ダイエット

低カロリーなところてん|詳細を知ってダイエットに賢く取り入れよう

ところてんのメリットは、カロリーがほとんどないところです。食べ方も色々ありますので、試してみてはいかがでしょうか。甘い味、しょっぱい味両方あります。水溶性食物性繊維が含まれているところもメリット。ダイエットにもオススメです。

ところてんのカロリーを知りたい

夏と言えばところてんですが、低カロリー食品として知られ、これでダイエットに励む人も増えています。

でもほんとうに痩せるのでしょうか。ところてんのカロリーはそもそもどれくらいあるのでしょう。

実はわかっているようでわかっていない事が多いところでんとカロリーとの関係について、真相をさぐるべく調べてみました。はたして気になるその結果はどうなったでしょうか。痩せたい人必見の情報をお伝えします。

ところてんのカロリーは100gあたり2kcal

ところてんはテングサという海草を主原料としていますが、ところてんに含まれているのはほんの1%程度で、残り99%はなんと水分で出来ているのです。

したがってカロリーは1ないし2キロカロリーです。ただし何をタレにつけるかが問題です。

三杯酢にして食べるのと醤油にして食べるのとでもカロリーは若干違ってきますし、糖蜜で食べるなら糖分が加算されますからカロリーはもう少し上がってきます。

ところてんと言えば真夏の暑い時に食べたくなる、デザートですが、ここまでカロリーがなかったとは驚きです。糖蜜が加わったにせよ、カロリーはかなり低めと思われますから、まさにダイエット向きです。

ところてんの栄養素と効果を知ろう

3大栄養素はほぼ含まれない

ところてんには3大栄養素と呼ばれるタンパク質、脂質、炭水化物はほとんど含まれていません。脂質に関しては特に0タンパク質も0.2%程度です。炭水化物は0,6と最も多いのですが、こちらは海草による食物繊維ですから太る要素にはなりません。

したがってところてんで食べ過ぎるという事はまずおこりえないのです。これだけでもダイエット食として期待がもてる数値です。

水溶性食物性繊維が含まれる

糖質の吸収を抑える

ところてんの糖質は0%です。含有成分の炭水化物0.6%から食物繊維0.6%を差し引いた糖質量が0%となります。

これは人間が食べる食材の中では最も少ない糖質ですし、海草仲間にいってはダントツの低さです。

したがって間食したとしてもところてんを食べるなら、かなり糖質が抑えられますから、ダイエットには最適な食材と言う事ができます。

ただし使うタレによって総合的な数値は変わってきます。

腸内環境を整える

ところてんに含まれる食物繊維は水溶性食物繊維ですから、胃腸から小腸へと移動し大腸に到達します。

大腸で善玉菌の餌となって、腸内の善玉菌を増やしていきますから、腸内環境は改善され便秘が解消されます。

便秘気味で悩んでいる人にはオススメの食材です。もちろんダイエットの影響で便秘気味の人にもぜひダイエットのお供に食べて欲しい食材です。

血流を良くし代謝を上げる

ところてんの含有成分である水溶性食物繊維は、腸を活性化させる働きの他に血中コレストロールを抑える効果も認められています。

そもそも太る体質にみられる傾向として、血液がどろどろで血流が悪くなっているというのもありますから、とことてんを食べる事によりこの問題も解決するという事です。

新陳代謝が活性化されますから、成人病予防にも最適です。ダイエットにより痩せやすい体質になる事に加えて動脈硬化予防になるなど、良いことずくめの効果を体験できるのは魅力的です。

ミネラルの一種ヨウ素が豊富に含まれる

ところてんにはカロリー栄養価共に少ないという希少な食材なのですが、それでも他とは比較にもならないほどミネラルの一種であるヨウ素が豊富に含まれているのです。

ヨウ素の機能は新陳代謝の活性化の他、成長促進および甲状腺ホルモンの生成を促進させるといったものですから、ダイエットをしない人にもぜひオススメしたい食材でもあるのです。

大人だけではなく育ち盛りの子供たちにもオススメですから、家族みんなでところてんを食べる日を作っても良いのではないでしょうか。

甲状腺ホルモンを形成する栄養素

ところてんには甲状腺ホルモンの元なる栄養素すなわちヨウ素が100gにつき240gと高く、1食でほぼ1日分以上の摂取を得る事ができます。

甲状腺ホルモンは一言で言えば成長のためのホルモンとも言う事が出来ます。

新陳代謝の活性化や精神安定および子供の発育にも深く関与していますから、人間が人間らしく生きていくために不可欠な働きをしています。

ところてんを食べるだけでダイエットを力強くサポートするだけではなく健康維持にも大きく貢献します。

エネルギー代謝を亢進させる

含有成分であるヨウ素によって形成される甲状腺ホルモンはエネルギー代謝を亢進させる機能をつかさどっていますから、生物に欠かせない成分です。

もしも甲状腺ホルモンが不足したら、たちまちエネルギー減退に陥りますからいつも眠く疲れやすい、冷え症になる、食欲減退、太りやすいなど様々な症状が出ます。

特に食欲がないのに太りやすいというのが毎日続くのは、とても辛いものです。心当たりがある人はところてんを食べてみる事をオススメします。

低カロリーなところてんの材料と作り方

材料は天草という海藻のみ

ところてんの原料はテングサという海草で、寒天と同じ材料です。

したがって寒天とところてんは製法が違うだけで同一のものです。大変ミネラルが豊富で新陳代謝を高める機能の他、様々な栄養効果を持っています。

特に太平洋側で収穫されたテングサは良質と高評価を受けています。

テングサだけでもところてんは作れるのですが、他の海草を加えて作るケースが増えています。

昔ながらの製法にこだわる専門店では今でもテングサだけでところてんを作っています。

天草を煮て煮汁をつくる

簡単に言えばテングサおよび海草を煮詰めると、どろどろの成分がにじみ出てきます。このどろどろの液体を型に流して常温でゆっくり冷ましたものがところてんです。

ところてん突きにできたばかりの塊を詰めると、先からソーメン状になったところてんが出てきます。

初めは一切調味しないで作りますから無味ですが、磯の香りが濃厚にしてきます。寒天にすると香りは消えるのですが栄養価で言えばところてんの方が高めです。

煮汁を濾して冷やし固める

寒天を常温でおいておくと少しずつ固まってきますが、ところてんも同じです。にじみでてきたどろどろの液体も冷めると固まってきます。

テングサは全国どこでも買えますから、魚市場などでも簡単に手に入ります。手順が単純ですから素人でも作れそうと思った人も多いかもしれません。

しっかり分量をとりたい時は海草も相当量必要になりますし、40分以上煮込むなどいくつもの段階を経る事になりますから、手間はかかりますが興味ある人は挑戦してみてください。

ところてん突きで突く

固まったままでも食べられますが、いわゆるソーメン状のところてんにするには突き棒で突く作業が必要です。

ところてん突きはたまにテレビなどでもみかけますが、通販でもプラスチック製のものが購入できます。専門店で使われているのは昔ながらの木製のもので大型の道具です。丁寧に作るところはすべて昔ながらの製法で作っています。

ところてんでダイエットをするときのポイント

毎食前に食べるのがおすすめ

ところてんの原料は海草ですから、食物繊維はとても豊富ですしカロリーはほとんどありません。これほど理想的なダイエット食は他に見あたりません。お腹でふくれますからそのまま一食替えダイエットにもなります。

オススメは食前に食べてから通常の食事にするスタイルです。特に日ごろ食べ過ぎを気にしている人に最適です。タレの内容に注意しながら様々な味付けを変えてなるべく毎食食べるようにすると効果的です。

ところてんだけを食べないようにする

ところてんの栄養価は食物繊維が主流で他の栄養成分はほとんどないのです。特に糖質は0ですから食べる事によって、新陳代謝が活発になり便秘も解消されるのは確実です。食事として取り入れたいなら食前か小腹がすく間食という形がオススメです。

ところてんだけをがむしゃらに食べるというのは、栄養失調症や冷え症などを引き起こす可能性があり、危険ですからやめましょう。バランスよく食べるための手助けをしてくれるのがとことてんだと、憶えておいてください。

低カロリーなところてんのおすすめの食べ方

まずは酢水の酸味を水洗い

ところてんは酢水に入った状態で店頭に陳列されていますが、これは雑菌予防のためです。なおのこと独特の香りや酸味が強くなってしまうゆえに、苦手という人もいます。

ところてんの磯の香りや酸っぱさが苦手な人は5~6分程度水に浸してから食べてみてください。酸味や独特の香りが抜けておいしくいただけます。

酢醤油や三杯酢でからしをアクセントに

ところてんは全国で食べられていますが、地方によって様々な食べ方をされています。黒蜜やあんこであんみつのような食べ方や味噌やおだしで食べる食べ方もありますが、関東や九州の一部ではお酢で食べるのが主流です。

三杯酢にからしをトッピングしていただきます。お酢は脂肪燃焼効果もありますからダイエットにはおすすめです。

黒蜜にきな粉をトッピングして

京都を含む中部の一部ではところてんに黒蜜をかけて食べられています。黒蜜の原料である黒砂糖にはミネラル、ビタミンB6、バントテン酸といった栄養成分が豊富です。

さらにきな粉には大豆サポニンと大豆タンパク質が含まれており、やはりダイエットに良い成分が豊富ですから、両方をかける事でダイエット効果は倍増します。

ねばねば食材とあわせたところてん納豆

意外な取り合わせとして納豆とあえる食べ方もあります。四国ではこれが普通の食べ方なのです。

納豆の原料である納豆には体脂肪を分解してくれる大豆サポニンと、燃焼脂肪を促進させる大豆タンパク質が豊富に含まれています。保湿効果を高めるポリグルタミン酸がねばねばには豊富ですから、まさにダイエットにはオススメです。 

ところてんを購入する時は成分表示に注意

店頭に並んでいるところてんの中には外国産のものもありますが、安心・安全という観点からやはり国産がおすすめです。

激安をうたった商品の多くがテングサ以外の海草を使っているものも多く、純粋なテングサところてんではありませんから、やはり質は落ちます。

中には粉寒天から作られたものもあり、賞味期限が短い上に品質も落ちます。購入の際には成分表示をしっかり確認してから購入した方が無難です。

ところてんを美味しく食べてダイエットを成功させよう

ところてんがダイエットに良いという噂は本当でした。カロリーが少ないだけに食べ過ぎ予防に最適です。毎食食前に150g間食は50gから100g食べるのがオススメです。

黒蜜やねばねば食材の他にも味噌汁に入れるのも良いですし、なめことあえるのもおいしくいただけます。その他自分なりの食べ方をアレンジしてダイエットを成功させましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール