資格・語学

格安の費用で語学留学をするために|準備や行き先など必要なことは

留学したいけど高い費用がかかるのではと、経済的な理由で留学に踏み切れない人は多いのではないでしょうか。意外な穴場の国から、非英語圏のヨーロッパの国まで格安で留学できる国の情報と、留学することのメリットとデメリットを説明していきます。

格安で留学ができる国がある

日本は島国で隣国と接してないため、残念ながら英語に触れる環境が少ない国です。しかし現在、国際社会の波が日々、日本を取り巻いており、これからのグローバル社会にとって英語が必要になることは間違いないでしょう。そんな情勢をいち早くキャッチした人や、英語に興味があり語学留学したいと考えている人も多いはずです。

語学留学といえば、日本では機会が少ないネイティブが話す英語に短期間で触れることができたり、自分を英語の環境に置くことでより集中し英語を身につけることができる絶好の機会です。

しかし留学情報を調べていくと、留学費用の高さにまずは驚くのではないでしょうか。そんな人に必見、格安で留学できる国を集めました。ぜひ留学に興味がある人は参考にしてみてください。

格安で留学できる国の紹介

格安で留学できるといえば、有名なのがフィリピンです。しかし、格安に留学ができる国はフィリピンだけではありません。英語圏の国ではない意外な国から、留学でないと行けないようなヨーロッパ圏の国まで知る人ぞ知るおすすめの国をピックアップして説明していきます。

その国の風土や気候、もちろん文化もしっかり理解した上であなたにとって魅力的な格安の留学先を見つけてみてください。留学の費用が抑えられることで、経済的そして心理的な不安も軽減し、しっかりと語学学習に集中して打ち込むこともできるでしょう。

安さで人気のフィリピン

7000を超える小さな島から構成されたフィリピン。公用語は英語とフィリピノ語です。学費を気にしない立地や雰囲気、授業形態などの沢山の条件から自分に合った学校を自由に探せるのが特徴です。フィリピンの語学学校には食事付きのところもあり、物価も安いので経済的な負担が少ない留学先です。

初めての留学となると、環境の変化に対応するのが大変で体調管理も一苦労でしょう。そういった場合に備えて、食事付きの語学学校を選ぶのも良いかもしれません。日本と比べると物価やかかる費用は実に5分の1ほどです。例としては滞在費も含めて1か月12?18万程度から、高いところでは25万程度です。

他にはフィリピンは公共交通機関が発達しており、運賃も安いためLRTやMRTと呼ばれる電車やバスで首都マニラを中心にいろいろな場所にアクセスできることも魅力です。

過ごしやすい気候のフィジー

オセアニア大陸に位置し、南国リゾートとして有名な300以上の島からなるフィジー。公用語が英語なので国民全員が英語を話せ、教育は全て英語で行われている国です。国民性としては、親切で面倒見のよい人が多く、留学生のレベルに合わせてゆっくりと簡単な英語を使って話をしてくれる優しい住民が多いことが特徴です。

語学学校の授業料や生活費を含めても、1カ月11万円ほどで生活が可能。留学中の留学生の住居の形態はさまざまで、賃貸、ホームステイ、ルームシェアなど日本とはあえて違った住居形態を選んでみるのも楽しいかもしれません。またフィジーには市場が沢山あるので、学校以外でも現地の人とコミュニケーションする機会が多いのが魅力的です。

美しい海に囲まれたマルタ

美しい地中海に囲まれた316平方メートルほどの大きさの国マルタ。公用語はマルタ語と英語。他のフィリピンやフィジーと違って日本人が圧倒的に少ないため、日本人だけで固まることもなく、英語が上達しやすい環境下に自分を置けます。

英語も世界に通用するレベルの英語が学べるので、ある程度英語が身についた人や短期間で集中的に英語を学びたい人におすすめです。

1カ月の留学費用は17万円ほどで、もちろん学ぶ都市や語学学校によっても料金は変わってきますが、比較的語学学校の授業料や物価は安い国です。多種多様な国籍の人と出会えるチャンスも多いので、留学費用を抑えた分周りにある世界遺産やヨーロッパ諸国に仲良くなって一緒に旅行できるかもしれません。

イギリス文化の影響が残るスリランカ

インド南海に位置する北海道より少し小さい規模の国スリランカ。日本人にはあまり馴染みのない国ですが、安い費用で語学留学できる穴場の国です。公用語はシンハラ語とタミル語、連結語(複数の異なる民族を結びつける言語)では英語が使われており、日常生活には英語が溶け込んでいます。

3カ月までの短期留学がおすすめで、授業形態はプラーベートレッスンが多く、通常日本では料金が高いマンツーマンレッスンを格安価格で受講することが可能です。

他の学生との交流が少なくなってしまう学習形態にはなりますが、初めての留学などじっくりと英語を身につけたい人におすすめです。学費はホームステイ費込みで1週間7~10万円程度です。他の留学生のコミュニケーションをはかりながら世界遺産を楽しむことができます。

格安留学のメリットとデメリット

留学をする意味が本当にあるのか悩んで留学に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。留学しても日本人ばかりで固まってしまい、特に英語のレベルアップにはならなかったという話をときどき聞きます。やはり、格安に留学ができるといってもメリットとデメリットがあります。

メリットとデメリットをしっかり理解した上で、それでもお金と時間を自分のスキルアップのために費やすかどうかを決めましょう。これから挙げるメリットとデメリットの両方を明確な目的と照らし合わせて、それに見合った留学生活が送れるのかどうかを検討してみて下さい。

英語力が日本よりも比較的伸びやすい

日本にいると英語を使う環境に自分を置くことはとても難しいでしょう。しかし、留学先では毎日英語を聞き続けるだけでなく、勉強したあとの単語やフレーズをすぐに実践できる環境であることがやはり日本との大きな違いです。

まわりの留学生も語学を身につけるために勉強しに来ている人ばかりのため、日本で一人で勉強する場合と違ってモチベーションをお互いに高め合うことができます。

英語を留学先で伸ばすポイントとしては、自分から積極的に周りの留学生とのコミュニケーションをとる努力をしたり、出来るだけ外に出かけて人と触れ合うことです。他には、日本人だけで固まらず、多種多様な日本人以外の友達を作ることが一番の近道でしょう。

コミュニケーション能力が身につく

留学生活の授業や日々、各国からの留学生と交流する中で、「自分の意見をハッキリと、分かりやすく伝える」といった、国際的なコミュニケーション能力を身につけることができます。

よりコミュニケーションスキルを上げるためのポイントとしては、留学中は各国からの留学生と交流するだけでなく、毎日の授業や会話をする中で、会話を自分から積極的に取り続けることです。そうすれば、自然と相手に配慮した国際的なコミュニケーション能力が身についていくでしょう。

それ相応の費用が掛かる

やはり留学の際の大きな注意点は、思ったよりも費用がかかるということ。ほとんどの場合は留学費用は自己負担。格安留学と言えども、渡航先や期間によってはかなりの額が必要になります。例えば留学中の不慮の事故、病気や怪我、滞在中の旅行や出費など留学費用以外の費用がかかってくるケースがあります。

そんな場合に、留学費用を抑える「奨学金制度」を利用する手段もありますが、まずはその前に留学自体が本当に自分にとってリターンが望めるものかどうかを判断しましょう。それでも将来自分にとって大きな価値のあるものだと思うのであれば留学は、大きく世界観や価値観が広がる貴重な体験です。

留学しても勉強は必要

ときどき留学するだけで自然に英語が話せるようになると考えている人もいますが、これは大きな間違い。例えば留学先の授業では講師の話を聞くのが中心になるため、英語を話す機会はそれほど多くはありません。

また、留学先によってはクラスに日本語を話す日本人もいます。場合によっては英語をほとんど話すことなく、留学生活を過ごすことも可能なのです。

「留学イコール英語が話せるようになる」のではなく、限られた留学期間中にある程度の語学力をモノにするには、話す練習を自分から積極的にし続けることが不可欠でしょう。

格安留学で英語を身につけよう

留学といえば莫大な費用がかかるイメージですが、このようになるべく費用をかけずに色んな国で留学生活を充実させることが工夫次第で可能です。

もちろん今留学を迷っている人や、社会人でまとまった時間が取れずに諦めている人、経済的に留学費用は無理なのではないかと考えている人など、留学に踏み切れない理由はさまざまでしょう。

しかし、メリットとデメリットを理解し、それでも自分の人生経験として価値のあるものだと判断したのであればこの格安留学の情報を役立ててみて下さい。まだそれでも不安であれば、留学エージェント会社などからパンフレットを取り寄せて話を聞いてみるだけでもいいかもしれません。

日本の生活とは違い、留学にはさまざまな体験が待っています。留学自体が本当に自分にとって有意義なものか、必要なものかを見極めた上で決めることが大切なのです。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール