• HOME
  • 働く
  • 仕事術
  • 仕事の服装を選ぶコツやオフィスカジュアルの着こなし方について
仕事術

仕事の服装を選ぶコツやオフィスカジュアルの着こなし方について

オフィスカジュアルとは仕事をするときに着る私服のことです。最近はこれを許可している会社も増え、特に女性にとってはどんな組み合わせをすればよいか、悩む方も多いことでしょう。仕事にふさわしいオフィスカジュアルについて知識を深めましょう。

仕事の服装のオフィスカジュアルとは

オフィスカジュアルとは、仕事をするときの服装です。女性にとっては会社でもお洒落ができるという利点があり、男性にとっても職場の雰囲気がよくなるなどの理由で、肯定的に捉えている方も多いかも知れません。

しかし、いくら職場がオフィスカジュアルを採用しているとは言っても、ただ好みに任せて何でも着ればよいというわけではありません。何事もそうですが、仕事時の服装にも節度が大事です。それはオフィスカジュアルにも言えることで、節度を弁えた服装を心掛けないと、場合によっては他の方の仕事の妨げになることもあります。

服装で印象はどのくらい変わる

服装にはその人の好みや嗜好が反映されます。そのため、だらしない考えの人の中には、その考え故にだらしない服装をする人も居ると考えられます。女性は男性よりもお洒落に気を遣う人が多い印象がありますが、それは女性としての美しさや可愛らしさを前面に押し出したいという考えが、あるからではないでしょうか。

そうだと仮定した上で、だらしない服装をする女性について考えてみると、それは「自分が赴く先や、自分の行うことに関心がない」、「そもそも自分に女性としての魅力がないと思っている」などの理由が根底にありそうです。

女性としての魅力があるか否かは、その人自身が決定するものだと言えます。しかし自分の行うことに関心がない場合、仕事に対するやる気のなさ、仕事で別の場所へ移動することを酷く面倒に思っている、などの思いが服装に表れている場合です。

仕事に対するやる気がなく、酷く面倒くさがりなのであれば、それを改善する必要があるでしょう。また、やる気はあるのに服装が遊びのときのままで、とても仕事をするような服装ではないこともあるかも知れませんが、その場合も同僚が不信感を抱いたり、不快になったりする可能性もあります。もし仕事をやる気があるのであれば、身だしなみや服装をきちんとすることが大事になってきます。

仕事にふさわしい服装は

仕事に相応しい服装とは、「着崩れせずに肌の露出が少なく、清潔感のあるもの」です。これは仕事の内容にもよるでしょうが、一般的に会社がオフィスカジュアルを許可するのは、文字通り、オフィス内における勤務です。そのため、動ければどんな服装でもよさそうですが、それを着る場所は仕事場です。遊びの席ではありません。

また、会社には女性だけではなく男性の方も居ます。派手な格好をすると、それだけで気分を害したり、仕事に集中できなくなる方も中には居ます。よって、なるべく清潔感があり、露出が控えめの服という選択肢が最もだと言えるのです。

お洒落をしたい方にとっては、服装で気分を楽しくしたいという方もいることでしょう。しかしオフィスカジュアルでは、お洒落よりも清潔感を出すほうが大事です。清潔感を前面に出しながらも、ちょっとの工夫でお洒落な要素もある、そんな少し粋な服装がオフィスで働く場合はよいと言えるのではないでしょうか。

仕事の服装の着こなし方

仕事の服装として、これがオフィスカジュアルという、お題目のようなものはありません。しかし料理は下ごしらえが大事なように、注意する点はあります。

一つは、同じ色を合わせること。例えばスーツだとほぼ全身を黒で包みます。確かにそれが格好よく見える方も居られるでしょう。しかしほぼ単色であるため、見た目的にはあまり面白味はありません。その面白味を出したほうが、職場の景色も華やかになり、他の女性社員の方にとっても、その服装を「可愛い」と楽しめる要素にもなります。

もう一つは、肩を露にする服装。女性にとっては「可愛い」で済みますが、男性にとってはついつい目が行く対象となってしまいます。それによって仕事に集中できなくなったり、場合によっては「やる気があるのか」と不快になる人も居るので、肩を出すトップスには注意しましょう。

服装で意識するポイント

仕事だからと言ってあまりにも暗い色を着ていると、自他ともに気分が滅入ることだってあり得ます。派手な服は仕事の服として好ましくないという考えもありますが、ベーシックな服装でも暗すぎるとあまりよい印象を与えないこともあります。

また、服装を選ぶときに他にも注意すべきことは、自分が上司だった場合、相手に仕事を任せたくなる服装かどうかです。上司に媚びるという意味ではなく、あまりにも幼い感じの服装や派手な服装だと、仕事を任せる側にとっての不安材料になります。そのような服を着ている人がきちんと仕事をできるのか、そもそもやる気があるのかが分からないという考えになってしまう可能性があります。

世の中にはさまざまな嗜好の人が居ますが、礼儀や節度はきちんと弁える必要があります。特に職場では当然のことです。

仕事の服装はYラインがマスト

Yラインとは、ゆったりとした服を着た上半身に対し、下半身が細めの輪郭を成していることを指す、ファッション用語です。IラインやAラインよりもベーシックなシルエットになりやすく、全体的にスタイリッシュな外見になるので、てきぱきと動く仕事の服装としては適していると言えます。体型のカバーも可能なため、体型に不安のある方にはよいのではないでしょうか。

下にスカートを履いている場合は、Aラインが合いやすいと言えます。理由は、スカート自体が下半身の輪郭にふくらみを与えるため、このラインを作りやすいのです。下半身に対して上半身に細目の服を着ることで、くびれなどを強調できることもあります。

仕事の服装に外せないアイテム

仕事の服装はきちんとしているのが大事です。そのため、着回しが可能なジャケットなどがあると、容易に清潔感と洗練されたシルエットを出すことができます。

着まわしのきくジャケット

ジャケット自体、これを身につけると男女ともにしっかりとしたシルエットとなり、印象がしっかりとしやすいです。そのため、仕事の服装としてはちょうどよいのですが、休みの日などに使うこともできるので、色々と扱いやすいという利点があります。色も黒や茶色などが多いので、無駄に派手ではないのも注目すべき点です。

どんなアイテムにも合うシャツ

襟付きのシャツやストライプシャツ、ニットシャツなどは、タイトなスカートやパンツコーディネートと非常に合います。スキッパーシャツなどは上半身に緩めのシルエットを与えるので、Yラインを作るのにもぴったりです。

さらにシャツ系統は組み合わせ次第で、仕事時だけでなく休日などにも使用できるため、これもジャケットと同じく非常に扱いやすいと言えます。

服装以外に仕事で気にする事

仕事で服装を気にする際にはアクセサリーも合わせて考えるようにしましょう。アクセサリーも服装を引き立てるのに重要な役割を果たしますが、ここでも注意すべき点があります。

アクセサリーの付け方

派手なイヤリングやネックレス、大きなピアスなどは控えたほうがよいでしょう。服装に合っていれば、ブローチやコサージュをつけることも選択肢には入りますが、指輪などは人や物品を傷付けず、デスクワーク時に邪魔にならないほどの大きさに止めておくべきです。飾るのではなく、清潔感を出すことを念頭に置いてアクセサリーを選ぶと、よい選択ができることでしょう。

ふさわしい髪型やメイク

ともに清潔感があり、上品なメイクや髪型を心掛けるようにしましょう。特にお化粧に関しては、厚すぎたり、派手なものだったりするのは服装と同じ理由で好ましくありません。きちんと服装やアクセサリーを取り揃えても、メイクが派手では意味がありません。礼儀や節度を弁え、過度にならず、素肌を引き立てるお化粧をするようにしましょう。

会社の顔である事を意識する

派手すぎず、そして地味にならず。そのように心掛け、職場の方々を不快にさせたり、仕事の妨げにならない服装を選ぶのが大事になってきます。

そして取引先などに赴く際など、そのときの社員はある意味、会社の顔としての役割も担っています。世の中にはさまざまな会社があります。そのため、自分の勤めている会社が好きではないという方も、中には居られるでしょう。
ですが個人として相手に会ったとき、果たして相手の方を不快にさせはしないか、相手の仕事を妨げることにならないか、などというように考えてコーディネートすれば、自ずとあなたにとっての一番よい組み合わせが見つかることでしょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール