ライフスタイル

実家暮らしを長く続けても周りから「甘えている」とは言われない女性の特徴

実家暮らしが長く続いても、家族の中で自立しようとしているなら、それだけで十分、がんばっている証拠です。今回は「甘えている」とは言われない女性の特徴をご紹介します。

「実家暮らし=甘えている」は誤解かも?

実家暮らし=甘えているというのは、大きな勘違いかもしれません。たとえ実家暮らしであっても、毎日働いて、趣味もしっかり楽しんでいる女性は多く、ひとり不安を抱えながらも前向きに過ごしている人もいます。

一生懸命頑張っている女性に対して「甘えている」と言ってしまうと、それはさすがに失礼。
今回は実家暮らしを長く続けても周りから「甘えている」とは言われない女性の特徴をご紹介します。

誰の目からみてもバリバリ働いていて経済力も安定している

実家暮らしであっても、バリバリ働いている姿を見せられたら、経済的に安定しているのは周りから見ても明らかです。本人が言わなくても、家にもお金を入れているでしょうし、経済力的に安定しているからこそ、あえて支出をおさえるために一人暮らしをスタートさせていない可能性もあるのです。

しっかりと働いているなら、たとえ実家暮らしであっても、それを他人が「甘えている」と言う権利は、ちょっとないのかもしれません……。むしろ、独身だからこそ今は確実に貯金していたいのでしょう。

実家暮らしとは思えないほどのしっかり者

彼氏と一緒に住んでいても料理ができない人もいれば、実家暮らしであっても積極的に家事に取り組み、一通りのことができる人もいます。両親が年齢を重ねてきた分、自分が中心となって家事を進めようと思っているのでしょう。

実家暮らしとは思えないほどのしっかり者だと分かるなら、もちろん決して親には甘えていません。経済的だけではなく精神的にもしっかりしていて、両親を支えているなら、それもひとつの生きかたです。

安易に実家暮らしという情報だけで「甘えている」と判断するのは危険なんです。

常に上を目指している姿が周りからも評価されている

実家暮らしをしていても、常に上を目指しながら頑張っている女性は輝いています。バリバリ働くだけではなく、他にも趣味をたくさんもっていて、しかも、そのうちのいくつかはライフワークにもなっているほど夢中になれている状態。

同年代の女性よりも知識の幅があり、普段から勉強していることが分かれば「実家暮らしです」と言っても、周りは甘えているとは思いません。むしろ計画的に行動しているからこそ、今の状況だと思うのでしょう。

「実家暮らし=甘えている」は大きな誤解!

先々のことまで考えたうえで、あえて実家暮らしを選択している人も多くなってきているのではないでしょうか。当面の間は仕事を最優先にしたい、恋愛どころではないから、あえて実家暮らしを続けている人も、きっといるはずです。

「実家暮らし=甘えている」という大きな誤解が、どうか少しでもポジティブな空気へと変わっていくといいですね。

山口 恵理香

コラムニスト、webライター。 恋愛・ライフスタイル記事を中心に執筆中。金髪とCHANELの赤い口紅がトレードマーク。

プロフィール