健康・運動

ウォーキングシューズを探している方必見|おすすめ商品を大公開

ウォーキングは、すぐに始められる手軽な運動です。自分の足に合ったシューズだけで始められます。通勤や買い物、散歩などにウォーキングを取り入れましょう。ウォーキングシューズ選びで迷ったら、22種類のおすすめのウォーキングシューズから選びましょう。

良いウォーキングシューズに出会いたい

ウォーキングは手軽に始められる運動です。ウォーキングに必ず必要なものはシューズのみ。シューズが合わないとウォーキング中に足が痛かったり、靴ずれで水ぶくれが出来てしまうことも。自分の足に合う良いシューズを出会って、楽しいウォーキングタイムにしましょう。

ウォーキングシューズの特徴

「ウォーキングってただ歩くだけでしょ」と思っていませんか?ただ歩くだけのウォーキングを侮っていると痛い目に合うかもしれません。ウォーキングの命と言っても良いウォーキングシューズは、選び方を間違えてしまうと怪我や病気の原因になることもあります。

ウォーキングシューズの特徴を理解して、正しいウォーキングシューズ選びをしましょう。

歩くことに特化したシューズ

ウォーキングシューズの特徴の1つには、ウォーキング専用シューズの重量感です。ランニングシューズのように軽ければ、歩いていてもラクチンなどという考えは間違いです。ウォーキングシューズは、重量感があるものが適しています。振り子の原理で、ある程度重みのあるシューズの方が、前への一歩が踏み出しやすくなるからです。

一歩一歩安定して踏み込むために厚底は集めで、安定性が高いものが多く、走ることを目的としない歩くことを目的としたウォーキングには、重くて安定性のあるものがおすすめと言われています。

かかと部分が厚くクッション性が高い

ウォーキングでの足の動作を考えると、一歩踏み出した足は踵から地面に着き、親指で蹴りだす動作の流れになります。ファーストタッチで地面に着くかかと部分は、地面に着いたときの衝撃を吸収するものがおすすめです。膝への衝撃を和らげるために、かかと部分を厚めに、クッション性のあるものがよいと言われています。

かかと部分が重く、クッション性のあるシューズを選ぶことで、一歩踏み出したファーストタッチは、重みで安定し地面に着いた時の衝撃を和らげるクッション性は、膝への負担を軽減するので歩きやすくなります。

防水性に優れ耐久性がある

ウォーキングは、比較的長時間にかけてゆっくり行う運動なので、ウォーキング中に急な雨が降っても、雨水が浸みることが無い、安心な防水タイプになっているものが多いです。また、ランニングシューズと違い、地面を蹴り出す際の摩擦力も少なく、着地するときの衝撃も少ないので耐久性に優れているものが多いと言われています。

長い時間をかけて歩くウォーキングは、外装だけの防水タイプだけでなく、シューズ内で足が蒸れることも多く、通気性に優れているものが多くあります。

つま先にゆとりがある

ウォーキングシューズは、つま先にゆとりを持たせています。なぜならば、歩いていると足が前後5ミリ程度動くからです。それを考慮し10ミリ程度余裕を持たせた設計になっています。つま先がぴったりだと、歩いているうちに足の指がシューズに当たり、つま先が痛く指が内出血する場合もあります。

長時間歩いても疲れることなく歩くためには、つま先に10ミリ程度の余裕のある設計が、ウォーキングシューズの特徴です。

自分の足の特徴を知ろう

ウォーキングシューズを選ぶには、まず自分の足の特徴を理解することが肝心です。人は、朝起きた時と1日働いた夕方では、足のサイズが0.5ミリ程度異なると言われています。これは、足のむくみなどが原因と言われていますが、ウォーキングシューズを購入するときは、足の大きい時間帯である午後が良いと言われています。自分の本当の足のサイズを知るには、1日の内の午後がベストということになります。

自分でも気付かなかった正確な足のサイズ等を知ることから、ウォーキングシューズ選びを始めましょう。

足のサイズを知る

足の正確なサイズは、かかとの一番出ているところから、一番長い指の先端までの長さになります。一番長い指は人によって違うこともあり、親指が一番長かったり人差し指に当たる2番目の指が長い場合があります。

まず、足の長さを測ることが、自分の足を知る第一歩と言ってよいでしょう。正確に測ることのできた足の長さは、今まで思っていた靴のサイズより大きいことが良くあるようです。女性などは、大きい足が恥ずかしいと言って少し小さめの靴を選ぶこともありますが、ちゃんと自分の足の長さに合うシューズ選びをおすすめします。

足の横幅を知る

足の横幅、ワイズと言われるサイズを測りましょう。なかなか測る機会がないワイズですが、靴屋さんなどで一度ちゃんと測定してもらうと、靴選びやシューズ選びで選びやすくなります。

ワイズは、親指の付け根から小指の付け根までをソフトメジャーで一周させて測定します。ソフトメジャーがない場合は、ひもなどでぐるっと測ったら定規などで紐の長さを測ることで測定できます。

ワイズは女性の場合、Aの細めからB,C,D,E,EE,EEE,EEEEと8段階になっていて、EEEEが一番広いサイズとなります。

幅広タイプにおすすめのウォーキングシューズ

ワイズを測定してみた結果、幅広サイズEEE~EEEEの方に、おすすめなウォーキングシューズには、どんなものが、おすすめなのかご紹介しましょう。

Kaihosyugi 健康快適シューズ

快歩主義の健康快適ウォーキングシューズになります。全て日本で作られた国内ブランド、理想的な歩行をサポートする機能を備えたコンフォートシューズです。水に浮くほどの軽量で、長時間の歩行も疲れることなく快適です。

抗菌・防臭加工を施してあるので、いつも清潔感をキープできます。「歩くことが楽しくなる、もっと元気になれる」快歩主義シューズは、医学博士の監修・指導のもと製作された医学的にも、ウォーキングにおすすめなシューズです。

ミズノ WAVE LIMB LE

スポーツメーカー大手のミズノは、1906年に生まれたブランドで、日本のスポーツシーンを支えてきたと言っても過言ではない人気のブランドです。ウォーキングという誰でも始められる運動専用に、ミズノはトップアスリートと培った技術の結晶「ミズノウェーブ」は、ウォーキングに適した安定性とクッション性を、高度に両立させたソールを開発しています。

ミズノWAVE LIMB LEは、ミズノのウォーキングウェーブで安定性とクッション性を重視し、足入れが柔らかな天然皮革を使用し、接地から蹴りだしまでの体重移動をスムースにするソール「スムーズライド」を搭載した耐久性、耐摩耗性のあるおすすめのウォーキングシューズです。

Halomi Feetmat

Halomi Feetmatは、8色のカラーバリエーションと豊富なサイズ展開で、メンズでもレディースでも使用できるウォーキングシューズです。

片足150gの超軽量で、全体的なデザインはメッシュ素材を使用しているため通気性に優れ、靴ぞの屈折性が優れているので長時間履いていても疲れにくく、会社の通勤ウォーキングシューズとしても、邪魔にならない飽きの来ないシンプルなデザインがおすすめです。

ニューバランス ウォーキングシューズ WW880

芸能人やモデルの使用で瞬く間に人気になったニューバランスは、1988年にニューバランス・ジャパンが創立されて約30年、アスリート用のスポ魂仕様だったイメージから一転して、ファッショナブルな日常生活にも、デートでも使用できるブランドとして近年人気になっています。

お洒落な女子は、会社に行くにもニューバランスというほど、ファッションブランドの1つとして現在も人気があります。ニューバランスWW880は、カラーリングも8タイプあり、メイン素材にスウェードを使用したお洒落なウォーキングシューズ。REV LITEのミッドソール構造は、軽量でクッション性に優れ、大面積に搭載したABZORBが、かかと部を包み込み安定性を発揮するモデルです。幅広対応の4Eウィズなので甲高な足の方にもおすすめです。

Fiery Love ウォーキングシューズ

コスパの良い幅広3Eサイズのおしゃれなウォーキングシューズを探しているなら、Fiery Loveのウォーキングシューズがおすすめです。カラーリングも女性好みの6タイプ展開、サイズ展開も豊富なのでカップルで御そろいシューズとしてもおすすめです。

伸縮性のあるニット調生地を採用し、メッシュ加工されているので通気性・耐久性にも優れ、軽いMDアウトソールはエアクッション仕上げで、着地時の脚への負担を軽減する構造になっています。おしゃれな霧降模様のデザインは、ファッショナブルなイメージで、お洒落さ重視の女子にも人気です。

YONEX POWER CUSHIONLC30W SHWLC30W

バドミントンラケットブランドとして一躍有名になったヨネックスは、現在ではバトミントンだけに留まらず、スポーツ各競技全般にアスリートから愛される日本のスポーツブランドです。

ヨネックスのレディースウォーキングシューズLC30Wは、軽量でシンプルなモデルであり、足幅4.5E対応のゆったりしたデザインで歩きやすいシューズです。ウォーキングで重要視されるアウトソールは、接地面積を拡大しグリップ性、耐摩耗性、安定性を高めたハイパーライトワイドソールを採用し、履きやすさや歩きやすさを追及したウォーキングとしておすすめです。

甲高タイプにおすすめのウォーキングシューズ

甲高と幅広は同じと思っている方も少なくありませんが、これは間違いです。足幅は指の付け根を測る足の幅であり、甲高と呼ばれるものは足囲とよばれる指の付け根を一周して図る物になります。足の幅が細めでも甲の部分が高い場合は、甲高と呼ばれることが多く、足幅が広いのに甲が平らになっている場合は幅広の部類になります。

ワイズと表記されているサイズは、一般的な平均値を基準にしているものが多く、甲高の方がワイズの大きいものを購入しても、幅が緩く感じる場合もあります。メーカーによっては足幅や足囲のサイズ表記がありますが、なかなか一般的には表記されることが無いので、甲高の場合は、甲の部分がフィットするレースアップタイプの物やマジックテープ仕様で調節できるものを選ぶことがおすすめです。

スポルディング DIAPLEX OIN 1490

1876年スポーツ店として開業したスポルディングは、野球ボールの開発や世界初のバスケットボールの開発で、一躍世界中でスポルディングの名前が有名になり、現在でも公式球としてスポルディングのバスケットボールが採用されているほどです。

スポルディングはブランドライセンスとして、その培ったスポーツ用品制作により、ウォーキングシューズも発売されています。DIAPLEX OIN 1490は、スポルディング独自開発のDIAPLEXと呼ばれる高機能透湿防水素材を使用し、給水速乾インソールの採用で水分を素早く吸収し拡散する働きや、足の着地時のサポートとして甲反発素材を使用し、夜間でも安心なリフレクターを搭載した、甲高でも安心なシースアップシューズです。

ミズノ ウォーキングシューズ LD501

100年以上の歴史を誇るミズノは、それまで海外製品が主流だったスポーツ用品から、日本国内初となるスポーツ用品を開発したメーカーです。世界でも幅広い愛用者の多いミズノのスポーツ用品は、アスリートからも人気の商品です。
ミズノLD501は、女性向けのウォーキングシューズとして開発された商品です。デザインに使用されるメッシュ素材は通気性に優れ、スムーズライドと呼ばれるスムーズな足運びを可能にする独自開発のソールを搭載し、ジップアップタイプの着脱でも甲がきつくならないように考えられ、6ミリ程度高く設計されているので、甲高の方におすすめなウォーキングシューズです。

メイダイ ストレッチウォーキングシューズ

医学博士勝野氏が監修した、勝野式楽歩人インソールを搭載し、特殊アーチインソール形状が長時間の歩行をサポートし、ストレッチ素材の履き口は着脱しやすく、足にフィットしやすい構造になっているので、外反母趾の方も窮屈なく履くことができます。

足指楽々の4E設計でありながら、面ファスナーが甲部分にデザインされているので、緩いだけでなく自分の脚に合ったフィット感を得ることができます。着地・体重移動・蹴りだしをスムーズに行えるので、長時間のウォーキングでもおすすめなシューズです。

メレル ウォーキングシューズ パスウェイ

1970年代オーダーメイドブーツの制作でアメリカで人気となったメレルは、「北米で最も機能的で快適な靴」に選ばれるほど、その基本姿勢はそのままに「長時間履いても疲れない」アウトドアシューズのメーカーとして、世界135か国で販売される人気ブランドです。

メレルパスウェイは、そんなメレルの基本が生きた商品で「履いた瞬間に心地よさが伝わる」と評判のウォーキングシューズ。独自の抗菌テクノロジーM SELECT FRESHで極微笑の突起で汗の中にいるバクテリアの繁殖を抑制し、高い耐久性とグリップ力を持つ独自開発のM SELECT GRIPを搭載しています。D型の金具を採用した特徴的なシューレースは、甲の微調整ができるので甲高でも安心なシューズです。

本格派のタフなウォーキングシューズ

本格的にウォーキングを始めるなら長時間歩いても疲れないシューズがおすすめです。本格的ウォーキングシューズの中には、トレッキングにも使用できるほど耐久性に優れているものもあります。

犬の散歩をするだけや、近所のスーパーに買い物に行くだけのウォーキングでなく、ウォーキングするために外出することをおすすめします。時間や距離を徐々に伸ばして、本格的なウォーキングを楽しみましょう。

ニューバランス ウォーキングシューズ WL315

1906年アメリカボストンで生まれたニューバランスは、整形外科で証されるアーチサポートを取り入れた新しいシューズを開発し、新しいバランス感覚が生まれたことから、「ニューバランス」と名付けられました。高品質なテクノロジーと、斬新なデザイン性のニューバランスのスポーツシューズです。

ニューバランスのウォーキングシューズの中でも人気モデルのWL315は、軽量でニューバランスの中でも最も柔らかい素材を使用した、モッドソール構造のクッション性といわれるCUSH+を搭載した女性専用ウォーキングシューズです。

メレル ジャングルモック ウィメンズ J60802

「長時間はいても足が疲れない」靴づくりをコンセプトにした、アメリカブランドのメレルは、1998年にメレルの定番であり大人気シリーズとなる「ジャングルモック」を販売しました。この大人気モデルをかわきりに、メレルが世界中で評判になったといって過言ではありません。

メレルのジャングルモックは、全世界で1,350万足以上も売れ続ける人気ナンバーワンモデルです。人気のある理由は、両サイドから脚を包み込む独自開発のアウトソールや、衝撃吸収と耐久性、ドライ性に優れたフッドベッドの採用など、老若男女から履き心地に満足の評価を得るほど、長時間履いていても疲れにくいタフなウォーキングにも優れたシューズです。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

ウィンブルドン カジュアルウォーキングシューズ L031

世界最古の歴史を持つテニストーナメントの舞台であるウインブルドン、テニスプレーヤーが憧れる希望の地として伝統と格式あるウインブルドン大会の公式ライセンスブランドが、ウインブルドンとなります。

ウインブルドンL031は、着脱しやすいスリッポンタイプの形状で、インソールには取り外し可能なカップインソールを採用し、汚れたら洗えるのでいつでも清潔に保つことができます。かかと部に使用した衝撃吸収素材のお陰で、足に衝撃を与えずしっかり吸収し、かかと部外観には反射材を使用しているので、夜間のウォーキングでも安心のシューズ。夜間ウォーキングが多い方にはおすすめです。

アシックス GEL-FUNWALKER 410(W) TDW410

中国やアジア各国の旅行客が爆買しているニュースをよく見かけるほど、海外でのアシックス人気は爆発的と言って良いほどです。日本でもその影響や、シューズ本来の馴染み感や機能性、放映されたドラマの影響などから、老若男女を問わず人気のブランドとなっています。

アシックスは履き心地にこだわった靴が評判で、GEL-FUNEALKER 410 TDW410も履き心地、歩きやすさが際立っているモデルと言って良いでしょう。かかとのクッション素材には大型ゲル素材を配置し、心地よい履き心地にこだわったシューズで、ファスナー素材の履き口は着脱しやすいと人気となっています。

通勤にも使えそうなウォーキングシューズ

スポーツ庁では「FUN+WALK PROJECT」を立ち上げ、国民に「歩く」習慣を事前に身につけてもらう事を目標とし、社会人を中心に2020年東京オリンピックに向けた国民全体の取り組みとして、1日+1000歩を課題に1日8000歩を目標に、国民の健康増進のため「スニーカー通勤」など、歩きやすい服装での通勤を推奨するキャンペーンも行っています。

普段の日常では、仕事や家事に追われなかなかウォーキングに時間を取ることができない世代でも、電車で行く出社時間を少し早めて、ウォーキング通勤することで、歩く楽しさと健康増進の一石二鳥の作用があるとしておすすめの通勤ウオーキングです。

TOPAZ ウォーキングシューズ 2104

TOPAZは、1986年にヤングミセスのカジュアルブランドとして誕生し、1992年に「軽くて・歩きやすくて・疲れにくい」コンフォートシューズを開発、コンフォートシューズの先駆け的存在として人気のあるシューズを販売し続けています。

通勤でも目立つことなく、スーツ姿にもなじむTOPAZのウォーキングシューズ2104は、合成皮革とは思えない高級感のある素材を使用し、スリッポンタイプの着脱しやすい機能的デザイン、アウトソールには自然に足が前に踏み出せる踏み返し始点を後方に設定した、ログチェア構造でつまずきにくい設計となっています。

ベネトン オールデイウォーク パンプス

カラフルでカジュアルなイメージが強い、人気ブラントベネトンには、通勤でもフォーマルでも使用できるウォーキングパンプスが販売されています。パッと見では、通常のパンプスと何ら変わらないデザインですが、このベネトンオールデイウォークのリボンパンプスは、大手スポーツメーカーのアキレスとの共同開発によって生まれた商品です。

「20km歩けるパンプス」を唱っている通り、土踏まずにフィットするアーチサポートや、着地時の衝撃を吸収する低反発EVA、前滑りを低減するラテックスパッド、長時間履いても蒸れにくい吸水速乾機能など、ウォーキングシューズの機能が全て備わった、通勤におすすめのウォーキングパンプスです。

ミズノ パンプス セレクト505

日本のスポーツメーカーとして大手のミズノでは、そのキャリアで培った技術や最先端のスポーツテクノロジーと最先端のモードの融合で多くの斬新なファッションアイテムも開発しています。

ミズノパンプスセレクト505も、お出掛けにも通勤にも履いていくことができるアシンメトリーなデザインで、人気のウォーキングパンプスです。流行りのインヒールモデルでありながら、その機能面はウォーキングシューズの原点であるスムーズライドのソール構造を搭載し、まさにウォーキングのためのパンプスと言える、オフィスでも人気のシューズです。

ミズノ ウォーキングシューズ SELECT655

日本のスポーツシーンにおいて、欠かすことのできない国内ブランドであるミズノは、東京オリンピックでも使用する選手が多かったほど、アスリートからも選ばれる本格的なスポーツメーカーです。

ミズノは、スポーツとファッションを融合した、日常でも使用できるスポーツグッズを多く販売しています。このミズノウォーキングシューズSELECT655は、ショートブーツタイプのデザインで、通勤やお出掛けにも可能なデザインでありながら、ミズノ独自開発のミズノウェーブを搭載し、本格的なウォーキングに対応したクッション性と安定性を合わせ持ち、スムーズライドのソール構造も搭載した、お洒落な通勤ウォーキングシューズです。

ヨネックス パワークッション SHWLC67

昭和32年にバトミントンラケットの製造を開始して以来、日本を代表するスポーツメーカとして人気のブランドであるヨネックスは、「常に夢と若さを失わず、スポーツを通じで世界に挑戦する」をコンセプトに、スポーツ用品の開発と、生産販売をしているメーカーです。

プロの要望に応えて開発されたパワークッションは、パフォーマンスを最大限発揮できる力強いフットワークと、長時間動いても疲れを感じさせない履き心地に対応した、ヨネックス独自開発の衝撃吸収材を使用し、シンプルなデザインで場所を選ばす履くことができる快適なウォーキングパンプスです。

カジュアルでおしゃれなウォーキングシューズ

シンプルやスポーティーなデザインが多いウォーキングシューズですが、女性からしたら、もう少しお洒落なものが履きたいのは当然です。そんな、女性要望に応えた、お洒落でカジュアルでありながら、機能面では通常のウォーキングシューズに引けを取らない、そんな女性の要望が全て揃ったウォーキングシューズをご紹介しましょう。

ニューバランス ウォーキングシューズ WL415S

女子に人気なおしゃれなシューズと言ったら「ニューバランス」と答える方も少なくない、女子に人気のブランドであるニューバランスには、機能面だけじゃない外観のデザイン性にもこだわった、ウォーキングシューズがあります。

ニューバランスウォーキングシューズWL415Sは、スリップオンタイプでゴツゴツしたスポーツシューズのイメージは感じられず、スラっとした足を長く見せてくれる印象もあるシューズです。お洒落だけでなくその構造は、本格的ウォーキングシューズ同様ミッドソール素材にCUSH+を搭載し、柔らかくソフトなクッション性です。シューズ全体がワントーンという点も、服に合わせやすくシューズが目立つことないお洒落が、楽しめる女性におすすめのウォーキングシューズです。

リーボック イージートーン TOO POPPY AUU59

1990年にイギリスで創業されたスポーツブランドのリーボックは、フィットネスブームに乗って一躍世界的に有名となったブランドです。1983年に公開された「フラッシュダンス」の影響もあり、エアロビスシューズの代名詞となり、世界的に有名なブランドとして認知されるようになりました。

2009年に発売されたイージートーンは、「履くだけでヒップアップできる」と評判になり女性から人気のシューズになりました。バランスポットと呼ばれる、空気が注入されたソールのムービングエアテクノロジーが搭載され、履き心地や歩き心地が雲の上を歩いているような特徴的なシューズです。お洒落なスウェット素材で、カジュアルスタイルにも合わせやすくなっています。

アシックス GEL-MOOGEE 758(W) TDW758

オニツカブランドでも人気がある、鬼塚喜八郎が創設者であるアシックスは「スポーツを通じて青少年を健全に育成すること」をコンセプトに創設されたブランドで、日本にスポーツ工学研究所を創設するなど、そのコンセプトは、今も商品1つ1つに受け継がれています。

アシックスのGEL-MOOGEE 758 TDW758は、アシックスが開発したエクササイズウォーキングシューズです。スピードウォークで、大幅なカロリー減少とヘルスアップ効果を実現するGEL-MOOGEEモデルは、ミッドソールにくぼみを作り、歩くときに行われる上下動を前に進む力に変える構造になっているので、何気なく歩いていても、スピードウォークになっているという効果を生み出します。シンプルで個性的なデザインは、おしゃれなウォーキングシューズを探している女性にはおすすめです。

?new balance ウォーキングシューズ WL115 B

ニューバランスは、6名の従業員で1日36足程度を生産する小さな会社でしたが、ランナーのジェームスSデービスにより、彼の理想のランニングシューズを生産したことで、世界中のランナーから絶賛され絶大な支持を得て生まれ変わり、現在でも千差万別の足に合うような、まるでオーダーメイドのフィット感のある靴づくりを目指しています。

ニューバランスのウォーキングシューズW115Bは、軽くて持ち運びも便利なコンパクト設計なので、旅先や職場にも、バックの中に忍ばせて持ち歩けるほどです。女性に人気のバレエシューズデザインで、カラー展開もあり、リバーシブルで使用できるマッサージ面とリラックス面のインソールは、1枚で2種類のお得が欲しい女子には人気のポイントとなっています。

スポルディング ウォーキングシューズ WIN 3190

バスケットボールで有名なスポルディングは、多くの種目のスポーツ用品や、ファッション小物も販売している大手スポーツブランドです。

ファーストインプレッションで大概の女性は「かわいい」と、思うそのカラー展開や、デザインのスポルティングのWIN3190は、見た目の可愛さだけでなく、フワフワのインソールが女性の心を鷲掴みにします。足幅もゆったりと設計されているので、長時間でも疲れることない履き心地です。スリッポンタイプのデザインは、着脱もしやすくお洒落なウォーキングシューズです。

ウォーキングシューズの買い替え時

お気に入りでずっと履き続けているウォーキングシューズ。そろそろ買い替え時なのかなと思っても、なかなか買い替えられずに、ズルズル履いてしまう事も少なくありません。

買い替え時の目安とは、一体どんなことが考えられるのでしょう。

カビが生える

汚れだと思ってそのままにしておいたら、どうも汚れじゃなくてカビという事もあります。ウォーキング中に靴の中で掻いた汗や、雨や水たまりを歩いた時の水分がそのまま湿気となって、カビが生えてしまう事もあります。

汗などには雑菌が多く、脱いだまま靴箱などに入れておくと、靴箱内の湿気と相まって次に履くときはカビだらけという事もあります。スニーカーはカビが繁殖しやすいので、履いた後清潔に保つことが肝心です。カビが生えてきたら買い替え時と言っても良いでしょう。

ソールにひびが入る

ソールはゴム素材で出来ていることが多いため、経年でひびが入ってしまう事や、ソールがすり減って凸凹が無くなってツルツルになってしまっていたり、歩き方の癖でどちらか片一方だけすり減っていたり、そのようなソールに欠陥がある物をウォーキングで履き続けていると、怪我や身体が痛くなる原因になることもあります。

ソールが減っていたり、ヒビが入っている場合は、ウォーキングシューズの買い替え時期と言えるでしょう。

クッションが弱くなった

インソールのクッション性が弱くなって、履いた時に地面の凸凹を感じてしまうなど、インソールの減りによるクッションの脆弱は、ウォーキングの命取りともなりかねません。健康になるためのウォーキングが、クッション性のないシューズを履いていることで、身体に大きな負担になることがあります。

足を踏み出した時に地面に着地する衝撃を緩和するためのクッションなので、クッション性が欠けてしまうと、足やひざにその衝撃による負担がかかり、足が痛くなったりひざに支障が出る場合があるのです。クッション性が弱くなったら、なるべく早めに買い替える事をおすすめします。

ウォーキングシューズのお手入れ方法

長く続けるウォーキングだから、少しでも気持ち良くウォーキング出来るように、ウォーキングの命ともいえるシューズのお手入れを正しい方法で行いましょう。正しいお手入れは、ウォーキングシューズを長持ちさせる効果もあります。

ナイロンやキャンバス生地のものは手洗いしよう

スニーカーの素材をチェックしましょう。ナイロン素材やキャンバス素材の物なら自分で水洗いすることができます。紐や中敷きは初めに取り外して、シューズ本体だけを靴用の洗剤や合成洗剤で、ブラシを使用し表面に摩擦で負担をかけない程度に、丁寧に洗う事がポイントです。洗い終わったら完全に洗剤が無くなるまで良くすすぐことが肝心です。

洗い終わった後は、吸水性のある新聞やキッチンペーパーなどをシューズに詰めて形を整え、風通しの良い日陰に置いて乾燥させましょう。ここで、ポイントは、完ぺきに乾燥させる事です。半乾きなどの場合は、カビの生える原因になってしまいます。完璧に乾かすことで滅菌効果もあります。

合皮素材のものは水拭きがベスト

合成皮革で出来ているシューズの場合、水洗いも可能ですが水で洗った場合には、表面が割れてしまったり膨らんでしまう事もあります。ぬるま湯で絞ったタオルなどで丁寧に拭くことがおすすめです。

ぬるま湯拭きでも落ちない場合は、専用クリーナーを汚れの激しい場所に付けて丁寧に拭き取ることがベストです。力の込め過ぎは合成皮革の表面を傷つける原因になるので注意しましょう。

天然皮素材のものは専用クリームを使用する

天然皮革が使用されているウォーキングシューズの場合は、革専用クレンジングクリームやクレンジング洗剤を使用しましょう。乾いた状態のままブラシで汚れを払った後に、クリーナーや専用洗剤で汚れを丁寧に落としていきましょう。天然皮革の場合は、表面に油の皮膜を作ることで長持ちし強度が増すと言われています。

クレンジングで綺麗になったら、革専用クリームなどで革に艶と栄養を与えることを忘れないようにしましょう。革の場合、水分を吸収しシミの原因になることがあります。最後に防水スプレーを吹きかけておくと、撥水効果で革を水分から守ることができるのでおすすめです。

自分に合ったシューズを手に入れてウォーキングを楽しもう

ウォーキングは、手軽に始められる運動です。シューズさえあれば、いつでもどこでもウォーキングすることができます。ウォーキングに必要な自分の足に合ったシューズを手に入れて、ウォーキングを楽しみましょう。

自分の足に合ったウォーキングシューズを履けば、長い距離のウォーキングでも足が疲れることが無くなるので、長距離のウォーキングを楽しむことができておすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧