スキンケア

美容液のおすすめを知り自分に合ったものを選びましょう

顔全体はもちろん、気になる部分に集中的に使用できる美容液。普段のスキンケアアイテムに加えることで肌の悩みに合わせたお手入れができ、スキンケアの満足感を得られるとされています。そんな美容液のおすすめなどを知っていきましょう。

肌が必要としている美容液を選ぼう

美容液とは一般的に、保湿や美白などの美容成分を多く配合した、スキンケアアイテムを指すことが多いようです。美容液には、ほかのスキンケアにはない特別な成分がギュっと詰まっています。だからこそ、必ず使うべきものではないけれど美容成分を必要としている肌には使うべきものといえるものです。

肌に何かしらの不安を抱えているのならそれを目的としたサポートをするために使うのが美容液です。美容液には大きく分けて3つの種類があります。保湿美容液、美白美容液、エイジングケア美容液の3種類です。

美容液の種類と特徴

美容液は保湿成分などの美容成分が多く配合されており、肌に必要な潤いを角質層にまで届ける働きがあると言われています、美容液にも多くの種類があり、商品により美容成分の配合濃度も様々です。美容液を使用する目的と自身の肌質に合わせた商品を選ぶようにしましょう。

乾燥を防ぐ保湿美容液

保湿用美容液は、肌の乾燥対策に効果がある、最も一般的な美容液で肌の内部の保湿力を高めてくれる働きがあります。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、EGFなどが配合されている商品が多くあります。乾燥肌や乾燥による小じわが気になる人にはお勧めの美容液です。また、美容液を使いたいけれど、どの種類がいいのかわからないという方はまず保湿用美容液をお使いいただき肌の変化を感じていただくとよいでしょう。

保湿をメインにするのは、すべての肌トラブルの原因は潤い不足によって起こるからです。潤いをしっかり与えて、肌の基盤が整えば、肌本来の機能が正常に働きだして、肌のトラブウを自ら修復していくことさえできます。

シミを防ぐ美白美容液

美白用美容液は、シミやそばかす、日焼けなどの防止や改善を目的とした美白効果のある成分を含んだ美容液で、ターンオーバーを促進させ、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制し、肌に定着させないような働きがあります。ビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキス、ハイドロキノンなどが配合されている商品が多くあります。美白用美容液は、できてしまったシミやそばかす、日焼けの改善を目的とする商品とシミなどができないように予防を目的とする商品がありますので、購入時はどちらの目的の成分が含まれているかを確認するようにしましょう。

潤いとハリを保つエイジングケア美容液

アンチエイジング用美容液は、シワやたるみなどのアンチエイジング対策を目的とした成分を含んだ美容液で、肌のハリや弾力を改善してくれる働きがあります。ナイアシンやレチノール、ポリフェノール、あるジルリンなどが配合されている商品が多くあります。また、目元専用や口元専用など、パーツケア専用の美容液も販売されています。アンチエイジング用美容液は他の美容液よりも高価な美容液が多いのも特徴です。アンチエイジングケアは、年齢を重ねる前に始めたほうがより効果を期待できるともいわれていますので、早めのケアスタートをおすすめします。

美容液の効果的な使い方

いくら評判のいい化粧品や美容液であっても使い方や順番を間違えば、本体の力を発揮してくれることはありません。正しいエイジングケアのための美容液の使い方と順番を知りましょう。

取り入れる順番に気をつける

美容液は基本的には、洗顔をし、化粧水で肌を整えたあと、美容液を付けて保湿成分を補い、そのあとに乳液で水分の蒸発を防ぐという順番、目的で使用していくことをおすすめします。クレンジングでメイクを落とし、洗顔で肌の汚れ・洗い残したメイク汚れを落とします。そして化粧水で肌に水分を与え、整えた後、美容液で肌に必要な栄養を角質層まで届けます。

商品によっては化粧水の前に使用するタイプもありますので、必ずパッケージで使用手順を確認しましょう。

美容液という言葉の定義が特に決まっているわけではないので、メーカーにより美容成分の配合濃度は様々です。自分自身できちんと配合量を確認・判断する必要があります。

使用量を守る

もったいないからといって、美容液の量を少なくすることはやめましょう。一般的には目元や口元などの集中ケア美容液なら直径1cm程度を、顔全体に使う美容液なら直径2cmを基本として、適宜、増減してください。商品やメーカーによっても美容液の仕様目安量は異なるため、必ず使う前にパッケージをみて適量を確認するようにしましょう。

肌が栄養を吸収できる量には限りがあります。当然それ以上美容液やスキンケア製品を使用しても肌に吸収されず無駄になってしまいます。

両手で顔をハンドプレスする

化粧水をつけたらすぐに美容液を付けるのではなく、顔全体を両手で包み込むようにハンドプレスしてからつけましょう。きちんと化粧水がなじんでいると、美容液もより肌の奥まで浸透しやすくなると言われています。また、化粧水をしっかりと肌になじませたら、乾いてしまう前に美容液を付けるようにしましょう。

美容液を顔の数か所につけ、内から外へ、また、下から上へなじませましょう。気になる箇所がある場合は重ねづけしてください。両方のてのひらで顔全体を包み込むようにしてやさしく押さえましょう。目元や口元の薄いデリケートな部分は、指先で優しく押さえましょう。

摩擦が大きいとメラニンの蓄積の原因になったり、真皮を壊すリスクもあるのでけして肌が動くほどの力でこすらないようにしましょう。「美容液は優しくつける」を心がけましょう。

美容液の選び方

美容液を細かく分けるとキリがありませんが、自分が今一番気になっている肌の悩みに合わせて選ぶといいでしょう。肌の乾燥が気になる。美白のお手入れをしたい。肌にハリが欲しい。ニキビや肌荒れを防ぎたいなど悩みはいろいろあります。

目的に合ったものを選ぶ

美容液は「保湿」をメインにし、目的に合わせて「美白」「シワ」などのエイジングケアをプラスしていくのがおすすめです。保湿をメインにするのは、すべての肌トラブルの原因は潤い不足によって起こるからです。潤いをしっかり与えて、肌の基盤が整えば、肌本来の機能が正常に働きだして肌トラブルを自ら修復していくことさえできます。

保湿成分の代表的な成分が「セラミド」です。セラミドは水溶性ではないので化粧水には配合しにくいため、ある程度の油分を含んだ美容液として取り入れる方が効果的です。

成分を確認する

美容液には有効成分が濃縮されています。その予防効果も高いです。何を予防したいかによって、使う美容液は違ってきます。選ぶためにはやはりしっかりとした目的を持ち、目的が決まったら、成分をしっかり見て美容液を選んでいきましょう。

成分表示には薬事法で定められた決まりがあり、配合量の多い成分から記載しなければならないというものです。これを知っていれば美容液を選ぶ際にも役立ちます。自分の求める成分があったときに商品を比較して、その成分がより多く配合されているものを選ぶようにしましょう。

美容液の成分は微生物のエサになりやすいという特徴があります。そのため、微生物によって製品が痛むのを防ぐ薬剤である防腐剤が使われます。一般的に美容液に配合されている防腐剤は安全性が高く、美容液の品質保持のために最低限しか配合されていません。

ユキノシタエキスやボタンエキスなど天然成分配合のプラセンタ美容液もあります。

好みのテクスチャーを選ぶ

テクスチャーは好みの問題なので自分の好みに合ったテクスチャーの美容液を選ぶことがポイントです。美容液のケアは毎日続けていくことになります。自分が好きなテクスチャーを選ぶことで毎日のお手入れがより楽しくなります。

一般的に、さっぱりタイプの美容液は水溶性の化粧品成分の比率が多く、こってりタイプの美容液は脂溶性の化粧品成分の比率が多いです。

セラミドなどの保湿効果が高い成分の多くは脂溶性なので、こってりタイプの方が保湿成分が豊かな場合もありますが一概には言えませんので、しっかり全成分表示をチェックして選びましょう。

継続して使える価格のものを選ぶ

美容液でのケアは、単発ではなく継続して使用することで高い効果を発揮します。続けていくためには、コストパフォーマンスの高さに注目することも大切です。一概に高ければよく、安ければ悪いとは言い切れません。

どんなに効果が高そうな美容液であっても、使い続けられなければ意味がありません。最初だけ奮発して高額なものを購入してしまうとそれを維持するのが難しくなり効果は半減してしまいます。「高くてもったいないから」と1日おき、1週間に1度、気が向いたときにつけるのは効果がありません。毎日欠かさず適量を付けることで効果がでてきます。大切なのは高いものを使うことではなく、自分の経済力で無理なく続けられるものを選ぶことです。

おすすめの美容液

美容液は、シミ、シワ、ハリ、乾燥、ニキビ、毛穴の開き、目元のたるみ予防などの強い味方です。美容液で美肌を手に入れたい女性のために、美白効果や保湿力が高いおすすめの美容液をいくつか紹介します。

ランコム ジェニフィック アドバンスト

多くのベストコスメを受賞してメディアや雑誌で話題の発酵エキスを配合した美容液です。加齢とともに簡易安くなる揺らぎ肌に対し総合的にアプローチして若々しい肌をよみがえらせてくれる浸透力。ランコムの先進技術によるビフィズス菌と酵母エキスがもたらす恵みで内側から輝くハリ肌をもたらせてくれる、そんなリッチでエレガントなエッセンスです。

ソフィーナiP 美活パワームース(土台美容液)

ソフィーナiP 美活パワームース 本体 90g

ソフィーナiP 美活パワームース 本体 90g

5,400円(12/12 09:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

微細で濃度の高い炭酸泡をマッサージするように塗り広げるだけで、美容液が角質層深部に速攻浸透。まるで生まれ変わったかのように、うるおい、ハリに満ち、気になるざらつきもつるつるに。肌の調子を健やかに保つ土台美容液です。

資生堂 アルティミューン パワライジング コンセントレート

感想などの外的要因による様々なダメージに負けない美しさを目指す美容液です。独自に開発した保護成分アルティミューンコンプレックス配合で、いきいきとした肌感触を提供します。乾燥による小じわが目立たないなめらかなハリ感で、年齢を感じさせない生命力に満ち溢れる印象に導きます。澄んだグリーンフローラルのフレッシュな香りが特徴です。

美容液の性質を知って効果的に使おう

肌に合ったスキンケアを行うことは「投資」とも呼ばれます。今のうちから手をかけておけば「やっててよかった」と思える日が来るでしょう。できたシミやシワを消すのは正直大変です。こういった肌トラブルが起きないよう、自分で予防することが美肌への近道です。まずはトライアルなどを使うなどして、自分に合う美容液を見つけましょう。

自分の肌にあった美容液を使えば、肌の悩みが改善され毎日のスキンケアや鏡を見るのも楽しくなります。今の肌をきれいにするのはもちろん、将来の肌をきれいに保つためにも自分の肌にあった継続できる美容液をつかいましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール