仕事の悩み

仕事が遅い人の特徴とは?改善策についての紹介

仕事がなかなか思ったように進められない。こんな方も多いのではないでしょうか?どんなことに気を付けて、仕事をすればよいのでしょうか?ちょっとした工夫で、作業時間を短縮することができます。仕事を効率よく進めたい方にオススメの改善策です。

仕事が遅い人がやるべきこと

仕事が早い人と遅い人がいます。両者にはいくつかの特徴があります。前者は、タスク管理が得意であり、すぐに目の前のことに取り組めますが、後者はなかなかそれができません。他にも、両者に違いがあります。

仕事が遅いと言われる人の特徴

周りから仕事が遅いと言われる人は、仕事の優先順位が分からない人も少なくありません。そのため、本来先に完了させておく必要がった仕事を後回しにしてしまい、結果的に納期に間に合わないといったことが頻繁に起こるのです。

仕事の優先順位の決定は、軽視できない大きなポイントです。ここを間違わなければ、仕事が遅い人認定から外されるかもしれません。

後回しにしてしまいがち

誰にでも、苦手なものがあります。できれば、苦手なものは避けたいと思うもの。しかし、自分が担当する仕事となれば、そう言っていられません。すぐに計画を立てて始めなければいけないのに、これが難しいタイプがいます。

好きな仕事、楽な仕事ばかり先にするため、苦手な仕事がどんどん後になり、期限ぎりぎりになってから初めてしまうので納期に間に合わせることができません。

また、納期に間に合ったとしても、完成度の低いものとなってしまうこともよくあります。すると、周りから仕事が遅い、仕事ができないといった認識をされます。心当たりがある方は、どんな仕事でも遠回しにせず進めていくことで解決できます。

要点が押さえられない

言われたことに対して、何も考えずにそのまま言われたとおりに進める人は、ちょっと難しい仕事が来た時に戸惑ってしまいます。なぜなら、なぜ今この仕事が必要で、どんな目的のためにやるのか理解できないからです。

そのため、要点が押さえられません。注意すべきポイントも分からないので、求められているものと違うことをしてしまうこともあります。結果的に、長く時間がかかってしまいます。

こういったことを避ける為には、どんな目的でやろうとしているか、その都度考えながら進めるような習慣をつけるのがオススメです。

すると、要点を理解できるようになりますので、より短い時間で作業を終わらせることができますし、自信をもって納品することができます。また、上司などから質問を受けたときも、的確な回答ができるので仕事ができる人と見られやすくなります。

自分のキャパを知らない

人目を気にする人や、嫌われることを怖がる人は、他者からの依頼を断ることができません。既にキャパを超えているのに、どんどん仕事を受けてしまうので、納期に間に合わなかったり体を壊して会社を休むことになったりします。

いい人を演じていても、かえって嫌われてしまったり軽視されてしまったりすることも少なくありません。あらかじめ自分のキャパを把握しておき、それ以上の仕事の依頼は遠慮したほうが良いでしょう。

自分で自分の首をしめて、結果的に仕事が遅い人、できない人と呼ばれたら残念です。引き受けられないことをちゃんと伝えることも、働く以上大切な義務です。無理をして結果的に周りの人に迷惑をかけることになれば、誰も嬉しくありません。努力することは必要ですが、努力しすぎるのは考えものです。

動作が止まっている時が多い

仕事が遅い人は、動作が止まっている時間が多い場合もあります。そうすれば、当然時間もたくさんかかってしまいますので、仕事が遅くなるのも当たり前です。また、集中力に欠けており、すぐに飽きてしまい手が止まるタイプもいます。

一度やる気エンジンがかかったら、それを止めてしまうようなことはなるべく避けたほうが、より効率よく仕事が進みます。私用電話やメール、どうでもよい噂話などで手を止めるのは、やる気エンジンにブレーキをかけてしまう行為。

避けたほうが、仕事はサクサク進みます。上手に休憩時間を取り入れながら、不要なことはしないようにして仕事に向き合いたいものです。

整理整頓が出来ていない

整理整頓ができているでしょうか?これができていないと、デスクの中の探し物に時間がかかってしまったり、資料の山の中でイライラしながら働くことになります。その結果、不必要な時間がかかってしまい、仕事が遅くなることもあります。

また、整理整頓は身の回りだけでなく、頭の中も必要。頭の中がゴチャゴチャしていると、仕事の集中できませんし、ミスしやすくなります。また、効率も悪くなります。何か心配事があったり、ストレスが溜まっていると、うまく頭の中の整理整頓ができません。

こんなとき、オススメしたいのが瞑想です。瞑想してから自宅を出るようにすれば、すっきりとした気持ちで仕事に取り組めます。また、睡眠不足や栄養不足なども、頭がすっきりしない原因になります。心当たりがある方は、改善していきましょう。

▼さらに詳しい解説はこちら
【瞑想のやり方とは?】初心者でも集中力をUPさせる方法を学ぼう

仕事が遅い人の改善策

現在仕事が遅くても、注意することで改善することもできます。まずは、しっかりと睡眠と朝食を摂って、一日をスタートさせるようにしましょう。

脳がガンガン回転してくれれば、仕事もスムーズに進みやすくなります。他にも、オススメしたい方法があります。

机などの整理整頓をする

デスク周りが乱雑になっているなら、すぐに片づけてすっきりさせることをオススメします。不要なものは処分して、どこに何があるのか分るようにしておけば、効率よく仕事を進めることができます。また、すっきりとしたデスクを見れば、それが良い刺激となってモチベーションを上げてくれます。

仕事でもスポーツでも何でも、良い結果を出す人は、みな使用するアイテムを綺麗にしておくのだそうです。仕事上必要なものも、ぜひ綺麗にして保管しておきたいもの。道具に対して、感謝の気持ちも持っておきたいものです。また、デスクはできるだけ広く使えるように工夫してみるのも良い方法です。

これは、職場によって違いがありますので一概には言えませんが、普段使わないものは引出しにしまうなどして、デスクを多く使用できるようにすることで、スムーズに仕事が進むこともあります。

やるべきことをメモに書き出し優先順位を決める

たくさんの仕事をかかえたときは、注意しておかないと忘れてしまいます。手帳などに記載して把握しておくのも良いですが、付箋に書いて貼っておき、仕事の優先順位も含め把握しておく方法もオススメです。

また、一日にすべきことをメモに書いてから、仕事を始めるようにするのも良い方法です。この場合も、優先順位を考えながらまとめておくと良いでしょう。

時間を意識して取りかかる

やるべきそれぞれの仕事に対して、おおよその必要時間を想定してから始めるのも良い方法です。こうすることで、目標ができますのでスピーディーに進めやすくなります。

また、何も考えずに作業を進めるよりも、どうしたらより早く、より正確に仕事ができるのかを考えながら進めるようにすると、単調な仕事や苦手な仕事であっても面白く感じられるようになりオススメです。

同じ仕事をする場合も、前回よりも1分早く終わらせようなど、目標を立てながら進めるのも、仕事がワクワク感じられて良いものです。何でもそうですが、あらかじめゴールがわかっていれば、がんばれるものです。

これを活かして、時間のゴールを作りながら進めていくのです。小さなゴールをいくつも用意して、それをクリアできれば、達成感も得られることでしょう。これがまたモチベーションへとつながっていきます。

わからないことがあれば周りを頼る

一人で悩んで答えを出すのと、詳しい人に聞いて回答してもらうのと比べた場合、早くできるほうの方法で行うのがオススメです。もちろん、みな忙しいでしょうから、何度も同じことを質問するのはよくありません。

しかし、初めてする仕事であれば、教えてもらっても問題ありません。謙虚な姿勢できいてみましょう。そして、感謝の気持ちを伝え、真摯に仕事に向き合ってください。

常に先のことまで考える

目の前の仕事を言われたまま進めるのではなく、仕事の流れを把握しながら進めたほうが無駄を省きスムーズに進められます。また、優先順位も決めやすくなります。

▼さらに詳しい解説はこちら
【効率のいい仕事の進め方】効率的に仕事がデキル人になろう!

上司や部下に仕事が遅い人がいる場合の対処法

自分のことであれば、工夫したり努力したりすることで、解決することもできるでしょう。しかしながら、他者の問題の場合はそうはいきません。上司や部下などで仕事が遅い人がいる場合、自分の仕事に影響することもあり、ストレスを感じる方もいます。こんな時は、どうしたら良いのでしょうか?

相手に期待しすぎない

仕事に限ったことではありませんが、期待が大きいと上手く行かなかったときの衝撃も大きいものです。また、イライラ感も大きいもの。仕事が遅い人については、あまり期待しないようにするのが心穏やかに仕事ができる方法です。

もし、相手が仕事を早く進める良い方法を教えてほしいと言ってきたら、その時はしっかりと教えてあげましょう。相手が本気で変わりたいとおもっているのであれば、サポートしてあげた方が相手も嬉しいですし、自分も仕事が楽になるのではないでしょうか?

相手の性格を理解する

真面目にやっていても、なかなかこちらが望むような結果を出せない人も中にはいるでしょう。思ったよりも時間をたくさんかけて、仕事をすることもあるかもしれません。そんな時は、相手を否定的に見るのではなく、相手の性格やキャパなども認めてあげましょう。

人それぞれ苦手なこともありますし、個性もあります。出来ないことや良くないことに注目して、腹を立てても良いことはありません。できるだけ良いところを見るようにすれば、こちらも相手も気持ちが楽になります。ただし、真面目に仕事をせず結果が出せないのであれば、それは問題だと認識して良いでしょう。

部下にはアドバイスをする

部下に気になることがあるときは、積極的にアドバイスしましょう。どうしたら、もっと早く仕事ができるようになるのか、教えてあげてください。もしかしたら、何か勘違いして時間がかかり過ぎているかもしれません。その際に、客観的に見てのあれこれを伝えることも必要です。

避けたいのは、一方的に否定したり見下すような発言をすることです。困ったことがあったら、いつでも相談できるような空気を出しておけば、相手も質問しやすいですし仕事もスムーズに進みやすくなることでしょう。

やるべきことを明確にして作業しよう

仕事が遅い人は、自分が何をすべきなのか分からないでいる場合もあります。また、優先順位が分からず、遠回りして仕事ができない人だと思われていることもあります。抱えている仕事を余すことなく把握して、一日ごとにやるべきことを書き出すようにするのもオススメの方法です。

また、頭の中とデスク周りの整理整頓も大切です。どちらも片付いていないと、余計に時間がかかってしまいますし、集中できずミスしやすくなります。すっきりとしたデスクで、仕事をするようにしたいものです。

 【仕事ができない人の特徴】できる人との違いを知り悩みに対処しよう


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール