健康・運動

1日断食のメリットとは|効果的に取り組める方法と注意点を解説

1日だけの断食では意味がないと思っている人は多いでしょう。しかし手順と注意点を把握して実践すれば、断食から得られる素晴らしい効果を実感でき、健康的に痩せて美しい体づくりができるのです。継続したダイエットが出来ない人にも向いている方法です。

1日だけの断食でもメリットはたくさんある

1日だけ断食をしても意味がないと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし1日だけの断食は、取り組み方によっては素晴らしい効果を実感できるものなのです。

そうは言っても、取り組み方を誤ってしまうと意味はなく、リバウンドという残念な結果に終わるケースもあります。1日だけなので体重の減少を目的とするのではなく、健康な体づくりのきっかけやスタートとして取り組みたい人に向いている方法です。

1日断食の効果

ここでは、1日断食によって得られる効果をお伝えします。健康やダイエットを始めたい人にとって押さえておきたいポイントもピックアップしているので、内容をチェックして効果を得ましょう。

つらい便秘が解消される

断食により腸が休息状態になり、その後の消化能力が上がることで便秘解消に繋がり、便秘に伴う症状が改善されていきます。食べ過ぎは胃や腸に負担をかけて悪循環な状態になっている場合があります。便が固くなり、薬を飲んで便秘症状を和らげているという人も、断食をすることにより症状の改善が期待できます。

便秘の解消だけではなく、体のサイクルをリセットする効果もあります。断食を行うことで滞っていた血行を促進させ、代謝の改善や脂肪燃焼機能も活性化されていきます。体をリセットさせ、本来の機能を働かせるためにも断食は素晴らしい効果をもたらしてくれます。

体内の老廃物を排出できる

1日だけでも食事の摂取量を減らすことで、排出の時間を十分確保することができ、体内の有害物質や老廃物が排出されます。「食べない」だけで終わるのではなく水分はしっかりと摂取できるため、老廃物を流し綺麗な血液を循環させ、代謝がよくなります。綺麗な血液に変換されていくので、自然に顔色もよくなり透明感が出ます。

体内をスッキリさせ、美容にもよい効果が期待できるため、美容と健康を維持するために行ってもよいでしょう。老廃物が蓄積すると疲れも取れにくく体は重く感じます。そのような状態を脱するためにも1日断食を取り入れてみると良いでしょう。

ダイエットに繋がる

摂取カロリーが減るので、平均して1キロほど体重が減ると言われています。また、デトックス効果により代謝機能が上がり、脂肪燃焼しやすい体となってダイエットに繋げられます。

1日断食では大幅な体重の減少は期待できませんが、滞りの原因である老廃物を排出する作用が強く表れます。そのため、不必要なものがどんどん排出されるため、体にない状態になるため約1キロの減量になるのです。

食事をすれば元に戻りますが、体質は改善傾向にあります。老廃物を抱えたままの体ではなく、スッキリと綺麗な体で食事をするわけですから、消化吸収率もよく代謝機能や脂肪燃焼率も正常に働くため、効果的なダイエットにつなげやすくなるのです。

肌が綺麗になる

断食により体内の老廃物を排出すると、血行がよくなり、体の隅々まで栄養が行き渡るので美肌に繋がります。また、胃腸を休めると免疫力が上がり、ニキビなどの肌荒れを防ぐことができることも知っておきましょう。1日の断食だけでも、地肌の変化や化粧ノリなどの変化に気が付くほど、肌が改善されワントーン明るくなる人もいます。

肌は、よいスキンケアや化粧品を使用しても体の内側から改善しないと綺麗になりません。たった1日の断食でも素晴らしい効果が発揮されるため、肌を改善させたい人にとってもよい効果が得られます。肌トラブルや透明感を引き出させたいという人にもおすすめです。

精神が安定する

断食により胃腸機能が回復すると、脳内物質セロトニンの分泌が活発になります。セロトニンは精神を安定させて、ポジティブ思考にしてくれるため気持ちが落ち着き、よいアイディアも閃きやすくなります。日々のモチベーションが下がりやすい人も、たった1日の断食を行うことで体だけではなく気持ちも切り替えられ、スッキリできます。

女性にとって、毎日のモチベーションはとても大切なことです。気持ちが安定しないと、何気ない行動や表情、言葉づかいもうっかりミスをして失敗しやすくなります。たとえ失敗してもポジティブ思考が発動するため、自分の意識改革のためにもよいきっかけとして取り組むことができます。

食生活が健康志向になる

断食により体が本来の機能を取り戻し、食事の量が少なくて済むようになったり、濃い味付けより薄味を好むようになり、体が自然に健康志向へ改善されます。たった1日の取り組みでも体に良いきっかけをもたらし、本来の正常な機能へと戻してくれるのです。

食生活は、健康だけでなくダイエットにも重要な鍵となるため、断食することで日々の食事を見直す意識が働き、食生活の改善にもつなげられます。体も気持ちもスッキリとするため、「やってみたい」「頑張ろう」という前向きな気持ちになり、自分の健康を見直して改善に向けさらに取り組みやすくなります。

1日断食の内容と手順

次に、効果をきちんと得るために重要な手順を説明していきます。

断食2日前から食べる量を減らす

予備断食として、食べる量を8割程度に減らします。断食前日の夜は半分程に減らしましょう。野菜やフルーツメインで食べ、脂質の多いものや高カロリーのものは避けます。実は、1日断食を急に行うのではなく、1~2日の準備期間が重要です。

スポーツを行う前でも必ず準備運動を行い、体を慣れさせることと同じように、断食でも予備断食という準備期間が必要なのです。この予備断食を計画的に行うことで、本番の断食を成功させることができ、断食から得られる効果も実感できるのです。

断食中は水分を多くとる

水分は1.5リットル以上とるのが理想です。水ではなく、ハーブティーや野菜ジュースなどでもよいです。冷たすぎると燃焼に時間がかかり胃腸に負担をかけてしまいます。熱すぎると胃腸が活性化され、消化吸収を促進させてしまうので、断食中は常温やぬるま湯程度の温度のものを飲むとよいでしょう。

1.5リットルを一気に飲むのではなく、少量をこまめに摂取することがポイントです。総合して1.5リットル摂取できるように意識してみましょう。

断食後2日間は消化によいものを食べる

休んでいた胃腸を徐々に慣れさせる必要があるため、断食後の食事は急に通常食に切り替えないようにしましょう。動物性脂質や砂糖を控えた食事がおすすめです。お粥やにゅうめん、豆腐を使ったものなどを用意して、低カロリーでもたんぱく質もしっかり摂取できるメニューを考えましょう。

低カロリーであっても、急激に食べる量を増やすのではなく、少量で消化によいものを選びます。生野菜ではなく温野菜、味付けは薄味もしくは味付けしないなど、冷たい料理ではなく温かい料理にしてゆるやかに栄養を補給しましょう。

1日断食の注意点

一日断食を行う際に注意すべき点を紹介します。

体調不良を感じたら中止する

貧血などの症状を感じたら、無理はせず医師に相談する等対応を取ることです。また、妊娠中の人や極端に体重の少ない人は、断食を控えましょう。断食は、健康を意識している人やダイエットなどのきっかけ、リセットさせたいという人に向いているものです。

調子が悪い中で取り組んでも、よい結果に結びつく可能性は低いと思った方がよいでしょう。断食はある程度体力が必要です。妊娠中の方は、栄養不足になり胎児に悪影響を及ぼしかねないため、出産後に取り組みましょう。自分の体調のよい日を選び、計画的に取り組むことでよい結果につなげやすくなります。

好転反応について事前に知っておく

下痢や頭痛などの症状が出る場合もあり、「失敗した」「自分には向いていない」など、途中で挫折してしまう人もいます。しかし、体内の老廃物が排出されて起こることなので心配はなく、好転反応の症状なので様子を見て無理のないように取り組みましょう。

多少の下痢や腹痛ではなく、我慢できないほどの痛みを感じた場合は途中で中断し、無理に続けないことです。好転反応は人それぞれ個人差がありますが、多くが下痢や腹痛、肌荒れという症状が出ます。落ち着くと症状は治まり肌質も改善されていきます。

1日断食で体の中から綺麗になろう

たった1日の断食ですが、体の内側から綺麗になりたいという人にとっておすすめの方法です。健康維持や体質改善、体をリセットさせたいという人はもちろんのこと、ダイエットを始めるよいきっかけ作りにも最適です。

1日の断食ですが、予備断食も計画的に行うことでよりよい効果をもたらし、綺麗な体に改善できます。焦らずに自分のペースで取り組み、無理のないように楽しく行うことが大切です。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール