• HOME
  • 働く
  • インタビュー
  • 他人と競わず、比べず、自分らしさを表現して、幸せなキャリアを築くこととは?【インタビュー:startuproom河野千佳世さん】
【おすすめ】好きなこと・夢を追いかけた女性

他人と競わず、比べず、自分らしさを表現して、幸せなキャリアを築くこととは?【インタビュー:startuproom河野千佳世さん】

これからの時代を生きる女性にとっての「新しいキャリアと私」について考えるトークイベント「startup room (スタートアップルーム)」が12月15日(日)11:00~東京青山にて開催されます。イベントについて詳しくお話しをお伺いします。

これからの時代を生きる女性にとっての「新しいキャリアと私」について考えるトークイベント「startup room (スタートアップルーム)」が12月15日(日)11:00~東京青山にて開催されます。キャリミングキュレーターとしてイベントを運営する河野千佳世さんに、どんな想いでスタートアップルームを開催しているのか?などお話をお伺いしてきました。

>詳細・お申し込みはこちらから<

スタートアップルームとは、どんなイベントなのでしょうか?

「毎回ゲストをお呼びして、お話しをお伺いするトークイベントが中心です。各ゲストの生き方・考え方に触れることで、学びやヒント、肯定感や安心感、女性のライフステージに合った働き方などそれぞれのスタートアップのヒントを得ることが出来ます。 」

「今の世の中インターネット上では、情報が溢れておりますが、「リアルに繋がる、会う、感じる」といった五感からヒントを得ることで、より多くのことが学べ、より早く自分自身を高めることが可能です。

ぜひ会場にお越し頂き、そこで自分が何を感じるのか?どんなことを想うのか?に意識を向けて欲しいなと思います。

また、集まったみなさんと横のつながりを自主的に持つことで、励まし合い、認め合い、これで大丈夫だ!と安心できる環境に身をおくことで、やりたいことをしっかりと受け止めて、新しく何かを始める一歩にしてもらう場所でありたいと思います。

ヨコの広がりや心地いいと思えるコミュニティを持つことが、私らしいキャリア形成になる、ライフステージに応じて形成できるようになります。(=キャリミング)

夢や希望、悩みもシェアし糧(かて)にすることで、女性らしいしなやかな働き方に生かし、明るい未来を自ら感じとってもらえたら嬉しいです。 」

このイベントはどんな想いで開催されているのですか?

「女性ひとりひとりの個性を“らしさ”として受け止め、社会での活躍を促すプラットフォームつくりをしたいと思っています。

日本社会には、背中を押してあげる雰囲気、言葉掛けができることがまだ足りず、これからのスタートアップルームの課題と感じています。

肯定が重なり合えばそれは必ず自信になることを、日本の女性に知って欲しいです。

より沢山の方にリアルな場であるスタートアップルームにお越しいただき、ここが起点となり新しいことが始められる「おかえりなさい」と「いってらっしゃい」の場所でありたい。

過去に参加頂いた方で、大きく頷きながら共感し、自分自身を肯定している姿を見ていると、私も勇気をもらいます。

誰かが先に覗いた誰のものでもない自分らしいキャリアの形、夢の実現の形を共有し合えることが美しい力となり社会を動かせるだろうと信じているので、このようなイベントを企画しています。

新しい時代の女性の活躍に必要な感性・つながり・コミュニティの育成と応援で、形を問わない女性のスタートアップの形から、日本社会を変え、柔軟なキャリアを築くという意味の「キャリミング」という新しい概念を定着させていきたいです。 」

(スタートアップルームは)過去2回開催されていますが、
振り返ってみて河野さん自身どんなことを感じていらっしゃいますか?

「今までの4名のゲストはそれぞれ、自分軸を大切に社会の中で「私らしく」表現している女性でした。

色々なスタイルがあることを知ること、感じること、話せること、五感でしか得られない情報が未来を切り開くひとつの道であることをシェアできた(し合えた)と思います。

小さなチャレンジの積み重ね、広げてみたことが大きな世界となり「私らしい」に出会える時間を一緒過ごせました。

会場全体を巻き込んだゲストトーク(アクセスコミュニケーショントーク)を交え、学び合って欲しいと思いましたが、私自身ゲスト参加者みんながそれぞれに感じ取れるスタートアップルームだったのではないかと小さくも確かな手ごたえを感じました。この輪をもっと広げ増やていきたいですね。」

>>第一回の開催の様子はこちら<<

>>第二回の開催の様子はこちら<<

12月15日に開催される第3回のスタートアップルームのゲストはどんな方々ですか?

「弁護士の本田麻奈弥さん、フリーランスエディターの利架さんです。

お二人とも男性社会の中でありながら女性らしさを自然な形で発揮されています。

働く時間や経験、触れる社会は違っても「表現者」であるふたりの感性をヒントに心地いい、働きやすさの模索に触れてもらえる時間になると嬉しいです。

お話の中で、小さくても必ず社会に還元される女性ならではの想いと行動、勇気に光を当てて寄り添い、感性に基づく“共感と活躍の輪”で社会貢献の実現を目指していきたいです。」

ゲストの2人から、特にどんなことを感じて欲しいですか?

「女性が活躍する中での感性を生かした働きかたを特に感じて欲しいと思います。

具体的にはどんな風に仕事で意識しているのか?感性が役立つ仕事、場面、コミュニケーションの取り方、人間関係や社会との距離の保ち方競わない・比べない 自分らしさを周りにシェアし女性の活躍の一つの形を感じて欲しいです。

仕事を上手に展開するためのモチベーション、感性を高めるテクニックやヒントについて 実例を交えたトークから受け取ってほしいと思っています。」

↓お申し込みはこちらから↓

第3回 start up roomご案内

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール