仕事の悩み

あなたの原因は?職場での人間関係のストレス対策を紹介

職場での人間関係で悩む人は多く、毎日仕事で嫌な人と接するのはストレスがたまるものです。そんなときは自分の中の溜め込まずに、吐き出すことが大切です。この記事では人間関係を楽にする対処法や改善策をご紹介します。

職場での人間関係をよくするためには

職場において、仕事を円滑するためには人間関係が良好であることは重要です。しかし、職場は色々な価値観を持った人の集まりですので人間関係がうまくいかないことが多いのも確かです。毎日の職場で人間関係をよくするためのポイントを押さえて、ストレス対策を見てみましょう。

あなたの人間関係のストレスチェック 

職場の人間関係において自分がどの程度ストレスを感じるかチェックしてみよう。   

    • 職場でイライラする人がいる。 
    • 褒められるより感謝されたい。
    • 相談されたら疲れても聞いてあげる。
    • 些細な言葉でもネガティブにとり、落ち込む。
    • 会社や上司に時々賛成できない。
    • 夜、色々と後悔したり、あれこれ考えて、思い出したりする。
  • 最近は新しい人の出会いは面倒くさい。

YESが多い場合は、自分ができるがために人の欠点が気になったり、周囲の和が乱れた環境でストレスがたまりやすく、言葉がキツいとかなり落ち込みやすい。

逆にNOが少ないと対人ストレスが強いので周囲や相手から嫌われないように顔色を見ながら無理するタイプです。

あなたの職場人間関係のストレスの原因は 

毎日の職場でのストレスの原因はもしかしたら自分やその環境にあるかもしれません。

コミュニケーションの問題

上司がすぐに意見を変えたり、威圧的で話を聞いてくれるような関係でなかったりなどの不平や不満があると信頼関係は築けません。そのため、コミュニケーションが円滑にできず、結果的に人間関係がうまくいかなくなったりします。

後輩に指導をしても、思うように動いてくれなかったりなどの理由で、人間関係がうまくいっていないために衝突してしまい、お互いの関係が悪化するなどストレスのたまる原因になります。

職場での人間関係がうまくいかないのは、お互いの接し方や一方的なコミュニケーションに問題があるケースが多いようです。

他人と自分を比べてしまう

周りへのライバル意識が強すぎると、本来チームワークである業務を個人プレーと勘違いをしています。

もちろん個人的な業務やスキルアップはチームや会社の向上に貢献します。しかし、自分の評価ばかりを気にして、勝手に他人と優劣をつけることは常に自分に対して追い込み、失敗を恐れるあまり、それは緊張の連続であり、精神的に疲れるだけです。

ハラスメントを受けている

最近耳にするハラスメント問題は、セクシャルハラスメントやパワーハラスメント、アルコール、スメルハラスメントと種類も分かれており、このような問題を職場で受けたことがある人もいると思います。しかし、受ける側は自分だけで何とか改善しようと思ってもなかなか解決できる問題ではありません。

職場でのハラスメントの問題は、お互いの信頼関係があるないに関わらず、個人の意識の差から生じたり、距離感の違いにより起きています。

被害にあったときは、事実確認ができる証拠や記録(メモ、日記や録音)をとり、然るべき場所に改善をお願いしましょう。それでもダメな場合は、身を守るため、法的手段を考える準備をしましょう。 

【職場の人間関係】改善方法 

いつまでも職場の人間関係のことでストレスをためないためにも、自分からできる改善方法を試してみましょう。

自分から率先して挨拶をする

挨拶は人間関係をよくする強力な効果があります。笑顔で挨拶されることにより、ほとんどの人は挨拶で返してくれます。人間関係がたとえうまくいってなくても名前を添えることによって、コミュニケーションを取ろうとしている態度が伝わり、職場の雰囲気や人間関係が好転します。

挨拶したことによって、何気ないコミュニケーションが取れたりもします。自分がポジティブに動くことにより仲間や協力者が増えて、仕事に積極的に取り組むことができるので、笑顔で率先して自分から挨拶をしましょう。       

言いたいことは率直に伝える

他人の目を気にして、職場で自分の言いたいことを我慢しているとストレスがたまります。しかし、あまりにストレートに自分の意見を言うのは大人として、配慮に欠けたりとなかなか上手に伝えることは難しいものです。

伝えるポイントとしては、相手を尊重しつつ、お互いの意見をどちらかに偏ることなくすり合わせていくことが大事です。伝えるときに注意したいのは、曖昧な言い方ではなく具体的に伝えること。また何時何分や何月何日など数字を使うと効果的です。

常に主語は私であり、第三者は話には入れず、自分の意志を示すことが重要です。人のとらえ方や価値観が違うため、伝え方や言葉を間違えると思い違いが発生するので注意が必要です。

相手の話に共感する

対人関係で大事なことは、相手に対して興味を示し、相手の話を聞いて共感することです。

自分の視点ばかりで話しをしたり、一方的な意見を押し付けると相手は不快に思います。あなたが話を聞いてあげることにより、相手は自分に興味を示していると思い、親近感を持ちます。また自分のことを理解されていると認識します。

共感するということは、相手を理解しようとする気持ちであり、共感力を身に付けることによりコミュニケーションが円滑になり、人間関係も良好になります。     

みんなから好かれることをやめる

誰からも良く思われたいと思うのが本音ですが、職場においてみんなから好かれたいと考えると、余計なストレスがかかってしまします。

職場は仕事をする場所であり、特定の気の合う人がいるだけでも十分です。職場に性格が合わない人がいる場合は、業務上最低限のコミュニケーションにして、一定の距離を保つようにして、なるべく考えないようにするとよいです。

他人のことはわからなくても仕方がない

生まれてから大人になるまで人はそれぞれ違う価値観を身に付けており、それぞれの常識や普通も違います。そのため、職場において相手を100%理解しようとすることは無理に近いです。

最初から相手のことはわからないと思って、程よい距離感をもつことが大事です。自分のフィルターを通さず、素直に相手に聞くことにより、人をジャッジしたりする必要もありません。

心を強くするための努力 

職場の人間関係のストレスに勝つためには、自分自身が強くなることです。自分を高め自信をつけることにより、見方が変わり、接し方も変わりますので是非、実践してみましょう。

自分の軸をしっかり持つ

自分の軸がしっかりあることにより、意見や発言に一貫性が出ます。また、決定するときも迷いがありません。自分軸を手に入れる方法として以下のことを確認してみましょう。

  • ①あなたの直近でやるべきことや身近な目標を立てましょう。(Ex.休みをしっかりとる。お弁当を作るなど)
  • ② ①の目標を達成したときの環境はどうでしたか?五感を感じ知覚的な情報を確認(何が見えた、何が聞こえた、誰がいたなど)
  • ③目標を達成したときに実際どのような行動をしましたか (自分の行動を確認する)
  • ④その目標を達成したときに使ってきた能力は何ですか (交渉力、説得力、コミュニケーション)
  • ⑤大切にしていることは何ですか (①から④までを明確に定めた後に)
  • ⑥あなたは誰ですか (①から⑤まで達成したあなたは何者か? Ex.リーダー、つなげる人)
  • ⑦あなたはどのようにこの目標を通して影響していますか (この目標を通して、あなたにかかわった人を幸せにしたなど)

【参照リンク:自分軸を手に入れ、ぶれない自分になるためのNLP 7つのステップ

フィジカルを鍛える

体を鍛えることにより心の強さを生み出されます。体の軸である体幹トレーニングを行うと姿勢がよくなり、重心が安定します。また運動によりホルモンバランスや自律神経が活発になることで気力が高まります。

職場で人間関係の悩みやストレスが体幹トレーニングで体を継続的に動かすことにより軽減され、自分に自信がついてきます。      

目指すゴールを決める

仕事において、結果やゴールを決めることは大事です。自分中心的な考え方をするのではなく、全体的にゴールを決めて、いかに効率的に早く到達するかをイメージすることにより、短絡的ではなく長期的に考えることが大事です。

職場で上司や部下、同僚と一緒に働く限り、自分だけを優先にすることは難しいことです。組織全体を中心に長期的な視点で考えるようにすれば、自分がたとえ今できなかったとしても、努力を重ねてできるようになろうと考えを変えれば、ストレスは軽減されます。

同じことでも考え方や視点を変えるだけでも仕事の効率が変わってくるのでちょっとした工夫でストレスをうまくコントロールしましょう。    

マインドフルネス瞑想の練習

マインドフルネス瞑想により、ストレスが軽減され、心身の健康を改善することができます。

マインドフルネス瞑想の方法

  • 1.スキルは必要なく、椅子に座り、目を閉じて腰骨または仙骨を立てて座る。
  • 2.呼吸に集中し、深く息を吐く。腹式呼吸を意識する。
  • 3.3分から15分程度、今ここに自分が存在することに意識を集中しながら呼吸を続ける。

【参照リンク:NHKスペシャル・早稲田大学の熊野宏昭教授による『マインドフルネス入門』 【ページ下部に音声あり(全5分39秒)

職場の人間関係がよくない場合

職場の人間関係は、自分ではどうしてみようもないこともあります。最悪の場合は、自分を追い込むことなく、冷静に考えて決断をしましょう。

自分の考え方を変える

職場において人間関係が最よくない場合、会社には仕事のために来ているのであって、人は人、自分は自分と思って、嫌いな相手との関係も割り切りましょう。職場での人間関係は、自分の考え方を変えることにより、気持ちが楽になります。

転職する

自分なりに改善策を見つけようと努力しても、解決されない職場だった場合は、転職ですることも一つの手段です。人間関係がよくない環境で働くのは心身ともにダメージが強く、人生に悪影響を与えます。

【タイプ別】おすすめの転職エージェント

転職活動を一人でするのはなかなか大変です。プロの転職エージェントを利用してキャリアアドバイスを受けてみましょう。キャリアアドバイザーも幅広く、相性の合うアドバイザーに合うためには、他のエージェントと併用することをおすすめします。

【女性の転職に力を入れている】転職エージェント3選

パソナ

2019年顧客満足度調査で転職エージェント第一位を獲得した大手転職支援サービスのパソナキャリア。総合人材サービスの先駆者として25万人以上の転職を支援してきた転職のプロです。

選ばれるポイントは、有名・大手企業の求人や優良企業の求人に強く、専門分野のキャリアアドバイザーがキャリアプランを作成、カウンセリングで専任アドバイザーと面談により最適な求人情報を紹介します。

また2016年3月からは、女性活躍推進コンサルティングチームが設立されました。またパソナグループ全体で見ても、管理職の半数が女性と、女性の活躍に向けて熱心に取り組んでいる企業です。女性のアドバイザーを希望することもできるため、女性特有の事情への理解度も高いと言えます。

マイナビAgent

マイナビAgentは、業界の専任業種・職種別に豊富な専門知識を持つキャリアアドバイザーが多数在籍しているので就業しながら、転職先を探せます。キャリアカウンセリングや職務経歴書の添削、非公開の求人情報など転職の登録から内定までサポートを受けられます。女性向けに扱う求人は営業職やコンサルティング職、技術職を中心としており、サポート期限が設けられていないため、自分のペースに合わせてサポートしてもらえます。

しかし求人数では、リクルートエージェントやdodaにやや劣ります。

リブズキャリア

キャリア女性のためのリブズキャリアは、キャリアアップしつつワークライフバランスも大切にしたいと考える人におすすめです。

女性ならではの求人が探せ、企業の管理職案件も多く、年収400万円以上の求人に限定されています。働く女性の活躍を応援する企業や厳選されたキャリアパートナーからスカウトを受けたり、女性視点の情報が掲載されているなど独占求人も豊富です。

女性のキャリアに詳しいコンサルタントが対応してくれるため、キャリア面談も効果的と評価されています。ただし高学歴・高収入のキャリアがある人向けの転職エージェントであるため、一般職や事務職探しには不向きです。

【転職が初めての人にも安心】サポート機能が充実している転職エージェント3選

doda

リクルートエージェントと並ぶ、転職エージェント大手のdodaの一番の強みは、求人の質や量、希少な業界の紹介と利用者からも高評価です。キャリアアドバイザーのレベルが高く、細かい対応、スピードのある転職サポートがあります。また面接の対策や書類選考のアドバイスも具体的です。

女性に特化した求人も得意としているので、評価制度の透明性やライフワークバランスなど女性が活躍しているか確認をして提案してくれます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントでも業界トップで業界最大数の非公開求人数を持ちます。全国規模で求人情報をチェックしたいと考える人におすすめです。国内最大数のため幅広い業界や職種が提案できるのが強みです。

特に他のエージェントと比べ、リクルートエージェントは女性の事務職種に特化した部署があり、非常に膨大な事務求人の案件を持つため、事務職を希望している女性はリクルートエージェントを活用することをおすすめします。

Type転職エージェント

東京や神奈川、埼玉、千葉の中で求人を探したい、と考える人におすすめの転職エージェントで、利用者満足度は87%と高く、年収UP率も71%と高い水準です。20~30代の女性転職者のサポートが得意であり、好条件の正社員求人を多く扱っています。大手企業などの独占求人に出会えるのがメリットです。

キャリアアドバイザーのサポートも手厚く、特にIT・通信・Web関連の専門知識に長けています。SEやデザイナーにもおすすめの転職エージェントです。

職場で人間関係で悩むときの相談相手

職場の人間関係に悩み、誰かに相談しようかと思ったときは信用できる相手かどうか見極めることが大事です。

身内や会社で信頼できる上司に相談

自分一人では悩まないでください。誰かに聞いてもらうことで悩みやストレスは軽減されます。自分の悩みを相談することは決して、自分が弱いからではありません。身内や会社で信頼できる上司、人事に相談することにより人間関係が一新される場合もあるので一人で抱え込まず、心の許容範囲を超える前に一刻も早く相談しましょう。     

カウンセラーに相談する

職場の人間関係を相談するにあたり、公平な立場の人が会社にいない場合、プロのカウンセラーに相談することで自分の悩みに対して、客観的に意見や問題解消の答えがもらえます。相手はプロなので守秘義務があり、外部に秘密を洩らされることは絶対にないので安心です。    

こころの耳電話相談

厚生労働省の働く人のための不安や悩む方への相談窓口です。プライバシーは厳守されるので一人で悩まず、まずは相談をしてみましょう。

  • 0120-565-455(フリーダイヤル)
  • 月曜日・火曜日 17:00~22:00 / 土曜日・日曜日 10:00~16:00 (祝日、年末年始はのぞく)

【参照リンク:http://kokoro.mhlw.go.jp/worker/
  

職場の人間関係のストレスを上手に対処しよう

職場の人間関係は面倒であり、ストレスがたまるものです。上手に対処するには、職場の人間は他人であると割り切り、一定の距離感を持つことでバランスを取りましょう。そして自分軸をしっかりもつことが大事です。自分に合った改善方法を参考にできることからやってみましょう。 


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール