ファッション

「シャツジャケットの種類」を知ろう。着こなしが楽しくなります

シャツジャケットは着こなすのが、難しい印象をお持ちの方がまだ多いようです。しかし、種類や素材を知ると、とても使い勝手かよいものとわかるでしょう。シャツジャケットのよさを知り、着回しコーデで街を颯爽と歩きましょう。

シャツとジャケットのいいとこどり

今年は「シャツジャケットデビュー」をしようと思っていても、実際どのように着こなせばよいかわからない方。そして、カジュアルになりすぎるのではないかと心配な方もいらっしゃるでしょう。シャツジャケットはさまざまなシーンに合わせて、着こなし術を変えればかなり重宝するジャケットです。

シャツより厚手で、ジャケットより気軽に着れますので、普段使いや、ちょっとしたワークなどに便利でしょう。

シャツジャケットの種類

いつくかの種類がありますので、自分の好みに合わせてチョイスしましょう。

ロング丈のシャツジャケット

2018年注目の形、ロング丈で春におすすめのトレンドジャケットです。ロング膝丈のアウターが定着しつつありますので、1枚あると長く着れます。着回しがかなりききますので、前ボタンをすべてとめてワンピース風にアレンジができます。

アウターに使用するときは、ふんわりした軽い素材のシャツジャケットの場合、インナーはすっきりとさせたほうがよいでしょう。

動きやすいワークシャツジャケット

カーキや紺などカラーの付いたシャツジャケットで、ビジネスシーンにも使用できます。七分丈にできる2wayタイプですと、動きやすくて仕事もはかどります。冷房対策にも一役買います。

素材が麻や綿などの場合は、夏のクールビス対策になるでしょう。きれい目カジュアルなシャツジャケットが、1枚あるととても便利です。ボトムスはスカートでもパンツでもどちらも対応できます。

ノーカラーのシャツジャケット

ノーカラーのジャケットは、女性らしさを演出してくれます。そして、エレガントな雰囲気のシャツジャケットは、着丈が短いものなどは、タイトスカートや、ロングスカートにも合わせやすいです。

Vネックデザインもあり、大人な印象を与えたい方はVネックがおすすめです。着丈が長めのものですと、ボトムスは、パンツやデニムと合わせてみてください。

フード付きのシャツジャケット

もう少し、よりカジュアルな雰囲気を出したい方は、フード付のものを選んでみて下さい。デニム素材などが多く、さまざまなタイプのものが販売されています。

ボトムスもカジュアルになりすぎますと、全体的にあか抜けない印象になります。その場合はふんわり春色スカートなど、合わせてみてはいかがでしょうか。カジュアルの中に女性らしさも加わり、目立つこと間違いなしです。

シャツジャケットの着こなし方法

実際に着回しが、できてさまざまなシーンに使えます。

カジュアルにラフに羽織る

Tシャツにガーリーなスカートと合わせれば、カジュアルガーリーコーデでかわいい仕上がりになります。ジャケットの着丈が短ければ、少し長めのミモレ丈でふんわりと女性らしさが演出できます。さらに、スニーカーで合わせるとお洒落感が増します。ジャケットの丈が長めの場合は、チェックの短めガーリースカートでバランスをとりましょう。

レースワンピースと合わせて甘辛MIX

ミリタリーシャツジャケットや、デニム素材のシャツジャケットに、あえて白のふんわりレースのワンピースを合わせてみましょう。アンバランスさがかえってお洒落に見えるのです。カジュアルスポーティーにガーリーな、レディワンピースを合わせれば即完成出来るコーデです。小物は皮ポシェットなどで、ひと味違う楽しみ方をしてください。

ワイドパンツと合わせて大人コーデ

着丈が短いカーキのシャツジャケットに、デニム素材のワイドパンツコーデはいかがでしょうか。インナーにはブラウスで、大人のリラックスコーデです。気を抜き過ぎないところがポイントです。ジャケットの着丈が長めでも大人の印象になります。しかし身長が低い方は、長めのジャケット×ワイドパンツはあか抜けない印象になりがちですので、着丈はしっかりと自分に合うものを選びましょう。

ボーイズライクに合わせて甘さ控えめに

たまにはボーイッシュなデニムと合わせて、とことんカジュアルにしてみてはいかがでしょうか。古着とMIXにしてもよいでしょう。着丈が短いシャツジャケットを肩にかけてみましょう。インナーにはTシャツでボトムスは、スキニータイプのデニムと合わせて遊び心あるコーデを楽しみましょう。靴はパンプスなどで、大人っぽさも演出できます。

シャツジャケットのブランド

おすすめのブランドをいくつかピックアップしました。お気に入りを探してみましょう。

BEAMSのシャツジャケット

ビームズのシャツジャケットは、ワークタイプやサファリタイプなど甘さ控えめです。大人の女性を演出するのにはとても重要なアイテムでしょう。とくに、ウエストの軽く絞ったジャケットが多いです。シルエットも女性らしく、きちんとした印象になります。実用性が高く、ストレッチのある素材が多いのも特徴です。

インナーがTシャツでもBRAMSのシャツジャケットを羽織ると、不思議と高級感がでて、品格もただよいます。ノーカラータイプや、テーラードタイプのジャケットが揃っていますので、お気に入りが見つかります。
※参考情報:http://www.beams.co.jp/category/jacket/?sex=W

ZARAのシャツジャケット

タッセル付きなど、お洒落なデザインがあります。デニム素材などラフなものが多いので、タイトスカートや、ワイドパンツなど、コーデを考えるのが楽しくなります。また、柄物のジャケットも多いので、ボトムスに白のパンツを合わせてもよいでしょう。

シンプルな組み合わせになった場合は、アイテムを華やかにしてみましょう。着丈が短い黒のジャケットにデニムなど合わせたときにh、赤いバッグを持つと、お洒落上級者になります。ZARAのジャケットを楽しむときは、思いっきりアンバランスになっても、さまになります。
※参考情報:https://www.zara.com/jp/ja/trf-jackets-l919.html?v1=1029014

nicoand.のシャツジャケット

ノーカラータイプで、ガーリースタイルにもなるシャツジャケットです。お色目はカーキとネイビーの2色です。着丈はMサイズが52cm、Lサイズが54cmと短めです。綿100%素材で夏は、汗を吸収してくれます。ボトムスはデニムやミモザ丈のスカートなど、自宅にあるボトムスはほとんど合うでしょう。

インナーにふんわり丈の長いワンピースを着て、靴はスニーカーを履けば、甘辛コーデの完成です。彼氏とデートにいかがでしょうか。
※参考情報:http://www.dot-st.com/nikoand/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?ITEM_CD=2764985

チャオパニックのシャツジャケット

カジュアルさの中に、バックサテンでエレガントに見えます。お色目は、カーキ、ホワイト、迷彩柄の3色です。新品染めを施していますので、ヴィンテージ風な仕上がりになっています。着丈は短めですので、ワイドパンツや、ロングスカートなどにぴったりです。

ミニスカートに合わせて、アメリカンでスポーティな雰囲気にもなります。キャップを被って颯爽と歩いてみましょう。また、チャオパニックのシャツジャケットは、過去にロングタイプを出していました。気に入った方は今後、発売される可能性もありますので、要チェックです。

※参考情報:https://www.palcloset.jp/display/item/?di=CP18A0045130100&cl=54&b=ciaopanic

シャツジャケットでコーデを決める

シャツジャケットを着ると決めた日には、しっかりコーデのバランスを考えましょう。全体的にバランスがよいのがお洒落に見えるコツです。着丈の長さによって全体的に、バランスを調整してみましょう。意外と簡単にコーデが完成します。

小物なども強い味方になりますので、一緒に合わせてみると、一気にお洒落感が増します。お洒落上級者は常に程よい小物を身につけています。シャツジャケットは、春・夏・秋口まで使用できるものが多いため、何着か素材別や着丈別に持っていると重宝します。まだ持っていない方はシャツジャケットデビューしてみましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール