インテリア

「おしゃれで安いカーテンが欲しい」リーズナブルで理想の部屋に

カーテン選びは部屋の印象を決める大事な作業です。妥協せずにデザインや、形、色、長さ、生地など、細かいところまで見るようにしましょう。カーテンは、通販サイトでも豊富な種類を扱っています。理想の部屋にあったデザインのものを選んでいきましょう。

カーテンは部屋の印象の決め手になるインテリア

部屋の中でカーテンが占める視界の広さは広く、部屋の印象はカーテンが決めると言ってもよいでしょう。それだけに、できればおしゃれなものが欲しいと思うのではないでしょうか。そして、カーテンの価格もピンからキリまでありますが、あまりお金をかけずにすてきなカーテンを手に入れたいものです。

今回は、手頃な価格でおしゃれなデザインのものが見つかる通販サイトから、自分の部屋に合ったカーテンの選び方まで詳しく解説します。まずは、部屋の印象をどのようにしたいかを明確にしてから、カーテン選びをしていきましょう。

安くておしゃれなカーテンの通販サイト

自分好みのカーテンが見つかるカーテンズ

カーテンズは、デザイン、ブランド、カーテンレールなど種類が豊富にあるため、さまざまな種類から選べます。サイズはオーダーで加工してくれるので、いろいろな大きさの窓がある家でもそろえやすく、すべての窓を同じデザインにすることも可能です。

また、カフェカーテンやマルチクロス、シェードもオーダーメイドで製作しているため、家の雰囲気に合わせてそろえられます。生地の種類も豊富にあって洗えるものなどもあり、ご家庭にあったカーテンを選べます。
【参照リンク:http://www.curtains.jp

メーカー直輸入の独占販売品も買える満天カーテン

満点カーテンは工場直販なので、安くて高品質なカーテンが買えます。店には卸していないため、満点カーテンが独占しているカーテンもあります。海外製が好きな方も、満点カーテンなら探しやすいです。また、デザイナーズカーテンも多数そろえています。

さらに、有名なファッションブランドのデザイナーがデザインしたカーテンも、取り扱っています。デザインを個性的にこだわりたい方は、満天カーテンがおすすめです。サイズも豊富にそろえているので、合うサイズを見つけやすいです。
【参照リンク:http://manten-curtain.com/

国内一流メーカーのカーテンが豊富なDIYショップRESTA

DIYショップRESTAは、国内の一流メーカーのカーテンが豊富です。カーテンだけでなく、壁紙やカーペットなども販売されているため、部屋全体の雰囲気に合わせてそろえやすくなっています。カーテンレールもデザインできるようになっているため、オリジナルの雰囲気も作れます。

DIYの方法もホームページに載っているため、初心者の方にも取り掛かりやすい仕組みになっています。季節によっても、おすすめの方法などが紹介されているため、素材選びにも最適です。これからDIYを主流でやっていきたい方には、特におすすめです。

【参照リンク:https://www.diy-shop.jp/second/curtain.html

カーテンレールにもこだわれる窓際貴族

窓際貴族は、ヨーロピアンスタイルなどのおしゃれなデザインのカーテンレールも、一緒に購入できます。カーテンレールやカーテンホルダーにもこだわっているため、雰囲気作りには最適のお店です。カーテンレールは、普段あまり見ていなそうですが、変えるだけで部屋の雰囲気がぐっと変わります。

カーテンだけでなく、窓周りのグッズも購入できます。サンシェードやウィンドウフィルムなど、日よけアイテムをデザインしたものや、カーテンの代わりになるロールスクリーンやブラインドも取り扱っています。
*公式ホームページはありません

有名ブランドの生地も買えるカーテン選びの案内人

カーテン選びの案内人では、北欧ブランドのマリメッコの生地なども販売されています。なかなか手に入らない生地も取り扱っていることがあるので、海外ブランドで欲しいものがあれば、カーテン選びの案内人を見てみることもおすすめです。

また、カラーバリエーションから生地の種類まで、豊富に取り扱っているため、定番なデザインではなく、変わったデザインがよいという方も見ていて楽しめます。季節によって冷感作用があるものや、断熱作用があるものなども多数そろえているので、機能性も十分にあります。
【参照リンク:https://shopping.geocities.jp/yoshietsu/smartphone/

?ぴったりのカーテンを選ぶためのポイント

カーテンの生地や色を考える

日当たりの強い部屋のカーテンは、色あせしやすいです。その場合、明るい色よりも暗い色を選んだほうが、色あせはしにくいです。また、シルクのカーテンは品質が長持ちしにくいため、シルク風のフェイクシルクのほうがよいでしょう。

さらに、部屋全体の雰囲気に合わせて、暗めにするか明るめにするかを決めましょう。照明に暗いものを使っている場合、カーテンも暗いものにしてしまうと真っ暗になってしまい、部屋全体の雰囲気が陰気になってしまいます。したがって、バランスを考えて選ぶようにしましょう。

カーテンの長さや幅を考える

カーテンを床より長くして、床の上にためるようにするとゴージャスな印象になります。また、幅も窓のサイズより長めにしたほうが、カーテンを開けている状態の見た目がよくなります。家の設計によっては、規格外のカーテンのサイズもあるので、カーテンを買う前にしっかりと長さを測っておきましょう。

カーテンの長さが長すぎても、汚れやすくなってしまうので、全体のバランスを見て長さを決めていきましょう。カーテンが下について、ゴミがたまることが気になる場合、少し短めに設定するとよいです。このように、自分の生活スタイルにあった長さに調整しましょう。

部屋の雰囲気に合うデザインを考える

無地のカーテンに比べると、絵柄がプリントされたカーテンのほうがインパクトがあります。ソファーなど、無地の家具が多い場合は、柄がプリントされたカーテンが一般的です。カーテンに絵柄がプリントされていると、絵柄によって部屋の雰囲気をガラッと変えられます。

家具がシックにそろっていて、絵柄は一色の花のカーテンなどにしてみてもよいです。子供部屋なら、ポップな感じにしてもよいですね。部屋の雰囲気を明るくしたいのか、それとも落ち着ける雰囲気にしたいのか、雰囲気をしっかりと決めてから選びましょう。

カーテンのスタイルを考える

カーテントップのスタイルだけでも、いろいろな種類があります。カーテンを実用性のあるものとして扱う場合と、装飾として扱う場合でも違うスタイルのものを選べます。ひだがあるものやギャザーがあるものなど、さまざまなスタイルがあります。

例えばピンチプリーツのカーテンを選べば、部屋の雰囲気はよりエレガントになります。ハトメはポールに直接カーテンを通すもので、最近ではトレンドです。上下に開くタイプもあり、バルーンシェードは上に上げると、バルーン上の丸みのある形になり、かなりゴージャスな印象になります。

窓に使用する以外にカーテンを役立てる方法

ベッドキャノピーにする

お姫様のベッドのように、カーテンをベッドキャノピーにもできます。ベッドに付属されているものもありますが、後付けでオリジナルで作ることも可能です。ベッドの枠が高くなっているタイプだと、枠からカーテンをつけることでベッドキャノピーになります。

また、カーテンを洗濯ばさみ付きの洗濯物干しにつけ、天井から吊るしてもよいでしょう。レースのデザインをさまざまなものにすれば、よりエレガントなお姫様ベッドのようになります。

ドアカーテンにする

カーテンには断熱性があるため、ドアにカーテンをつければ冬の寒い時期には特に、外から寒い空気が部屋の中に入ることを防いでくれます。ドアの隙間風が気になる場合でも、ドアカーテンをしておくことで、さらに隙間風も防げます。

また、ドアを開けているときでもドアカーテンがあることで、部屋がおしゃれに見えることもあります。部屋の雰囲気に合わせたデザインにすることで、よりおしゃれに部屋を飾りましょう。ドアカーテンが邪魔な場合でも、しっかりと留められるようにしておけば、問題ありません。

部屋の仕切りにする

いろいろなものが部屋にあふれている場合、部屋の仕切りとしてカーテンをすれば、簡単に隠せます。子供がいて、おもちゃが多く見えてしまっている場合や、収納が少なく荷物が出てしまっている場合など、ものが見えていて雑多に見える場合は、カーテンですっきり見せることが可能です。

また、部屋は広いけれど仕切りがない場合なども、カーテンを取り付ければしっかりと仕切り代わりになります。音は聞こえるので、それが嫌な場合には効果はありませんが、単純に仕切りたい場合には、簡単に取り付けられて便利です。

キャビネットカーテンにする

キャビネットにカーテンをすれば、簡単にキッチンを美しく変身させられるかもしれません。生活感が出ていると、おしゃれに見えにくいことが多いです。おしゃれな食器や調理器具などを使っていても、使っていくうちに使用感は出てきます。

使用感が出ているものが見えていると、おしゃれに見えなくなってしまうことがあります。そのため、キャビネットカーテンを使用して見えなくすることで、インテリアデザインの一つとしてキャビネットカーテンが映えるため、おしゃれに見えやすくなります。

通販サイトを活用し安くておしゃれなカーテンを買う

通販サイトは、多くの種類のカーテンを売っていますし、競争市場なので、安くなっている場合がほとんどです。また、海外ブランドなども多く取りそろえていることがあるので、多くのものから選べます。

実際にお店に行っても、そこに置いてあるものしか見られませんが、ネットではいろいろな商品が見られるので、比較もできて便利です。通販サイトを上手に利用して、家のデザインにあったものを選びましょう。


関連記事