ダイエット

「ダイエットスープ」の手軽さを知る。美味しく賢く痩せて健康維持

ダイエットスープは、とても手軽に作れて簡単で栄養価の高いスープです。栄養をしっかりと摂りながらですので、ダイエットに強い味方となるでしょう。ダイエットスープの効能を知り、美味しく健康に痩せられるのも夢ではありません。

ダイエットスープとは

女優やセレブの間で人気のダイエットスープですが、真似したいけれど、どのように作ればよいのかわからなくて悩んでいる人。痩せたいけれど、運動や食事制限する自信がない人におすすめです。

もともとダイエットスープの始まりは、病院などで患者がすぐに痩せなければいけないときに考え出されたスープなのです。そのため栄養価が高いのに低カロリーで、バランスのよい食事として考えられました。一週間で効果があらわれるため短期集中型ダイエットといえます。

おいしくて簡単 ダイエットスープのレシピ

クックパッドを参考に、簡単で美味しいダイエットスープの作り方を見ていきます。参考にして早速作ってみましょう。

はなまるマーケットで紹介された基本レシピ

はなまるマーケットの達人主婦である梁久美子さんが考案したレシピで、自分でもこのレシピで効果があったそうです。
(材料)
・タマネギ、ニンジン、キャベツ、シメジ、ブロッコリー、シイタケ、ミニトマトこれらをすべて100g
・水1L
(作り方)
1.野菜を1.5cm角に切り、ミニトマトだけ半分に切っておきます。
2.鍋に1Lの水を注ぎ、ニンジン、タマネギの根菜類から先に茹でる。
3.沸騰したら残りの野菜を入れ、フタをして弱火で3分煮込みます。
ポイントはあまり野菜を煮込み過ぎないこと。野菜の歯ごたえを残すことで噛む回数が増え、満腹中枢を引き起こしやすくなるためです。多めに作ってストックしておきましょう。

脂肪燃焼ミラクルダイエットスープ

医者の考案レシピに基づき考えられたレシピですので、栄養価がとても高いです。
(材料)大きな鍋に入るくらい
・タマネギ3個
・ピーマン1個
・セロリの茎(太め)1本
・キャベツ(大)半分
・ホールトマト1缶
・固形コンソメ2個
・塩・コショウ適量
・物足りないと感じる人はウインナー輪切り3本程度はOK
・水は鍋の大きさによって変わります。
(作り方)
1.すべての野菜を食べやすい大きさに刻み、大きな鍋にコンソメとホールトマトを潰して入れます。
2.材料がひたひたになるくらいまで水を加えて約10分煮込み、好みの固さになれば大丈夫です。ウインナーを入れる人は、入れてから塩・コショウで味を整えてください。
ストックできる量ですので、カレーパウダーやラー油など加えて発汗作用を促してもよいでしょう。また、セロリなど香りがきついものは自分で量を調整してみてください。
【参考情報:https://cookpad.com/recipe/1132302

簡単満腹デトックススープ

和風ベースのスープですので、飲みやすく体が芯からポカポカと温まります。
(材料)
・マイタケ2分の1パック
・モヤシ2分の1袋
・卵1個
・ショウガチューブ 約3cm
・白だし 30ml
・水400ml
(作り方)
1.鍋に水、白だし、ショウガを入れて火にかけます。
2.沸騰したらモヤシと卵を入れます。目安は卵がある程度まで固まるくらいになればOKです。
3.マイタケは栄養が逃げないように1分ほど茹でたら完成です。
トッピングにメカブやトロロ、七味唐辛子、ネギをお好みで入れることにより美味しさと栄養価がアップします。ゆるくダイエットしたい人は、このスープに蕎麦を入れてもよいでしょう。しっかり最後までスープを飲み干すことがポイントです。ストックするには向いていませんが、その分栄養も逃さないのでダイエットスープで満足する食べ応えになります。
【参考情報:https://cookpad.com/recipe/2971201

飽きずに食べれるトマトスープ

トマトでさっぱりと食べやすくなっていて、飽きがきません。トマトにはリコピン成分が豊富にあるため、美容にもよいのです。
(材料)2~3人前
・キャベツ2~3枚
・ニンジン4分の1本
・タマネギ小1個
・セロリ小1本
・ピーマン1個
・水煮大豆(150g入り)1袋
・カットトマト1缶
・固形コンソメ2個
・水350~400cc
・塩コショウ適量
(作り方)
1.キャベツはざく切りにし、あとの野菜は1cm角に切ります。
2.鍋にすべての材料を入れ、塩・コショウで味を整え、野菜が食べやすいくらい柔らかくなったら完成です。
油も炭水化物も使用していないため、ダイエットにはもってこいのスープです。野菜が沢山入っていて食べ応えがあり、満足感があります。トマトの酸味が材料に馴染みますので、お好みの野菜に変えてもよいでしょう。
【参考情報:https://cookpad.com/recipe/1587143

野菜の旨み凝縮スープ

野菜とベーコンの旨味がぎゅっと凝縮したスープですので、この一皿で大満足できます。
(材料)6人前
・トマト大4個
・キャベツ2分の1個
・タマネギ1個
・ベーコン6枚
・ニンニク2片
・コンソメ2個
・ローリエ2枚
・パルメザンチーズお好みで
・塩コショウ適量
(作り方)
1.トマトはヘタを取って湯むきにします。
2.キャベツ、タマネギ、ベーコンは2cm角に切り、ニンニクはみじん切りにしておきます。
3.大きめの鍋にベーコンをじっくり炒めます。ベーコンの油でニンニクを炒め香りが立ってきたら、他の野菜もすべて入れて炒めます。
4.野菜から水分が出てきますので、ローリエ、コンソメを加えて弱火でコトコト1時間ほどフタをして煮込みます。
5.煮込んだら塩・コショウで味を整えて、最後にパルメザンチーズを入れれば完成です。
タンパク質、ビタミンがバランスよく取れ、ニンニクも効いてますのでダイエットの疲れを癒してくれます。生のトマトが面倒な人はホールトマトでも代用可ですが、その際は汁ごと使用してください。一度に大量にできますので、ストックをしてさまざまなスープと交互に食べましょう。
【参考情報:https://cookpad.com/recipe/266611

きのこの生姜スープ

ショウガは体を温めてくれますので、ダイエットにはぴったりの食材です。また、ダイエットすると便秘になりがちですが、キノコ類の食物繊維豊富ですので便秘も解消してくれます。
(材料)3?4人前
・シメジ1パック
・エノキ茸大1パック
・ショウガ1片
・ゴマ油 大さじ2分の1
・水4カップ
・鶏がらスープの素小さじ2
・オイスターソース 小さじ2~3
・塩コショウ適量
・お酢 小さじ2(なくても0K)
(作り方)
1.シメジは石づきを取り、ショウガはみじん切りにしておきます。
2.鍋にごま油を引き、ショウガを炒め香りが立ってきたらキノコ類も炒めます。
3.水と鶏がらスープを加え、キノコが煮立ってきたらオイスターソースを入れて、塩・コショウで味を整えて完成です。お好みお酢を少し加えてもよいでしょう。
お酢にはクエン酸や、アミノ酸の成分が豊富にあるため、筋肉やタンパク質を作ってくれますので、なるべく入れたほうがよいでしょう。一杯分のかローリーは約40kcalですので、ダイエットにはとても役立ちます。また、キノコにはアンチエイジングにもなりますので、ダイエット中はとくに沢山食べるように心がけましょう。
【参考情報:https://cookpad.com/recipe/1935570

ダイエットスープに向いている野菜一覧

自分でレシピを考えたい人に、ダイエットスープに向いている野菜を一覧にしました。ダイエットに向き不向きの野菜があることを知っておきましょう。

血液サラサラ!体の酸化も抑えてくれるキャベツ

キャベツにはビタミンCが豊富に含まれていて、体のサビといわれる酸化やアンチエイジング対策になる抗酸化作用、ストレスや美肌にも効果的です。

また、免疫力アップなどの効果が期待できます。ひと昔前に「キャベジン」という新しい成分が発見されて話題になりました。キャベジンの成分には、暴飲暴食や過激なダイエットで胃が荒れてしまったときに、胃の粘膜を保護してくれる役割があります。

キャベツにあるビタミンCの性質は熱に弱く、水に溶けやすいため、できるだけ生で摂取するほうが効果があります。ですので、スープなどに使用する場合は、コトコト煮込まずに仕上がる少し前に投入して、さっと火を通すくらいにしておきましょう。

タマネギは高いデトックス効果をもつ

タマネギを切るときにタマネギから成分が出てきて、目が痛くなる経験は誰でもあるでしょう。目が痛くなる原因はタマネギに含まれる「硬化アリル」のしわざなのです。ニンニクも同様に含まれる成分でビタミンB1の吸収を高めて、新陳代謝やブドウ糖をエネルギーに変えてくれるので疲労回復にも効果があります。

硬化アリルには血管を広げてくれる役割があるため、血の巡りがよくなり老廃物が排せつできますので、デトックス効果があるのです。また、タマネギには食物繊維は少ないものの、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく摂れるため、ダイエット中の便秘解消に役立ちます。

抗酸化作用を持つセロリは組織の老化防止に

セロリは野菜の中でもとくにカロリーが低く、栄養価が高いのでダイエットに向いている食材といわれています。セロリには「βカロテン」が豊富に含まれており、抗酸化作用があり老化防止に役立ちます。セロリの茎を食べて葉を捨てる人が多いようですが、βカロテンは茎よりも葉に2倍近く多く含まれていますので、捨てずに葉も食べるように心がけましょう。

ビタミンB1、C、E、Kなどがバランスよく含まれていて、疲労回復や美肌、血液サラサラに効果があります。セロリは熱に強いため栄養がほとんど変わりません。女性にとって強い味方になりますので、毎日摂取するようにしましょう。

しかしセロリにはカリウムも豊富に含まれていて、過剰摂取してしまうと尿管結石などの病気になる可能性がありますので、食べ過ぎには注意してください。

むくみを改善し、代謝を活性化してくれるトマト

トマトは抗酸化作用に効果的な「リコピン」が豊富に含まれていて、さまざまな生活習慣病予防に効果があります。そして、リコピンには悪玉コレステロールを分解してくれ、動脈硬化や脳梗塞を防いでくれる役割があるのです。

リコピンはトマトを加熱することにより吸収率がアップします。さらに油と合わせれば効果も抜群です。ダイエット中も適度は油分は必要ですので、ほんの少しオリーブオイルなどを加えて調理することをおすすめします。

また、トマトにはカリウムが豊富に含まれていますので、代謝を活性化してむくみを改善してくれる効果も。生理前は老廃物がたまりやすいので、積極的にトマトを食べるようにしましょう。

ニンジンは体を温めて脂肪燃焼をサポートしてくれる

ニンジンにはとても栄養価が高い成分が含まれていて、その中でも「カロテン」は体の免疫力を高め病気予防にもなります。また、皮膚や粘膜を正常に保つように働き風邪も引きにくくなるのです。皮膚が強くなると美肌効果も期待できます。

ニンジンの食物繊維は体内にたまっている老廃物の排せつを促してくれます。ニンジンのβカロチンは新陳代謝を活発にし、脂肪燃焼に役立ち、ダイエットで不足になりがちなミネラルやビタミンを補ってくれるのです。

熱に強いのですが、皮部分が栄養が多く含まれていますので、なるべく皮を剥かずに調理するのがおすすめです。しかし、糖質が少し高いため取りすぎに注意しましょう。

小松菜はカルシウムがたっぷり

牛乳でカルシウムを摂取したいところですが、乳脂肪が多いため控えている人も多いでしょう。そんなときは小松菜でカルシウムを摂取しましょう。小松菜はマルチサプリと呼ばれるほど、バランスよく豊富な栄養が含まれています。βカロテンやビタミン類、鉄分やカルシウムや食物繊維など栄養価はとても高いです。

ダイエットをすると骨粗しょう症にかかりやすいため、積極的にカルシウムが豊富な小松菜を食べるようにしましょう。また、鉄分も豊富ですので生理中などとくに女性には必要な栄養素です。調理の際アクが少ないため生でも食べられますが、熱に弱いビタミン類も豊富に含まれているため、加熱する場合はサッと茹でる程度にしておきましょう。

皮膚や粘膜を健康に保ってくれるホウレンソウ

ホウレンソウは鉄分が多いので有名ですが、そのほかにもβカロテンやビタミンAが豊富に含まれています。とくにビタミンAは女性に必要な肌や髪を健康に保ったり、視力を維持したりする効果があります。また、肌の色をよくするビタミンEも含まれていて、血管が酸化するのを防ぎ血行をよくしてくれます。

ホウレンソウはアクが強いため下ゆでが必要です。あまり長時間茹でてしまうと水溶性のビタミン類が溶けてしまいますので、短時間でサッと茹でましょう。βカロテンは油分と一緒にとると効果がアップしますので、ほんの少しバターなど加えて調理するのがおすすめです。

安いのに栄養素が豊富な豆苗

スーパーで豆苗は100円もしないところが多く、とてもお手頃に手が入ります。しかも栄養素が高く、βカロテンはブロッコリーの6倍、ビタミンCはホウレンソウの2倍、食物繊維はジャガイモの2倍といわれています。

豆苗は葉物野菜の中でダントツにβカロテンが豊富なため、体内でビタミンAに変換されて粘膜や皮膚、視力の維持の効果があります。

また、肌荒れの人にビタミンAは効果がありますので、積極的に食べるようにしましょう。βカロテンは熱に強いため、サッと調理しても大丈夫です。ビタミンCを摂取指定のであればサラダにするのがよいでしょう。

むくみや冷えを改善してくれるショウガ

漢方にも使用されているショウガですが「ショウガオール」や「ジンゲロール」の成分が含まれているため冷え性の人に効果があります。薬効成分が血管を広げてくれるので、血の巡りをよくしてくれます。汗をかきにくい人など毎日こまめに摂取しましょう。一回につき約3?4時間持続しますので、冷え性の人は三食ともショウガを使用してみてはいかがでしょうか。

むくみがひどい人はショウガの皮も食べるようにしましょう。ショウガの皮には利尿作用がありますので、ショウガの皮をむいて乾燥させ、パウダーとしてスープなどに入れることで、余分な水分や塩分を排せつしてむくみの改善につながるのです。

ダイエットスープに向いていない野菜

ジャガイモやトウモロコシといった糖質の高い野菜は、ダイエットスープに向いていないので使用しないようにしましょう。血糖値を急激にあげないために野菜から食べてくださいといわれていますが、野菜でも糖分が多いものから食べるとあまり意味がありません。

基本的に糖質の多い野菜は土の中で育った根菜類や芋類が多く、栄養は高いのですがダイエット中の場合は避けておいたほうがよさそうです。

ダイエットスープの置き換えダイエット方法

ダイエットスープの正しい方法を知ることで、効果的に痩せられます。いくつかありますので、自分にあった方法を実践してスリムな体を手に入れましょう。

1食をスープに置き換える

スープダイエットは「三食すべてスープに置き換えなければいけないのでは」と思われがちですが、じつは三食のうち一食だけで効果は十分にあります。

とくに消費カロリーの少ない夜の食事をスープに置き換えることで、高いダイエットが期待でき健康でスリムな体が手に入るのです。一日の全体の総カロリーを減らすことができますので、早い人は一週間で効果があらわれてきます。

早く痩せたい気持ちが先行して三食ともスープダイエットに変えてしまうと、健康に悪影響だけではなく、肌や抜け毛の原因になりますので、食事のうち一回だけ置き換えるようにしましょう。

朝食は控えめに

朝食は体を目覚めさせるために、とても重要な意味があります。しかし、食べすぎてしまうと脳が働かなくなり一日中だらけてしまうのです。逆に朝食抜きの人は体が目覚めずにぼーっとする時間が多くなりますので、朝食は食べることをおすすめします。

量は腹6~8分目がよく、ヨーグルトやフルーツといった糖質を含むものがよいとされています。眠っている脳に糖質を摂ることによって、全体的に体が働き出しエネルギーが消費しやすくなるのです。

昼食は好きなものを食べよう

昼食に食べたエネルギーは大体寝る前までには消費されていますので、好きなものを食べても太りにくいです。ラーメンを食べてもよいですが、スープはなるべく残し、野菜を一品追加するなどの工夫はしておいたほうがダイエット効果につながります。

ダイエット中は甘いものが欲しくなりますから、おやつをどうしても食べたいときには太りにくい時間を選びましょう。「ゴールデンタイム」といわれている14時から16時までの間に、少しだけおやつを食べても太りにくいのです。

夕食はダイエットスープのみ

三食どこでも置き換えられるという人は夕食がおすすめです。夕食にダイエットスープに置き換えることで、体が温まり寝てからも脂肪燃焼が続きます。いつもならご飯やパンを食べている人は多いですが、夜はエネルギーをあまり使わず、ご飯やパンの炭水化物は脂肪に変わりやすいのです。

野菜たっぷりのスープは満腹感も出て、それだけでも満足できて無理をしていないという気持ちになり、一週間はあっという間にすぎるでしょう。

ダイエットスープ置き換えダイエットの注意点

ダイエットが成功して元の食事に戻すと、リバウンドする可能性があります。一週間がよいとされていますが、定期的に行うほうがよいでしょう。

夜はヘルシーなものを食べるようにするとか、スープを一品加えるなどの工夫してみてください。せっかく体がデトックス効果できれいな状態になりつつあるのに、脂っこいものなど夜に食べてしまうと逆効果です。

一週間経っても痩せずに効果がない場合でも、定期的に行うようにしてみてはいかがでしょうか。体がリセットされつつありますので、もう少し様子をみてください。個人差はありますので、あまり体重のことばかり頭がいかないようにしましょう。

朝と昼に必要な栄養素を摂ろう

夕食はダイエットスープに置き換えるため、野菜が中心になります。そのために朝食と昼食は全体的にバランスを考えて、必要な栄養素を摂りましょう。たとえば朝にヨーグルト、フルーツですとカルシウムやビタミンは摂取できますので、昼食はプラス高たんぱく質低カロリーの鶏肉などを選ぶようにしましょう。

炭水化物も脂肪をエネルギーに変えてくれる大事な栄養源。ダイエットにはある程度必要ですので、バランスのよい定食などがおすすめです。

夜に置き換えて朝と昼に食べ過ぎるのは厳禁

夜スープしか食べないという安心感から、朝と昼に暴飲暴食してしまう人がいます。しかし、朝の時間帯は体や消化器官がまだ目覚めていないため、大量に食べてしまうと消化が間に合わず太ってしまいます。

昼も同じことで、いくら好きなものを食べてもよいといわれたからといって、ラーメンや餃子など脂っこいものばかり食べると、全体的に栄養のバランスが偏ってしまいます。ダイエットの効果をアップさせるためには全体のバランスをみて食事をしましょう。

ダイエットスープによるうれしい効果

ダイエットスープにはメリットがいっぱいあります。どのような効果があるのか確かめてみましょう。

お腹いっぱいになるのに痩せられる

スープを飲むだけでもお腹いっぱいになった経験が誰にもあるでしょう。そこに固形物の野菜などが一緒に入っているので噛む回数も増えてきます。時間をかけて食べるほど満腹中枢に達しますので、少しの量でもお腹いっぱいと感じられるのです。

新陳代謝が上がる

温かい飲み物を飲むことによって血管が広がり、血の巡りがよくなります。そうすることで自然と新陳代謝も上がり、脂肪燃焼につながるのです。女性に多い冷え性にも効果がありますので、毎日継続して行えばいつの間にか冷え性も改善されているでしょう。

体内の老廃物を排出できる

野菜を沢山摂取することで血液の循環がよくなり、全身に血液に栄養が行き渡ります。そこで不要になった老廃物も排出できるよう促せるのです。野菜により血液がサラサラになれば、動脈硬化などのさまざなな病気も防げます。顔がくすんで見える人は老廃物がたまっている証拠ですので、ダイエットスープはおすすめです。

免疫力が向上する

野菜に含まれるビタミン類は、体の免疫力の向上に役立つといわれています。そのうちビタミンAには粘膜を健康に保つ働きがあり、腸壁の状態をよくして腸内環境を整えてくれます。なるべく野菜を炒めるときなどは、少しの油を引くと吸収しやすくなりますのでおすすめです。

肌が美しくなる

野菜には「赤・紫・黄・緑・白・黒」の6色の色がありますが、一回の食事に3色摂り入れるよう心がけてみてはいかがでしょうか。例えば黄色の野菜といわれる黄ピーマンには肌荒れ、シミ、シワに効果的です。紫の野菜といわれるナスや紫キャベツはアンチエイジング効果、抗酸化酵素に効きます。なるべく野菜の色を意識して美肌も目指していきましょう。

スープを使ったダイエット法のメリット

ダイエットスープは一般的にも広く知られるようになりましたが、それは効果があるから長く知られているのでしょう。ダイエットスープのメリットを考えます。

成功率が高い

運動などのダイエットとは違いますので、始めるには簡単に手が出しやすいといえます。三食スープダイエットですとなかなか継続するのには難しいかもしれないですが、たった一食置き換えるだけですので、ストレスがたまりにくいのです。

ダイエットをしているという感覚があまり感じられないのも継続できる特徴なのではないでしょうか。

お腹いっぱい食べられるのでストレスを感じづらい

栄養価が高く好きな野菜が沢山食べられますので、満足感はとても大きくストレスを感じることは少ないでしょう。さらに朝、昼はバランスがよければ食事制限はとくにないため、ダイエットをしている感じはしないのです。

温かいスープをゆっくりと噛みながら食べると満腹中枢に達しやすいため、そのまま快眠につながり健康的に痩せられるという好循環になります。

アレンジしやすいので飽きにくい

ダイエットスープは自分でも簡単に作れて基本ベースさえ知れば、アレンジもできますのでさまざまなスープが作れて、飽きがこないことが特徴です。自分なりにレシピも作れてモチベーションも上がりますし、それによって痩せていくのも楽しいことでしょう。

生の野菜を大量に食べるのは大変ですが、煮込むことで大量に摂取できて、健康な体が手に入ります。

作り方が簡単なので料理が苦手でも安心

ダイエットスープは誰でも作れるスープです。とくに凝った味付けなども必要なく、素材の味を存分に引き出せますので、野菜が美味しければ誰でも簡単に作れます。

水を足すレシピもありますが、野菜からの水分も十分出てきますので、水を足さなくても作れる場合もあります。慣れてくるとスープの水分量を見て、少し多めに水を入れたり水を足さなかったりと調整できるようになるのです。

お金がかからない

野菜の値段高騰は少なからず毎年ありますが、基本的に野菜一つづつを見ると値段が安いため、経済的にもやさしいスープになるのです。野菜が安い日に大量に買い、スープを作りストックすることでお財布にもやさしいため、継続することができるでしょう。

作るのが面倒な人には市販品もおすすめ

野菜スープを毎食作るのが面倒な人に、市販でも美味しく続けられるものをピックアップしました。一度試して見てはいかがでしょうか。

DHC ダイエットサポートスープ


一食あたり27kcalで、糖分の吸収を抑えてくれるギムネマと、体を作る上でアミノ酸と同じ働きがあるキトサンが配合されています。三種類の味があり、オニオンスープと和風ゴマわかめスープ、ショウガ入り中華風スープが選べます。

Natural Healthy Standard ブロススープ ボーン


肉や骨、野菜を長時間じっくり煮込むことで、エキスが抽出されて体にやさしいスープができあがりました。加熱による栄養を損なわない調理法で、旨味と栄養を閉じ込めています。味は「ボーン」と「ベジタブル」の二種類で、気分によって変えられます。

スリムアップスリム プレシャス スープ&クラッカー


美容成分もたっぷり入ったスープと、食感のよいクラッカーの組み合わせで満腹感が得られます。置き換えダイエットスープにはとてもぴったりの商品で人気があります。口コミ評価も高めなので安心して食べれるでしょう。

ダイエットスープで手軽に痩せちゃおう

ダイエットをしている感覚があまりないため、何年も続けている人もいます。野菜を沢山摂ることはとても大事なことで、一週間をすぎてもなるべくスープは摂るように心がけましょう。

ダイエットスープを習慣化することによって、体も心も健康になり、女性特有の冷えも解消できる可能性があるのです。ダイエットスープの手軽さを利用して賢く痩せましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール