働き方

若い人の生き方も様々!出世したくない生き方とは?

10人いれば、10通りの価値観があります。仕事に対する考え方も様々。出世を避けたいと考えている人も多いようです。色々な考え方があって良いのですが、与えられた仕事はきっちりしなければいけません。その上で、どうしたら良いか考えてきましょう。

出世を回避する方法を知りたい 

かつては、仕事で出世することを目標にして働く人が少なくありませんでした。そして、めでたく出世できると、自他ともに喜んだのです。しかしながら、現代は仕事や職場に対する考え方も多様化しており、中には出世を避けたいと考える人も少なくありません。その理由は何でしょうか?どうしたら、希望通りに働くことができるのでしょうか?

出世したくないと思う人の割合

ある調査によると、20代のおよそ半数の人が出世に対して抵抗があると考えているのだそうです。その親世代がこの結果を見れば、かなり驚かれるのではないでしょうか?昔であれば、なかなか理解できない結果だからです。出世すれば、仕事のできを認められたと考えても良いでしょうし、収入アップを期待することもできるでしょう。

ところが、それよりも自分にとって大切に思っているものが、若い人たちにはあるのです。それは、自分の時間だったり、友達や恋人との時間だったり、仕事以外の自己実現だったり。つまり、自分の人生において、何が一番大切なものなのかをよく考えて判断しているといった見方もできるのです。半面、甘いといった見方がされることもあります。特に、年配の方にそういった意見が多いようです。

出世したくない人の理由 

どうして出世を避けたいと考えているのでしょうか?出世すれば、多くの人たちから認められたことになりますし、鼻が高いはず。しかし、出世することで失ってしまうものもよく知っているので、出世に魅力を感じられないのです。それは、時間。出世してお金をたくさん稼ぐよりも、ぜいたくしないで時間を有効に使いたい。そっちのほうが、ぜいたくな生き方だと思っている人もいます。

仕事が原因の場合

仕事が原因で、出世したくないと考えている人もいます。自分が上の立場になると、今まで不要だったものを背負う場合もあります。大きな責任や指導、上司とのやりとりなどです。人それぞれ得意不得意がありますので、これらが不得意だと考えている場合は、できるだけ避けたいと思うのも当然かもしれません。

コツコツと自分の仕事だけしているほうが自分に合っていると思っている人も多いですし、人に教えたり指示するのが苦手なタイプもいます。苦手なことが増えるとなれば、やはり避けたくなるのも当然でしょう。

ストレスが原因

出世したくないと考える若い人の中には、ストレスが原因している人も少なくありません。出世することで、仕事がハードになったり責任が重くなったりすることもよくありますが、これらに良いイメージがないのです。

今よりも、ストレスフルな生活になることが耐えられない。また、出世すると、仕事の内容ががらりと変わってしまうこともありますし、上の立場になることで周りから注目されることもあります。これらを避けたいために、出世したくないと思う人もいるようです。

努力の方向性の問題

出世したくない人が、仕事嫌いというわけではありません。むしろ、たくさん勉強して入社し、夢と希望をいっぱい抱えて働いている人もたくさんいます。しかしながら、出世してしまうと、本来やりたかった仕事に力を入れることよりも、気遣いをしなければいけないことが出てくることもあり、それが嫌だと思っている人もいます。

場合によっては、上司との付き合いに、更に力をいれなければいけないこともあるかもしれません。本当にやりたいことではなく、ほかのことを頑張らなければいけなくなるので、残念に思ってしまうのでしょう。

プライベートが原因の場合

プライベートのことで、出世したくないと考える人もいます。今の状態が心地よく一番良い状態なのに、立場が変わってしまえば、色々違ってくることも出てくるでしょう。もしかしたら、現在の心地よい状況を手放すことになるかもしれません。それを避けたくて、出世を拒む人もいます。

プライベートと仕事の両立

みな、会社の顔とそれ以外の顔をもっています。仕事だけしていれば良いというわけではなく、他にもやることがたくさんあります。仕事で出世すれば、仕事が今以上に忙しくなることでしょう。もしかしたら、職場で何か問題が発生したときに、仕事にいかなければならないこともあるかもしれません。そんな生活を良しとは思えず、出世したくないと考えるのです。

他にも、自分だけが出世してしまい、今まで同僚だった人たちと距離ができてしまうのが嫌だと思う人もいるようです。どんなに仲良しであっても、立場が変わることで関係が変わってしまうこともあるので、それを理解しているのでしょう。

プライベートを大事にしたい

仕事は、あくまでも生活費を稼ぐためにするもの。そんな風に、割り切っている人も少なくありません。自分にとって一番大切なのは、自分の時間。プライベートの時間を大切にしたいため、残業などでそれを失うのが嫌だと思う人もいます。

また、忙しい日々を過ごしていると、その分出会いが遠ざかると思っている人もいます。これは、女性に多い傾向があるのですが、出世して仕事が忙しくなったため、婚期を逃すのではないかと心配する人もいるようです。

また、既婚者であれば、家族の時間を減らすことに耐えられず、出世を拒む女性もいます。仕事も家事もちゃんとやりたいタイプは、無理をしてバランスを崩してしまうことを避けたいのでしょう。事実、仕事を無理してしまいバランスを崩してしまう既婚者女性もいます。

出世を回避したい 

出世に対して良い印象がない人も少なくない今、どんなことに気を付けどんなふうにやって行けばよいのでしょうか?注意しておきたいことは、出世するしないに関係なく、やるべき仕事は責任をもって、きっちりやらなければいけないということです。やるべきことをしっかりやらなければ、あなたはよくても、会社や周りの人がとても困ります。それは、社会人としてあってはいけないことです。

想いをきちんと伝える

大切なときほど、自分の気持ちをきちんと相手に伝える必要があります。出世については、誰にとっても大切なこと。したがって、自分の正直な気持ちを伝えることが大切です。その際に、相手の意見に抵抗するような言い方ではなく、「私はこうしたい」といった言い方をすることをオススメします。

これは、アイメッセージと呼ばれるもので、相手を不快にさせない話し方のコツです。主語を「私は」にして話せば良いだけですので簡単です。自分がどんな仕事をしたいと考えているのか、自分が管理職という立場に合っていないと思うことなどをしっかり伝えてみてください。

仕事への努力はきっちりとする

出世しないからといって、適当な仕事をするのがダメです。会社に必要な人材になることを目指すことは、必要です。ちゃんと自分のやるべきことをしたうえで、思いを伝えることが大切。そうでなければ、中途半端な人に見られてしまいます。それは、あなたの本意ではないでしょう。「仕事ができる人」であり続けることは素敵なこと。出世しなくても、そんな人であり続けたいものです。

転職も一つの手

出世することが、キャパを超えてしまうようなときは、転職を検討するのも良いかもしれません。もちろん、仕事のやりがいを感じていて、同じ場所で働き続けたいと思っている場合は別ですが、そうではない場合は一番に自分に合った職場を貪欲に探すのも有りです。

出世したくない人も自分らしく仕事をしよう

自分の仕事と人生をまじめに考え、良いと思う方法で生きていくことは良いことです。周りに流されて自分を見失って何となくやっていくよりも、ずっと満足できる人生になることでしょう。

しかし、出世を望まない人であっても、一生懸命仕事をすることは必要です。

仕事をしっかりやっている上で、見えてくる自分の未来や希望であれば、それは無視できない本音なのでしょう。慎重に考えて、判断していきましょう。

もしかしたら、努力の延長線上に、今とは違った価値観ややりがいが見えてくるかもしれません。いずれにしても、中途半端な仕事だけはしないようにしたいもの。

信頼されなくなりますし、自分がやりたいことが分からなくなってしまうからです。また、やりがいの感じられない人生になってしまいますので、仕事はきっちりとやっていきたいものです。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール