生活雑貨

【包丁のおすすめはどれ?】失敗しない選び方を押さえて購入しよう

包丁にはいろいろな種類があり、おすすめの包丁といってもどれを選んでよいか迷います。包丁の種類や特徴を把握し、それに基づいて使うシーンに合わせ、欲しいと感じる包丁を選ぶことで、失敗なく本当に欲しい包丁を購入できます。

包丁の種類が有りすぎて悩んでいる

包丁を買おうと思っても、種類がありすぎて、どれを買えばよいのか迷ったことはありませんか?楽しく料理を行うためにも、包丁は使いやすくなければなりませんね。包丁は食材に合わせて選ぶと、安全に切れて、長持ちさせられます。

自分が欲しいと思っている包丁を的確に選ぶためにも、まずは包丁の種類を把握することが大切です。包丁選びのコツや、おすすめの商品を紹介していくので、選ぶときの判断材料にしてみてください。

包丁選びのコツ

包丁を選ぶときのコツとして、購入するときに確認しておくポイントがあります。まずは、このポイントを押さえておきましょう。

何を切るかを確認

まずは、主に何を切るために使う包丁なのかを、確認しておきましょう。用途に合わせて使い分けることで、効率よく食材をカットできます。そのためには、包丁の特徴を知っておくことが大切です。和包丁には、野菜専用に使用する菜切包丁、魚をさばく包丁として出刃包丁、刺身用の刺身包丁があります。

洋包丁には、牛刀というあらゆる食材を切れる包丁、いわゆる万能包丁があります。また、三徳包丁、ペティナイフ、パンなどを切るときに使用する特殊包丁があります。多くの家庭では、和包丁ではなく、洋包丁の利用率が高いです。

ネットで包丁を買うなら、貝印のオンラインストアがおすすめ。用途に合わせた包丁が紹介されており、おすすめの包丁や、人気商品を把握できます。包丁は切れればよいというだけではなく、高級感があって、デザインもシンプルな種類を豊富に取り揃えています。使用する用途に合わせて使い分けたい場合は、よくチェックしてみましょう。

誰が使うかを確認

購入する包丁は、誰が使用するのかも確認しておきましょう。自分で使用する場合は、自分に合ったものを選び、家族と一緒に生活をしている場合で、使用するのは自分以外の場合も。一緒に使用する場合は、お互いに使いやすい包丁を選ぶことが求められます。何を切りたいのかなどの情報を、事前に聞いておくことが大切です。

包丁の購入先として、オンラインストアの貝印で購入がおすすめ。店頭よりも安く購入でき、ステンレスの包丁も、安い価格で購入できます。ステンレス包丁は錆びにくく、耐久性に優れている点が魅力です。また、衛生面でもステンレスが断然おすすめ。包丁と一緒に、研ぐ商品の購入も忘れずに。

一人暮らしの場合でも、ステンレス包丁はおすすめできます。一人暮らしの場合は、食材に合わせて包丁を使い分けるよりも、1本で幅広く切れるタイプの包丁がおすすめです。包丁の握りやすさや素材などに注目して、選んでみましょう。

予算を確認

購入する前に、予算を確認しておきましょう。包丁のブランドととして、貝印が人気があり、安く購入できます。ステンレス製の三徳包丁で5,000円程しますが、種類によって価格は異なります。予算に余裕のある人は、セットで購入しておいてもよいかもしれませんね。セットになるとお得に安く購入でき、包丁を使い分けて調理できます。

自宅で、急に魚をさばかなければならない状況が、来るかもしれません。予算があまりない場合は、単品で購入し、余裕がある人は、セットでの購入がおすすめです。食材に合わせて包丁も変えられると、調理も楽しくなります。

購入する前には、予算を確認して、自分はどんな包丁が欲しいのかを把握しておくことが大切です。日々の調理で扱っている食材をみると、おおよそ包丁の種類を定められます。店頭で価格を確認し、貝印でも情報をチェックしてみるとよいでしょう。

初心者オススメの包丁

幅広く使用できる「三徳包丁」

貝印 関孫六 4000ST 三徳包丁 165mm AB-5222

貝印 関孫六 4000ST 三徳包丁 165mm AB-5222

6,980円(09/18 09:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

野菜、肉、魚など、さまざまな調理で幅広く活用できる包丁です。ほとんどの家庭で使用されている三徳包丁ですが、こちらはステンレス材を使用していて切れ味がよく、ハンドルの素材も高級感があって、安定して切れます。価格も安く、お得に購入できることも魅力です。

一つの包丁で、便利に食材をカットできるため、使い分けることが面倒に感じる人におすすめです。包丁は一つあればよいという人にもよいでしょう。ステンレス製なので、耐久性もよく、長く愛用できます。

中華料理によく使われる「中華包丁」

ステンレス製でつなぎ目がなく、ハンドルと一体化しているタイプの包丁です。ハンドルと刃とのバランスがよく、耐久性にも優れ、管理しやすい点も魅力です。中華包丁は迫力がありますが、野菜が切りやすくて調理も楽しくできるので、自宅のキッチンで、雰囲気よく料理ができます。

自宅用でもよいですが、お店用として購入する人も。飲食店を営んでいる場合は、毎日食材の仕込みに追われます。包丁を変えただけでも作業効率がよくなり、楽しく取り組めるようになるので、食材に合わせて、専用の包丁を使用するとよいでしょう。

魚をさばくなら「出刃包丁」

貝印 kai 関孫六 ステンレス 和包丁 出刃 150mm 金寿 AK-1101

貝印 kai 関孫六 ステンレス 和包丁 出刃 150mm 金寿 AK-1101

3,158円(09/18 09:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

刃が厚く、魚の硬い骨でもしっかりと切れます。切れ味がよいだけではなく耐久性もあり、錆びにくく、衛生的に管理しやすいステンレス製の商品です。小さめの魚や、切り身の魚であれば、三徳包丁でも便利に活用できるのですが、大きな魚や、うろこ、骨の硬い部分などを切る際には、出刃包丁を活用するとよいでしょう。

魚をさばく機会が多い人や、家族が釣りが好きで、魚を扱う機会が多いという人にもおすすめできます。専用の包丁があるだけでも、手際よく作業を進められるので、魚をさばく機会の多い人は、ぜひ一つはあったほうがよい包丁です。「これから魚のさばき方を学びたい」という人にも向いている商品です。

刺身をきれいに造りたいなら「柳刃包丁」

貝印 kai 関孫六 ステンレス 和包丁 刺身 210mm 碧寿 AK-5076

貝印 kai 関孫六 ステンレス 和包丁 刺身 210mm 碧寿 AK-5076

1,891円(09/18 09:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

鋭い切れ味で持ちやすく、管理しやすくて耐久性のよい、ステンレス製の柳刃包丁です。三徳包丁でも切れるのですが、さらに上の切れ味で、きれいなお造りをつくりたい人は、刺身専用の柳刃包丁がおすすめです。きれいに切れるため、お刺身を崩すことなく、美しくカットできます。

スーパーなどで、切り身の刺身を買うのではなく、自分でカットしたい人や、自分で魚をさばいて刺身を造りたいという人にも向いている包丁です。柳刃包丁は、普通の包丁に比べて細く長いため、収納場所には注意して管理するようにしましょう。専用の包丁があると、キッチンでの作業が楽しくなります。

パンをきれいにカットできる「パン切り包丁」

貝印 パン切り包丁 230mm ブレッディ 焼きたて AC-0054

貝印 パン切り包丁 230mm ブレッディ 焼きたて AC-0054

8,980円(09/18 09:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

特殊包丁として、パン切り包丁もあります。三徳包丁などでもカットできますが、パンを薄切りにしたい人、焼き立てのパンを、スムーズにカットしたいという人におすすめの包丁です。

こちらの商品もステンレス製で切れ味がよく、耐久性にも優れています。普通の包丁だと、パンをつぶてしまうこともあり、パンが好きな人、食べる機会が多いという人は、こちらの特殊包丁もチェックしてみましょう。

焼き立てのパンは非常に切りにくいのですが、パン切り包丁のような専用包丁を使用すると、焼き立てのふかふかのパンを、崩さずにカットして食べられます。包丁一つで崩さずにおいしく食べられるので、自宅でパンをおいしく食べたいという人は、一つあると便利に活用できます。

研石とセットでほしいなら「三徳包丁+シャープナー」

包丁を購入しても、使用していくうちに切れ味は悪くなっていきます。そこで、包丁のお手入れとして、刃を研ぐことが求められますが、普通は自分ではなかなか研げません。シャープナーは、誰でも簡単に失敗なく刃を研げるので、包丁を購入するときに、一緒に購入しておくと安心です。

ステンレス製の包丁なら、ほかの専用包丁も同様に研げるのですが、パン切り包丁やセラミック製、チタンの包丁には、適応していないので注意しましょう。定期的に包丁の管理ができ、常に切れ味のよい状態をキープできるので、シャープナーを一緒に購入することも考えてみましょう。包丁とセットで購入すると、安くお得な価格で手に入れられます。

セラミック製のセットも

ステンレス製の包丁も魅力的ですが、中にはセラミック製の包丁もあります。セラミック製は、研がなくても常に切れ味がよい状態をキープできるため、管理が苦手という人に向いています。しかし、魚の骨などの硬い食材を切るときの包丁としては向きませんが、ごく普通の食材をカットする機会が多い人におすすめです。

ステンレス製よりも安く購入できるため、予算がない人にも購入しやすい商品です。食材の量などに合わせて、使いやすい大きさの包丁を選んで使用します。ピーラーもセットになっており、グリーンのデザインで、キッチンを彩り明るく清潔感のある雰囲気に。ステンレス製の包丁とは違って、素材に合わせた専用の包丁ではありません。手軽に購入したい人は、チェックしてみましょう。

用途を考え失敗しない包丁選びをしよう

包丁は、用途に合わせて選ぶことで、効率よく安全に使用できます。一つで十分という人は三徳包丁を。食材に合わせて専用の包丁が欲しい場合は、包丁の種類を確認して、欲しい包丁を選びましょう。

楽しく料理をするためにも、専用の包丁があると雰囲気もよくなり、作業効率もよくなります。包丁の特性を理解して、用途に合わせながら使用して、料理の楽しさを満喫できるとよいですね。

包丁一つ変わっただけでも、料理が楽しくなり、よりおいしく食べられます。包丁は種類が豊富ですが、選び方が分かると購入しやすくなります。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール