メイク・コスメ

クレンジングクリームをおすすめする理由|その特徴と厳選商品4選

乾燥などの肌トラブルを抱えている人におすすめしたいクレンジングクリーム。オイルとの違いやクリームを使うことで得られるメリット、さらに使い方や注意点などを掘り下げていきます。スキンケアで最も重要とされるクレンジングを一度見直してみましょう。

クリームタイプのクレンジングを使ってみよう

最近肌の乾燥やトラブルが気になるという人も多いのではないでしょうか。そのような場合、クレンジングの方法を一度見直してみましょう。今までオイルでしかクレンジングをしたことがない、という人ににおすすめしたいアイテムがクレンジングクリーム。

クレンジングクリームはオイルとは一体どこが違うのか、また使うことによってどのようなメリットがあるのか、などを詳しく知っておくことが大切です。さらに使用時の注意点やオススメの製品も見ていきましょう。

オイルタイプとクリームタイプの特徴比較

オイルタイプとクリームタイプ、当然ですがどちらにもよい点、悪い点があります。比較することで、今の自分の肌に必要なのは、どちらのタイプなのかについてじっくり考えてみましょう。

メイクをすぐに落とせるオイルタイプ

メイクの油分を落とす役割を担っているのが、クレンジング剤に含まれている界面活性剤という物質です。オイルタイプはこの界面活性剤が他のものより多く含まれているためメイク落ちが非常によく、急いでいるときでも手早く、しっかりとメイクを落とすことができます。

ただ、界面活性剤の量が多いと肌に必要な油分も一緒に洗い流してしまい、肌の乾燥やトラブルにつながる恐れがあるため使いすぎには注意が必要です。

落とすのに時間が必要なクリームタイプ

クリームタイプのよい点はいくつかありますが、なんといっても含まれている界面活性剤の量が少なく、乾燥の心配が低いということです。洗浄力もよく潤いも保たれるため肌に優しく、敏感肌の人でも安心して使用できます。

一人でクリームタイプの気になる点は、洗い流すまでに時間がかかるということです。肌にのせてから、クリームをオイル化させるのですが、焦って途中で流してしまうとメイクが完全に落ちていないということも。使い人をしっかり学んでから使用しましょう。

クレンジングクリームを使うメリット

クリームクレンジングの特徴をまず理解すると、クリームタイプのメリットも気になりますね。使用することでどのようなメリットが得られるのかについて具体的に見ていきましょう。お悩みの肌トラブルの改善につながるヒントが見つかるかもしれません。

肌が柔らかくなり乾燥しにくい

クレンジングクリームは美容成分が含まれている製品が多く、メイクを落としながら肌に栄養を取り入れることができます。また天然由来のオイル配合のものは乾燥を防ぎ潤いをあたえてくれるため、洗い上がりに肌が突っ張る心配もなく、肌が柔らかくなったことを感じられます。

乾燥などで肌がごわつくと悩んでいる人は、クレンジングクリームの美容成分などを中心にチェックしてみてください。

マッサージ効果がありくすみが改善される

肌への刺激が少ないため、一緒にマッサージもできるのがクレンジングクリームの大きな利点です。多少メイクとなじむのに時間がかかりますが、マッサージを日常的に行うことで血行がよくなり代謝が上がります。そして結果的に肌のターンオーバーの促進につながり、古い角質を除去し肌が明るくなります。くすみが気になるという人は、各商品によってマッサージ方法も変わってきますので、あわせて調べてください。 

毛穴汚れが目立ちにくくなる

毛穴の汚れの原因はホコリや皮脂、古い角質や落としきれなかったメイク汚れといわれています。クレンジングクリームは、それらをじっくりと浮かせて落とすことができるのです。また乾燥によって毛穴が目立つという場合でも、クリームでのクレンジングは乾燥を防ぐことができますので、使用することで徐々に毛穴が目立たなくなってきます。毛穴の汚れが気になるという人は、気になる場所を中心に試してみるとよいでしょう。 

クレンジングクリームの使い人と注意点

クレンジングクリームは使い方を間違えると、得られる効果が半減してしまいます。正しい使い方を学んでいきましょう。

優しく最後までなじませる

まず目元や口元のメイクはポイントメイクリムーバーで軽く落としておきましょう。クリームを手のひらで温めた後、顔全体に優しく広げていきます。そして、手の平や指の腹などを使い、優しくクルクルと円を描くように肌になじませていきます。こうすることでクリームから水分が抜けていきオイル化します。

クリームが軽くなったと感じられたときが、オイル化した合図です。オイル化して初めてクリームとメイクがなじむため、この工程をおろそかにすると、メイクが落ちていないことになります。時間はかかりますが、最後までしっかりなじませるようにしましょう。

オイル化したクリームがメイクとなじんだら今度は少量の水で手をぬらし、さらに優しくクルクルとマッサージをするようになじませます。これで乳化の完了です。

クレンジングの後には洗顔する

洗い流すタイプの場合クリームが乳化まで完了したら、蒸しタオルやティッシュなどで余計なクリームを軽くオフし水で洗い流します。そしてその後、必ず洗顔料で顔を洗うようにしてください。クレンジングクリームは汚れを浮きあがらせてくれるのですが、その汚れを顔から洗い流すには水だけでは不十分なのです。

水で流すのみだと汚れやクリームが肌に残ったままになってしまい、かえって肌荒れの原因になります。拭き取るタイプだけではなく、洗い流すタイプでも洗顔料を使っての洗顔がおすすめです。
 

おすすめのクレンジングクリーム

ここからはおすすめのクレンジングクリームを見ていきましょう。毎日使用するものですので、まずはプチプラで手軽に手に入るものがよいでしょう。次の基準で4つのクレンジングクリームを選びました。

・市販、ドラックストアで手に入る
・マッサージに適している
・1,000円以下で購入できる

ポンズ クリアフェイスクリームクレンジング

ポンズの歴史は古く、1846年にニューヨークで初めて美容液を発売したのが始まりです。以来、全ての商品が美容液をベースに作られています。日本に上陸したのは1921年で、今も多くのユーザーに愛され続けており、非常に安心して使用できるおすすめの製品です。

ポンズクリアフェイスクリームクレンジングには、肌を潤す4種の韓植物エキスが含まれています。さらに肌を整える美容エッセンスも配合されており、古い角質や汚れを洗い流して透明感のある明るい肌にしてくれます。

マッサージによるリフトアップ効果もあり、肌が柔らかくなったという声も聞かれます。また、毛穴が目立たなくなったという感想も多く、リピーターが多いのも特徴です。

ちふれウォッシャブルコールドクリーム

プチプラの代表ともいえる、ちふれ化粧品は全ての製品の全成分、分量、配合目的と製造年月を公開しています。肌に触れる成分を特に気にされる人には特におすすめ。ちふれウォッシャブルコールドクリームは、クレンジングクリームとしてもマッサージクリームとしても非常に優秀な製品です。

ちふれ化粧品はクレンジングとマッサージを別に行うことを推奨していますので、他の製品より時間はかかりますが、メイクや毛穴の汚れの落ちのよさには定評があります。詰め替えも販売されているため、非常にコスパのよい製品といえるでしょう。

ビオレ こくリッチメイクオフクリーム

ビオレ こくリッチメイクオフクリーム 200g

ビオレ こくリッチメイクオフクリーム 200g

836円(12/11 19:35時点)
Amazonの情報を掲載しています
   
 
ビオレこくリッチメイクオフクリームは名前の通り、こくのある濃密なクレンジングクリームです。オイル化にかかる時間は比較的短いですが、ファンデーションや、アイライナーなどの落としにくいメイクもしっかり落ちます。

一番の特徴は天然由来シアバターが保湿成分として配合されているということ。ダブル洗顔後も、もちもち感が続き乾燥肌で悩んでいる人に非常におすすめです。ビオレの製品ということで、どこでも手に入りますし、手軽にクリームでのクレンジングを試してみたいという人は、一度チェックしてみるとよいでしょう。

コーセーソフティモホワイトコールドクリーム

拭き取りと洗い流し、どちらでも使用できるタイプのクレンジングクリームです。ソフティモホワイトコールドクリームには保湿成分として豆乳発酵液が配合されています。豆乳発酵液は肌の保湿だけではなく、メラニンの生成抑制作用やヒアルロン酸の産生促進作用があるとされ研究がすすめられている成分です。

また、保湿をしながら肌をさらさらに保ってくれるシルクパウダーや、美白効果のあるビタミンC誘導体も配合されているので、ひとつでさまざまな効果の得られるアイテムといえます。比較的柔らかくのびが良いので、マッサージがしやすい製品です。

クレンジングクリームで美肌を目指そう

毎日忙しいと、スキンケアを手軽に済ませてしまいがちです。しかし、それが肌トラブルにつながっているのかもしれません。クレンジングクリームでゆっくりクレンジングをすることで、乾燥から肌を守りながら、メイクと一日の疲れを落としてしまいましょう。

正しい使い人を守れば、徐々に肌のトラブルは改善に向かっていくはずです。クレンジングクリームでトラブルのない美しい肌を手に入れてみましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール