• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • 人と関わらない仕事を探そう|それらのメリットやデメリットとは?
働き方

人と関わらない仕事を探そう|それらのメリットやデメリットとは?

世の中には人見知りのため、できるだけ他の人と関わりたくないという方もいます。ですが人と関わらない仕事を探すことでそれらの悩みが解決できます。今回は転職で失敗しないためにも、人と関わらない仕事のメリットやデメリットを紹介いたします。

人と関わらない仕事はあるのか

働きたい意欲はあるが、「人とあまり関わりたくない」「人との関わりが苦手で力を発揮できない」などの悩みは、人見知りの人に多い悩みです。コミュニケーション力が大事とされる社会において、人と関わらない仕事は厳しい現状です。

あるとするならばその仕事にどのようなメリットとデメリットが隠されているのか、自分に合った仕事を探すためにも事前のリサーチはしっかりおこなってから行動に移しましょう。

また初めから職業を限定してしまうとなかなか理想の仕事が見つけにくいです。幅広く仕事を探すことによって仕事内容も勤務先も満足いく職場を見つけることができます。今回はそんな「人と関わらない仕事」について紹介します。

人と関わらない仕事の特徴とは

人と関わらない仕事の特徴とは、「一人でもくもくと作業ができる」「最低限の人との関わりでできる仕事」などが挙げられます。人間関係を最小限に済ませられる職場が、人と関わらない仕事としての肝です。また直接人と会わなくても「電話対応」は人と関わる仕事です。そのため一人でできる作業や肉体労働の仕事がほとんどといえます。

一人でできる作業とは、誰でもできる簡単な作業をとにかくこなしていくライン工場や大工などの専門職などがあります。いずれも作業に没頭し仕事に集中する必要があるため人との関わりが少ないです。

しかし打ち合わせやミーティングなどをおこなう必要があるため、完全に人との関わりを無くすことは難しいでしょう。

仕事をするうえで、人との関わりを最低限におさえるのか、それとも完全になくすのか、自分がどのような環境で働きたいのかあらかじめ決めておくことが大切です。

また、人と関わらない仕事は容姿をあまり重視しない傾向にあるため、比較的採用されやすい特徴があります。しかし受付対応や電話対応などの対人ストレスがない代わりに、賃金は低めの場合が多いことを頭に入れておきましょう。

人と関わらない仕事のメリットデメリットとは

これから紹介するメリットとデメリットを理解したうえで、人と関わらない仕事探しを始めるようにしましょう。

どんなメリットがあるのか

人と関わらない仕事のメリットには、人と会わない以外にどのようなものがあるのか紹介します。

まずは当たり前ですが、面倒な人間関係から解放され自分のペースで働くことができます。これまでに人間関係のトラブルを起こし恐怖心を抱いている人にとっては、そのようなトラウマを呼び起こす恐れが少なく済みます。

また自分の好きなように働くことができるため、常に気持ちを楽な状態で保つことが可能です。無意味にイライラしたり、怒ったりなどの負の感情が出にくくなり、精神的ストレスが軽減します。

大人数や集団が苦手は人にとっては、こじんまりと働くことができるため、本来の能力を発揮できたり、個性を活かせたりなどのメリットが増えるかもしれません。

在宅勤務に関しては、毎日の通勤をする必要がないためより時間を有効利用できるでしょう。服装も選ぶ必要がなく自炊をすることも可能なため、出費を減らすことも可能です。仕事内容はもちろん、通勤時に人と会うこともないため、朝のラッシュや通勤疲れを感じずに済みます。

どんなデメリットがあるのか

人と関わらない仕事のデメリットには、「人脈が広がりにくい」「自己中心的な思考になりやすい」「気の合う仲間に巡り合えない」などがあります。社会人にとって、仕事をおこなう時間は一日の大半を占めるため、人とかかわらない仕事をしていると必然的に人と会う機会がとても少なくなります。

そのため仕事の悩みを打ち明けるような同僚や、尊敬する上司などに巡り合う機会は少ないでしょう。また一人でおこなう作業がほとんどのため、どうしてもコミュニケーション力が衰えてしまい考えが自己中心的となる傾向にあります。

在宅勤務の場合、上記以外にも通勤する必要がないため運動不足になったり、スケジュールなどを自己管理する必要が出てきます。また出来高制などの実力主義でおこなう仕事は、収入が安定しなかったり思うように働けない場合もあるため注意が必要です。

人と関わらない仕事の紹介

次は人と関わらない仕事について紹介します。

在宅勤務

まず始めに紹介するのは在宅勤務です。自宅で一人でおこなえる仕事であり、場合によっては採用時にも人と会わずに仕事を始められます。仕事内容はさまざまあり、数万円程度の副業として取り組むのに向いているものから、メインの仕事としておこなえるものまで幅広くあります。

いずれにせよ始めは仕事の単価が安いものばかりなため、メインの仕事としておこなうには根気よく続ける必要があります。一般的に在宅勤務は副業として取り組む人が多い職種といえます。

データ入力やアンケートの仕事

データ入力は、クラウドソーシングなどを利用してパソコンでデータを入力する仕事です。具体的には原稿をもとに顧客情報や伝票処理、会社の情報などを入力し、場合によっては書類作成などをおこないます。またアンケートの仕事はアンケートモニターともよばれており、同じくパソコンでアンケートに答える仕事です。

最近ではパソコンだけでなく、スマートフォンでもできるデータ入力やアンケートの仕事が増えており、どちらも資格がなくてもできる仕事であるため、特に主婦層に人気がある仕事です。

ちょっとした隙間時間でもおこなうことができるため、誰でも始めやすく探しやすい仕事といえます。自宅で一人でもくもくと仕事を続けたい人におすすめです。

簡単作業

簡単作業とは、印刷関係やアパレル関係、雑貨関係などの自宅、または工場などでおこなう簡単な仕事のことです。単発のものから長期契約のものまで幅広くあり、同じ業界の仕事でもさまざまな用途の作業があるため、自分の好きなものを選択することが可能です。

また自宅でおこなう場合、納期日さえ守れば好きな時間に作業してもよいことが多いため、自由に働けるのも魅力のひとつでしょう。おもな作業内容として、印刷関係では「DM封入」「紙袋加工」「箱折、組立」「荷札付け」「宛名書き」「POP、ディスプレイ加工」などが挙げられます。

アパレル関係では「編物、刺繍」「雑貨縫製」「衣類縫製」「寝巻、寝具加工」「和裁」、雑貨関係では「袋詰め作業」「装飾品の加工」などが挙げられ、いずれも細かい作業が好きな人におすすめできる仕事です。

ライター

ライターとはWebサイトなどの記事を書く仕事です。文章を書くのが好きな人に向いている仕事で特別な資格などが必要ないため、パソコン一台があれば初心者でも誰でも手軽に始められる仕事です。そのため主婦層や学生、サラリーマンなどにも人気がある仕事といえます。

仕事を始める際は、クラウドソーシングとよばれるサイトを利用して仕事を受注します。自分が書けそうな記事を探して仕事を請け、サイトを経由して報酬をもらいます。

未経験者でも可能な仕事は報酬が低いことが多いです。しかし経験を重ねていくうちに記事の単価が上がっていく傾向にあります。

クラウドソーシング以外にも、求人サイトや各メディアから外部ライターを募集していることもあるため気になる求人を見つけたらすぐに応募してみるとよいでしょう。一文字一円が平均的な相場であるライターの仕事でも、好条件な仕事を見つけることで高単価な仕事を請けることも可能です。

デメリットの点では、スカイプや電話など、場合によっては出社して仕事の説明や会議などをおこなわなければならない企業もまれにあるため、事前に確認してから契約することが大切です。人との関わりを最小限に抑えたい人は、チャットやメッセージのみでおこなえる仕事もあるので探してみましょう。

エンジニア

エンジニアとは、工学やエンジニアリングの分野における技術者や技師のことをさします。「ITエンジニア」「ネットワークエンジニア」「レコーディングエンジニア」などと仕事の種類が多く、その中でも「システムエンジニア」はそれらの代表的な仕事といえます。

システムエンジニアは、情報システムの設計や開発、運用などを携わるコンピューター関係のエンジニアのひとつです。具体的にはアプリ開発やWebサイトの構築などをおこない、プログラミングのスキルが必要な仕事なため、パソコンが得意な人におすすめの仕事です。

仕事を探すためには、基本的に「クラウドソーシングを使う」「友人からの紹介」「交流会に出席する」「求人サイトを活用する」などが挙げられ、自分で仕事をとるスキルを磨く必要があります。会社勤めのエンジニアと違い、在宅エンジニアは取引先との信頼関係からまずは築かなればいけません。

そのためいきなり勤めている会社を辞めるのではなく自宅で少しずつ仕事をこなしていき、副業として十分に稼げれるようになってから、独立の道を進むようにしっかりと段階を踏んで仕事を切り替えことが重要です。

翻訳

翻訳は、英語や韓国語などの外国語が得意な人におすすめの仕事です。海外書籍の翻訳から法律、工学、化学などを専門とする技術翻訳、産業翻訳とよばれる仕事まで幅広くあります。しかし、翻訳の仕事は求人数より仕事数のほうが現在少ない現状であるため、顧客を新規開拓するのは簡単ではないでしょう。

そのため大学や会社などで翻訳の仕事をしている人が知り合いにいるのであれば、積極的にアプローチしてみるのが大切です。一般的には、インターネット上で翻訳会社に自身の履歴書を送り、書類審査が通ればトライアルを受けることになり、そこで合格すれば仕事を始められます。

仕事を受け取る確率を少しでも上げるためには、日本の翻訳会社にこだわらず世界中の翻訳会社にエントリーし、英語だけでなくメジャーではない国語も習得することが必要です。

オンラインショップ経営

オンラインショップ経営は、モノ作りが好きな人が自分の作品を売ったり、オークションの転売などをおこなう仕事です。自分でモノを作る場合は、それらの材料や制作場所の確保が必要ですが、そのあとの仕事は転売する場合と同じ行程です。

まずはインターネット上で販売する商品の紹介サイトを作ります。商品を売るための核となる部分であるため、「サイトをよりよくするためにはどうしたらいいか」「お客様に満足してもらうにはどうしたらいいか」などの顧客目線でおこなうことが重要です。

そのあとは「受注管理」「梱包、発送」「クレームなどのお客様サポート」「売上管理」「在庫管理」などの一連をおこないます。オンラインショップ経営は、モノ作りが好きなだけでおこなうには難しい仕事であり、webデザイナーなどのセンスも問われます。

工場勤務

次に紹介するのは工場勤務の仕事です。在宅勤務と比べて人と関わる機会はありますが、それぞれに持ち場を与えられ一人でもくもくと作業することがほとんどのため、一般的な仕事よりも比較的人との関わりが少ない仕事といえます。短期のものから長期のものまで、また昼勤や夜勤などと自分のライフスタイルに合わせて仕事が選べます。

ライン作業

ライン作業は工場の一般的な仕事のひとつであり、ベルトコンベアで流れてくる製品に決められた作業をおこない、再びベルトコンベアに戻す作業を繰り返す仕事です。シンプルで簡単な作業であるため、一人でもくもくと作業するのが好きな人や工場で初めて働く人におすすめの仕事といえます。

基本的に一人でおこなう場合が多いため、人との関わりも最小限に抑えられます。またその中でも高収入を狙いたいと考えている人は、自動車メーカーで働くことで工場の中でも比較的高い収入を得ることが可能です。しかし重い部品をはめ込んだり、組み立てたり、また基本的に立ちっぱなしや同じ姿勢での作業であるため体力が必要な仕事といえるでしょう。

ピッキング

ピッキングは、倉庫や工場などで出荷前の商品を伝票や指示書に従ってピックアップする仕事です。ピックアップする商品は、本やCD、衣料品や食品など多岐にわたり、ほとんどの工場でこのピッキング作業はおこなわれます。

その中でも酒類などの商品は重量であるため、「フォークリフト」とよばれる機械を操縦しなければならない場合もあります。また輸入商品や海外への輸出を前提とした商品では、伝票や指示書も英語で表記されているため、外国語の理解力も必要です。

しかし、このような場合は必要事項が求人サイトに表記されているため、一般的には初心者でもできる仕事内容です。ひとつひとつの作業を丁寧、正確、スピーディーにこなせる人に向いている作業といえるでしょう。

運送・配達業

最後に紹介するのは運送、配達業の仕事です。運転中や休憩中なども含めて、一人で過ごすことがほとんどな職種です。

トラック・ダンプ運転手

トラック、ダンプ運転手の仕事内容は運転だけでなく、整備点検や運転日誌の記録、目的地での受領印を受け取る業務などが含まれます。長距離、中距離と長い時間の運転がほとんどで一人の時間が多いため、人に関わらず運転が好きな人におすすめな仕事といえます。

しかし職務上自動車運転免許が必須であることと、積載量3トン以上の場合は「中型免許」、6.5トン以上の場合は「大型免許」を取得しなければいけない場合もあります。また遠距離での長時間の運転をし続けないといけないため、「集中力」「忍耐力」「精神力」のある人でないと務まらない仕事です。最近では女性の運転手も増えている職種でもあります。

配送員

配送員の仕事は「荷物を送る」ことに重点をおいており、倉庫内で荷物の仕分けをしたり宅配業者へ荷物を送るなどの作業をおこないます。よく似た職種に「配達員」がありますが、こちらは「荷物を到達させる」ことに重点をおいており、一人一人の顧客に荷物を届けるため、配送員よりも人と関わる機会が多い仕事です。

しかしながら配送員でもお客様とのやりとりをおこなう会社もあるため、一概に人との関わりがないとは断言できません。働き始める前に、会社の方針や仕事内容をしっかりと確認しましょう。車やバイクが好きな人におすすめな仕事です。

新聞配達員

新聞配達員の仕事は、「トラックの荷台から新聞を運ぶ」「新聞内へチラシを折り込む」「配達」の順におこないます。仕事の手順や配達するコースなどを覚えるまでは人との関わりはありますが、一旦慣れてしまえば業務中は一人になれることが多いです。

また新聞は朝、夕とありますが、人が少ない早朝に絞って仕事をすることも可能です。時間にルーズな人は向いていない仕事です。しかし時間が決まっている分スケジュールを組みやすいため、仕事以外の時間をしっかり確保したい人には向いている仕事といえます。自転車でも配送できますが、原動機付自転車免許や普通運転免許をもっていたほうが無難です。

検診業務

検針業務とは、各家庭の水道や電気、ガスのメーターを検針し、その結果をポストに投函する仕事です。検針した結果を直接伝える必要がないため、人と交流することはほとんどありません。また作業も一人でおこなうため、人との関わりは少ないです。
しかし、外を回りながらおこなう仕事であるため体力が必要です。徒歩や自転車ではなく、バイクや自動車でおこなう場合もあるため、運転免許が必要になる場合もあります。

自分にあった仕事を見つけよう

人と関わらない仕事を選ぶことは決して悪いことではありません。自分が働きやすい環境を見つけることは、今後のあなたの人生をきっと豊かにしてくれます。また最近ではさまざまな仕事の形態が増えており、人と関わらない仕事も増え続けています。自分にあった仕事を見つけて理想な生活を過ごしていきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール