資格・語学

「整体師の資格を取得したい」効果的な勉強法と活躍できる場とは

体が疲れていたり、少しリラックスしたいときなど、整体を受けられる方は多いのではないでしょうか。そこで、整体を行う整体師ですが、どのようにすれば資格を取得できるのか、また資格を活かせる職場についても解説していきます。

まずは知りたい「整体師」はどんな資格?

整体師という資格について

一言で整体師といっても、細かく分けるとさまざまな資格があります。仕事内容は、整体院などに訪れる方の体を、ほぐしていきます。東洋医学の考えを取り入れており、ゆがみなどのバランスを整えることで、体の調子を改善に向けていくお手伝いをしていきます。

整体師は、国家資格ではなく民間資格です。比較的取得しやすい資格ですので、勉強のやりがいも感じられるのではないでしょうか。

将来的に活躍できる仕事、資格の活かし方

整体師は、自分で独立して店を持つことも可能で、男性、女性に関係なく将来的にも活躍する場所は多いでしょう。また、誰しも自分の健康には興味があるものですが、健康を維持したい方や、出産後の骨盤矯正などの美容分野でも、整体師は必要となってきます。

そして、将来はさらに高齢化が進むと思われますので、その方たちの健康のためにも、資格を活かせるでしょう。ほぐしてもらっている間にも、自分の体のことを相談できたりしますので、地域の方とも信頼関係が築けるのではないでしょうか。

整体師の資格を取得すると、「日頃からどのように心がけて腰痛を予防していくのか」などといった話も、患者さんに提供できます。整体院だけでなく、スーパー銭湯やエステでのマッサージなどでも働けますし、患者さんの自宅に持ち運べるベッドを持って行き、そこで整体を行う出張整体という仕事もあります。

資格を取得するメリット

マッサージしてもらうと、体も軽くなって、心まで軽くなります。そのため、整体師の資格を取得してのメリットは、人に感謝してもらえることも一つでしょう。ありがとうと言われると、こちらもうれしくなるものです。

また、その知識は、自分の体を知ることにもなります。こちらのほうも、とても大きなメリットといえます。民間の資格ですので、資格を取得していなくても働けますが、やはり患者さんにとっては、知識が豊富で、しっかり勉強して資格を持っている方のほうが安心です。

女性が整体院などにいく場合、女性の方に整体を行ってもらいたいとの声を聞きますので、女性で整体師の資格を取得すると、活躍できる場はとても多いです。働く時間なども、予約の時間を考慮して入れることで、主婦の方でも働きやすいこともメリットといえるでしょう。

整体師の資格の取り方

効果的な勉強法

資格によって取得方法は異なりますが、整体師の資格を取得するためには、いくつかの勉強方法があります。3つの方法を挙げましたので、ひとつずつみていきましょう。

スクールに通う

整体師は国家資格ではないので、必ずしもスクールに通う必要はありません。しかし、技術面や体の仕組みなどといった、さまざまな知識も必要ですので、きちんと学びたくて通われる方もたくさんいらっしゃいます。

メリットとしては、きちんと学ぶべきことをしっかりと学べることです。週末だけのスクールもありますので、別の仕事をされている方も助かりますね。スクールに通うと仲間もでき、学んだ知識の情報交換なども行えるので、それも資格取得のやる気につながるのではないでしょうか。

デメリットとしては、やはりスクールですので、学費がかかるということです。学校によって金額もさまざまですが、多くて30万円ほどかかる学校もあります。

通信教育で勉強する

整体師の資格は、通信教育でも取得することが可能です。通信教育といえば、一度は耳にされたことがある方も多いユーキャンなどがあります。ユーキャンには整体師の講座はありませんが、調べるとほかにもたくさんの整体師の通信教育があります。

メリットとしては、いつでもどこでも自分の空いている時間に、勉強ができることです。こちらも、ほかの仕事をされている方にも利用しやすいといえます。子育てが忙しい主婦の方でも、ちょっとした隙間時間に勉強ができます。料金も、スクールに通うよりはかからないので、それもうれしいメリットでしょう。

デメリットとしては、やはり一人での学習ですので、なかなか続かないということです。せっかくお金を支払ったのに、「テキストが届いて、実際に学習したのは、はじめだけだった」という事態になる方も少なくありません。自宅ですので、ついついだらけてしまったりと自分に甘くなりがちですので、勉強するという強い意思が必要となってきます。

独学で勉強する

独学で勉強することでも、資格を取得できます。自分で、さまざまな資料や本などを読むことで、知識を身につけられます。技術面に関しても、テキストなどで視聴が可能です。書店などにもたくさんの本や資料、テキストなどが置いてありますので、ぜひ一度、のぞいてみてください。

メリットとしては、スクールや通信教育に比べ、資格取得にかかる金額が、かなり安く抑えられることです。また、時間が空いたときに、自分のペースで学習が行えます。

デメリットとしては、自分だけで勉強していますので、理解するまでに、とても時間がかかったりすることが考えられます。また、自分の甘さで、苦手なところがなかなか克服できなかったりすることもあります。

取るまでにかかる費用

3種類の勉強法を挙げましたが、それぞれ費用も異なってきます。自分に合った取得方法は、どれくらい費用がかかるのかを、知っておきたいのではないでしょうか。それぞれ、どれくらいかかるのかを、まとめてみました。

スクールに通った場合

スクールに通う場合の費用は、整体師学校によっても違ってきます。また、独立したい方向けのコースなど、そのコースによってもカリキュラムが違い、時間や年数も変わってきますので、総費用は異なってきます。

簡単な基礎的なことだけを学ぶコースを選択されるのでしたら、平均数万円です。しかし、本格的に学ぶのであれば、数百万円ほどかかる場合もあります。とても幅が広いので、自分はどのような整体師を目指すのかをイメージしてから、スクール選びをするとよいでしょう。

通信教育を受けた場合

通信教育の場合も、さまざまな通信講座がありますので、金額にも幅があります。こちらも、数万円の講座もあれば、10万円以上かかる講座もあります。

整体師の資格が取れる主な有名な通信教育の費用をニつ挙げてみると、formie、資格のキャリカレなどがあります。formieは無料体験が行えて、教材費など全て込みで35,000円の費用がかかります。資格のキャリカレは、学習期間は4カ月で資格を取得でき、費用は36,000円です。そのほかの通信教育も、費用は講座のサイトなどにも書かれてありますので、興味がある方は調べてみてください。

独学で勉強した場合

独学で学ぶ費用は、個人差があります。立派なテキストや本などを購入すると、やはり費用もそれなりにかかってきます。しかし、高い書籍ばかりではありませんので、通信講座より費用を抑えたいと、自分なりに調整しつつ学んでいくなら、スクールや通信教育での勉強法よりは、費用はかからないでしょう。

最近ではインターネットの普及で、いろいろな動画でも勉強できます。無料で実技を見ることができたりして、とても便利です。このような無料の教材を見つけて、費用を抑えることも独学ならではですね。

整体師を取るための難易度

整体セラピスト、カイロドクターなど、整体師でもどの資格を取得するかによって、難易度も違ってきます。スクールや通信講座などで勉強されている場合、その課程が終了すると、修了証をもらいます。スクールによって違いますが、試験を受ける場合もありますので、そうなると少し難易度が高くなります。

合格率などは、あまり公表されていませんが、国家資格ではないので気負いせず、今まで自分が学んだ技術や知識を試験で発揮すれば、合格しやすい資格です。

資格の更新などはある?

整体師の場合、特に資格の更新などはありません。しかし、人の体の歪みなどを整えたりなど、実際に患者さんに触れる仕事ですので、常に新しい知識を取り入れておくことも、自分のスキルアップにもつながるのではないでしょうか。

整体師の資格を取得して活躍の場を広げよう

筋肉や骨の歪みなど、専門的な知識が身についていると、自分のちょっとした不調などにも役に立つことがあります。女性の方も美容を目的として取得するのであれば、楽しみながら学べるでしょう。

さまざまな場所で活躍している整体師。資格取得に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール