• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 【女性の転職に関する最新情報】おすすめの転職サイト・エージェントランキング
転職

【女性の転職に関する最新情報】おすすめの転職サイト・エージェントランキング

自分の働き方を見つけたい女性におすすめの、未経験OKも多く募集している転職サイトや、自分の強みを生かしやすい総合転職サイト、サポート体制が手厚いエージェントランキングを合わせて解説。働きながらも転職をしたい人、必見です。

自分の働き方を見つける女性の転職

女性が転職を決意するきっかけは結婚・育児・キャリアアップ・新しいことへの挑戦とさまざまです。特に結婚・育児という部分は男性にはない女性ならではのライフイベントであり、やむを得ないキャリアの中断をしなければならないときがあります。ワークライフバランスを保ちながら長期的に無理なく続けられる仕事を選ぶという決断も自然なことです。

あるいは、自分自身のキャリアアップのために転職をする、現職とは全く異なる新しい仕事へ挑戦したいという強い思いが転職に繋がることも当然あります。

そんな時に力になってくれるのが、女性向けの転職サイトや転職エージェントです。女性の気持ちに寄り添ってサポートをしてくれるエージェントや、転職サイトのサービスがあります。また転職活動時、なかなか周りの人に相談できない悩みも共有でき、第三者の視点でアドバイスをもらえるというのもメリットと言えるでしょう。

転職は思い立ったその時期から活動を始めることで、より良い条件の転職先を見つけやすくなります。自分の働き方を見つけられる、女性のための転職について知っていきましょう。

20代後半~30代の転職に関する悩み

実際、転職活動をしようと考えている人は、どのような悩みを抱えているのでしょうか。

 
20代女性
    
現在アパレルの販売員をしていますが、体力的にも長く続けていくことは難しいと感じています。転職を考えていますが、服飾関係の専門学校を卒業した私でも、事務職やマーケティング・企画などのデスクワークに就くことはできるのでしょうか?職種に固執しているわけではないため、未経験でも挑戦できる環境がある職場を探しています。

 
30代女性
    
これまで培ってきたキャリアを活かしつつ、さらなるステップアップができる転職をしたいと考えていますが、30代での転職となるとポテンシャル採用ということはほとんどなく「即戦力」としてのスキルが求められることが多いように思います。自分の強みを最大限に活かせる転職先と出会い、企業にとっても自分にとってもメリットのある転職をしたいと考えています。

  
20代女性
  
転職エージェントを利用して転職活動を行っていましたが、自分が希望していない求人の一次面接を設定されてしまったり、私が希望する業務内容をうまく伝わらなかったりと悩んでいます。また、前職で培ってきたスキルもアピールしたいのですが、紹介していただける求人の業務内容と一貫性がなく困っています。キャリアコンサルタントの方を変更するのが賢明でしょうか…

20代の女性は「未経験でも挑戦できる職場」、30代の女性は「即戦力になれる職場」を求めているケースが多いと言われています。また、これは企業側のニーズともマッチしています。ただ、働きながら行う就職活動は時間的にも体力的にも大変なものです。そんな悩みを解決してくれるのが転職エージェントや転職サイトです。

転職エージェントや転職サイトを利用することで、自分の希望に合った条件の求人を効率よく探すことができたり、面接の日程調整を代行してもらえたりと、求人活動にかかる労力を減らすことができます。しかしサイトやエージェントの選び方を間違えると、上記の悩みのように、希望しない求人の面接を受けることになったり、目的の求人を紹介してもらえなかったり、本人の希望との不一致が起こりやすいのも事実です。こうした不一致を防ぐためにも、まずは転職をする前の準備から取り掛かっていきましょう。

転職をする前にすべきこと2つ

転職をする目的を明確にする自分の市場価値を知る、この2つが女性が転職をする前にすべきことです。逆に知らないまま転職活動をしようとすると、自分の希望が通りにくくなるばかりか、年収ダウンに繋がってしまう可能性があります。

転職する目的を決める

転職する目的
1.キャリアップに伴う給料アップが期待できる転職
2.自分のやりたいことができる転職
3.成長できる環境を求めている転職

転職する目的を明確にすることで、今の職場を離れる明確な理由にも繋がります。例えば「より大きな企画ができる企業に就職したい」という目的があれば、それは今の職場では実現できないことでもあります。転職先にアピールするほか、今の職場に離職を切り出す時も、自分の目的が分かっていれば話し合いがスムーズになる可能性が高いです。

また、転職の目的を決めるということは、自分の今の働き方についても考えるきっかけになります。人によっては今の職場で働き続けた方が今後のキャリアや人生プランにはプラスになる、という可能性が見えてくることもあるため、考えておいて損はありません。

自分の市場価値を知る

「自分の市場価値」とは、簡単に言えば「自分自身は企業からどのくらい求められる人材であるか」ということです。転職アドバイスの本などでも、市場価値に見合った会社を選ぶことが1つのポイントになっていることがよくあります。

しかし「自分の市場価値」を自分一人でリサーチすることは、とても難しいです。何故かというと、今の景気の流れによって企業の採用意欲も変わるほか、他にも多くの応募者がいれば自然と似たような市場価値の人が増え、本来の価値が弱まってしまうためです。

そのためまずは転職活動を開始しつつ、選考やキャリアコンサルタントからのアドバイスなどを通して、自分に足りないことを知っていきましょう。転職サイトでは「スカウトサービス」という、あなたのキャリアに興味を持った企業側からメールが届くサービスもあります。

こうしたスカウトサービスでは、企業側があなたの履歴書でどこに興味を持ったのかが分かるため、自分のどんなスキルが注目されやすいのか分かります。目的の転職先があるのなら、今の転職時期ならどんな活動が良いのか、キャリアコンサルタントに相談していくのもおすすめです。

転職時に使用したい2つのサービス

転職活動をより効率的に行える「転職サイト」と「転職エージェント」ですが、双方で特徴が異なります。同時に使う方法もあれば、自分の転職計画に合わせて選ぶ方法もあります。ここではその違いについて紹介していきます。

1.転職サイト

転職サイトは、企業側からの求人情報を参考にしつつ、自分自身で転職活動を進めていくサイトです。好きな時に好きなタイミングで活動をすることができ、掲載企業も豊富で意外な求人に巡り合うこともあります。

サイトごとに特徴が異なり、1つの職に特化した専門サイトもあれば、様々な職種が集まるサイトもあります。基本的に利用料金は無料ですが、一部のサイトでは有料で特定のサービスが受けられることもあり、サイト選びによっては転職活動がよりスムーズに行える場合もあります。

2.転職エージェント

転職エージェントは、企業側からの求人情報をキャリアコンサルタントが一度受け取り、登録者と二人三脚で転職活動を進めていくサービスです。客観的に自分の市場価値を判断してもらえる他、転職時に必須の履歴書や応募動機、面接時の対応について添削を受けることも可能です。

収入面の交渉や入社までのサポートも豊富で、転職における「大変」や「面倒」を請け負ってもらえます。一方で、転職サイトに比べると時間的な拘束が多く、転職への積極性が強い人ほどキャリアコンサルタントも力を入れてサポートしてくれるという側面があります。そのため、好きなタイミングで活動しづらいというデメリットもあります。

転職サイトの選び方

ではまず、自分のタイミングで転職を進めやすい転職サイトについて、選び方を紹介していきます。

転職サイトの種類を知る

たとえば、転職サイトの種類には次のようなものがあります。

転職サイトの種類
・専門職特化型のサイト
・大手企業が運営する総合型サイト
・エージェントサポート型のサイト
・ハイキャリア案件紹介型のサイト

転職の目的が「デザイン系の職に就きたい」「アパレル系に就きたい」という特定の職種での転職であれば、その職業に特化した転職サイトを選ぶことが大切です。専門職特化型のサイトなら、その職業の求人しかないため、他の職業の求人を自動的に避けられます。

また、ハイキャリアの転職を考えている人が総合型サイトを選ぶと、ハイキャリア向けの就職先がなかなか見つからず時間がかかる恐れがあります。自分の目的に合わせ、転職サイトを選びましょう

各転職サイトの得意分野をリサーチ

専門職向けの転職サイトではなかったとしても、サイトによって得意とする分野は業界・職種単位で変動する可能性があります。例えばエンジニア職を得意としている、コンサルタント業界に精通している、などです。自分が希望する職種に対してコネクションを持っているに越したことはないため、各転職サイトの特色は利用前に必ずリサーチしましょう。

その他の”選ぶメリット”を探す

そのサイトを選んだことで得られるメリットの多さも、選ぶ基準の一つになります。

メリットの例
・求人数が多い
・現職の人に気付かれずに転職活動ができる
・履歴書の添削からサポートしてもらうことができる
・土日でも転職相談ができる
・気負いせず気軽に応募をすることができる

サイトごとに、そのサイトにしかない「選ぶ理由」があります。もし、複数のサイトを比較してみても差が分からないときは「自分にとっての選ぶ理由」を見つけることが大切です。たとえば「未経験者OKの業種に応募したい」という目的があれば、気軽さがメリットになるかもしれません。

メリットになるかどうかは、あなた自身の「転職の目的」によっても異なります。まずは「転職の目的」をはっきりとさせることは最優先と言えるでしょう。

未経験OK!女性向け転職サイトランキング

未経験という条件に絞っても、豊富に求人案件を揃えている女性向け転職サイトランキングを紹介します。

1位 とらばーゆ

求人数 3,834件(2018/12/26日時点)
優れている点 サイト上での紹介だけで200件以上
特典 毎週月・木曜日の週に2回求人更新
気になる求人情報の保存
応募レジュメの保存
応募履歴の保存
オリジナル適職診断テストなど
公式HP とらばーゆ
総合評価 ★★★★★

株式会社リクルートが運営している、女性向け特化型の求人サイトです。1980年に求人情報誌として誕生して以来、特に女性向けの転職に非常に力を入れており、求人数やその内容からみても女性向け求人サイトとしては総合評価は星5つと高くなっています。さらに、おすすめポイントが3つあります。

3つのおすすめポイント

・全国版と地域別版で求人が検索できる
・女性採用や女性を求めている未経験OKの企業が見つかりやすい
・「転職活動ライブラリー」でリアルな転職の本音が分かる

とらばーゆでは「北海道・東北」や「中国・四国」など、関東地域だけではなく、様々な地域の求人情報が一度に探せます。また1980年から継続して女性の転職に力を入れているため、女性の気持ちに寄り添った企業女性の採用が活発な企業が見つかりやすいということもポイントです。

実際にとらばーゆを経由して転職をした人の声や、仕事探しのリアルな体験談や面接ポイント、実際に働いた感想も知ることができます。

とらばーゆの良い口コミ

 
30代 女性
★★★★★
応募した企業の情報が掲載期間に関わらずチェックできるほか、企業ごとの条件も比較しやすく、その中で自分の求める条件をしっかり見極めて、納得のいく転職ができました。転職後は年収が10%ほどアップし、今は転職してよかったと満足しています。

企業の情報は、求人の掲載期間が終わってしまうと再確認できなくなるサイトがほとんどです。応募した企業の情報がすぐにチェックできるなら、面接の前などの再確認にもぴったりです。企業情報も項目別に整理されているため、企業によって掲載内容が違うということもなく、妥協せず内容を確認できるのも良い点と言えるでしょう。

とらばーゆの悪い口コミ

 
20代 女性
★★
1日当たりのメール件数が非常に多く、応募した企業の履歴が3か月程度しか保存されません。そのため、長期の転職活動になるほど情報整理が大変でした。在職中から少しずつ活動する予定で、スキルアップを目的としていた自分には不一致でした。

一方で、応募内容が未経験者向けであることが多く、スキルアップには不一致の転職サイトであるという口コミも見られました。掲載情報が細かく整理されている分、施設側の良い面ばかり記載されることも多く、人間関係など踏み込んだ転職には難しいという側面もあります。

とらばーゆの詳細はこちら

2位 女の転職@type

求人数 1,366件(2018/12/26日時点)
優れている点 登録者数は2018年4月時点で93万人
特典 毎週火・金曜日に新着求人が公開される
相性チャートやアピールポイントで女性視点の求人が見つかる
仕事探しガイドで転職ノウハウが分かる
年収&お仕事相性診断が分かる
志向に合う求人ランキングが利用できる
公式HP 女の転職@type
総合評価 ★★★★

未経験OKな求人は豊富であるものの、総合的な求人数がやや少ないこと。また応募できる職業が経理や営業、事務系に偏りがちな点がマイナス点なため惜しくも2位という結果となりましたが、女の転職@typeも高評価の未経験者OK求人が多い転職サイトです。

登録者数は2018年4月時点で93万人と圧倒的に多く、また登録年齢層も20代後半から30代前半といった若い世代がメインとなっています。14の指標から自分だけの求人オリジナルランキングが作れるため、自分自身の転職に対する気持ちや目的がまだ曖昧な人にも向いています。

女の転職@typeの詳細はこちら

3位 【en】エン転職 WOMAN

求人数 2,154件(2018/12/26日時点)
優れている点
特典 「【en】エン・ジャパン」運営会社が提供しており
求人数が多い
スカウトメールサービスあり
検索機能が使いやすく業界分析しやすい
面接対策レポートの提供
入社前に内部情報が「カイシャの評判」で収集できる
公式HP 【en】エン転職 WOMAN
総合評価 ★★★★

「【en】エン・ジャパン」運営会社が提供しており、その中でも女性向けの求人に特化して応募できるサイトです。女性歓迎求人だけがまとまっているため、効率よく探すことができます。土日祝日休みや子育てママ活躍中、産休や育休あり、という条件検索があることからも、女性の悩みに寄り添っていることが分かります。

そして最大の特徴は、内部情報が分かる「カイシャの評判」という情報源です。実際の社員の口コミに基づいているほか、ブックマーク機能や他社比較機能もあり、合わせて使うことで転職サイトながら、転職エージェントのようなサービスを自分で得られます。

【en】エン転職 WOMANの詳細はこちら

4位 RUN-WAY

求人数 153件(2018/12/26日時点)
優れている点
特典 「今の私検索」機能で求人情報をより絞りやすい
無料で転職の不安などを相談できるコンシェルジュ
機能付き
書類選考がない正社員求人など掲載あり
女性目線のマッチング
公式HP RUN-WAY
総合評価 ★★★☆☆

エリアが東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県と限られており、求人数も少ないため、総合評価としては★3つです。しかし掲載されている求人は100%未経験歓迎求人であり、女性歓迎という特徴的な転職求人サイトです。求人の検索だけなら会員登録不要ですが、会員登録することで会員向けの無料コンシェルジュ機能を利用することができます。

RUN-WAYの詳細はこちら

5位 Woman Career

求人数 60,460件(2018/12/26日時点)
優れている点
特典 各界で活躍する女性から直接話が聞ける
Woman’s Career Meeting
公式HP Woman Career
総合評価 ★★★☆☆

dodaという大手求人企業が運営しており、求人数は他サイトと比べても圧倒的に多いです。しかし女性向けという視点に特化して探すには不都合も多く、厳密に言うとdodaの女性向け特集ページであるため、総合評価は★3つです。

ただしdodaならではのキャリアアップしたい人向けの求人が非常に豊富です。さらにdodaの転職エージェントを利用して非公開求人を教えてもらうこともできます。そのため「今よりスキルアップ!」「転職エージェントを平行利用したい」という人におすすめです。

Woman Careerの詳細はこちら

自分の強みを活かしたい!総合転職サイトランキング

強みを活かせる転職をするには、求人数が多く、さらに分野の偏りが少ない総合転職サイトから求人を探していく方法がおすすめです。

1位 BIZREACH(ビズリーチ)

求人数 107,000件(2018/12/26日時点)
優れている点 転職成功事例の紹介コンテンツあり
特典 転職を検討中の人向けのスタンダードプラン(無料)
本気で転職したい人向けの月額プレミアムプラン
スカウトあり
ヘッドハンターに相談することで求人企業とより良い
マッチングが受けられる
公式HP BIZREACH
総合評価 ★★★★★

ハイクラス向けの求人が非常に多く、職務経歴書に対し企業側からスカウトが届くほか、管理職や幹部への転職、海外勤務、副業や兼業を専門とする求人など、通常の求人サイトではあまり巡り合えない求人が豊富です。また年収面からみても、1,000万円を超える求人が1/3を占めています。「自分の強みをこれまで以上に生かしたい」と思う方に最適の総合転職サイトと言えるでしょう。

3つのおすすめポイント

・特徴ある求人数の多さ
・自分の価値をスカウトサービスで知る
・外資系企業からの直接採用を受けられる可能性がある

BIZREACH(ビズリーチ)は一般向けの転職サイトよりも、職業名や業種名が非常に細かく分かれており、勤務地の他、自分自身でどんなことをメリットとして転職するのかなど、キーワードの選択肢が豊富です。そしてそのシステムを利用して、外資系企業が直接採用に利用しているという側面もあります。海外で働きたい、という希望を持つ人にもおすすめできるサイトです。

BIZREACHの良い口コミ

30代 女性
★★★★
高収入案件が非常に多く、やりがいを感じる求人が他のサイトに比べて圧倒的に多かったため、転職活動中も自分自身が積極的になりました。またヘッドハンティングエージェントに相談すると、転職できる可能性の高い求人から紹介してもらえたため、時間や労力のロスも少ないです。

ヘッドハンティングエージェントは、求人を出している企業と登録者の仲介役を担っています。そのためBIZREACH(ビズリーチ)では総合転職サイトと転職エージェントを同時に利用することができると言えるでしょう。ただし月額料金が必要になるため、お金を払って時間や労力のロスを防ぎたい、と考える人向けのサービスでもあります。

BIZREACHの悪い口コミ

20代 女性
レジュメ審査を登録後に受けたものの、不合格と返信が来ました。イメージ先行で登録してしまいましたが、結局利用しきれず、マッチング案件もどんどん働きたい人向けという感じで、子育てしつつ働くといった柔軟性は求められない感じがしました。

一方で、サイトの求人傾向に自分がマッチしていない場合は活用しづらいという側面もあります。自分と会う転職サイトを見つけることも、転職活動を成功させる秘訣です。

BIZREACH(ビズリーチ)の詳細はこちら

2位 マイナビ転職

求人数 9,194件(2018/12/26日時点)
優れている点 2016年10月の転職先を決めたサイトNo.1
特典 スカウトサービス
履歴書添削や求人紹介をしてくれる転職MYコーチ
転職スタートアップ無料セミナー
適職診断
公式HP マイナビ転職
総合評価 ★★★★★

転職サイトとしては最大規模であり、会員数も444万人以上と多く、求人数も豊富です。ハイクラス向けの求人は少ないものの、女性向け、グローバル転職向け、IT向け、物づくり向けといった専門サイトが豊富なため、★5つと評価しました。

スマートフォンとPCのどちらからでも検索しやすく、業種も豊富です。転職は自分のペースで少しずつ探したい・求人を毎日こまめにチェックしたいという人におすすめです。

マイナビ転職の詳細はこちら

3位 エン転職

求人数 4,716件(2018/12/26日時点)
優れている点 エン転職のみの掲載求人率80%以上
特典 気になる求人リストに入れた企業からオファーあり
スカウト機能あり
新着求人から希望職種の求人をメールで哨戒
面接対策レポートの無料提供あり
入社後の早期活躍ポイントアドバイス・無料講座あり
公式HP エン転職
総合評価 ★★★★

求人数が豊富なことはもちろんですが、そのうちの大多数がエン転職のみで公開されている求人で、非公開求人が豊富です。また転職後のサポート体制が無料でありながら比較的しっかりしているのは、エン転職の大きな強みと言えるでしょう。

女性向けに特化したサイトの他、WEBやゲーム業界向けの情報サイトもあり、専門性も比較的高いです。ただし、こだわり条件で正規雇用か非正規雇用かの選択がないなど、求職者本人にとっては重要な項目の選択肢がないことから★4つという評価になりました。

エン転職の詳細はこちら

4位 パソナキャリア

求人数 38,660件(2018/12/26日時点)
優れている点 25万人
特典 転職エージェント
スカウトサービス
キャリアアドバイザーによる求人紹介
書類添削
面接対策
企業との調整・交渉
公式HP パソナキャリア
総合評価 ★★★★

転職自体が初めて、または転職をきっかけに初めて就職活動をするという人におすすめのサイトです。案件の数はリクルートなど大手転職サイトに比べると少なめです。しかし、サポート体制が整っており、転職サイトでありながら希望すれば転職エージェントのようなサービスが受けられます。

ただし「こうした業界のこういう職種に就きたい!」と決まっている人には、やや専門性に欠ける側面があります。広く浅く対応しているため、総合職や経理など、どこの企業でも必要とされている職業には強いようです。したがって、★4つという評価になっています。

パソナキャリアの詳細はこちら

5位 リクナビNEXT

求人数 9549件(2018/12/26日時点)
優れている点 転職者の8割が利用している
特典 スカウトメールサービス
職歴情報入力による職務経歴書・履歴書自動作成
サービス
全国各地で転職フェアあり
転職支援サービスの同時申込あり
公式HP リクナビNEXT
総合評価 ★★★☆☆

社会人向けの大手転職サイトであり、登録者数の多さはもちろん、新着求人が週2,000件を超えることもあるという求人数の多さが魅力です。利用者が多い、という点から安心感を得る人も多いようです。また転職支援サービスに同時に申し込むことで、リクナビエージェントを平行利用できます。

ただ、圧倒的な求人数の多さに対し、経験の少ない人だと条件を絞るのがとても大変です。2018年12月26日時点の新着求人から、未経験という選択肢だけで検索をかけると1,954件もの候補が出てきます。設定する条件が少ないほど探しにくい、という点から、★3つの評価となっています。

リクナビNEXTの詳細はこちら

転職エージェントの選び方

転職エージェントは、転職サイトとはまた違う視点から選ぶ必要があります。

キャリアコンサルタント個人の”人柄”と”営業スキル”を見極める

転職エージェントの最大の特徴は、キャリアコンサルタントとマンツーマンで転職活動に取り組むということです。そのため、企業を選ぶことはもちろん重要ですが、それよりも大切なのは自分を担当するキャリアコンサルタント個人とのマッチング度です。

キャリアコンサルタントは企業にあなたを売り込む営業マンです。企業があなたを選ぶ理由付けをすることができる営業スキルに合否は大きく左右されます。さらに、キャリアコンサルタントとは密にコミュニケーションを取っていく必要があるため、相性が悪いと業務連絡さえもストレスとなり、転職活動自体が辛くなってしまう可能性もあります。

自分の転職活動の一部をお任せすることを前提に、必ず「人柄」や「営業スキル」をしっかりと見極めていきましょう。

精通している業界をリサーチ

担当するキャリアコンサルタントによっても、精通する業界は異なります。自分の希望する業界に精通しているキャリアコンサルタントがいるかどうか、リサーチしておきましょう。

キャッリアコンサルタントが企業の内容を知っていると、その企業のカルチャーや、あなた自身の希望や政策にマッチしているかという部分を正確に見極めてもらうことができます。転職のゴールは「転職をすること」ではなく「転職後の仕事に満足して働けている状態」であるという観点から見ると、あなたが希望する業界を熟知しているキャリアコンサルタントを選択することが重要です。

その他の”選ぶメリット”を探る

転職エージェントの場合、「企業側が紹介したい求人」よりも、いかに「自分に合った求人を紹介してくれるか」が重要です。そのため、次のようなメリットも選ぶ際の基準になります。

メリットの例
・非公開の求人数が最も多い
・メールへの返信が早い
・身の丈以上の案件を紹介してもらえる
・無料で相談ができる
・志望動機や自己PRを一緒に考えてもらうことができる

登録後、エージェントと一対一で面接をする場合もありますが、自分に割いてくれる時間や相談メールへの返信内容の質で「親身さ」の尺度をはかるのも有効です。さらに、エージェントのレスの速さはあなたをどのくらい重要視しているかどうかにも比例します。このように、複数のエージェントと比較したときに、決め手となるメリットを把握しておくことが重要です。

サポート体制が手厚い!おすすめの転職エージェントランキング

サポート体制の手厚さに注目して、おすすめの転職エージェントを5つランキング形式で解説します。

1位 マイナビAGENT

求人数 11,398件(2018/12/26日時点)
非公開求人 23,568件
優れている点 40年以上の歴史があるマイナビのバックアップあり
特典 キャリアアドバイザーとの面談による求人マッチング
職務経歴書のブラッシュアップ
模擬面接
夜間の対応あり
面接日程・スケジュール調整・給与など条件交渉代行
公式HP マイナビAGENT
総合評価 ★★★★★

利用者満足度の高さが持ち味で、女性のキャリアアドバイザーが多く在籍しているのもポイントです。求人数自体はそれほど多くありませんが、マイナビエージェントではベースとなる求人数が圧倒的に多く、その分非公開求人も豊富です。「この人だからこそ転職してきてほしい」というスカウトが活発な中小企業の求人も多くあります。そのため、★5つと評価されています。

3つのおすすめポイント

・登録することで非公開求人を含め3万件以上の求人情報に触れられる
・無料の転職カウンセリングを受けられる
・サポートが丁寧で転職未経験の人にもおすすめ

2018年以降急速に成長しているサイトで、特に若い世代からは広く支持を集めています。無料の転職カウンセリングではあなたの市場価値を見出し高めてくれるようなサポートを受けることができます。また、売り上げより比較的、本人の転職成功率を重視する傾向にあるため、これが初めての転職、という場合も安心して依頼できるサービスと言えるでしょう。

マイナビAGENTの良い口コミ

 
20代 女性
★★★★
キャリアアドバイザーの対応も丁寧で、日程調整や年収交渉も非常に的確に行ってくれました。自分(20代後半)と同じくらいの世代の方が対応してくださったのもあってか、悩みに対する理解度も高かったです。丁寧な添削指導で、履歴書についても不安が少なかったです。

キャリアコンサルタントの対応の良さについては、評価の高い口コミが多くみられました。求人内容も第二新卒に特化して紹介してもらえるなど、自分の特徴に合わせたサポートが受けやすいようです。

悪い口コミ

 
20代 女性
★★★★
様々な独自の求人を送ってくれる点はとてもよかったのですが、全体的にキャリアアドバイザーの経験不足が否めませんでした。誇張された表現も多かったので、本当に信頼していいのか不安になる点も多かったです。

悪い口コミで多かったのが、30代以上の第二新卒以降の世代とのミスマッチ、また連絡が密なものの勢い任せに感じる、誇張された表現がある、といったものでした。子供を抱えて働くことへの理解の低さなどが気になった人もいるようです。対応している業界も、営業やIT、Web、金融といった職種がメインとなっており、専門職の視点だと別の転職エージェントを検討しても良いでしょう。

マイナビAGENTの詳細はこちら

2位 type 女性の転職Agent

求人数 11,833件(2018/12/26日時点)
非公開求人 6,434件
優れている点 18年以上にわたる転職サポート
特典 専任キャリアアドバイザーサービス
非公開求人紹介
応募・面接・交渉の代行サービス
面談による具体的なアドバイス
公式HP type 女性の転職Agent
総合評価 ★★★★

女性向けの転職サポートにおいて、長いキャリアを持つ転職エージェントです。実際に転職経験のある専任キャリアアドバイザーが、業界ごとに対応してくれます。キャリアカウンセリングは電話面談、もしくは赤坂見附駅近くで実際にアドバイザーとマンツーマンで行えます。土日や夜にも対応してもらえるため、仕事が忙しい場合も安心です。

ただキャリアアドバイザーの対応業界が販売やサービス、事務、営業、IT領域などに限られます。したがって、それ以外の業種を希望する場合は、キャリアアドバイザーからのアドバイスが受けにくいため、★4つという評価になっています。

type 女性の転職Agentの詳細はこちら

3位 リクルートエージェント

求人数 40,186件(2018/12/26日時点)
非公開求人 203,450件
優れている点 1977年以来累計41万人以上
特典 面談前後のサポート
仕事紹介後のサポート
面接官へのヒアリングによる不採用理由の把握
内定後のサポート
公式HP リクルートエージェント
総合評価 ★★★★

業界屈指の求人数が何よりの特徴で、公開・非公開に限らず全業界の全業種に対応しています。希望する業種がなかなか見つからない、という人にもおすすめと言えるでしょう。全国規模で求人を扱っているため、遠隔地への転職も可能です。キャリアアドバイザーも豊富で、特に交渉に強いとされています。

マイナス面として、どちらかというと、転職の成功より求職者側へどれだけ求人を紹介できるか、と言う点に重きが置かれています。スピーディーな転職を求める人には向いていますが、じっくりアドバイスが欲しい、転職が初めて、という人には、逆に不安要素になる可能性もあるため★4つという評価になっています。

リクルートエージェントの詳細はこちら

4位 JAIC 女子カレッジ

求人数 相談者ごとに紹介するため不明
優れている点 就職成功率80.3%以上、就職支援実績14,000件以上
特典 無料講座への参加
キャリアチェンジのためのビジネスマナー講座
優良企業20社と書類選考無しで面接
正社員求人のみ紹介
入社後も専任アドバイザーに相談OK
公式HP JAIC 女子カレッジ
総合評価 ★★★☆☆

20代前半やフリーターといった、社会人経験が少ない女性向けの転職を専門に支援しているサイトです。無料の就職講座や入社後のサポートも充実しており、キャリアチェンジを考えている女性にはおすすめです。書類選考免除で20社と必ず面接できるサービスもあり、転職のための面接の受けやすさもポイントです。

ただしこの女子カレッジを受けられるのは、2018年12月26日時点では新宿支店など4支店に限られています。また20代女子向けということもあり、キャリアアップを目指す女性にはミスマッチです。気軽に受けられるかどうかという面では、かなり弱いため★3つという評価になっています。

JAIC 女子カレッジの詳細はこちら

5位 LiBzCAREER(リブズキャリア)

求人数 2,101件(2018/12/26日時点)
優れている点
特典 年収400万円以上の案件のみ紹介
女性活躍プロジェクトに賛同する企業と提携
厳選された企業やキャリアパートナーからのスカウト
求人情報提供
公式HP LiBzCAREER(リブズキャリア)
総合評価 ★★★☆☆

働きやすい環境でありながら、なおかつキャリアアップしたい女性向けの転職エージェントです。得られる情報も、産休・育休に関する取得率や対応状況など、女性向けに特化しています。コンサルタントは500人以上、運営企業に所属してはいないものの、対応が丁寧として評価が高いようです。

ただ「年収400万円以上の案件のみ紹介」という特徴がある以上、女性のキャリア案件を専門にしています。たとえば弁護士のような高収入の専門職やベンチャー企業への挑戦ではなく、一般職や事務を目指したい場合には合わないため、★3つの評価となっています。

LiBzCAREER(リブズキャリア)の詳細はこちら

自分に合った転職サイトを見つけて転職を成功させよう!

転職は本人にとって、人生の転機となる可能性があります。「なんとなく」の転職では当然それなりの結果しか生み出すことができません。必ず自分の中で転職の目的を決め、それを実現するために最適なサービスを利用しましょう。数多くある転職サイト・エージェントの中から、ぜひ「自分」に合ったサービスを見つけてみてください。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール