• HOME
  • 恋愛
  • 結婚相手の選び方のポイント|彼の本質を見極めるための方法
恋愛

結婚相手の選び方のポイント|彼の本質を見極めるための方法

結婚は愛する人とするべきですが、愛だけではやっていけないときもあります。今の彼氏が結婚相手として良いのか冷静に考える必要はあるでしょう。今回は、彼の本質を見極める方法や結婚相手の選び方のポイントを解説していきます。

結婚相手は一生を共に過ごす人

結婚というのは、一生涯その人と共に人生を歩んでいくという契約です。愛する人との結婚をそろそろ…と年頃になれば考え始める人もいます。しかし焦ってはいけません。

結婚は愛だけではやっていけないときもあるのです。一生共に暮らして生きていくのなら、結婚相手としてどうなのかということを考えないといけません。

そこで今回は結婚相手として本質を見抜く方法となど、結婚を考えている多くの女性のために結婚相手の選び方のポイントを解説していきます。

結婚相手として本質を見抜く方法

結婚相手としてふさわしいかどうか見極めるには、彼の本質を見抜くことです。具体的にどこをそう見たら良いのかについて解説していきます。

誠実性を見抜く

大事なポイントは彼の誠実性です。例え自分には優しい人であっても、店員やタクシー運転手には横柄な態度を取っている男性は多くいます。その態度そのものが彼の本質なのです。

自分に優しくても、第3者への態度がよろしくないものであれば信頼性が欠けますし何より思いやりというものが感じられません。どのような人にでも優しく思いやりのある人なら、信頼できますし結婚相手としても良いでしょう。

金銭感覚が同じかどうか

金銭感覚も大事なポイントです。結婚は生計を相手と1つにするので金銭感覚が全然違うとストレスにもなりますし、愛だけで結婚生活はやっていけませんので結婚して良かったのだろうかと後悔してしまう可能性が出てきます。

例えば貯金や趣味にどのようにお金をかけているのか、毎月の収入や支出などもそうですが、お金に関してどのような考え方・価値観でいるのかというのを知っておくべきでしょう。

100%同じというのは難しいので同程度レベルで、互いに許容できる範囲を話し合っておくことも大切です。

家庭環境や家族への態度

虐待などのように幼少期に親からされていたことを、大人になって結婚して子供ができたときにその子供へ自分がされていたことを同じように育てる親がいます。

つまり連鎖していってしまうのですが、それを知るには相手の家庭環境がどのようなものだったか聞いたり調べたりなど知っておくべきでしょう。

また家族に対しての態度も重要です。結婚前や結婚間もない頃はまだ優しくても何年も経ったら同じような態度を取られる可能性は高いです。その態度が相手に染みついているので簡単に変わるというのは難しく、注意したとしても繰り返されることもあります。

常識だと思っていることが同じか

自分の中の常識が相手も同じとは限らないので、普段から自分の常識と相手の常識がどのように違うのか知っておくのは大切です。例えばこのような事例がありました。

引っ越しの際の近隣への挨拶や正月などの親戚での集まりなどをおざなりにして、自分の中では当たり前だったけど全て否定された。

このように自分の中での当たり前が相手には違うことがあります。同じ人間は1人もいないように、考え方は人それぞれ異なるのです。ちょっとした価値観や常識のズレというのは結婚後もどこかで出てきます。

そうなれば結婚をする前に知ることが出来れば何かしら対処を打てるのです。

一緒にいる時間が心からくつろげるかどうか

結婚は恋愛期間のように楽しさを求めるというよりも安心感を求めるものと考える方もいます。結婚生活は同じ空間で一緒に寝起きをして食事をするなど過ごすために、くつろげないと息苦しさというものを感じてしまうからです。

そうなれば一緒にいて安心ができてくつろげるような相手の方が結婚生活も長続きしていくでしょう。

ちょっとしたことで相手にイラついてしまう可能性もありますが、そういったときに許すという心の広さや思いやりを持って互いに無理のない自然体で過ごせることが大切です。

結婚相手と決める前に自問自答してみたいこと

結婚相手を決めてしまう前に自問自答をしてみるのをおすすめします。結婚生活の中で一生涯ずっと何事もなく過ごすとは限りません。何かトラブルが起きてしまうこともあります。もしそうなってしまったらどうするかいくつかのシチュエーションを紹介します。

生活が困難な状況を迎えた場合

結婚後にリストラや病気、転職などによって収入がガクっと下がり、生活に困ってしまうということも考えられます。一生涯同じ生活が保たれるとは限らないからです。

もし生活が困難になってしまう状況になったら、夫婦で頑張ろうと思えるような相手かどうかというところです。

結婚後に生活がままならなくなったときに「こうなるはずじゃなかったのに」と思う相手なのか「一緒に乗り越えていく、頑張ろう」と思える相手なのかじっくり考えてみましょう。

彼に対する気持ちが変わった場合

長い年月過ごしていくうちに、特に年を重ねれば見た目に変化が出てきます。仕事や経済力も変わってくるでしょう。それらに魅力を感じて愛した場合、その好きなところに変化があっても気持ちが変わらないでいられるかどうかです。

いつしかは気持ちが冷めてしまうときがくる可能性もあります。冷めても夫婦のままということもできます。しかしどのような変化でも気にせず、一緒に乗り越えて暮らしていける相手かどうか考えておくことは大切です。

仕事や経済力は先を見越すことはできなくても、見た目ならどのような感じになるか想像ぐらいならできるはずです。想像してみてそれでも一緒になれる自信があれば良いですし、自信が無ければ結婚後のあらゆる困難を乗り越えられる可能性は低いでしょう。

お互いに理解しようとする気持ち

自分の価値観が正しいと思うのは悪いことではありませんが、その価値観を相手ばかりに求めて押し付けてはいけません。相手にも価値観や常識があり、それぞれ考え方は異なります。

もし自分と違う価値観であっても、このような考え方もあるんだと捉えて視野を広くしてみましょう。

そして何より互いに良いところも悪いところも理解し合っていこうという気持ちが大切です。たとえ理解できないようなことがあっても、互いに歩み寄ろうとしていきましょう。

夫婦間のちょっとしたズレや溝で破綻してしまわないために、支え合っていくようにしましょう。

冷静な目で結婚相手を選ぼう

結婚相手を今お付き合いしている彼にしたいと考えたとき、まずは一旦客観的に相手が結婚相手にふさわしいかどうか見極めることが大切です。

冷静さを失っている状態での結婚では、結婚後の生活が上手くいくとは到底思えません。相手の人間性を知り、結婚後の生活がどのようになっているのか想像しておきましょう。結婚は初めは夫婦二人三脚です。

互いに歩幅を合わせ、息をぴったりと合わせられるようなそんな結婚相手を見つけましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール