仕事の悩み

仕事がうまくいかないと感じる理由|原因と改善するための心掛け

仕事がうまくいかないと感じるのは、どのようなときでしょうか。うまくいかないと感じるときには、漠然とした不安だけでなく、なにか原因があることも。仕事がうまくいかないと頭を抱えてしまう前に、原因を改善するための心掛けを実践しましょう。

最近仕事がうまくいっていない気がする

最近、仕事がうまくいっていない気がしたのはどのようなときでしょう。小さなミスが続いてしまったり思い通りに物事を進められなかったりすると、気分が落ち込みやすくなります。必死に挽回しようと動き回っても、空回りが続いてしまうとモチベーションも低下。

ストレスが溜まるだけでなく、体調不良の原因にもなります。仕事がうまくいかない気がするときには、なにか原因があることも。仕事がうまくいかなくなっている原因を改善するための心掛けを実践しましょう

仕事がうまくいかないと感じるのはこんなとき

仕事でミスをしたとき」や「上司に怒られたとき」などに仕事がうまくいっていないと感じてしまうことがあります。また「仕事が自分に合っていない」、「向いていない」と感じてしまっているときも、それに比例するように仕事がうまくいっていないと感じてしまう場合も。

いろいろなことが積み重なった結果、ストレスが溜まり仕事がうまくいっていないと感じるようになっていきます。仕事がうまくいかないと感じると、なにもかもが投げやりになりがち。仕事がうまくいかないと感じるときは原因を探り、原因を改善する心掛けを意識しましょう。

仕事がうまくいかない原因

仕事がうまくいかないと感じることには原因がある場合があります。仕事がうまくいかない原因について見てみましょう。

仕事に必要な知識や経験が不足している

仕事に必要な知識や経験が不足していると、仕事そのものができないため「うまくいかない」と感じます。また、失敗したときの対処法が分からずに周囲に迷惑をかけてしまうことになる場合も。仕事に必要な知識は、ある程度自分で補填することはできます。

しかし、経験不足は実績を積まない限り得られません。仕事に必要な知識や経験が不足していることで、仕事がうまくいかないと感じる人には、比較的入社して日が浅い若い人に多くいます

自分の価値が分からなくなってしまっている

それまで築いてきた自分自身の価値が、ミスが続いたりして仕事がうまくいかなることで見失ってしまうことがあります。他人と自分の仕事の進め具合などを比較してしまい、勝手に落ち込んでいることはありませんか。

例えば、よくできた同期と自分を比較してしまい「自分はどうして仕事ができないのか」と考え始めると、仕事においての自分の価値が分からなくなってしまい失敗の原因を作ってしまうことがあります。

他人のほうが自分よりも勝っていると思う劣等感は、少しのことでも気になりやすくなるため自分のペースが崩れてしまいやすく、仕事をスムーズに進めることが難しくなります。

失敗することを怖いと感じている

失敗することは、誰でも恐れています。しかし、失敗することを恐れ過ぎているとチャレンジすることが難しくなります。そのため、仕事の効率が低下してしまったり余計に失敗を呼び寄せてしまったりして負の連鎖の原因に。

小さな失敗をすることは、知識や経験を豊富にするためにも重要なポイント。上司に叱られることばかりを不安に思って仕事を進めていると、思うように物事を進められず仕事がうまくいかないと感じるようになります。

プレッシャーに耐える事が出来ない

ある程度、知識や経験が身についてくると大きな仕事を任されることがあります。大きな仕事を任されたとき、そのプレッシャーの重さに勝てずにミスをしてしまうことも。プレッシャーを感じたまま仕事を進めていると、休みの日でも心身ともにリラックスすることが難しくなります。

そのため、ずっとストレスを抱えた状態で過ごす日々が続いてしまいミスをしやすくなります。日頃、落ち着いていればできることもプレッシャーがかかることでできなくなってしまう状態は、一種のパニック状態です。プレッシャーを軽減する工夫が必要になります。

過去の失敗がトラウマになってしまっている

人は失敗をすることで成長します。しかし、過去に失敗したことがトラウマとして残ってしまうと仕事を思い切ってすることが難しくなります。そのため、自分自身では全力で仕事を進めているつもりなのに思うように進めることができず、仕事がうまくいかないと感じてしまうことも。

過去の失敗がトラウマとなってしまっている場合、改善することはなかなか難しいこと。恐れとして残っている記憶をどのように克服するかが重要になってきます。

うまくいかない原因を改善するために心掛けたいこと

仕事がうまくいかないことに対して原因があるときは、改善することができます。うまくいかない原因を改善するために、心掛けたいことについて見てみましょう。

とにかく必要な知識を身に着けて何事にもチャレンジする

仕事がうまくいっていないと感じる原因が「知識と経験が不足しているから」と分かっている場合は、とにかく仕事の知識をつけることが大切。仕事でさまざまな経験を積むことで、うまくいっていないと感じることが少なくなります。

専門職の場合は専門書で勉強したり、更に上を目指すための資格を取得したりするのも効果的。知識を増やしていくことは仕事をしていないときでも可能。知識を豊富にして、経験を積むための機会を増やすように心掛けましょう。

分からないことは聞いて良好な人間関係を作る

分からないことをそのまま放置してしまうのは、もっとも危険な行為。分からないときはしっかりと分かる人に聞き、習うように心掛けましょう。分からないまま仕事をしていても、失敗を重ねていくだけ。

分からないことを誰かに聞くことができるようになることで、教えてくれる人がいるという安心感を得ることができます。気持ちに余裕ができると、職場の人間関係も良好になりやすく仕事のミスも減っていきます

他人と比較せずに自分のペースで仕事を頑張る

他人と比較して自分に劣等感を感じてしまうのは、仕事の効率を下げる原因になります。採用された時点で「自分に価値があるから採用されたんだ」ということを頭の中に入れておくことで、他人と比較して劣等感を感じることを少なくすることができます。

他人と比較して自分にもできると向上心を持つことが難しいときは、無理に他人と比較せずに自分のペースで仕事を全うすることを心掛けましょう。

失敗は成功するための踏み台、失敗を恐れない

失敗は成功するための踏み台です。人は失敗をすることで、失敗に対しての知識と経験を増やしていくことができます。失敗は悪いことと捉えられがちですが、失敗をしなければどれが失敗なのか学ぶことができません。

失敗を恐れずにどんどんいろいろなことにチャレンジするように心掛けましょう。例え失敗しても失敗から学ぶものはたくさんあります。それを大切にして次の仕事に活かせるように準備しましょう。

常に成功している自分をイメージする

プレッシャーに押しつぶされそうなときは、常に成功している自分をイメージしましょう。プレッシャーに負けてしまいそうになる人の多くは「失敗したらどうしよう」という不安な気持ちが大きくなっています。

失敗したらどうしようという不安な気持ちに支配されるのではなく、成功して輝いている自分の姿をイメージすることで、スムーズに仕事を進めることができます。

失敗の原因をしっかり追究して失敗から学ぶようにする

失敗を失敗のまま終わらせていては、知識も経験も得ることはできません。失敗したらそれで終わりにするのではなく「なぜ失敗したのか」、「失敗しないためにどうすれば良かったのか」をしっかり追究して、失敗から同じ過ちを繰り返さないための対策を講じておきましょう。

仕事の内容によっては、同じ失敗を何度も繰り返してしまうことがあります。しかし、どうすればよいのかと考えながら繰り返しチャレンジしていくことで、自然と失敗をしないで仕事を進めることができるようになります。

それでも仕事がうまくいかないと感じるときは

仕事がうまくいかない原因が自分自身で分かっていて、それに対する心掛けを持っていても「うまくいかない」と感じることがあります。どうしても仕事がうまくいかないと感じるときはどうしたらよいのでしょう

仕事が楽しくないと感じてしまっている可能性がある

知識を得るために就業後のセミナー通いや失敗・プレッシャーに負けないための心掛けを持ってしても仕事がうまくいかないと感じることがあります。仕事に前向きな姿勢で取り組むことでミスすることは減少。しかし、その仕事にやりがいを感じていなければ仕事がうまくいってないと感じてしまいます。

今の仕事をスムーズに進めるためにさまざまな対策を講じていても「仕事が楽しくない」と感じているときは、なにをしてもうまくいかなくなります。そのようなときは「今やっている仕事が本当に自分のやりたい仕事であるか」、「仕事にやりがいを感じているか」など、違った視点から自分の仕事に対する思いを見つめ直してみましょう

もし「自分には向いていない職業だったのかもしれない」と感じるのなら、転職も視野に入れて考えてみます。新しい一歩を踏み出す勇気を持つことも、仕事を順調に楽しく進めるための大切なポイントになります。 

▼仕事を楽しいと感じている人との違いを知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
仕事が楽しいと感じている人に共通する仕事を好きになるコツとは?

少し立ち止まって休憩してみる

大きな仕事のプレッシャーに負けないように頑張っていたり、他人と自分を比較したりしないようにすることは大切。しかし、その心掛けを一種のおまじないのようにしてしまい無理に頑張り過ぎてしまうと、仕事がうまくいかない理由を見つけにくくなってしまいます。

「自分の仕事はスムーズに進んでいるのに、なぜうまくいかないと感じるのだろう」と疑問に思ったときは、一度立ち止まって休憩しましょう。自分で気づかないあいだに蓄積されていたストレスが抜けて「なぜ、仕事がうまくいかないと感じていたのか」の理由をみつけることができるかもしれません。

仕事がうまくいかないと感じる理由は人それぞれ。どんな忙しいときでも、少し立ち止まって休憩することで思考と感情を落ち着かせましょう。

仕事でうまくいっていないときこそ成長のとき

仕事がうまくいかないと感じているときは、なにか大きな壁にぶつかっている可能性があります。「失敗は成功のもと」という言葉があるように、仕事で失敗をしてしまっても挽回するチャンスと捉えて向き合うことが大切。

ミスや上司の言葉を恐れたりしていては仕事をスムーズに進めることは難しくなります。仕事でうまくいかないと感じているときにぶつかる大きな壁や失敗は、恐れずに乗り越えて自分自身の経験に繋げることが重要。仕事でうまくいっていないときこそ成長の機会と考えて、前向きな姿勢で望みましょう。

▼仕事を辞めた方がいいのか?そのまま続けた方がいいのか悩む方はこちらの記事がおすすめ
仕事辞めたい瞬間。辞めどきと辞めない方がよいときの見極めかたとは

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール