資格・語学

おすすめの資格を誰でも簡単に取得して今後のために役立てよう

資格というのは大きく分けて、国家資格・公的資格・民間資格・ 国際資格などが存在します。あまり労力や時間をかけずに資格が取りたいなら、誰でも簡単に取れる資格を選ぶことが大切になります。将来のために役立つ資格を取得しましょう。

簡単に取れて役立つ資格を取ろう

就職や転職をおこなう際には履歴書の提出が必要なのが一般的です。仕事によっては資格取得が必要になるケースもあり、面接を受けるうえでも、自分をアピールする手段として、資格があれば履歴書欄に記載する情報が増えるためとっておくと役立ちます。

資格といっても国家資格をはじめとする、公的資格、民間資格、国際資格などさまざまな種類の資格があり、実際にどのような資格を取るべきなのかわからない方も多いのが現状だと思います。

資格取得までにかかる時間や費用は、資格によって大きく違います。資格選びに迷っている方は、必要な条件が少なく誰でも簡単に取れる資格から取得してみることをおすすめします。

資格にはどんな種類があるの?

まずはじめに資格にはどんな種類があるのか、詳しく学んでおきましょう。

国の法律に基づいた国家資格

国家資格というのは、法律に基づいて定められる資格のこと。個人の能力や知識がその職業の一定水準に達している場合にのみ、国家資格が与えられます。さらに法律の規制の種類によって、業務独占資格・名称独占資格・設置義務資格に分類されます。

医師・看護師・保育士・歯科衛生士・ファイナンシャルプランニング技能士・マンション管理士・社会福祉士・介護士・美容師・建築士などは、国家資格になります。

公的な性質がある公的資格

公的資格というのは、地方の自治体や公益法人などが実施している資格のことです。国家資格に準ずるような、知名度や信用度が高い資格が多いため、就職に有利な資格も多いです。

公的資格には、税理士・秘書検定・ビジネスキャリア検定・簿記検定・メンタルヘルスマネジメント検定・カラーコーディネーター検定などの資格があります。

民間団体などが独自の審査を設けている民間資格

民間資格というのは、民間の企業や団体などが独自の審査をおこない認定している資格のこと。民間資格には、TOEIC・インテリアコーディネーター・SEOマーケティングアドバイザー認定・ファイナンシャルプランナーなどがあります。

国家資格や公的資格に比べると、社会的に評価されないものや通用しにくいものもある。自分にとって必要な資格であるのか、しっかりと考えてから取得することをおすすめします。

国際的に認められた国際資格

資格のなかには国際的に認められた国際資格というものがあります。日本のみでならず国際的に活躍することを考えている方であるなら、国家資格を取得しておくことがおすすめ。

海外でも活躍できるような、IC3・IBMプロフェッショナル資格認定制度・米国公認会計士・ 国際秘書検定・英国IFA認定アロマセラピスト・などの資格があります。ただし、国際的に認められた国際資格というのは、明確に定義されているわけではない。

比較的簡単に取れて役立つ資格

誰でも簡単に取得しやすく、仕事で役に立つ資格を知っておきましょう。

国際的にも役立つMOS資格

MOSはマイクロソフトオフィススペシャリスト認定資格のことで、人気の高いパソコンの国際資格です。試験科目は、Word、Excel、Power Point、Access、Outlookの5科目あります。

客観的にパソコン利用能力を証明してくれ、国際的にも通用する資格なため役立つこと間違いなし。難易度も比較的低め&短期間での取得が可能な資格です。WordやExcelというのは一般的な事務作業では必要になるスキルであるため、とっておくと有利な資格といえるでしょう。

キャリアアップしたいなら日商簿記検定

キャリアアップしたいなら、資格のなかでも知名度の高い日商簿記検定がおすすめです。会社の経営活動を記録したり、計算したりして帳簿に記入するために必要な資格。事務関係の職業に就職したり、転職する際に有利になる資格です。

社会人として活躍するためにも必須のスキルといえます。幅広い業種で役に立つため、資格を取得する方も多く、独学で勉強することも可能。学歴や年齢などの制限もないため、小学生から年配の方まで幅広い層の方が取得できる資格になります。

秘書検定でビジネスマナーを

秘書検定というのは、秘書として活躍するために必要になる資質や、社会人としてのビジネスマナーを身に着けることができる資格になります。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

秘書検定という名前ですが、就職・転職活動の際にも非常に役立つ資格であり、秘書を目指している人以外にも役に立つ資格であるため、社会人としての経験が浅い方や、就職前に常識やマナーを取得しておきたい方にもおすすめな資格です。

ファイナンシャルプランニング技能士

ファイナンシャルプランニング技能士というのは、近年徐々に知名度を上げ続けている日本の国家資格の一つであります。1級fp技能士・2級fp技能士・3級fp技能士があり、3級fp技能士であれあば簡単に取得できるレベルのやさしい試験内容になります。

ファイナンシャルプランナーという職業には、国家資格と民間資格の2種類があります。国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士の場合、一度取得すれば更新の必要がないので、面倒な手続きが少ないというメリットがあります。

ファイナンシャルプランナーのAFP・CFPに関しては、日本FP協会が認定している、民間資格になるため間違えないようにしましょう。

事務職で役に立つ文書処理能力検定

比較的簡単に取得することができ、なおかつパソコンを使用する事務職において役に立つ、文書処理能力検定という民間資格があります。試験の内容はワープロ・表計算の2種目があります。

文書処理能力検定は、国籍・性別・年齢問わず資格を取得することが可能。事務職で活用でき1級でもそれほど難易度は高くない。ワープロは3級であれば、筆記試験なしの実技試験のみ。表計算は3級、4級が筆記試験なしの実技試験となります。

女性に人気のある調剤薬局事務資格

調剤薬局事務資格というのは、女性に人気のある民間資格のことです。調剤薬局事務の働く場所というのは調剤薬局であり、薬剤師のサポート業務が主な仕事内容。医療従事者ではないので勉強するのは薬のことだけでいいので、比較的簡単に取得することが可能な資格であります。

調剤薬局事務として働く際に必ずしも資格というのは必要ありませんが、調剤薬局事務資格を取得しておくと、就職の際に有利になることも。短期間の間に取得したい方におすすめな資格です。

講習だけで取れる資格

資格のなかには、筆記・実技試験を受けることなく、講習を受けるだけで取れる資格もあるので覚えておきましょう。

食品関係の仕事には食品衛生責任者

食品関係の職に就こうと思っている人におすすめなのが、食品衛生責任者の資格です。飲食店をはじめとする食品の製造や販売を行う場合、各店舗に1人は必要となる資格。

養成講習会を受講すれば、修了証が交付されるため簡単に取れる資格の一つです。食品衛生責任者の資格が将来独立して自分のお店をオープンさせたい場合などに、必要になる資格であるため、取得しておくとよい資格です。

あると役に立つ防火管理者

防火管理者というのは、特定の人が出入りする建物において火災による被害を防ぐために、防火管理の計画・管理・業務を行うことのできる責任者のことです。

国家資格である防火管理者の資格を取得するための講習は、甲種と乙種がある。一定規模の防火対象物(建物)は、防火管理者が必要になります。防火管理者の資格を取得するためには、筆記・実務試験などを受ける必要ありません。定められた講習を受けることによって、簡単に取得することができます。

資格を取り今後に役立てよう

資格を取ることは現在の仕事の幅を広げたり、スキルアップするためには大切なこと。今の仕事を辞めて新しい就職先を探す際にも、資格があれば自分をアピールする武器として有利になることもあります。

資格にはたくさんの種類があり、どの資格を取るのが賢いのか選ぶのが難しいもの。資格取得するまでに長期間かかってしまうものや、取得するために大きな費用が発生する資格もあります。

自分のとりたい資格が定まっていないという方や、とにかく資格を増やしたいという資格マニアの方であれば、簡単に取れる資格を見つけて取得するようにしましょう。将来安定して働くためにも、役に立つ資格を取り今後に役立てていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧