生き方

生きかたに疑問を感じたとき。考えを確認しながら自分と向き合おう

生きかたは人それぞれ違います。違うからこそ個性があってよいのですが、ときに疑問を感じることもあります。生きている以上、誰でも必ず考えることなので、逃げずに自分と向き合いましょう。生きかたについて迷ったとき、自分の考えを確認してみましょう。

自分の生き方に迷った際に気持ちを整理する考え方

自分の生きかたについて、迷ったことがあるという人は多いのではないでしょうか?自分に自信がなくなったとき、やりがいを感じられなくなったとき、人それぞれ思うタイミングは異なりますが、自分で気持ちを整理することが大切です。

生きかたに迷ったときは、自分の気持ちと向き合う時間を作り、気持ちをリフレッシュさせることや、静かにゆっくり過ごす時間を意識してみましょう。ここでは自分らしく生きるための考えが思い浮かばない人へ、よい考えを見つけ出すためのコツを紹介していきます。

今の生き方が正しいのか迷ったら

自分の生きかたに迷ったとき、考え直してみるポイントを押さえておきましょう。正しい答えを見つけ出しやすくなります。

余計なこだわりを持っていないか再確認

余計なことにこだわりをもっていると、正しい選択ができなくなる場合が多いものです。選択によって損をすることや、失敗を恐れる事はあまり意味がないです。自分の中で、希望とする目標を決めておき、それに向けて自分が優先するべきポイントを確認しておきましょう。

優先して考えているポイントが、もしかすると余計なこだわりになっているのかもしれません。こだわりを捨てることで、ゴールまで近道となる場合や、楽に考えられるようになる場合も多いので、まずは余計なこだわりがないかを再確認してみるとよいでしょう。

環境の変化は思い切れば容易であると知る

環境が自分に合っているかどうかも考えてみましょう。現在の場所に留まっているのは自分の意志であり、自分の意志で別の環境に行けることも頭に入れておくことで、気持ちを楽に保つことができ、ストレスを抱えにくくなります。環境を変えることは簡単にできることではなく、資金が必要になります。

環境を変えるための資金は、あらかじめ用意しておき、自分の中で逃げ場を作っておくことで気持ちに余裕が生まれます。生きかたについて迷った場合、環境を変えてみることで自分の考えかたにも変化が生まれます。環境を変えるという方法もあるということを覚えておくとよいでしょう。

本当の自分を極力偽らない

自分の気持ちに対して偽らないことが大切なポイントになります。自分を演じていると良好な人間関係が余計に築けないので、偽っていると表面だけの人間関係になります。本当の自分を出すと、表裏のある人だと思われてしまうので、人と接するときは自分を偽らないようにすることが大切です。

人は支え合って生きていることを考え直してみることで、人との接しかたについて再確認できます。正直になることは簡単なようで難しく、信頼できないとよい関係を築くことはできません。自分の行動も見つめなおし、人間関係も見直してみましょう。

自己犠牲に陶酔していないか見直す

人や会社のために自分を犠牲にし過ぎていないか見直してみましょう。人や会社のために働くことは大切ですが、自分の時間を確保できないとよい考えができず、心や体を休ませることができません。仕事とプライベートはきちんと分けて、メリハリのある生活ができているかを見直してみましょう。

会社のために働くことが生きがいとなっている人は、深く考えなくてもよいかもしれませんが、それでも、会社と自分だけの時間は別に確保しなければなりません。気持ちを楽に保てるように、ストレス発散やリフレッシュできる時間を取り入れてみるとよいでしょう。

女の幸せという価値観に縛られないよう気を付ける

結婚や出産こそ幸せであるという、日本人の古い考えかたにとらわれ過ぎないようにしましょう。周りの人が結婚すると自分も焦りを感じてしまいます。また、親戚などからのプレッシャーがあり、自分が思っていたタイミングと異なった時期に結婚や出産をすることになると、自分の生きかたが嫌に感じてしまう人も多いです。

育児がきちんとできず、仕事を優先しがちになるなど、周りではなく自分のタイミングで結婚や出産できるのが理想です。そのためにも人生計画を立てておき、明確な目標なども決めておくことで正しい判断ができるようになります。

モチベーションの在処を確認する

例えば、お金が欲しいから今の仕事を始めたのであれば、お金に関しては妥協しないという考えを持っておきましょう。仕事が厳しくつらいものでも、お金のためにという強い意志を貫くことが大切です。給料のよい仕事は、楽な仕事ではありません。そのことも認識しておき、気持ちを切り替えてモチベーションを上げていきましょう。

大変な仕事でも、自分の目標を明確にしておくことで、明るく楽しく取り組むことができます。注意したいポイントは、自分の体調管理です。体調を崩してしまうと気持ちも落ちてしまうので、体調管理は常に注意して仕事に取り組みましょう。

迷っても努力はやめない

いつ日の目を見るのかわからないのが通常なので、迷っても努力をやめる必要はありません。生きかたに迷いがあっても、自分ができる努力はやめないことです。目標だけを茫然と掲げるのではなく、できることを一つ一つクリアしていくことが大切です。

ゴールも大切ですが、目の前の足元をよくみて努力を惜しまず続けていきましょう。自信がなくなると他人と比べてしまう傾向があります。人それぞれで、ペースもそれぞれなので、自分というスタイルを崩さずに自分なりに取り組むことを意識していきましょう。

今の生き方は退屈だと感じたら

今の生きかたに不満を感じたら、行動を起こす前に考え直したいポイントがあります。行動を起こして失敗しないためにも、慎重に自分の気持ちと向き合ってみましょう。

今している事の目的を再確認

仕事に全力で取り組むことより、その仕事に取組む理由を理解していることが大事といえます。仕事と目標は別なものにとして考えるようにして、取り組む目的や理由を再確認してみましょう。自分が思っている目標と仕事が違っても、仕事もしっかりとこなさなければなりません。

しかし、気持ちを切り替え、メリハリをつけることで楽な考えができるようになります。仕事でのストレスや失敗も次へのステップとして割り切れるようになり、本当の目的のために今やらなければならないことも見えてきます。

世の中を見る視点を変えてみる

自分が色眼鏡をつけて社会や人を見ていないか一度確認することもよい考えです。純粋な気持ちで物事をとらえることは、簡単なようで難しいことです。大人になり、社会経験を積めば積むほど純粋な考えかたができない人は多いです。世の中を見る視点を変えてみるには、自分の考えをリセットできる環境を作ることが大切です。

リフレッシュできる環境や、旅行に行って静かに時間を過ごしてみることもよい方法です。海を眺めながら気持ちを落ち着かせるということもおすすめです。自分の視点を変えてみるだけで、楽しいアイディアや生きかたについてよい考えを見つけ出せるきっかけにもなります。

自分の成長のために時間を使う

生き甲斐を見付け、自分を磨くことで人生に充実感が得られるのであれば、自分の成長のために時間を使うこともよい方法です。生き甲斐を見つけられると、気持ちが明るくなり、自分のモチベーションを高めて生活ができるようになります。何といっても、楽しく生きられる実感がわきます。

生き甲斐は、人それぞれ異なり、仕事を生き甲斐とする人もいれば、趣味が生き甲斐と感じる人もいます。また、ペットが生き甲斐だと感じる人もいるので、人それぞれ個人差がでます。そういう楽しみを持てる要素を見つけ出すことで、日々の生活が楽しく感じ、たとえ平凡であっても充実して楽しく生きることができます。

全ての人より一人の大切な人を選ぶ

全ての人に好かれるために八方美人になっている人もいます。人から好かれたいと思う人は、人からどう思われているかが気になる人が多く、何でも比較して自分らしさを出せない人が多いです。そのような人は、まず自分を偽るのをやめるという方法で、自分の気持ちを素直に表現してみましょう。

素直な自分でいることで、自分らしい生きかたがしやすくなり、本当の気の合う友達とも出会えるようになります。友達は多くできないかもしれませんが、親身になってくれる友達のほうが大切です。自分の考え一つで、友達も変わってきます。楽しく生きるためにも、自分らしさを表に出してみましょう。

失敗を恐れずひたすら挑戦する

失敗することは、誰でも嫌なことであり避けたいことです。しかし、失敗も経験のひとつであり無駄ではなく、挑戦しないことのほうが無駄なのです。失敗してしまう恐れもありますが、挑戦し続ける勇気をもつことが大切で、前向きな自分を作り上げることができます。

たとえ、一生懸命取り組み失敗しても、自分の経験となり肥やしになっていきます。次への課題も明確になり、乗り越え達成するための目標もできるので、挑戦し続けるというポジティブな気持ちを維持することが大切です。

自分が好きな物や時間を大切にする

自分の好きなものを偽らず、大切にすると充実感が得られます。趣味がある人は、趣味の時間を大切にすること。好きなものがある人は、集めて満足感を得る。食べることが好きな人は、素敵なお店に行くなど、自分な好きなものに時間を費やすこともよい方法です。

人それぞれ好みが違うので、知られると恥ずかしいと思ってしまいがちですが、自分の大切な時間としてゆっくりと過ごすようにしましょう。自分のモチベーションを維持することにもつながり、ストレス発散にもつながります。

今の生き方に疲れた時のおすすめ解決法

SNSを休む

SNSを利用している人は、「幸せな人の動向を見て羨ましがる」という繰り返しをやめてみましょう。自分とは違った感性や物事のとらえかたをしている人が多いので、楽しく利用できるのですが、生きかたに疲れを感じたときは休んでみましょう。

疲れているときにSNSを見ても、楽しいと思うことができず、悲観的になりやすくなります。他人のことばかり気になり自分らしさが出ないという人や、結局他人の真似して生きているという感覚になるので、自分の気持ちが落ち着くまで利用は避けたほうがよいでしょう。

一流を目指す事へのこだわりを捨ててみる

全てに全力で取り組むことよりも、自分が好きなことへ時間を割いて別の充実感を得る方法もあります。一流を目指す、挑戦し続けるという意欲は大切なのですが、自信をなくし生きかたに疲れを感じた場合は、こだわりを捨ててみることで気持ちが楽になります。

頑張り続けていた心を休ませることで、再び挑戦する一流へのこだわりも復活してくるかもしれません。疲れたときは、ためらわず気持ちをリセットしてみましょう。冷静な自分になることで、本来の自分を見つけることができます。

競争心を捨てる

競争して上位にならなくても、自分に価値を見出すことは可能です。ライバルが多く、競争心がなければ上位に立つことができないという環境は、神経がすり減り自分の気持ちに負担がかかります。心に悩みのある状態のままで考えないようにしましょう。自分を成長させていくためには、競争心がないといけません。

しかし、心を休ませなければならないときまで考える必要はありません。生きかたに疲れを感じる人や悩み、迷いのある人は、自分と向き合える静かな場所で心を落ち着けてみましょう。

価値観を押し付けられても感情を動かさない

人から意見を言われるのは避けられないが、自分の感情は自分でコントロールすることが大切です。アドバイスとして捉えるという考えもあるので、いちいちいい返さずスルーしてもよいですし、無理に生きかたを変える必要もありません。人にいわれて生きる人生ではなく、自分の人生なのですから、感情を動かさないようにしましょう。

アドバイスとして、一部の考えかたを取り入れることもよいですが、自分の心に響かなければ無理に合わせる必要はありません。しかし、自分のためいってくれていることなので、嫌な顔をしないで対応しましょう。

自分が納得できているかの確認

周囲にどう思われていても、自分が納得できる生きかたであればそれでよいと考えましょう。人の人生ではなく自分自身の人生なのですから、自分の思うように生きることが大切です。しかし、大人としてのマナーや、人に迷惑をかけない、自分を傷つけてはいけないという最低限のルールを守りましょう。

自分が納得できる生きかたであるかを確認するためにも、自分の目標を定めることが大切です。人に左右されるのではなく、自分はどうしたいのかを明確にすることで、よい生きかたを見出すことができるのです。

固定概念を捨てる

価値観含む生きかたは、千差万別であるのが普通のことです。生きかたにつかれた場合は、自分の固定概念を捨ててみましょう。自分のこだわった考え、縛られているもの、全てリセットしてみましょう。無駄な考えは捨て、ポジティブになれる要素を取り入れてみる方法がよいです。

自分のこだわっているものを紙に書きだしていき、改善できるポイントをピックアップしていきます。プラス思考になれるポイントや、気持ちを楽に持てる要素を差し込んでいき、自分の新しい理想の考えとして再出発しやすくなります。

見栄っ張りをやめる

着るものや持ちものに必要以上にお金をかけることをやめると、経済的にも精神的にも余裕ができます。自分自身の見栄を張りたがる部分をやめてみることもよい方法です。強がりは、自分自身を苦しめることにつながるので、弱さも出して見栄っ張りをやめてみましょう。

気持ちを楽に持つことができ、弱さを見せることでガードが固くならず、話しやすい人として周りに和やかな印象を与えることができます。完璧さがある人は魅力的に感じますが、心の弱い人が多い傾向があります。見栄を張っている人は、自分の弱さを出せる強さも持つと楽に生きられます。

さまざまな生き方を知って自分らしい生き方を見付けよう

人それぞれ生きかたは違いますが、自分らしい生きかたができている人は少ないです。人からいわれる人生ではなく、自分で切り開く人生のほうが生き甲斐を感じることができ、失敗をしても次への切り替えしができるようになります。自分の心と向き合い、自分の生きかたについて見つめ直してみる時間を作ることで、目標の再確認ができます。行動を起こす前に、まずは自分自身の気持ちと向き合ってみましょう。


関連記事