生活雑貨

歯磨き粉の役割とは?効果的な正しい使い方や目的別おすすめアイテム

毎日の歯磨きに欠かせない歯磨き粉。気持ちよく歯を磨けるからと何気なく使用している人も多いでしょう。歯磨き粉には、商品ごとに異なる役割や、効果を高める正しい使い方があります。歯の状態に合ったアイテムを選び、歯の健康を保つために役立てましょう。

歯磨き粉、自分にあったものを選んでいますか?

歯磨き粉を購入するとき、何を基準に選んでいますか?「安かったから」「いつもと同じものを買っている」など、商品自体の特徴ではない部分で選んでいる人も多いのではないでしょうか。歯磨き粉には、さまざまな商品があり、それぞれに特徴があります。

自分の歯の状態に合わせて選ぶことで、歯をより健康的に保つために役立てることができるのです。まずは歯磨きの基本的な効果や、正しい使い方から学んでいきましょう。

歯磨き粉の効果と正しい使い方

フッ素入りは虫歯予防効果がある

歯磨き粉に求める効果として多いのは、やはり虫歯対策ではないでしょうか?市販されている多くの歯磨き粉には、フッ素とよばれる成分が配合されています。フッ素とは、自然に存在するミネラルの一種。歯磨き粉などで歯に塗布することで、虫歯を予防する効果が期待できます。

フッ素には、酸の生成を抑えたり、歯質を強化したり、再石灰化を助けたりする効果があるといわれているのです。虫歯を原因からケアすることができ、歯を磨くだけでよいので、毎日できる虫歯対策としておすすめです。フッ素配合の歯磨き粉は、フッ素なしの歯磨き粉を使用している場合に比べ、虫歯を26%抑制する効果も。

虫歯になりやすい人は、歯医者でフッ素塗布の治療を受けることもあるでしょう。さらに、フッ素の効果を得るためには、フッ素濃度もポイントです。濃度が低すぎると、虫歯を予防する効果があまり期待できません。高濃度のものだと、1000ppm以上配合された商品もありますが、特に虫歯になりやすいと感じる人は、950ppm以上の商品を選ぶとよいでしょう。

着色汚れや知覚過敏にも効果

コーヒーなどによる着色汚れや、冷たいものを飲むと歯がキーンとしみる知覚過敏など、虫歯以外の歯の症状に悩んでいる人も少なくないでしょう。見た目に影響を与えたり、飲食を思いきり楽しめなかったりするため、しっかりケアしたいですね。歯磨き粉の中には、着色汚れや知覚過敏などのトラブルに効果が期待できる商品も販売されています。

研磨剤によって、落ちにくい歯の汚れを落とす効果が期待できます。しかし一方で、研磨する作用が強すぎると、歯の表面を傷つけ汚れが着色しやすくなることもあるため、注意が必要です。また、自宅ではケアが難しそうな知覚過敏ですが、硝酸カリウムと乳酸アルミニウムが配合されたものを選ぶとよいでしょう。

刺激による痛みが伝わるのを防ぐとともに、痛みを伝えてしまう象牙細管の入口を塞いでくれるので、痛みの発生を抑える効果が期待できるのです。着色汚れや知覚過敏対策の商品の中にもフッ素が配合された商品もあるので、虫歯対策としても使用することができます。

効果を引き出す正しい使い方

歯磨き粉は、正しい使い方によってより効果を引き出すことができます。特に気をつけたいポイントは、歯ブラシを濡らさずにつけることと、うがいをしすぎないということの2つ。歯ブラシを濡らしてから歯磨き粉をつけると、泡立ちやすいため、十分に磨き終わる前に磨けたつもりになりやすいのです。

また、水分によって垂れやすく、口の中に水分が溜まりやすくなるため、歯磨きの時間が短くなりがち。歯をしっかり磨くためには、乾いた状態で歯磨き粉をつけることが大切です。また、歯磨きのあとは、歯磨き粉の香りや味が残りやすいため、うがいを何度もするという人も多いもの。

しかし歯に作用する成分がすべて流されてしまうと、十分な効果が期待できない可能性もあるため、注意が必要です。うがいは10cc程度の水があればOK。少量の水で1~2回程度にとどめておいた方がよいでしょう。ただし、歯磨き粉によって推奨されたうがいの方法は異なることも。使用する前に、使用方法をしっかり確認しておくと安心です。

歯磨き粉の選ぶときのポイント

含まれている成分を確認する

歯磨き粉を選ぶときには、まず、含まれている成分をしっかりと確認しましょう。虫歯が気になる人はフッ素が配合されたものがおすすめです。フッ素は、市販されている歯磨き粉のほとんどに配合されていますが、「フッ素」ではなく「フッ化ナトリウム」などと表示されていることもあります。

また、着色汚れが気になる場合には、含まれる研磨剤に注目してみましょう。基本的には、研磨剤が含まれているものの方が、汚れを落としやすく、着色が残りにくいといわれています。しかし、研磨する作用が強すぎると、歯の表面を必要以上に削ってしまうことに。

傷ついた部分に着色が残りやすくなってしまうため、かえって逆効果になってしまう可能性があるのです。着色から歯を守るためには、ほどよく歯の汚れを落としつつ、研磨する作用が強すぎない、低研磨のタイプのものがおすすめです。表示された成分を確認しながら選ぶとよいでしょう。

泡立ちすぎないもの

歯磨き粉を選ぶとき、多くの人は泡立ちがよいタイプの商品を好みがちです。歯磨き後の爽快感も強く、スッキリとした気分にさせてくれるため、泡立たないと磨いた気がしなかったり、むしろ不快感を感じたりする人も多いのではないでしょうか。

しかし、歯をより清潔に保つためには、泡立ちが強すぎないものの方が効果的です。泡立ちすぎると、少し磨いただけでも磨けた感覚になりやすく、実際には十分に磨けてないことが多いのです。さらに、泡立ちで口の中がいっぱいになり、長い時間磨いていられないということも。

泡立ちが少ないタイプのものを使うと、泡立ちが最小限に抑えられるため、磨いている間の爽快感が抑えられ、しっかり磨くことができます。はじめは磨きにくさを感じるかもしれませんが、磨き終わりにはスッキリとした感覚を味わうことができるでしょう。磨きにくい部分もじっくり磨けるので、歯を清潔に保つことができます。

市販で人気の虫歯予防ができる歯磨き粉

コンクール ジェルコートF

コンクール ジェルコートF 90g

コンクール ジェルコートF 90g

928円(08/18 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

コンクール ジェルコートFは、発泡剤・研磨剤無配合のジェル歯磨き。ジェルタイプで泡立ちが抑えられているので、じっくりと磨くことができます。虫歯予防に効果的な濃度950ppmのフッ素や、殺菌効果により歯周病対策ができる塩酸クロルヘキシジンを配合。

さまざまな歯のトラブルを防ぎ、歯の健康を保つのに役立ちます。また、フッ素による効果をより高めるために、歯磨きのあとに塗布する使い方も。さわやかなミント味で、歯磨きのあとにはスッキリとした爽快感を味わうことができるでしょう。毎日の歯のケアに効果的なアイテムです。

ライオン歯科材株式会社 チェックアップ スタンダード

ライオン チェックアップ スタンダード 1450F 135g

ライオン チェックアップ スタンダード 1450F 135g

440円(08/18 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

歯医者で販売されていることが多い、チェックアップ スタンダード。歯医者で勧められたという人も多いのではないでしょうか。フッ化物配合で、虫歯予防に効果的です。また、歯や歯肉を傷つけにくい低研磨性で、歯の汚れをやさしく取り除きます。泡立ちが抑えられているので、しっかり磨きたい人におすすめです。

推奨されているすすぎ方は、ブラッシングのあとに歯磨き剤を吐き出し、15mlの水で1回だけすすぐということです。歯磨き粉特有の刺激も抑えられており、泡立ちが少ないので、少量のすすぎでもスッキリ。歯を整える成分を、すすぎによって流し過ぎてしまうことを防ぎます。

市販で人気のホワイトニング用歯磨き粉

アパガード プレミオ

APAGARD(アパガード) プレミオ 【医薬部外品】 100g

APAGARD(アパガード) プレミオ 【医薬部外品】 100g

1,173円(08/18 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

アパガード プレミオは、ホワイトニング効果が期待できる医薬部外品の歯磨き粉。歯と同じ成分である薬用ハイドロキシアパタイトを配合し、歯垢を吸着除去するとともに、再石灰化を助けます。同ブランドのスタンダードタイプに比べ、高濃度に配合されており、傷ついた歯の表面を補修してくれるので、虫歯予防に効果的です。

さらに、パール成分配合で、歯を健康的に見せるブライトニング処方。歯が白さを失う原因である、歯の表面エナメル質のトラブルを防ぎ、健康に保ちます。着色汚れが気になる歯を、しっかりケアしたい人におすすめのアイテムです。

ライオン歯科材株式会社 ブリリアントモア

ブリリアントモアは、気になる着色汚れをケアできるアイテム。ピロリ酸ナトリウムを配合し、イオンの力でステインとよばれる着色汚れを浮きあがらせます。着色汚れは、普段の食事や飲み物によって繰り返しつきやすい汚れ。汚れの付着予防にも効果が期待できるので、歯をきれいに保つのに役立ちます。

フッ化ナトリウム配合で、濃度は950ppmと、虫歯対策にも。泡立ちが抑えられているので、しっかり磨くことができるでしょう。香味は甘い香りのアプリコットミントと、爽快感があるフレッシュスペアミントの2種類から選ぶことができます。

市販で人気の知覚過敏用歯磨き粉

シュミテクト コンプリートワンEX

シュミテクト コンプリートワンEXは、知覚過敏ケアのための歯磨き粉。嫌な歯がしみる痛みを防ぐ効果が期待できます。さらに、歯がしみるのを防ぐ効果だけでなく、ブラッシングにより歯を白くする働きや歯石沈着予防、虫歯予防、口臭防止、口中クリーン、歯周病予防の7つの働きも。

虫歯や色素沈着、そして知覚過敏と、歯のトラブルとして多い症状を、これ1つでしっかりケアすることができます。口の中を歯磨き粉でしっかりケアしたい人に効果的なアイテムです。同ブランドの歯ブラシ、シュミテクト コンプリートワンEXと合わせて使用することで、より効果的にケアすることができるので、おすすめです。

リカル センシティブ オレンジミント

リカル センシティブ オレンジミント70g 医薬部外品

リカル センシティブ オレンジミント70g 医薬部外品

740円(08/18 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

歯がしみる知覚過敏のためのアイテム、リカル センシティブ オレンジミント。知覚過敏のケアに効果的な、硝酸カリウムと乳酸アルミニウムを配合し、刺激により痛みが伝わるのを防ぎます。さらに虫歯予防効果があるフッ素や、殺菌効果がある塩化セチルピリジニウムとイソプロピルメチルフェノールを配合。

虫歯や歯肉炎、気になる口臭を防いでくれます。泡立ちも少なく、磨きにくい部分までじっくり磨きたい人におすすめです。歯質を強化してくれる効果もあるキシリトールによって、ほどよい甘さが加わり、さわやかなオレンジミントの香りです。

目的にあった歯磨き粉を使おう

普段何気なく使用している歯磨き粉。しかし、歯磨き粉は、配合された成分や使用感も異なり、使用するものによって得られる効果も大きく変わってきます。歯の健康をキープするためには、歯の状態に合わせた歯磨き粉を使うことが大切です。

歯は、食事のためだけでなく、身体を動かすためにも重要です。さらに歯が健康的だと、表情を美しく見せてくれる女性にとってうれしい効果もあります。目的に合った歯磨き粉を選び、健康的な歯を保ちましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール