インテリア

【北欧風にキッチンを演出する方法】色の統一感が最大のポイント

北欧スタイルのベースとなる色は白色が多く、トレンドとして灰色等も出てきています。部屋全体の色の数を抑える、木の雰囲気を生かすなど、基本を忠実に守ることで北欧スタイルを演出できます。北欧ブランドを取り入れ、華やかなキッチンに仕上げましょう。

世界的に人気のある北欧スタイルを目指すなら

インテリアのスタイルの一つとして、陰りを見せることのない人気の北欧スタイル。シンプルながらもポイントで派手な印象を与える北欧柄アイテムから、自然を感じさせる木材を生かした家具選び、色の統一感など。

北欧スタイルのキッチンを目指すなら、制限を設けたうえでも、持前の個性をしっかりと表現できます。今回は、キッチンをおしゃれな北欧風に見せるためのポイントや、おすすめの人気ブランドについても取り上げます。参考にしていただいて、理想のキッチンを目指しましょう。

北欧スタイルに見せるためのポイント

はじめに、全体のベースとなる色を決め、北欧スタイルの枠組みを整えましょう。

キッチンのテーマカラーを白にする

キッチンにかかわらず、北欧スタイルのベースとなるカラーは白色です。トレンドとして、灰色などの違ったカラーも存在していますが、白色の塗装を基本に、木材による木目の雰囲気、温かみを取り入れます。アクセントとして、鮮やかな色の北欧ブランドアイテムを交えると、周りの色が白色ということも相まって、華やかさが際立ちます。

また、白色でアイテムを揃えることで、太陽光などの光を活かせます。以上のことをおさえることで、広々とした明るいキッチンに仕上がるでしょう。最初は、基本の白色から始めてみることをオススメします。

床を明るい色のフローリングにする

部屋の統一感をもたらすうえで、床も大事な一つの要素がフローリングのカラーです。北欧スタイルでは、明るい色のフローリングを推奨しています。

キッチンフロアでは、あまり暗い色のフローリングを採用しておらず、明るい色のフローリングにするとよいでしょう。床に無垢材やヘリンボーンといったアレンジを施すとよいです。より自然を感じとれるため、北欧スタイルにマッチするといえます。

頑強なイメージのない見せる収納を使用する

従来の大きな戸棚がある、硬い印象を与える収納を使用することはできるだけ避けましょう。北欧スタイルでは、吹き抜けを意識するとよいです。抜け感を出すために、できるだけ戸棚を使用せずに、オープンラックを利用するなどちょっとしたDIYを取り入れましょう。

自然の素材を使用したカゴや、北欧メーカーの家電など、配置するアイテムに気をかけることでも、空間に独自の温かみが生まれます。見せる収納といっても、隠したいものはあると思います。北欧柄ファブリックで上から覆うなど、うまく活用することで、生活感を隠しながらキッチン空間に華をもたらしましょう。

キッチンにヒュッゲの要素をプラスする

ヒュッゲとは、デンマーク語で幸福や心地よさを表した言葉です。北欧では日照時間が短く冬が長いため、部屋の中で過ごす時間が多くなります。そういった経緯もあり、明るく自然を取り入れた北欧スタイルが生まれました。

シンプルなデザインの中に、自然の温かみと花柄などのカラフルな色合いを取り入れることで、キッチンでもほがらかな気持ちになり、幸せを感じとれるようです。キッチンからでも人とのつながりを感じ取れるように、ダイニングスペースを設けるといった工夫を取り入れるとよいでしょう。毎日行う食事の時間こそ、ヒュッゲを感じながら迎えたいものです。

手軽にキッチンを欧風にするテクニック

キッチンの色を統一することでシンプルに仕上げ、北欧柄アイテムを際立てさせます。花柄や木など、自然が感じとれるアイテムがよいでしょう。

北欧ブランドのキッチン雑貨を使用する

北欧ブランドアイテムは、北欧スタイルに合うようにデザインされたものが、多く取り扱われています。布全般であれば、北欧柄ファブリックをうまく取り入れましょう。柄にもマリメッコのウニッコといったように、さまざまな模様があるので、好みで選んでキッチンを創作しましょう。

また、家電もインダストリアルデザインを重要視した、北欧ブランド製品があります。デザインだけでなく、使用感も考えられて作られているため、無理なく取り入れられます。このようなアイテムを駆使し、キッチンに北欧感をかもしだしましょう。

アイテム一つでも、手軽に北欧スタイルに近づけます。アイテムによっては値が張るため、自分が手をかけられるポイントから始めてみるとよいでしょう。

印象的なペンダントライトをつける

居酒屋などの個室などで、よく目にするペンダントライト。独特な形のものからシンプルな形まで、北欧スタイルに取り込めます。ダイニングテーブルの上につけることが一般的ですが、キッチンシンク周りにも付けることで、個性的な照明が北欧らしさをもたらします。

周りのアイテムとのバランスを考えて、奇抜なものを採用するのかを考えましょう。求める光量の違いやデザインによっては、二つ三つ付けることがあります。ご自宅のキッチンスペースを想定して、選ぶことになるでしょう。

キッチンにナチュラルな植物をプラスする

北欧スタイルはフローリングであったり、木材を多く採用し自然を多く取り入れています。これにはヒュッゲの要素も関与しており、北欧の生活において、自然を取り入れることを重要視していることは明らかです。このような北欧テイストはもとより、実際に日本の生活においても、キッチンに植物を加えることで、美的用途だけでなく、緑のリラックス効果を得られます。

キッチンですから、バジルなど調理に使う植物でもよいでしょう。シンプルなキッチンに、ナチュラルな緑で彩を加える。ささいな緑一つにも、北欧アレンジのしがいがあります。

キッチンを素敵に変身させる人気の北欧ブランド

理想を形にするためには、アイテム選びが重要です。ブランド毎の特徴を知りましょう。

日本でも人気のあるイケア

日本の方になじみ深い北欧メーカーイケア。設立当初は雑貨店を営み、価格で勝負していましたが、地元の家具店との契約を転機に、家具に力を入れ始めたようです。その頃、今では馴染みのショールームやフラットパックといったイケアの特徴が生まれました。

世界を手にかけているイケア、インターネット通販にも参入しており、2017年から日本でもサービスを始めました。日本に多くの店舗があり、テーマ別にモデルルームが用意されています。自身の部屋作りの参考にするとよいでしょう。
参考サイト【https://www.ikea.com/jp/ja/

北欧家具ブランドとして有名なノーマンコペンハーゲン

デンマーク生まれの北欧ブランド、ノーマンコペンハーゲン。北欧スタイルの基礎となるシンプルなデザインながらも、現代的な要素を次々と取りこむといった、挑戦的な姿勢が見受けられるブランドです。

その挑戦的な姿勢と有名なデザイナーによって、これまでに国内外で50以上のデザイン賞を獲得しています。今では北欧ブランド全体をけん引していく存在にまで成長したといえるでしょう。デザインはシンプルでありながら独創的です。アイテム一つで、より個性を出したい場合の選択肢としてあげられます。
参考サイト【https://www.normann-copenhagen.com/

色使いが鮮やかなマリメッコ

フィンランドを代表する北欧ブランド、マリメッコ。開業当初から奇抜で大胆な柄を取り入れた生地作りを試み、一定の評価を得ていたものの、こと商売としては順風満帆とはいかなかったようです。

おなじみのデザイン、ウニッコ。マリメッコでは当時花柄を求めていなかったらしく、デザイナーの意思表示として提出した花柄作品が、このウニッコだったようです。ここ10年で、マリメッコは市場をアジア域にも広めたことにより、私達にも見覚えがあるブランドとして認識できるようになったのではないでしょうか。

イメージの強いウニッコだけでなく、色使いが鮮やかなほかの商品にも目を配って、もの選びをしてみてはいかがでしょうか?独自の視点でマリメッコを楽しんで選ぶとよいでしょう。
参考サイト【http://www.marimekko.jp/

デザイン性と機能性が魅力のボダム

デンマークの北欧ブランド、ボダム。設立後インダストリアルデザインの重要さに早い段階で気がつき、インダストリアルを製品の大きな土台としています。サイフォン式のコーヒーメーカーサントスで成功を収めてから、コーヒーメーカーで得た技術を紅茶製品に流用しています。

こうして、新しい分野にも参入し、今ではキッチン全般をカバーできるほど業務を拡大しています。実績のあるキッチン製品を中心に、見てみるとよいでしょう。
参考サイト【https://www.bodum.com/jp/ja/

ラーゴムな北欧スタイルキッチンを作ろう

北欧スタイルとは、インテリアスタイルの中に、しっかりとした独自のモチーフが組み込まれています。人と自然とのつながりを意識して、生活に取り込む。日々の暮らしをいかに楽しく、気持ちよく迎えられるかに重きを置いています。

もし北欧スタイルキッチンを目指すのであれば、このようなポイントとをおさえて、新しい北欧スタイルを模索しながら作ってみてはいかがでしょうか?手をかけられるところから、始めてみるとよいでしょう。

シンプルながらにアイテムによるアレンジ性も多く、徐々に自分に合った北欧スタイルが見つかるでしょう。無理することなく、理想の北欧キッチンを追い求めていきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール