スキンケア

パナソニックスチーマーのナノケアで乾燥肌対策|手軽にエステ体験

強い日差しや、冷房などのせいで肌は気づかないまま乾燥しているかもしれません。おすすめのケア方法や食材、スチーマーの使い方などいろいろな角度から乾燥肌対策を見ていきましょう。特にナノケアを使用した乾燥肌対策は自宅で手軽にできておすすめです。

強い日差しや冷房で肌は乾燥気味 

日差しが強くなったり、夏に冷房の効いた部屋にいたりすると、何となく化粧のりが悪くなった、いつもの化粧品でお手入れしても調子がイマイチ、なんてことはありませんか?それは肌の乾燥が原因かもしれません。一体なぜ強い日差しや冷房が肌を乾燥させるのでしょうか?原因をしっかりと知り、それに合った乾燥肌対策が必要です。原因やおすすめの対処法を見ていきましょう。

乾燥肌になる原因 

それではまず乾燥肌になる原因を見ていきましょう。原因を知っていれば正しい対応もできます。また知らず知らずのうちに肌を乾燥させてしまった、ということを防ぐにも役立つでしょう。

紫外線によるダメージ

地上に降り注ぐ紫外線には主に紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)の2種類があります。乾燥肌の原因となるのはUVAのほうです。UVAは地上に降り注ぐ紫外線の約95%を占めていると言われています。UVAは肌のハリを保つコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞を破壊します。ハリの少ない肌は十分な水分を蓄えることができないため、乾燥肌となってしまします。

季節の変化や湿度の低下

季節の変化や冷房の使用でも肌は乾燥してしまいます。まず季節についてですが、気温が高いほうが湿度は下がり、空気が乾燥します。このため日差しが強くなると肌は乾燥してしまいます。また冷房で室温を下げたとしても、冷房から出る風が乾燥しています。このため冷房に当たった肌も乾燥してしまうのです。

生活習慣の乱れ

不規則な食事やダイエット、睡眠不足も乾燥肌を招く原因となります。不規則な食事や無理なダイエットをしては、十分な栄養を体内に取り込むことが出来ません。このため肌を組織する細胞が栄養不足となり、乾燥の原因となってしまいます。また睡眠不足は、肌のターンオーバーを乱します。ターンオーバーが乱れると肌が正常に生まれ変わることができないため、乾燥肌の原因になります。

乾燥肌のお手入れ方法 

つづいて乾燥肌のお手入れ方法を見てみましょう。紫外線や冷房に当たった肌にはどのような対応が良いのでしょうか?

保湿成分たっぷりの化粧品の使用

乾燥した肌にはたっぷりと潤いを与えることが大切です。潤いを与える代表的な成分は、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどです。これらが入った化粧水を使い、角質層で水分を蓄え、肌に潤いを持たせましょう。化粧水やクリームなどの化粧品を購入する場合は、これらの成分に注目してみてください。

十分な睡眠をとる

質の良い睡眠をたっぷりと、とるように心がけることも大切です。特に寝始め3時間の間に体を修復してくれる成長ホルモンが活発になると言われています。この時間の眠りの質を上げるために、寝る前に部屋を暗くし、特に1時間前からスマホ・パソコン・テレビなどを控えるようにしましょう。就寝前の明るい光は、脳を目覚めさせ、深い眠りの妨げになると言われています。また軽いストレッチも適度に体をリラックスさせることもおすすめです。

肌に良い食事をとる

健康な細胞を作るには食事からの栄養も重要です。特に、肌に良い栄養素はβカロテン、コラーゲン成分、タンパク質、セラミド成分です。βカロテンは、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜や柑橘類に多く含まれます。コラーゲンはゼラチン、豚肉、タンパク質は肉類、魚類、豆類、セラミドは海藻やゴボウに多く含まれます。これらの食材を積極的にとり、乾燥肌対策をしましょう。

スチーマーを使う

乾燥肌対策にはスチーマーを使用するのも一つの方法です。最近のスチーマーは色々な機能も搭載されており自宅でエステさながらの体験ができます。なかなかエステに通い続けるというのは、経済的にも時間的にも難しいもの。スチーマーは初期投資としては高額ですが、ランニングコストは水と電気代だけです。長い目で見れば、エステに何度も通うより、負担が少なく乾燥肌対策ができるでしょう。

スチーマーナノケアの凄い所 

家庭用の代表的なスチーマーにパナソニックのナノケアがあります。ナノケアの特徴を見ていきましょう。

角質層まで浸透して潤いを与える

肌の表皮は基底層・有棘層・顆粒層・角質層で構成されています。角質層では角質細胞がレンガのように10~20層積み重なり、体内の水分を蓄えています。しかし空気が乾燥すると角質層の水分が蒸発し乾燥肌となってしまします。また角質層は外部からの水の侵入を防ぐ役割もあります。普通の水は肌には浸透できないのはこのためです。しかしナノケアでは水を角質層に浸透できるまで微粒子化します。このためナノケアは、角質層に潤いを与えることができるのです。

アロマホルダーでリラックス効果

ナノケアは専用のアロマタブレットを取り付けることができます。このため肌のケアをしながら香りも楽しむことができリラックス効果が期待できます。選べる香りは、ラベンダー、ベルガモット、ゼラニウム、ティートゥリー、イランイランの5種類です。すっきりとした香りから甘い香りまで気分に合わせて選ぶことができます。

ナノケアには3種類ある

ナノケアにはEH‐SA98、EH- SA67、EH- SA37の3種類が販売されています。(2018年6月現在)それぞれ違った特徴を持ちますので、ご自身のライフスタイルや目的に合ったナノケアを見つけましょう。

ナノケアの種類別紹介 

ナノケアの各種類の特徴はどういったものでしょうか?見ていきましょう。

7つのコースが選べるW温冷エステ

角質層まで浸透する温かいナノサイズW温スチームと、温まった肌をクールダウンするW冷ミストが交互に噴射されるスチーマーです。このW温冷エステができるのは、この機種のみです。また選べるW温冷コースは、クリア肌コース、ハリ/弾力コース、クイックケアコースなどの5種類があります。さらに温スチームとクレンジングコースの2種類があり、計7種類のコースの中からご自身の肌や目的に合った選択ができるスチーマーです。噴射口も2つついており、顔全体により効率的にスチームを当てることができます。タンク容量は200mlで噴射口2つによるスチームがより広範囲に届きます。大きさは約高さ20.9×幅17.1×奥行21.6cm、重さは2.0㎏と3機種の中では1番大きなスチーマーです。

寝ながら保湿できる2wayタイプ

温スチームと「ナノイーコース」を搭載した機種です。ナノイーコースとは8時間にわたり、肌や髪の毛に潤いを与えるミスト「ナノイー」が発生するコースです。ナノイーコースは就寝中に利用できるため忙しい人にもぴったりのスチーマーです。もちろん温かいナノサイズスチームのケアやクレンジングにも使うことができます。発生するスチーム温度は約40℃、タンク容量は約95mlで、最大スチーム発生時間は12分です。大きさは約高さ18×幅12.5×奥行20cm、重さは約1.2㎏の中型のスチーマーです。もちろんアロマにも対応しています。

インテリアにもなるコンパクトタイプ

こちらは3台の中で一番コンパクトな機種です。大きさは高さ16.3×幅10.4×奥行14.8cm、重さは0.7㎏と両掌に収まるくらいです。また温スチームのみのシンプルなスチーマーのためスチーマーにあまり機能を求めない人や、コンパクトな機種が欲しい人におすすめです。インテリアにもなるかわいい外観も魅力的です。タンク容量は最大90mlですが、給水量を調整することによりスチーム時間を3分、6分、12分と調整することができます。コンパクトですが、アロマに対応、最大スチーム発生量は約6ml/分とEH-SA37とほぼ同量です。

最低限の時間と費用で自宅で楽々エステ 

いかがでしたか?パナソニックナノケアは乾燥肌対策としておすすめのアイテムです。強い日差しや冷房などは毎年のこと、乾燥肌の対策も毎年必要となる可能性が高いです。そんな時に頼りになるのがパナソニック、ナノケアです。確かに初期購入費用は高いですが、一度買ってしまえば長く使えますし、ランニングコストはあまりかかりません。お気に入りを一台お手元においてみてはいかがでしょうか?

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール