健康・運動

【栄養ドリンク】毎日飲むとどんな影響があり副作用があるのか

栄養ドリンクを毎日飲む人は、体に異変を感じたことがある人も多いです。疲労回復や気力を持たせるために利用しているものですが、過剰摂取は副作用の心配が出てきます。正しく摂取することで充実した生活ができ、効率よく疲労回復ができるようになります。

栄養ドリンクを毎日飲む体への影響は

疲れたときなど、栄養ドリンクに頼っている人は多いのでは?栄養ドリンクを飲むと、仕事もしっかりこなせ、いつもはスタミナが持たないところでも余裕でこなせるようになり、疲労回復作用もあるため便利に活用できる強い味方です。

毎日飲んでいるという人もいますが、体への影響があるのか心配に感じている人も多いのではないでしょうか。そこで、栄養ドリンクを便利に活用し今後も頼りたいと思っている人に向けて、栄養ドリンクの成分や注意点について掘り下げていきましょう。

栄養ドリンクの主な成分

まずは栄養ドリンクに含まれている、主な成分について見てみましょう。この成分を把握できれば、普段の食事やドリンクも意識して体によいものを選べるようになります。

中枢神経を刺激するカフェイン

栄養ドリンクにはカフェインが含まれており、脳の血管を収縮させるので頭をスッキリとさせる作用があります。眠気が覚める効果も得られるため、集中力が長続きするというメリットもあり、このようなポイントを実感できるため利用している人が多いです。

しかしカフェインを摂取しすぎると、酵素を阻害し依存性も出てしまうため、過剰摂取は注意しましょう。

含硫アミノ酸であるタウリン

アミノ酸の1つで魚介類に含まれている事が多い成分です。肝機能の強化や疲労回復、ダイエット効果などに効果的です。タウリンには、血圧の上昇を抑える作用と、肝臓の働きをサポートしてむくみや息切れを改善させる効果もあります。

お酒をよく飲む人や、血圧が気になる人にもおすすめです。またアミノ酸には新陳代謝を助け、筋肉組織やホルモンの材料になる成分にもなるため、ホルモンバランスが乱れやすい人にもよい効果が実感できます。

アミノ酸成分であるアルギニン

成長ホルモンが分泌されて骨や筋肉の成長を促す栄養素です。アルギニンはアミノ酸の成分のひとつで、疲労回復の効果もあります。集中して疲労を回復させたいときに摂取すると、効率よく疲れを流すことができ、目覚めがスッキリします。日中飲めば疲れを感じにくくなるため、集中して仕事に専念できることにつなげられます。

何種類かのビタミン

主に含まれているのはビタミンB1、B2、B6などが含まれています。糖質や脂質やタンパク質などを活動するエネルギーに変換させるだけではなく、精神を安定させ血行促進効果も得られます。肌にもよい作用があり、美容に関心のある人にもおすすめできます。

仕事中気力が持たないという人にも効果的で、「気力」に関する精神的な面にもよい作用を発揮します。貧血症状の緩和にもよい働きがありますが、摂取しすぎに注意しましょう。

甘みを与えてくれる糖類

低血糖の頭に糖分を与えて頭をシャキッとさせる作用があります。低血糖では、ぼんやりとして集中力が欠ける状態になりやすいですが、そのようなときに飲むことで症状を解消できます。

また、甘みを付ける事によって飲みやすくしているという点もあります。脳に栄養を与える糖分が含まれているので、栄養ドリンクの甘さにも理由があってのことなのです。

栄養ドリンクを毎日飲んだ場合に考えらえる影響

栄養ドリンクを毎日飲んでいる人は、次のことに注意しましょう。正しく愛用するためにも、よい付き合い方をしないといけません。頻繁に使用している人、これからも頼りたいと思っている人はチェックしてみましょう。

飲み過ぎで下痢や腹痛を起こす可能性

含まれているカフェインと、タウリンの影響で下痢を起こす可能性があります。「チオビタ」は使用上の注意にも下痢と書かれているため、気になる人は清涼飲料水のオロナミンCやリアルゴールドを選ぶとよいです。

栄養ドリンクは体質や体つき、性別によっても関係します。同じ摂取量でも効き目が異なるので、飲みすぎには注意しましょう。

飲み過ぎで神経障害を起こす可能性

含まれているB6の影響により手足の痺れなどの神経障害を起こす可能性があります。男性で50mgが厚生労働省が定める一日の摂取量の上限のため、摂取量を上回らないように注意して飲むことが大切です。

疲れていると、飲めば飲むほど体によいと考える人が多いのですが、過剰摂取の原因になり健康を損ねてしまいます。

飲み過ぎでカフェイン中毒になる可能性

栄養ドリンクを飲んだ時には元気になるが、成分が切れると頭痛などを起こして更に飲む量が増える場合があります。飲む量が過剰になるとカフェイン中毒になる可能性があり、日課になっている場合はすでに中毒になっていることを疑ってみましょう。ひどい場合には死にいたる可能性もある。ため、飲みすぎには十分注意が必要です。 

飲み過ぎで肝臓に負担がかかる可能性

肝臓は糖やアルコールなどを消化する役割を持った器官なので、それが大量に含まれている栄養ドリンクを飲むと肝臓に負担をかける事になります。栄養が不足した場合に摂取することで、体の調子がよくなるのですが、元気な時に不必要な栄養を摂取すると、肝臓に余計な仕事を増やすだけで負担をかけてしまうのです。

飲み過ぎで肥満や糖尿病になる可能性

栄養ドリンクには砂糖約大さじ5杯分もの砂糖が含まれています。過剰に飲み過ぎると糖分の取り過ぎになって肥満や糖尿病になる可能性があるため、飲みすぎには十分に注意が必要です。普段から甘いものを食べている人は、他の栄養素を補えても糖分が過剰摂取になり太る原因になるのです。

栄養ドリンクの代替品

栄養ドリンクの代替品があることをごぞんじですか。実は、栄養ドリンクに含まれている成分が、身近なドリンクにも含まれているため、過剰摂取になりやすい人におすすめできます。

コーラーや炭酸水を飲む

炭酸飲料は血管を拡張して血流をよくするので、脳への酸素供給が促されて頭がスッキリとします。コーラには微量のカフェインも入っているので栄養ドリンクの代替品に適しています。炭酸は二酸化炭素が含まれているため、体にとってよくないイメージをする人もいますが、このような作用がり糖分も含まれているため、代替に相応しいドリンクになります。

梅干しを使ったドリンク

疲労回復に効果があるクエン酸。これが大量に含まれた梅干しを使ったドリンクを飲むと、疲労回復によい効果が得られます。ミルクやハチミツと混ぜで飲むと美味しく飲めるため、疲労回復の健康ドリンクに大変身です。砂糖ではなくハチミツを使用するため、集中力も気力も安定し、脳にもしっかり栄養を届けられます。

チョコレートを食べる

疲れていて糖分が欲しいときの糖分補給になります。カカオに含まれるポリフェノールによって疲労回復効果があり、鉄分も含まれているため女性にとって嬉しい栄養素を補えます。しかし、高カロリーのため食べ過ぎは太る原因になります。少量を小分けに食べるなどすれば、エネルギーに変換させながら摂取できます。

栄養ドリンクは即効性のある元気の元だが飲み過ぎには気を付けよう

栄養ドリンクは、疲れが取れて気力を安定させる作用があるため、疲れを感じたら頼る人が多いです。過剰摂取は体に悪影響を及ぼしますが、代替ドリンクも取り入れることで回避でき、上手く愛用し続けることができます。

栄養ドリンクを上手に摂取することで普段の生活を充実させられ、体調管理をしやすく頑張れる日々を継続できるようになります。


関連記事