健康・運動

トマトジュースを飲んで健康な体を作る。効果や飲み方・コツなど

食文化の変化によって野菜が不足しがちな現代人。今は健康上問題が無くてもいつ支障が出てしまうかわかりません。そんな現代人にとってトマトジュースは強い味方になります。トマトに含まれる栄養素や健康効果を知り、毎日の野菜不足を補っていきましょう。

トマトジュースは健康にどんな効果があるのか

野菜が不足しやすい現代人の食生活。しかし、料理などしている時間がない人、野菜が苦手で食べられない人など、さまざまな理由で野菜を補うことが難しい人も多いのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、スーパーやコンビニなど、どこにでも売られているトマトジュース。

原料であるトマトにはいろいろな健康効果があり、ジュース状にしていることで効率よくその効果を得られます。もし日頃の野菜不足が気になっているのなら、トマトジュースを活用して健康的な体を手に入れましょう。

トマトジュースに期待できる健康効果

トマトジュースに含まれた健康効果を知ればきっとあなたも飲みたくなるはず。実際にどのような効果が期待できるのか見ていきましょう。

血圧の上昇を抑える

トマトに含まれているカリウムは、余計な水分や老廃物の排出を促してくれる働きがあります。そのため、血の流れを良くして、血圧が上昇するのを抑えてくれる効果を期待ができるのです。性質上、生で食べないと得られにくいといわれているカリウムも、トマトジュースなら100mlあたりに260㎎の入っているので効率よく補えます。

また、体内のナトリウムの維持と調節には欠かせない成分であるため、積極的に食べ物から摂取するようにしましょう。

血糖値を下げる

トマトに豊富に含まれているリコピンには、血糖値を下げてくれる働きがあるとされています。そのため、血糖値を下げることが重要である、糖尿病の予防にも役立つといわれているのです。また、リコピンが含まれている細胞は固く、生のトマトではよく噛んでも得られにくい問題があります。その点トマトジュースなら、家庭で絞るものよりも3倍以上のリコピンが効率よく摂取できるのでおすすめです。

疲れた体を回復する

柑橘類や梅干しなどの酸味を作りだしているクエン酸には、疲労を回復してくれる効果があります。トマトにはこの成分が豊富に含まれているため、仕事などで疲れた体をイキイキと元気にしてくれるのです。

また、クエン酸にはTCAサイクルと呼ばれる、体の仕組みに関与する働きも持っています。この働きにより体内にエネルギーが生成されて、細胞レベルで代謝を活性化。このため、トマトジュースを飲み続けることで、疲れにくい体が手に入れやすくなります。

トマトジュースの健康的な飲み方

トマトジュースはただ飲めばいいというものではありません。効果を半減してしまわないように、以下の点に気をつけて飲むようにしましょう。

常温で飲む

しかし、トマトには体を冷やす性質があるため、キンキンに冷えたものは避ける必要があります。内臓が冷えてしまうと、体にさまざまな悪影響を与えてしまう恐れがあるからです。

そのため、なるべく常温に近い温度の状態で飲むようにするか、体が冷えてしまいやすい人はトマトジュースを温めて飲むようにしましょう。

温めるなら電子レンジ600Wでコップ一杯あたり90秒程度がベストです。トマトジュースを温めるとトマトの細胞壁がなくなり、栄養素を効率よく吸収しやすくなるため一石二鳥になります。

1日の摂取目安量は200㏄

トマトジュースの1日の摂取目安量は200ccで、コップ1杯程度が適量となっています。ドリンクタイプは味がおいしいと、ついついたくさんの量を飲んでしまいやすいですよね。

しかし、トマトジュースは飲みすぎるとリコピンのアレルギーを発症する可能性や、低血圧や消化器官の不調を招く危険性があります。体にいいといっても飲み過ぎは禁物、1日の推奨摂取量を守って飲むようにしましょう。

毎日飲み続ける

トマトジュースは毎日飲み続けることで健康効果が高まります。そのため、途中でやめずに長く続けていくことが大切です。特に毎日野菜を食べる習慣がない人、運動不足になりがちな人は積極的に取るようにしましょう。

野菜をたくさん食べるのが難しくても、すでにジュース状になっていて作る手間もないトマトジュースなら、手軽で簡単に続けられます。飽きてしまったという場合は、牛乳や豆乳などで割ってアレンジして飲むとよいでしょう。

トマトジュースの健康効果を高めるコツ

トマトジュースの健康効果をより高める方法についてまとめています。自分でもできそうと思えるものから積極的に試してみましょう。

オリーブオイルと組み合わせる

トマトジュースはオリーブオイルと一緒に飲むことで、リコピンの体内吸収率を大幅にアップさせることができるとされています。その理由はリコピンの性質にあり、オリーブオイルの油分に溶けだすことで吸収されやすくなるのです。

吸収率はなんと通常の4倍ともいわれているため、トマトジュースの効果がより得られやすくなります。オリーブオイルにも種類があるので、できるだけ良質な「エキストラバージンオリーブオイル」を選ぶようにしましょう。

就寝前に飲む

人が成長ホルモンを分泌する時間帯は睡眠中です。その熟睡している時間帯に飲むことで、トマトジュースの持つ美容や健康の効果をより一層高めることができます。とくに温めたトマトジュースで飲めば、体が温まり、寝つきがよくなるのでおすすめです。

夜に飲むことを習慣化するだけで、美肌効果や脂肪燃焼効果が得られるので、頑張って続けてみましょう。寝ている間にも代謝をアップして、自然と痩せやすく健康的な体へと導きましょう。

無塩のトマトジュースを選ぶ

トマトジュースには塩分が入っているタイプと塩分の入っていないタイプが販売されています。基本的には味の好みで選んでいいのですが、トマトジュースに含まれる塩分は若干多めといわれているため、むくみや血圧が気になる場合は無塩タイプのものを選ぶとよいでしょう。

有塩タイプの方が飲みやすいと感じる人も多いかもしれませんが、無塩タイプならトマト本来の味が楽しめます。

トマトジュースで手軽に健康を手に入れよう

トマトには健康の効果以外にも、女性には嬉しい美容への効果も多く期待できます。また、トマトジュースに含まれるリコピンは油溶性なため、油脂分に溶けている状態で摂取した方が吸収されやすくなります。

そのまま飲んでもいいですが、どうせならその特長を活かしながら、より効率的な飲み方でトマトジュースの栄養素を補うことがおすすめです。最大限健康効果を高めるためにも、習慣化して長く続けていけるように頑張りましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール