ファッション

教えてTPOに応じたドレスコード|マッチした服装で出かけよう

社会人になると、さまざまな場所へ出かけることが多くなります。冠婚葬祭だけでなく、高級ホテルのレストランディナー、パーティなど、シーンごとに服装が異なります。それぞれのシーン別にドレスコードを知って、マッチした服装で出かけましょう。

ドレスコードとは

ドレスコードは冠婚葬祭における服装やホテルなどのパーティ、プロスポーツ選手が試合中や試合前に着る服装など、服装に関する規定のことです。結婚式のドレスコードだけでなく、さまざまなシーンに応じたドレスコードを知っておくことで、フォーマルな場所などへ行くときに迷わないで服装を選べます。

格式に応じた場所や時間帯などさまざまなシーンに応じたドレスコードには、服装だけでなく、アクセサリーやバッグ、靴も含まれます。ハイクラスシーンでの服装、カジュアルな服装、暑い時の服装、外国での服装などをひとつずつみてみましょう。

ドレスコードって日本語で何ていうの

ドレスコードとは、日本語で表すと「服装規定」と訳され、TPOに応じたさまざまな場所での服装の決まりのことをさします。TPOとは、Tはtime(時)・Pは場所(place)・Oは場合(occasion)の略です。つまり、学校では制服、パーティや高級レストランではおしゃれなドレスなど、社会的な場所や行事、パーティ、催しなどの周囲への配慮をもとにした服装を着用することがマナーとされています。

例えば、結婚式に出るときの服装と普段のパーティに着用する服装は異なります。ホテルによっては、ノーネクタイやカジュアルな服装は禁止など、服装を指定してくるところもあります。その場に応じたドレスコードを頭に入れておくと、自分が恥ずかしい思いをしなくても済むだけでなく、まわりの人にも迷惑をかけなくてすみます。

ドレスコードにはこんな種類がある

ドレスコードには沢山のシーンに応じた種類があります。例えば、フォーマル、インフォーマル、カジュアル、ビジネスなど、場所によって着用する服装が違います。それぞれのシーンに応じたドレスコードを理解しておきましょう。

格式の一番高いフォーマル

「フォーマル」という言葉はよく聞きますが、格式の最も高い場所で着用する正装のことです。例えば、結婚式では花嫁の正礼装は、白のウェディングドレスやお色直し用のドレス、白無垢、色無垢などです。参列する人の正礼装は、かかとまで隠れるロングドレスで、昼はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスです。和装なら既婚者は黒留袖やそれに準ずる色留袖。未婚者は振り袖が正礼装です。

フォーマルよりも一段下

フォーマルよりも格式が一段下がり、「セミフォーマル」と言います。「セミフォーマル」とは準礼装のことで、フォーマルほど格式ばらないけれど同じくらいの礼装という意味です。結婚式や披露宴、入学式や卒業式、祝賀パーティ、格式あるパーティに招かれたときの服装です。

セミフォーマルなドレスコードは、昼ならセミアフタヌーンドレス、夜ならセミイブニングドレスです。セミアフタヌーンドレスは上品なデザインで質が良いドレス、露出が少なく肩をださない派手すぎない服装、ひざ下の長さで、ワンピースが一般的です。他にテーラードスーツやツーピース、アンサンブルでもOKです。

インフォーマルって何

「平服でおこし下さい」とあるときは格式ばっていない集いのときに着る服装のことで「インフォーマル」で略礼装をさします。上品なワンピースやツーピース、スーツ、ワンピースとボレロなどで、アクセサリーは、昼間はパールなどの上品なもの、夜はジュエリーやヘアアクセサリー、コサージュなどで少し華やかさを出します。

インフォーマルではセミフォーマルではNGのプリント柄の服装でもOKで、上下でデザインが違っていたり、ハイカラーもOkです。昼は光沢ある服は避けますが、夜は光沢ある服装でも構いません。きれいめファッションならカットソーやニットでも大丈夫です。インフォーマルの服装は、セミフォーマルをよりカジュアルダウンした服装のことです。 

レストランでの服装は

ファミリーレストランや一般のレストランではカジュアルな服装で構わないですが、ホテルなどの高級レストランでは、服装の規定を設けているところがあります。料理をおいしくいただくためにもドレスコードを守って気持ちよく食事をしましょう。

高級レストランのドレスコードはスマートエレガンスが多く、ドレッシーなオシャレ感が出るフォーマルに近い服装がいいでしょう。フォーマルな服装のように規定は設けられていませんが、身だしなみが整って上品でおしゃれに見える服装であれば、選択の幅は広がります。Tシャツやデニム、ショートパンツやスニーカー、ブーツ、短い丈のスカート、リュックなどはNG。

カジュアルエレガンスってどんな服装

カジュアルエレガンスとは、カジュアルとフォーマルの間で上品な服装のことです。ワンピースが無難ですがボレロやカーデガンなどを羽織ってカジュアルダウンしてもいいでしょう。ワンピースはきれいめカジュアルで、露出が少なく、スカート丈が膝か膝下がふさわしいです。ドレッシーなパンツスタイルもOKです。カジュアルエレガンススタイルは、レストランやホテルでの食事やパーティなど幅広く着用できるドレスコードです。 

ドレスコードにビジネスアタイアと書いてある場合 

「ビジネスアタイア」は大学などの懇親会、株主総会や学会後のパーティ、レセプション、ビジネスパーティなどのイベント等で着用するドレスコードで、ビジネススーツで大丈夫です。ドレスコードに「ビジネスアタイアでお越しください」と書かれていることがあります。

アタイアには衣装という意味があり、女性はパンツスーツかエレガントなスカートスーツです。または質がいい素材の膝丈ワンピースで、靴はパンプスが無難で、オープントゥやピンヒールはNGです。

こんな場所ではドレスコードがある

さまざまなシチュエーションによりドレスコードがありますが、ドレスコードがほぼ決まっている場所とは、結婚式やお葬式、成人式、高級ホテルでのディナーなどです。成人式では振り袖やフォーマルウエア、スーツなどを着ますが、そんな中でジーパンにTシャツだと目立って恥ずかしい思いをしますね。

例えば、一般企業を就活をしている人が、もし普段着のまま面接に行ったら、採用されることは難しいでしょう。面接にふさわしい服装があります。男性も女性もスーツなら、ほぼ間違いないです。募集で「自由な服装」とある会社も見かけますが、面接する側は会社の幹部の人が多いので、自由な服装とは、リクルートスーツでなくてもフォーマルな場にふさわしい服装でという意味合いが含まれています。

「平服でいらしてください」とある場合も同じ意味で、「普段着ではなくフォーマルに近い略礼装でお越しください」という意味です。フォーマルウエアでは固すぎるので、少しカジュアルダウンした、上品でエレガントな服装がふさわしいでしょう。

場所によってはタキシードやドレスでないと入場できない集まりもあります。それは、一人一人が他の人のことを思いやり、他の人を不快にさせないというマナーなのです。ドレスコードを守らなくても自分の自由と考える人もいるかもしれませんが、TPOに応じたドレスコードを守ることがその人自身の品格をあげることにもなります。

逆にカジュアルな集まりにフォーマルな服装をしても場にそぐわなくて帰りたくなるかもしれません。場所や時間帯、どんな集まりかによって服装が異なり、場違いな服装をしないためにもTPOに応じた服装を知っておきましょう。

ドレスコード別の服装の紹介

どのようなドレスコードかは、それぞれのシチュエーションによって違いますが、それぞれの場面によってほぼ服装が決まっています。ドレスコード別の服装をみてみましょう。

おめでたい結婚式や披露宴では

結婚式や披露宴では、男性ならタキシードやダークスーツ、女性なら花嫁の衣装と重ならないように、おしゃれで上品なドレスを選びます。フォーマルよりもカジュアルダウンしたドレスや華やかな着物でも構いません。ただ、花嫁のウエディングドレスの色である白や喪服をイメージする黒は避けた方がいいでしょう。

白っぽいドレスや黒系統のドレスを着るときは、ボレロなどの羽織物やバッグなどで全身が白や黒になることを避けます。結婚式や昼の披露宴では、肩だしなど露出が多いドレスはNG。ノースリーブなら羽織物をかぶせます。

バッグには殺生を感じさせるファーや紙袋、布袋はNGです。ドレスとマッチしたパーティバッグをひとつ持っておくといいでしょう。花嫁はヘッドドレスに生花を使うことがあるので、ヘアアクセサリーには生花を避けます。また、揺れるピアスやイヤリングは「家庭が揺れる」という意味合いがあるのNGです。ネックレスは白のパールが一般的です。

お悔やみの場では

お悔やみの場では、喪に服すという意味で、基本的にはブラックフォーマルと呼ばれるものを着用します。親族よりも格が上にならないように略式の喪服を着用します。通夜では男性ならダークスーツ、女性なら紺やグレーの地味な色のスーツやワンピース、黒無地のブラウスとスカートに黒か肌色のストッキングやがドレスコードです。

訃報は突然あるので、1枚ブラックフォーマル衣装を持っておいた方がいいでしょう。葬儀では、男性はブラックスーツに白のシャツと黒無地のネクタイをします。女性は黒のワンピースやアンサンブルスーツで、露出しない服装がふさわしいです。ストッキングと靴も黒色を着用します。

アクセサリーは結婚指輪以外はつけないでネクタイピンもつけません。女性もアクセサリーは結婚指輪程度にします。メークも控えめでネックレスをするなら、1連のパールにして、殺生を感じさせるファーコートや光沢のあるものは避けます。バッグは黒で手持ちの物が一般的です。 

ホテルのレストランで高級ディナーのときは

ホテルのレストランでの高級ディナーは、いつもと違うおしゃれをしていきたいですね。どんな服装がマナーとしてふさわしいのか、ランチとディナーでは違うかという点を把握しましょう。

ディナーでの服装

ホテルの高級レストランでのディナーは、レストランの格に合わせたドレスコードで行きます。ホテルでのディナーは恋人同士がロマンティックな夜を過ごしたり、夫婦で結婚記念日などに一緒に素敵な夜を過ごせる日にするためにもホームページや電話でドレスコードを調べてみましょう。

その場所にふさわしい服装をすると、周りに気兼ねなくホテルの高級ディナーを楽しみながら食事ができます。格の高いホテルでは、男性ならフォーマルスーツやディナースーツに蝶ネクタイにポケットチーフ。女性ならスマートエレガンスやイブニングドレス、カクテルドレスです。

少し格が下のレストランはセミフォーマルな服装で、男性はジャケットやサマースーツでもOK。女性ならカジュアルエレガンスな服装でOKです。一般的なホテルのレストランでは、カジュアルなジャケットやスラックスでOK。女性はスマートカジュアルな普段着より少しおしゃれな装いがいいでしょう。

アクセサリー何つけていく

長めのアクセサリーや大きいものをつけていくと邪魔になるので、小さめのものを身に着けるといいでしょう。ネックレスは長すぎないもの、イヤリングも長くぶら下がらないものが食事中邪魔になりません。ブレスレットは器に当たる可能性があるので避けた方が無難です。

また、あまり品がないアクセサリー、例えば、どくろマークのイヤリングやネックレス、アニメ柄のアクセサリーや髪飾りなどは避けましょう。 

ランチのときはディナーとどうちがう

ランチはデイナーのときよりカジュアルだけどおしゃれな装いをします。格式あるホテルではドレスコードを指定している所もありますが、設けていないホテルレストランのランチでも他の客とすれ違うことが多いので、恥ずかしくないような服装をしましょう。

ディナーでは、よりフォーマルに近いエレガントな服装をしますが、ランチではおしゃれして外出する時のカジュアルエレガンスな服装で構いません。

ホテルのレストランでのドレスコード

リッツカールトンなどの高級ホテルではドレスコードが設けられているレストランがあります。例えば、リッツカールトン大阪では、フランス料理の「ラベ」のみドレスコードがあり、ランチはスマートカジュアルでハーフパンツやサンダルなどの軽装は控えます。デイナーはエレガンススタイルで、Tシャツ、ポロシャツ、トレーナー、ハーフパンツ、サンダルはNGです。

スマートカジュアルな服装はフォーマルのように堅苦しくなく、かつ上品に清楚におしゃれした服装です。ワンピースやワンピースに羽織物、パンツスタイルなどです。エレガンスな装いは上品で質がいい膝丈か膝丈より下のワンピースにボレロ、ツーピース、アンサンブルなどがいいでしょう。

パーティでは何着ていく

パーティに呼ばれた時、そこへ着ていく服に困りますね。一概にパーティと言っても格式によってドレスコードが異なります。ホテル、レストラン、屋外でのパーティなど、さまざまな会場のクラスにより、フォーマル、セミフォーマル、インフォーマルと決まります。

格式クラスが高い会場を使ったパーティなら、フォーマルやセミフォーマルで、男性はモーニングやタキシード、女性は昼はアフタヌーンドレス、18:00以降はイブニングドレスがふさわしいですが、会社OBの懇親会や記念パーティなどでは、ビジネスアタイアが一般的です。

屋外での立食パーティなどは男性ならジャケットとパンツ、女性ならカジュアルエレガントな装いのワンピースやブラウスとスカートといった服装がふさわしいでしょう。いわゆるきれいめコーデならOKです。カジュアルすぎで、チノパンやデニム、半パンツやサンダル、TシャツなどはNGです。 

ゴルフ場でのドレスコード

ゴルフ場のサイトを見ると、ほとんどがドレスコードを設けています。ドレスコードを満たしていないとゴルフ場に入れない場所もあるので注意が必要です。

ゴルフ場に行くまでの規定もある

ゴルフ場に行くまでは、他のスポーツとは違い、プレイ中でなくてもフォーマルなものを着用します。ゴルフ場まではビジネスカジュアルな服装ならOKです。一般に襟付きシャツに、スーツやジャケット、スラックスを着用し、革靴をはいて行きます。

女性の場合もビジネスパンツスタイルなどで、セミフォーマル的な服装をしていきます。NGの服装としては、首のないTシャツやVネックシャツやデニム、ジャージ、半ズボン、スニーカー、ヒール、サンダル、ミュール、ゴルフシューズなどで、シャツはズボンの中に入れます。

プレイ時のドレスコードがある

プレイするときは、トップスは襟付きのシャツで、ポロシャツもOK。TシャツやVネックシャツはNGです。ただし、寒いときはハイネックやタートルネックはOkです。プレイ中はタオルを首に巻くことはダメで、スポーツシャツはズボンの中に入れます。男性も女性もズボンにベルト着用。

ズボンはチノパンなどの長いパンツで、ジーンズや迷彩柄、アニマル柄などのパンツ、作業着などはダメです。帽子はサンバイザーやキャップ、ハンチングなどを被ります。ゴルフ場によっては規定があるケースもあります。ジャケットは気候によって持って行った方がいいでしょう。

女性は肌の露出が多い服装を避けて、タンクトップや超ミニスカートなどはNG。プレイ中は必ずゴルフシューズを履きます。男女ともに半パンツやショートパンツ、ミニスカートを着用する場合は、ハイソックスが服装として規定されています。その場合は、ラウンドの前に虫よけスプレーをかけてプレーした方がいいでしょう。

暑いとき寒いときには

夏の暑いときは、速乾性の通気性があるウエアの着用がおすすめです。長袖のインナーを着て日焼け対策をしましょう。暑いときはショートパンツやミニスカートにハイソックス姿も多いです。冬の寒いときは、ジャケットを着ても風が通ります。その場合は、プレーしやすいダウンベストや薄手のウインドブレーカー、ネックウオーマー、ニットの帽子などで寒さ対策をしましょう。

ハワイでのドレスコードって何?

ハワイではアロハシャツというイメージがありますね。ビーチではTシャツとシーパン姿が多く見かけますが、ハワイの高級レストランではドレスコードがあるのでみてみましょう。

ハワイでのOKコーデ

ハワイのリゾート地でもレストランに入るときは注意が必要です。ハワイでのドレスコードは、ワンピースやジャケット、襟付きシャツやアロハシャツ、ムームー、ブラウス、パンツ、ロングスカート、パンプス、ミュールやヒール、ショールなどです。

ハワイの正装は、アロハシャツやムームーなので、男性はアロハシャツ、女性はムームーを着用してもいいですが、カジュアルエレガントなワンピースやきれいめファッション、リゾートワンピースなら大丈夫です。 

ハワイでのNGコーデ

避けなければいけないコーデは、男性は襟がないタンクトップやTシャツ、デニムやシーパン、水着やサンダル、スニーカー、短パンなどです。女性もタンクトップやTシャツ、水着、デニム、短パン、ビーチサンダルやスニーカー、ゴム製の靴などはNGです。

ドレスコードのマナーを覚えよう

TPOに応じたドレスコ―ドマナーを覚えて、自分が恥をかかないだけでなく、周りにも不快な思いをさせないようにしましょう。

どこがマナー違反なの

会食に呼ばれたら、男性の場合、ビジネススーツが基本で清潔感があるグレーは目上の人との会食もOKです。オシャレ感を出したいなら、ボタンダウンシャツにノーネクタイでチノパンとジャケットを合わせたコーデもおすすです。ボタンダウンにノーネクタイはいいですが、ビジネススーツにノーネクタイはマナー違反です。

女性は、清楚なイメージとして髪を束ねると清潔感が感じらます。ワンピースが一般的ですが、ノースリーブワンピースだったらジャケットを羽織ることでマナー違反にならず、エレガントな感じを出せます。女性の場合は露出が多いのはマナー違反で、足にはストッキングを必ず履くようにしましょう。

寒いときどうしよう

冬のクリスマスディナーに呼ばれたときは、かなり寒いので防寒対策も必要です。ワンピースで寒いときは、毛や化繊の入ったジャケットを着たり、ストールを巻いて首元を暖かくすると防寒だけでなく、背中のデコルテも隠れます。

ワンピースの下にペチコートを履くと防寒と華やかさの両方を兼ね備えます。また、ワンピースの生地にベロアを選ぶと、絹やサテンより暖かく、しわも目立ちにくいので寒い時のパーティドレスとして適しています。

TPOにふさわしいドレスコードを

TPOに応じて、フォーマル、セミフォーマル、インフォーマル、カジュアルとドレスコードが異なります。それぞれのドレスコードを覚えてふさわしい服装をしましょう。

日本のレストランでは男性のドレスコードは定められていることが多いですが、女性のドレスコードはきちっと定まっていない場合が多いです。高級レストランに行くときは、入店を断られないためにもドレスコードをホームぺージなどで確認してから行きましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール