• HOME
  • 恋愛
  • 合コン後にLINEしちゃう女子がおさえておきたいポイントとは
恋愛

合コン後にLINEしちゃう女子がおさえておきたいポイントとは

合コンで気に入った男性や、もっとその男性のことを知りたいと思ったとき、LINEを利用して連絡をすることがあります。もう一度逢って、距離を縮めたいと考えたときどんな方法が効果的なのでしょうか。LINEで男性を落とすコツを知っておきましょう。

合コン後のLINEってどうしてる

社交辞令的に送ってる

合コン後相手へのLINEメッセージを送る場合、どのようなメッセージを送るべきなのでしょうか。お目当ての男性がいなかった場合でも、好印象を残すメッセージを送っておけば、次へのつながりを持つこともできます。特定の相手が見当たらなくても、社交辞令メッセージを送っておくことは重要です。

社交辞令的に送っている場合は、社交辞令的に送るからといって脈がないわけでもないので、まずは当りさわりのないメッセージを送っておくこともひとつの手段です。例えば、昨日はありがとうございましたや、昨日はお疲れさまでしたなどと好印象となる社交辞令メッセージで、印象をつけておくのもおすすめです。

脈あり的に送ってる

合コン後のLINEメッセージで、脈あり的に送ってる女性もいます。その人に好意を抱いている場合だけでなく、なんとなく種をまいておこうと考える女性もいます。そのため、脈あり的っぽく送ってくるからといってみんな正統派とは限らないのです。

社交辞令メッセージに加えて、今度また飲みに行きましょうなどと付け加えれば、次の約束につなげることもできますし、脈あり的な雰囲気で、彼女はいるんですかなどと早い段階で確認しておけば、時間を無駄にせずにすみます。

グループLINEは要注意

合コン後のグループLINEは、要注意だといわれています。グループLINEは、業務連絡や写真の送信などに役立つものですが、合コン後のグループLINEは、合コンの失敗へとつながる要因にもなりかねません。グループLINEは、業務連絡用としての認識もしくは発言する人が限られてしまうからです。

だいたい、男女別でグループLINEを作って最後に、ジョイントさせるような形を取ります。しかし、合コン後の女子グループLINEはすでに駆け引きがはじまっているのが現状です。グループLINEでは会話が盛り上がりづらく、個別の連絡が取りにくくなり、残ったグループLINEは特に使い道がなくなり終了となりやすいです。

こっちから送るか待つか

お目当の相手がいないなら送らないでいい

合コンの後自分からメッセージを送るべきか迷うこともあります。そんなときは、合コンでお目当ての相手がいない場合は送らなくてもよいといえます。もし誰かから、何かLINEがくれば返信する程度でいいですし、誘いがあればそれこそ社交辞令で、遠回しにごめんなさいと返信すればよいのです。

遠まわしでごめんなさいと送る場合は、丁寧で失礼のない言葉使いを選びながらも、はっきりと断ることが大切です。曖昧な言葉であったり、言い訳のような長文メッセージは、逆効果となってしまう可能性もあります。長文に対して、また相手も返信をしてくることになり、結果無駄な時間を費やすことになります。親友だったはずのあの子ととならないように。

そして、絵文字やスタンプなどで感情を表現することも避けましょう。相手の取り方が別の意味で取られた場合、好意的な印象を間違って与えてしまう可能性もあるからです。相手からの誘いを断りたいときは、はっきりと言葉で簡潔に伝えることを心掛けておきましょう。

お目当の相手がいるなら送るべし

もし、合コンにお目当ての相手がいた場合は、迷わずにメッセージを送るべきだといえます。これは、親友だったはずのあの子に先を越されないように、お目当の相手がいるならすぐに行動することが大事です。同じ相手に好意を持った女性がいたら、先を越されないように脈ありメッセージを送りましょう。

相手も好意を持ったはずだと確信し、相手からの連絡を待っているようでは出遅れてしまう可能性があります。脈ありメッセージがいきなりすぎると思うのであれば、社交辞令メッセージに加えていくような印相の良いメッセージを送ってきっかけを作っておきましょう。

男の子から来るLINEの意味

ただの社交辞令

男性から来るメッセージがただの社交辞令だった場合、基本的には脈なしメッセージの可能性が高いといえます。男はわかりやすいので、社交辞令でLINEがくるときはあまり興味がないということになります。あたりさわりのない社交辞令のメッセージがくるのは、本当に社交辞令であると考えましょう。

更に、社交辞令のメッセージに自分が返信をしたのにもかかわらず、その後の返信や連絡が一切なければ、完全に脈なしだと考えてよいでしょう。返信や連絡がこないことが、脈がないという意思表示となります。男性は、あまり器用なことや面倒なことは考えないので、単純に行動そのままが答えだと考えてよいでしょう。

注意が必要な体目的

合コンの後、やたら積極的な誘いを掛けてくる男性の中には、体目的の場合もあります。すぐ逢いたいというようなメッセージの中には、体を求めているだけの男性である疑いを持つことも大切です。終わった後にすぐに会いたいとか、やたらと会うを押してくる人はこれが目的の可能性が高いです。

その男性を試す方法のひとつは、人目につく場所でのデートを提案してみるのもおすすめです。体だけが目的の男性の場合は、わざわざデートに時間を費やすようなことを望みません。出来れば、軽く食事をしてホテルへ直行できればと企んでいるはずです。

本気の時

男性からのメッセージが本気である場合は、自分に対しての質問が増えた場合は本気である可能性があるかもしれません。メッセージの中に、ちょっと変わった言い回しとか文脈に緊張感があるときは、マジなやつかもしれません。

自分に対して相手が興味を示している場合は、どんな食べ物が好きなのか、どんなデートが好きなのかなど、聞いてくるでしょう。デートに誘う前に、リサーチをしながらデートに誘う方法を模索している可能性があります。度合はわかりませんが、本気の可能性があるといえるでしょう。

なんとなくの気まぐれ

男性からのメッセージの中には、なんとなく暇だったから送ってみたという場合や、気まぐれで送ってみたという場合もあります。なんとなくLINEをしてくる人は、ほんとになんとなくしてくるだけであまり興味がない可能性が高いです。

男性からメッセージが送られてきて、メッセージのやり取りを楽しんでいたのに、あれ以来一切連絡がないという場合は、なんとなくメッセージを送ってみただけかもしれません。特に意識して送ったわけではありませんが、まったく脈がゼロだという訳でもないのが特徴です。

気になるなら攻めるべし

待っててもはじまらない

合コンで気になる人がいたのであれば、積極的に行動する必要があります。お気に入りがいるならとにかく自分から動くことが大事です。相手から連絡がくるのを待っていてもはじまりません。お気に入りの男性を気に入ったのは、自分一人ではないかもしれないのです。

自分から連絡をすることに抵抗があったり、拒否されたらどうしようかと悩んでいるうちに、他の誰かにお気に入りの男性を取られてしまう可能性があります。自分から、お気に入りの男性にアプローチのメッセージを送ってみるようにしましょう。

合コン後すぐに、社交辞令的なあいさつメッセージを送り、そこから脈ありメッセージを送ってみるとよいでしょう。まずは、行動に移すことからはじめるべきでしょう。待っているだけでは、チャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

隣にいる親友とはじまってるかも

仲の良い親友であっても、ライバルとなる可能性があります。女性の真意は、どこにあるのかわからない場合があり、合コン後全然気に入った相手がいなかったと言いながら、密かにアプローチの連絡を取っていたなんてこともあり得るのです。

信用している親友であったとしても、既に闘いがはじまっている可能性もあります。友人関係も大切ですが、自分の意思も大切です。ライバルに遅れをとらないためにも先手を打つことを念頭に入れておきましょう。合コン後すぐに行動することが必勝法のひとつだといえます。

お相手側が全然気にしてなかったパターン

お気に入りの相手が自分のことを全然気にしていない場合は、どんな方法を取るのがよいのでしょうか。合コンのときに、自分は興味を持っていたけれど相手側は、まったく覚えていないということもあります。席が遠くてあまり話すことができなかったり、他の女性と話し込んでいた場合などです。

合コンのときには、あまり積極的に話すことができなかったけど、どうしても気になるのであればメッセージを送ってみるとよいでしょう。この場合は、脈ありかなしかはその時点では判断できません。メッセージを送って、返信がなかったり社交辞令だけで他のメッセージがない場合は、脈なしかもしれません。

思い切ってメッセージを送り、返信のメッセージの内容が次につながるものであれば、脈ありの可能性もでてきます。相手が待ってるときもあれば、平気で何もしてこない人もいるということなのです。相手が気にしていない場合は、とりあえずメッセージを送ってみるとよいでしょう。

男心を読んで主導権を握っちゃおう

合コン後にお気に入りの男性を落とすためには、男心を読んで自分が主導権を握るくらい先手を打つようになりましょう。女性だからといって、待っているだけでは幸せが近づいてきません。チャンスだと思ったら、自分から行動を起こし、強いパワーで素敵な彼氏をゲットするようにしましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧