをイメージして、サイズ感で合わせてみましょう。

ゆったりサイズだとかわいい雰囲気に

かわいい雰囲気にしたいならゆったりサイズで合わせましょう。特に上に重ねるパーカーをゆったりサイズにすることがポイントです。普段SサイズならMサイズにするなど、ワンサイズ上のサイズを選ぶのもおすすめ。少しゆとりのあるサイズ感くらいにおさえておくと、ナチュラルな可愛さを演出できます。

あえてメンズサイズを選んでルーズに着こなす上級テクニックもありますが、あまりサイズが大きすぎると着こなしが難しくなり、だらしなく見えてしまう可能性があるので、程よくゆとりのあるサイズ感にするだけでOK。また、ロングシャツとベーシック丈のパーカーをあわせると、トレンド感のあるおしゃれなレイヤードスタイルになります。

ピッタリサイズで清楚に

カジュアルで清楚な雰囲気にしたいなら、ピッタリサイズに合わせましょう。オーバーサイズがストリート系やカジュアル強めのスタイルになるのとは逆に、ピッタリサイズは清楚なスタイルに仕上がります。

上に重ねるパーカーをタイトなシルエットのものを選び、インするシャツもパーカーに合わせてなるべくフィット感のあるサイズを選ぶのがポイント。インするシャツが大きいと、パーカーと重ねたとき、もたついて着膨れして見えてしまうので要注意です。

大人っぽさなら小さめを選ぶといい

大人っぽさを出したいなら小さめを選びましょう。大きめサイズはカジュアル感が強くなり、逆に小さめサイズはカジュアル感が弱くなるので、ピッタリサイズを選ぶと大人っぽく着こなせます。

パーカーというアイテム自体がカジュアルですが、タイトでコンパクトなサイズ感にするとキレイめな雰囲気に。ボトムスもスキニージーンズやタイトスカートなどにして、全体的にタイトにまとめると、より大人っぽいコーデに仕上がります。

カラー別のコツ

カラー別でおしゃれに着こなすコツをまとめています。シャツの色とパーカーの色とのバランスも意識しましょう。

色のコントラストを大切に

色を上手く使ってコーディネートすることで、おしゃれ感の演出に差が出ます。シャツの色とパーカーの色とのコントラストや、アクセント付けになる色をどうするかなど、色はコーデの印象を左右する重要なポイントです。

シャツ+パーカーの着こなしをする場合、そのレイヤードスタイルがコーデの主役になります。特にワンポイントになるシャツの色は、ちらりと見える程度であってもコーデの中では存在感のあるアイテム。シャツの襟にアクセントカラーを持ってくるテクニックもあれば、シャツの色をシンプルにすることでパーカーを主役にして引き立たせるというテクニックもあります。

白シャツ+お好きな色

白シャツにすることで、コーデのバリエーションが何通りにも広がります。白シャツはどの色でも合うので、お好きな色のパーカーを重ねることが可能。何を着たらよいのか悩んだときには、とりあえず白シャツを着ておけばコーデを考えるのが楽になります。

白シャツは他にもメリットが多数。顔周りに白を持ってくることで、顔が明るく肌がきれいに見えるという視覚効果を生み出します。また、白は清潔感や爽やかさをイメージさせる色。シャツの襟のきちんと感も相まって、パーカーを重ねたとしてもカジュアルすぎずにキレイめな着こなしに見せることができます。

黒やネイビーのシャツ+パステル

黒やネイビーのシャツもかっこいいスタイルになっておすすめ。しかし、ダークトーンをコーデの中心にしてしまうと、人柄まで暗い印象になってしまうので、パステルカラーを取り入れて柔らかみをプラスするとよいでしょう。

コーデの中にパステルカラーが入ると、穏やかな雰囲気を醸し出し、好感度が上がります。黒やネイビーなどのダークトーンは着やすいので選んでしまいがちですが、そればかりになると冷たい印象を与えてしまうので注意が必要。全体的に暗い雰囲気になりそうだったら、コーデにパステルカラーを投入しましょう。

デザイン別のコツ

シャツもパーカーもデザインは多種多彩。デザイン別の着こなし術も学びましょう。

おしゃれ度アップならこれ

せっかく少し難易度の高いシャツ+パーカーのレイヤードスタイルに挑戦するなら、無難にまとめるよりもおしゃれ度アップの着こなしにしたいものです。インするシャツの見せ方も重要なポイント。無難にならずに悪目立ちもしない、おしゃれな着こなしを目指しましょう。

おしゃれ度をアップさせるためには、無地のデザインの合わせ方と柄のデザインの合わせ方について知っておいたほうがよいです。また、どのようなシャツやパーカーがあるのか、ディテールやデザインの種類もあらかじめ確認しておきましょう。

無地のシャツ+柄パーカー

柄パーカーを合わせる場合は、インするシャツは無地がおすすめ。柄と柄を合わせるおしゃれ上級者もいますが、個性的過ぎて悪目立ちしてしまう可能性もあるので、柄と柄を合わせるのは避けましょう。

ジップタイプとトレーナータイプのデザインにも注目

パーカーは大きく分けてジップタイプ(ジップアップパーカー)とトレーナータイプ(プルオーバーパーカー)の2種類があります。ジップタイプはさらりと羽織れるので便利。薄手のアウター代わりに使えます。トレーナータイプはインナーとしても使いやすいので、寒い冬の時期は「シャツ+パーカー+コート」のレイヤードスタイルをつくることが可能です。

柄シャツならパーカーから見せるのがいい

チェック柄、花柄、ドット柄など、柄シャツを着るならパーカーから見せてコーデのポイントにしましょう。せっかくおしゃれな柄を着ているなら、隠れてしまったらもったいないです。シンプルなパーカーを着ることで、ちらりと見えるシャツの柄が良いアクセントになります。

いろいろな組み合わせで自分だけのコーデを楽しもう

シャツとパーカーのレイヤードスタイルは、いろいろな組み合わせ方があります。そして組み合わせ方や選ぶデザインによって、雰囲気を変えることが可能。色のコントラストや色が持っているイメージを意識しながら、重ね着の仕方を考えましょう。

重ね着の仕方がわからないのであれば、白シャツを選ぶとどんなパーカーとも相性が良いなど、コーデを考えるのが楽になる方法もあります。また、柄を入れてアクセント付けをするとおしゃれで差がつくなど、ワンランク上のおしゃれ感を目指したい方におすすめの着こなし術もあるので、いろいろな組み合わせで自分だけのコーデを楽しみましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール