ダイエット

枝豆ダイエット。美容にも健康にもよいおすすめな食べかたを知ろう

枝豆はダイエット食材としておすすめで、美容にも健康にもよい効果があります。枝豆の成分やおすすめの食べかたを知ることで、毎日の食事に取り入れやすくなり、ダイエット効果を高められます。効率よくダイエットをするためにも活用法を把握しましょう。

枝豆のダイエットの効果について紹介

枝豆でダイエットができることをご存知でしょうか。枝豆には痩せやすくするための成分が含まれており、健康にも美容にもよい食品とされています。女性お笑い芸人がTVの企画で12カ月で48.5kg痩せました。今まではビールやハイボールとしてのおつまみとしてみることが多かった枝豆ですが、ダイエット効果を高める食材として活用できます。

どのようにダイエットに活用すればよいのか、枝豆の特徴やおすすめの食べかたについてみていきましょう。また、よい保存方法もあるので、食べたいときにすぐに活用できるやりかたも覚えられます。枝豆ダイエットに最適とされる理由を知っておきましょう。

枝豆について

枝豆についての基本的な知識を把握することで、抵抗なく摂り入れることができます。

ローカロリーだけど栄養満点の野菜

大豆が成長する前の状態が枝豆です。大豆と野菜の栄養価を持っている枝豆は、そら豆など他の野菜よりカロリーが低く、栄養面で優れている部分が多いためおすすめな食材です。同じ豆類と思われがちですが、実は枝豆は野菜類に分類されています。

枝豆には、大豆サポニンという脂肪肝を予防する作用や、内臓脂肪を減らす効果も期待できます。その他にも、女性ホルモンを安定につなげるイソフラボンや、ビタミンB1、食物繊維、レシチン、ビタミンC、Bカロテンという豊富な成分が含まれ、若返りの成分とされる抗酸化作用もあるので、美容と健康に素晴らしい効果をもたらしてくれる食材なのです。

【参照リンク:https://coregano.me/article_6199/

吸収を抑える効果がある

枝豆は、吸収を抑える作用があるため、太りにくい体に導いてくれる食材です。豊富な栄養素が含まれ、肌の老化を防ぎ美肌効果もあります。中でも、大豆サポニンという成分の、代謝を高めて脂肪を減らし、排出を促す作用が優れています。

夏バテの一因にもなるビタミンB1不足を解消し、B2も豊富に含まれています。レシチンという成分も脂肪の代謝を高めてくれるので、枝豆はダイエット効果を高める作用をもつ食材であることが確認できます。

【参照リンク:http://sura-challe.jp/994.html

体内で膨らむ

枝豆は、少量でも満腹効果が発揮され、便通に効果的とされる食材です。食物繊維が豊富に含まれ、腸内の善玉菌を活性化させてくれます。腸の調子を整えてくれるため、毎日のお通じも安定し、日々の体内リズムやサイクルも整えられ、気持ちもスッキリとさせられます。

枝豆は体内で膨らむため、食べ過ぎることを抑制でき、ダイエット効果を高めてくれます。豆類と比べてカロリーが低く、カロリーを気にしている人にもおすすめできる食材です。食べ過ぎても大丈夫な食材と考えてもよいので、ダイエット食材として活用しやすいです。

【参照リンク:http://sura-challe.jp/994.html

肌を白くみせる効果

枝豆は低カロリーなだけじゃなく、美肌効果のあるビタミンCや大豆サポニンやイソフラボン、他にも食物繊維を多く含んでいます。ビタミンCは、肌の代謝を高めターンオーバーを活発にさせて透き通った美しい肌へと導きます。

大豆サポニンは内臓脂肪を減らし、脂肪肝を予防するという魅力的な働きがあります。イソフラボンは、豆類に含まれているイメージがありますが、枝豆にも含まれていて、単にダイエットをするのではなく、美しくきれいなダイエットへと導いてくれます。食物繊維は、腸内環境を整え、体サイクルを整える作用があるため、老廃物をしっかり排出できる体になります。ダイエットをしながら体質改善も考えているという人にもおすすめできる食材です。

【参照リンク:http://tama3coro2.com/post-1900-1900

ダイエット効果が出やすい枝豆の食べ方

ダイエット効果を効率よく引き出すためにも、よい食べかたを知っておきましょう。

間食や夜食におすすめ

枝豆は、夕食前の間食で食べることにより、夜ご飯の食べすぎを防ぐことが出来ます。また、低カロリーなため夜食にもおすすめできます。そして、よく噛むことも忘れずに意識してみましょう。夕食前に食べることで、満腹感を得られますが、よく噛むことでさらに満腹感がでます。

ダイエットに取り組んでいる人は、食前に食べることで食べ過ぎを抑制でき、痩せやすい体へと改善しやすくなります。夜食は、根本的に何を食べても太りやすいのですが、豆類や枝豆は太りにくく低カロリーなので、夜食としてもおすすめできます。

【参照リンク:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO19299390W7A720C1000000?channel=DF260120166503

食事の中で上手に枝豆を取り入れよう

間食だけでなく、朝昼夕食の中で枝豆を他の食材と置き換えることで、ダイエット効果が期待できます。置き換えダイエットでもよいですが、何かの食材と一緒にあえることもよい方法です。

食事の中でも上手に枝豆を摂り入れられるので、いろいろな食材に混ぜたり加えたりしてみましょう。毎回変化があると枝豆を食べる楽しみも増えます。楽しくダイエットができるため、食事の中にも置き換えやアレンジをして加えてみましょう。

【参照リンク:http://www.sapur.info/29303/2/

枝豆ダイエットのポイント

枝豆ダイエットのポイントや、注意する点を抑えて効率性を高めましょう。

食べすぎる枝豆に気をつける

枝豆は塩分があるものだと食欲を増進させ、食べすぎの原因になります。たくさん食べても低カロリーなので関係ないと思われていますが、過剰な食べ過ぎは体によくありません。特に、アジシオを振って食べるときは、食べ過ぎないように注意しましょう。

一食分をあらかじめ決めて置くことで、食べ過ぎを回避できます。ほんのり塩味がするという程度が丁度よいとされていますが、味をつけなくても十分食材本来の味を楽しめるので、調味料にも注意しましょう。

調理方法に気を付ける

枝豆の適正な摂取量である100g以上は食べないようにしましょう。また、塩分を控えて調理することが大切で、冷凍の枝豆でなく生の枝豆を利用する等、工夫してダイエットに枝豆を活用することを心がけましょう。

体が塩分を欲するときは、体内にミネラルが減少したときです。天然塩にはミネラルが含まれていますが、人工の塩はミネラルが含まれておらず食欲だけを増進させてしまいます。低カロリーとはいえ、他の食材も一緒に食べる場合は、味付けや調理法に注意しましょう。

【参照リンク:https://calori.jp/eat/post-12413/

生の枝豆を茹でる

生の枝豆を茹でることで、冷凍の枝豆よりもダイエット効果が期待できます。冷凍でも、栄養面では問題なく摂取できますが、自宅で冷凍することはおすすめできません。自宅で活用するのは生の枝豆または、お店で売っている冷凍品を利用するとよいです。

お店の冷凍品は、枝豆の栄養価が高い時期に合わせて冷凍されており、冷凍技術も高いです。生の枝豆に比べると栄養価は衰えてしまいますが、大きな差はないとされています。もし、生で購入した場合は、鮮度が高いため食べなくてもすぐに茹でましょう。

枝豆は賞味期限がある

茹でた枝豆は賞味期限があります。冷蔵庫では3日、冷凍庫で1カ月程度を目安に保存しましょう。一度に食べきれないという場合は、少し硬めにゆでておき、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存するとよいです。

食べるくらいの分量をあらかじめ作っておくことで、食べ過ぎることを防ぎ、効率よく食べることができます。鮮度のよいうちに食べることで、ダイエット効果を発揮できるため、賞味期限に注意して食べるようにしましょう。

【参照リンク:https://dietbi.com/edamame-2798.html

枝豆を使ったレシピ

枝豆を使ったレシピをピックアップしました。日々のレシピに活用してみましょう。

簡単な枝豆とコーンのバター炒め

材料

・枝豆   100g
・コーン  計量カップ1杯
・醤油   小さじ2
・砂糖   小さじ2
・バター  20g

作り方

  • 1.フライパンにバターをひく
  • 2.枝豆とコーンを炒める
  • 3.醤油と砂糖を入れてさっと炒め完成

料理初心者でも簡単に出来き、バターと醤油の香りがマッチする一品です。ダイエットレシピとして活用する場合はバターの量は少なめに調節しましょう。黄緑と黄色のきれいな色なので、食卓を華やかに飾ってくれます。おかずとしてもよいですが、ご飯の上に乗せてもおすすめです。

参照リンク:https://cookpad.com/recipe/3381217

おやつに枝豆のチーズスコーン

材料

・枝豆          100g
・ホットケーキミックス  120g
・牛乳          50cc
・プロセスチーズ     お好み

作り方

  • 1.枝豆を茹でる
  • 2.材料を混ぜて形を作る
  • 3.オーブントースターで焼く

おやつに最適で、簡単に作れるレシピです。ホットケーキミックスなので、別に砂糖を加えなくても甘みがあります。バターは入れても入れなくてもよいですが、バターの有無やチーズの量は、ダイエット中の人は調節しましょう。子供のおやつにもピッタリで、手軽さがとても魅力です。

参照リンク:https://cookpad.com/recipe/1229385

温まる枝豆のスープ

材料

・枝豆    100g
・玉ねぎ   半個
・コンソメ  大さじ1
・塩コショウ 少々
・ウインナー 1本

作り方

  • 1.枝豆を茹で、玉ねぎはみじん切りにして電子レンジで2分加熱する
  • 2.コンソメと塩コショウをカップに入れる
  • 3.2に1の具材とウインナーを入れ、お湯を注いで完成

ウインナーを入れても入れなくてもよいです。冷たくてもよいですが、温めたほうが体が温まり、代謝を高めます。玉ねぎの甘みも出るので、食べ応えのあるスープになります。ウインナーはカットしてもよいですが、1本そのままでもよいです。アレンジしやすいレシピなので、楽しく活用できます。

参照リンク:https://cookpad.com/recipe/4678962

少なめの肉で肉じゃが

材料

・枝豆    50g
・玉ねぎ   1個
・豚バラ肉  50g
・ジャガイモ 2個
・醤油    大さじ3
・砂糖    大さじ1
・みりん   大さじ2
・だし汁   300cc 

作り方

  • 1.枝豆を茹でる
  • 2.鍋にカットした具材とだし汁を入れる
  • 3.2に枝豆を入れる
  • 4.砂糖と醤油を加えて味を調えて完成

ダイエット中の人は、肉は少なめにしましょう。ニンジンを加えてもよいです。肉は豚バラではなくひき肉でも大丈夫です。ある食材を活用して、枝豆を活用したメニューを心がけると楽しくできます。野菜は、レンジで加熱しておくと時短調理できます。

参照リンク:https://cookpad.com/recipe/4230753

ダイエット中の方におすすめの冷凍枝豆と食べ方

生の枝豆ではなく冷凍枝豆のほうが買いやすい人は、食べかたを把握しておきましょう。

セブンイレブンの枝豆

セブンイレブンの枝豆は、1袋120kcalとなっており食べすぎを防ぐことができ、ダイエットにおすすめの商品です。ダイエットによいとされる枝豆ですが、過剰摂取は体にとってよくありません。不足しがちなタンパク質を補い、低カロリーで満足度も高いので、人気のある商品です。食べ過ぎに注意しているという人は、利用してみるとよいでしょう。

【参照リンク:https://dietbi.com/lowcalorie-591.html#i-6
     

ダイエット中はそのまま食べる

枝豆をボイルするのでなく、そのまま食べることで食べすぎを防ぐという食べかたもおすすめです。特別に調理をしなくても、おかずと置き換えることでそのまま活用できます。特に、食前に食べることで満腹感もでるので、食事中でもよいですが食べるタイミングも考えて食べるとよいでしょう。

【参照リンク:https://cookpad.com/recipe/3299344

枝豆を上手に活用して美味しく楽しくダイエット

枝豆は豆腐やキムチ、納豆と一緒に食べると美味しくヘルシーなおつまみにもなりますが、お菓子の代わりに間食に食べるとダイエット効果が期待できます。いろいろな活用法があり、美容にも健康にもよいとされていますが、食べすぎに注意して上手にダイエットで枝豆を利用してみましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール