• HOME
  • 働く
  • 仕事術
  • 仕事が早い人の特徴を知る|生活習慣を改善して仕事が早くなる方法
仕事術

仕事が早い人の特徴を知る|生活習慣を改善して仕事が早くなる方法

仕事が早い人になりたいと思ったら、今すぐ実行すべきことがあります。ここでは仕事が早い人になるために必要な方法や、生活習慣にターゲットを絞って詳しく見ていきます。仕事をてきぱきと早くこなせる人になって、仕事もプライベートも充実させましょう。

仕事が早い人について知りたい

どんな職場でも、「仕事が早い」と思われている人は必ず何人かいます。そのような人は、なぜ早く仕事をこなすことができるのでしょうか?仕事が早い人について知ることで、その謎が解ける場合もあります。ここでは、早く仕事ができる人の特徴や、仕事を早くするための方法、また仕事を早く片付けるために改善したい生活習慣、などについて掘り下げていきましょう。

仕事が早い人とは

仕事が早い人には、どのような特徴があるのでしょうか。仕事を早くこなす人の特徴を調べてみましょう。自分と違う特徴を知って、改善するポイントにすることも必要です。

一つの仕事に集中できる

仕事を早くこなせる人の特徴の一つには、仕事に対する集中力の高さがあります。人間の集中力には限界があります。集中力の維持時間は、医学的見地によると約40分が限界だといわれることもあります。40分のピークを迎えたら一度小休止することで、脳が活性化し、リフレッシュ後の40分でまた集中力の持続が可能になるといわれています。

仕事を早くこなしている人は、一つの仕事に一定の時間集中して行い、上手に小休憩を取りながら、仕事に対する集中力を途切れることなく維持させることが上手なので、結果的に早く仕事をこなすことが可能です。

仕事の優先順位を把握している

仕事が早い人の特徴は、その日にやるべき仕事を頭の中で把握していて、その仕事の中でも早急さを求められる優先順位を決めることができ、優先順位を決めた仕事以外でも状況によっては、臨機応変に仕事を行うことができる特徴があります。

仕事の内容に対して、優先度をしっかり決めることができる人は、仕事が早くできる傾向があります。

今日でなくても良い仕事を先におこない、急を要する仕事を後でとりかかるなど、仕事の優先順位をしっかり組み立てていない場合、言われた順に仕事をこなしてしまったり、思いつくまま行動している場合は、結果的に、仕事がダラダラと長くかかってしまう原因になっています。

整理整頓ができる

机の周りがすっきりと整理整頓されていたり、パソコン上のデスクトップがちゃんとフォルダー分けされている人は、仕事以外の無駄な時間を掛けることなく、仕事を早くこなすことができる傾向にあります。

例えば、机の上が整理整頓していない場合は、必要な書類を見つけるだけでも時間がかかってしまったり、パソコンの中に保存したデータがなかなか見つからず時間がかかってしまうなど、他の仕事に支障を及ぼしてしまう場合が考えられるからです。

身の回りの書類の管理やデータのフォルダ分けなど、徹底的に整理整頓している人の場合は、そういった無駄な時間を取られることなく、探している書類やデータもすぐに見つけることができ、仕事に専念できるから仕事が早いといえるでしょう。

仕事をすぐに覚えられる

仕事が早い人の特徴の一つに、仕事内容を理解する能力が早く、重要な内容を優先し、仕事の流れの中で必要のない作業と最優先の作業を理解して作業できるので、時間を効率的に使用した仕事をすることができます。

例えば、相手に求められているクウォリティがどの程度なのか、何を重視した仕事内容を求められているのかなど、仕事一つに対しての相手から求められている部分を素早く理解することができるので、求められている仕事の重要点に集中した仕事をこなす能力に優れています。

仕事が早い人になる方法

仕事を早くこなすことができる人になるには、何をしたらよいのでしょう?仕事が早くできる人になるための方法を解説しましょう。方法を自分なりに身につけていくことで、仕事が早くできる人に近づくことが可能です。

パソコンスキルを上げる

現代の仕事といわれるものの多くは、パソコン使用したものがほとんどを占めています。反対にパソコンのスキルがない場合は、仕事に就くのが難しいとさえ、いわれているほどです。

仕事が早い人は、パソコンスキルが一般的以上の場合が多く、ブラインドタッチやショートカット操作を習得していることで、たった数秒の短縮の積み重ねが、仕事が早くできる「差」につながります。パソコンスキルを上げて、少しでも効率よい操作を習得して実践していくことが、仕事を早くするポイント繋がります。

仕事が早い人のまねをする

仕事が早い先輩や同僚、上司の仕事の“やり方”を観察しましょう。仕事を早く処理できる人には、仕事の仕方の“コツ”がある場合が多いです。仕事が早い人の仕事のコツをまねて、自分の仕事の方法に取り入れてみることも良いでしょう。

今まで10個の仕事を1から順に行っていたけれど、途中の5から仕上げてみることもできるようになります。仕事を早くこなす「コツ」を、まねて自分の仕事の処理方法に取り入れましょう。

同じミスを2度しないようにする

仕事を早くこなすためには、一度してしまったミスを二度とおこさないようにするために原因を解明し、解決策を自分の中で発見し、同じミスをおこさないようにすることが肝心です。一度起こしたミスを修正するためにかかった時間を、無駄にせず、自分の中で同じミスを起こさないようにしましょう。

ミスをするとそのミスを修正するために、また時間がかかって仕事が遅れてしまう原因につながります。一度起こしたミスは、二度と同じミスを繰り返さないようにすることが肝心です。

時には仕事を断る

自分の能力でできる仕事であれば、仕事を受けるのは当然ですが、仕事によっては自分の能力では出来ないような仕事の場合もあります。出来ない仕事を無理に請け負い、自分の能力に合わずに納期が遅れてしまう原因になってしまう場合も考えられるため、出来ない仕事は初めから受けない、断れることが肝心です。

例えば、今自分で抱えている仕事があり、他の仕事を受ける時間がない場合や、自分の専門外の仕事になるためその準備などを考えると、通常より時間がかかってしまうと判断する場合など、自分の能力の限界をよく理解して、時には仕事を断れる判断力も必要です。

仕事が長くかかってしまう人の多くは、仕事が来たら断らず、なんでも受けてしまう事で、抱え込んでしまい、結果的にどれも仕上がらず、毎晩残業しなくては間に合わないなどということになりがちです。

仕事が早い人の生活習慣

仕事が早い人は、仕事のやり方やスキルだけでなく、人間的な生活習慣の違いによる場合もあります。仕事が早い人の生活習慣について調べてみましょう。

没頭できる趣味がある

仕事をしている集中力は、休日などに趣味に没頭する集中力から、自然に身についている場合もあります。プライベートで仕事も忘れて趣味に没頭することで、ストレス発散や何かに集中するというトレーニングにもつながります。

休日に何もかも忘れて没頭できる趣味を持つことは、身体を動かす趣味であれば健康のための相乗効果も得られ、読書が趣味ならリラックスした気分を味わう癒しの時間になります。仕事のことを一切考えない、趣味の時間を持っている人は、仕事が早くできるタイプの人が多いようです。

朝起きるのが早い

朝を有効利用している人は、仕事が早い傾向があります。「早起きは三文の徳」と言いますが、早く起きることで時間に余裕が生まれ、新聞やニュースをチェックしたり、ランニングやウォーキングで有酸素運動を取り入れて心身ともにリフレッシュしたり、しっかりした朝食を摂り、時間に余裕をもって出社することが可能です。

出社が早ければ仕事の前準備ができるだけでなく、トラブルなどの処置などにも朝から臨機応変に対応することも可能です。毎日の生活リズムを安定させることが肝心なので、休日だからと寝坊するのでなく、平日と同じくらいに起床して身体を動かすことも生活リズムを整えるうえでも大切です。

仕事が早い人になって充実した生活を送ろう

仕事が早い人になるための方法や、生活習慣を調べてみました。ここで紹介した方法や生活習慣を身につけて、仕事が早くできる人になりましょう。仕事を早くこなせるようになれば、仕事へのやりがいや意欲も生まれ、充実した生活を送れるようになれるでしょう。

仕事とプライベートのメリハリも肝心です。仕事や趣味、それぞれに没頭する時間をつくり、仕事もプライベートも充実した楽しい生活を送りましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール