健康・運動

肉割れはどうしてできるか|対策や目立たなくする方法も紹介

肉割れは急激な体型の変化だけではなく、皮膚の乾燥や歩き方などの様々な理由でできてしまいます。原因を知る事で、肉割れができないように対策をとる事が出来ます。すでに出来てしまった肉割れのケア方法や、おすすめのクリームなどもあわせて紹介します。

原因を探ろう

「肉割れ」とは、お腹や太ももなど、脂肪が多い部分にできてしまう白や赤い線のことです。肉割れは、急激に太ったり痩せたりするとできるもの、というイメージが強い人が多いでしょう。また、自分には無縁だと思っていた人でも、妊娠時に出来てしまった妊娠線に悩むこともあるかもしれません。

実は、肉割れは急激な体型の変化だけではなく、様々な原因でできてしまうことをご存知ですか?原因を知ることで、肉割れに対して、対策をとることが出来ます。

本記事では肉割れの原因や出来やすい場所、予防方法などを詳しく解説します。また、予防だけではなく出来てしまった肉割れのケアの方法や、おすすめのクリームなども併せてご紹介します。

肉割れとはどんな状態か

肉割れとは、太ももやお尻などの脂肪が多い部分の皮膚にできてしまう線のことを指します。

体型の変化などによって急激に皮膚が伸びてしまった際、その伸びに耐えられず皮膚にひび割れたように線ができた部分のことです。肉割れは、出来てしまった初期段階では赤や赤紫色の線ですが、次第に白い線へと変わっていき、消えにくくなります。

人間の肌は表皮、真皮、皮下組織の3層になっていますが、1番外側の表皮は柔らかく柔軟です。一方、その下の真皮と皮下組織は表皮ほど柔軟性がなく、急激に皮膚が伸びた際に耐えられず亀裂が入ってしまうことがあります。こうして肉割れが起こります。

肉割れは体型の変化に加えて、様々な原因で起きます。妊娠による体型の変化でもできやすく、妊娠時にできる肉割れは、一般的に妊娠線と呼ばれています。

肉割れができる原因

肉割れができると回復した後でも、皮膚上に白い線のような跡が残ってしまうので、温泉に入る時や水着を着る際などに目立ってしまうことがあります。病気や怪我ではないものの、跡が残ってしまうことに抵抗がある人も多いでしょう。できれば、肉割れができるのを避けたいものですよね。

肉割れができるのを避けるために、肉割れがどういった原因でできてしまうのか知っておくことが大切です。原因を知れば、対策を取ることができます。

ここからは、肉割れができる様々な原因について、確認していきましょう。

急激に太ってしまった

肉割れができてしまう原因の代表格としてあげられるのが、「急に太ってしまった」ことです。肉割れは先ほど確認したように、急激に皮膚が伸びてしまうことで起こります。

なんらかの原因で急激に太ることで、皮膚の下の脂肪が増えて、表面の皮膚に大きな負荷がかかり肉割れが起こる原因となります。

筋肉量が急に増えた

肉割れは、先ほどご紹介した「急激に太ったときにできやすい」という知識を持っている方は多いでしょう。一方で、太ることと対局にあるイメージの「筋肉量の増加」でも、肉割れができることがあります。急に激しい筋トレを始めたことによって肉割れができる人も、実は多いのです。

肉割れは、急激な皮膚の伸びによってできます。筋トレや運動などをして筋肉が増えた場合でも、皮膚が伸びることがあります。そして、筋肉が急に増えると、その伸びについていけず皮膚が裂けてしまうことがあります。

どうしてこのように皮膚に負担がかかり肉割れとなってしまうのかというと、一般的に、筋肉が大きくなるスピードよりも、皮膚が伸びるスピードの方が遅いためと言われています。

歩くときの足裏に原因あり

また、肉割れは歩き方が悪いとできてしまうこともあります。

歩くときに、足の指をきちんと踏ん張っていない場合、足の裏のバランスが悪く体が不安定になりがちです。そういったバランスの悪さをカバーしようと、足の別の部分(ふくらはぎや太もも)に力が入りすぎてしまい、結果として力が入ったふくらはぎや太もも部分に肉割れを起こすことがあります。

ヒールを履く際に歩き方のバランスが悪くなってしまう人や、外反母趾の人も要注意です。できるだけ、足の指がしっかり靴についている状態で歩くことを意識しましょう。

歩き方が原因でできる肉割れは、太っている・痩せているにかかわらず起こります。急激な体型の変化がないのにも関わらず、太ももやふくらはぎに肉割れができている場合には、歩き方に無理がないか確認をしてみる必要があるかもしれません。

血の流れがよくない

実は肉割れの原因は、体型の変化や歩き方の問題だけではありません。皮膚が血行不良の状態になっていると、肉割れができやすくなることもわかっています。

血の流れが悪い場合、血液が体の隅々にまで行き届かなくなります。血液が体の隅々まで届かないと、体の表面にある肌は柔軟性を失ってしまいます。柔軟性を失った肌組織は、真皮や皮下組織が裂けやすくなり、肉割れが出来てしまう場合があります。

体が冷えたり食事のバランスが崩れている事で、血の流れが悪くなってしまいます。こういった体内環境の問題でも、肉割れが起こることがあるので気をつけておきたいところです。

皮膚が乾燥している

また、乾燥している状態は皮膚にとって大敵です。皮膚が乾燥している状態だったことが原因で、肉割れが起こる場合もあります。空気が乾燥している環境下で保湿が足りていないと、皮膚が乾燥してしまいます。乾燥している状態だと、血行不良時と同じように皮膚は柔軟性を失った状態になりがちです。

乾燥によって柔軟性を失った皮膚組織は、ちょっとしたはずみでも肉割れが起きてしまうことがあります。乾燥にも注意を払っておかなくてはなりません。

急に痩せてもできる

肉割れは、急激に太る場合だけではなく、急激に痩せた場合にも、できることがあります。

ダイエットによって急激に痩せた場合、体の中の筋肉や脂肪は縮むことで小さくなります。その時、皮膚も一緒に縮みますが、皮膚の方がうまく体型の変化に対応が出来なかった場合には、急激に縮む事で割れてしまうことがあります。このようにして、急激に痩せてしまう事で、肉割れにつながることがあります。

太る場合も痩せてしまう場合も、体型が変わる際は、「急激に」という状況が肉割れにとってはよくないようです。

成長によって肉割れができる

肉割れの原因は皮膚に負荷がかかり裂けてしまうことですが、成長期の急激な体型の変化でもできやすいと言われています。

例えば、身長が伸びると当然皮膚も一緒に伸びていくことになります。このとき、筋肉や骨など他の組織の伸び率が、表面の皮膚の伸びを上回ったときに、皮膚は付いていけず肉割れを起こすことがあります。

成長期の男子学生が、急激な身長の伸びについていけず背中に肉割れができてしまった、なんてこともよくある事例です。

肉割れができる場所を知ろう

肉割れは、体中どこにでも出来やすいわけではありません。体の中でも、肉割れが起こりやすい場所があることをご存知ですか?

ここでは、肉割れができやすい場所や、その理由について確認していきたいと思います。

太ると贅肉がつきやすい二の腕

肉割れができやすい場所の一つとしてあげられるのが、二の腕です。

二の腕は、もともとは脂肪がそこまで多くない場所ですが、ご存知の通り太ると贅肉が付きやすい場所です。そのため、急激に太ってしまった場合などには、二の腕にも贅肉がたくさんつき、肉割れを起こしやすいのです。その他にも、筋トレによって筋肉が大きくなった際にも、二の腕に肉割れができることがあります。

また、二の腕にできる場合は、線の肉割れよりも、凹凸状で長さが短い肉割れが多い傾向があります。

自分では見えにくいお尻

お尻にも、肉割れができることが多々あります。

食生活による体型の変化、または妊娠などで急に脂肪が増えてしまう場合、お尻は特にお肉が付きやすい部分です。そのため、体の中でも肉割れしやすい部分だと言えます。

また、デスクワークなどで座っている時間が長い場合には特に注意が必要です。座っている状態は、お尻に負荷がかかっている状態となっています。負荷がかかっていると、肉割れを起こしやすいと言われています。

太くなりやすい太もも

急激に体重が増えた場合には、お尻から太ももにかけて肉割れに注意が必要です。この部位は脂肪がつきやすく、急な体型の変化が起こりやすいからです。

また、太ももの場合には、負荷がかかる歩き方をしていることでも肉割れが起こります。

先ほどもご紹介しましたが、足のゆびがしっかりと地についていない状態で歩いていると(浮き指歩き)、バランスを取ろうと、太ももに力が入ることがあります。このような負荷がかかった状態で過ごす事でも、太ももに肉割れを起こしやすくなってしまいます。

実は肉割れしやすい胸

胸は、成長期に限らず変化が大きい部分です。大人の女性でも、ホルモンの関係で大きくなったり、また痩せてしまうと急激にしぼんでしまうことがあります。形が変わりやすい部分と言えます。そのため、実は胸も肉割れしやすい場所と言われています。

成長期や妊娠期の変化を防ぐことは難しいものですが、普段から急激に太ったり、過激なダイエットで急に体重を減らさないようにすることが、胸の肉割れを防ぐことにつながります。

脂肪の多いお腹

太ると最初に体型の変化が現れるのが、お腹だという方も多いでしょう。お腹も肉割れに気をつけなければいけません。テレビ番組のダイエット企画などで、大幅に体重を落とした人のお腹に白い筋が入り、肉割れしているのを、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

もともと、お腹の皮膚は伸びやすくなっています。一方で、どうしても脂肪も最初につきやすい場所ですので、皮膚の伸びが脂肪の増幅に付いていけなかった場合に、割れてしまいます。

また、妊娠でお腹が大きくなることで起こる肉割れ(妊娠線)も有名ですね。妊娠の場合には、赤ちゃんの重さで下向きにお腹が大きくなるために、下腹部(おへそのした辺り)に肉割れができやすいようです。

肉割れを予防しよう

怪我や病気ではないので、それ自体に健康上の心配の必要のない肉割れですが、できれば避けたいものですよね。肉割れはできてしまった後、その皮膚を元の状態に戻すのは少々難しいため、予防がとても大切だと言われています。ここからは、肉割れを予防をするために有効な方法を幾つかご紹介します。

体型が変わらないようにする

肉割れを予防する上で、1番大切なのが、急激に体型が変わらないようにすることです。肉割れが起こる原因は重ねてのご紹介となってしまいますが、急激に体重が増えたり痩せたりすることによる体型の変化です。

激しいダイエットや激太りなどを避け、なるべく体重の増減がないようにしましょう。太りやすい体質の方の場合は、食事や運動に気を使い、できるだけ体型を維持できるようにする事も大切です。

また、ダイエットや筋トレを行う場合には、いきなり体型が変わらないように、ある程度期間に余裕を持った計画を立てた上で、理想の体型を目指していくことが大切です。

肌をやわらかくする

肌が硬くなっている状態や乾燥が進んでいる状態だと、肉割れが起こりやすくなります。こうした肌状態が原因でも肉割れを防ぐために、潤いや弾力がある良い状態をキープしましょう。

弾力のあるやわらかい肌になるように、ボディクリームを塗ったりし、お手入れをすることが大切です。また、乾燥対策は1日だけクリームを塗っただけでは意味がありません。お風呂上がりに必ずケアをする、などと決めて、毎日の日課にしておくことが大切です。

顔のスキンケアに力を入れるだけではなく、肉割れができやすい場所も日頃から手をかけてケアをしていきましょう。

ダイエット中に肉割れを防ぐ方法

肉割れに注意をしなければいけないダイエット中。先ほどもご紹介しましたが、急に痩せることは皮膚にとって大きな負担となり肉割れを起こしてしまします。極端な食事制限は急激な体型の変化を呼び、健康にもよくありませんので、控えるようにしましょう。

また、ダイエット中は水分をしっかりとるようにしましょう。運動によって、体の水分が減ってしまうと皮膚がこわばり、体型の変化との相乗効果でより肉割れを起こしやすくなります。

急激なダイエットは肉割れだけではなく、リバウンドも引き起こしやすくなりますよね。無理のないダイエットを心がけるようにしましょう。

浮き指歩きには足の親指や膝をまげて立つ

高いヒールや外反母趾などの影響で、浮き指歩きになりがちな場合、体に負担がかからないようにリカバリーの意識をもっておく事が大切です。例えば、気づいた時や家でのリラックス時に、手を使って足の親指の曲げ伸ばしをして、足の指の緊張を和らげることも有効です。

また、立っているときに、膝を伸ばしきっていることで、かかとに重心がかかります。その状態だと、足の指の方に力が入らず靴の中で浮いてしまうこともあります。

この状態を防ぐために、膝をかるく曲げて立つように意識をしましょう。膝を軽く曲げると、重心が前にかかるので足の指に体重がかかります。これによって浮き足にならず、太ももやふくらはぎに負担がかかりにくくなりますよ。

肉割れを目立たなくさせる方法

ここまで、肉割れの原因や予防方法などを確認してきました。一方で、妊娠や体型の変化で肉割れがすでにできている方もいらっしゃると思います。

すでにできている肉割れを目立たなくさせる方法についても、ご紹介していきたいと思います。

指の不安定さを解消

ふくらはぎや太ももなどの足の肉割れは、歩き方や立ち方がアンバランスな状態である事から起こっています。歩き方や立ち方は日常のクセとなっていることが多く、そのままにしておくと、どんどん肉割れがひどくなってしまうことも考えられます。

足の肉割れに悩んでいる方は、まずは足の指の不安定さを解消することが、肉割れを目立たなくするために先決です。立つときは、足の指とかかと中足関節を地面につけて立つようにするとバランスがとれます。
まずは、足の状態から見直していきましょう。

保湿をし肉割れ用のクリームを塗る

肉割れの予防に保湿ケアが有効だとご紹介しましたが、できてしまった肉割れも保湿をしてケアをする事がとても大切です。できてから時間が立って白くなっている肉割れや、大きい肉割れなどは、完全に消す事は難しいかもしれません。ですが、どんな肉割れでもケアをしていくことで目立たなくする事が可能です。

ケアを怠ることで、肉割れが増えてしまう場合もあるかもしれません。これ以上肉割れに悩まなくて良いように、クリームで保湿を行って行きましょう。

世の中には、肉割れが出来てしまったあとに使う専用のクリームがたくさん出ています。本記事でも追っておすすめをご紹介していますので、ぜひお気に入りを見つけてケアをすることをおすすめします。

レーザー治療をする

美容外科などでは、技術で肉割れを治療する事ができます。その治療方法の代表格がレーザーでの治療です。

レーザーを照射して肌の内部に刺激を与えることで、肌の細胞が活性化します。これにより肉割れの状態から、元の綺麗な肌の状態へと近づけてくれます。

美容外科のレーザー治療は、シミやたるみ、美白などの肌を美しくするための治療方法として使われていますが、肉割れにも効果があるということですね。

特に、できたばかりの赤い肉割れであれば効果が高く、元の肌と同じような状態まで治療することが可能であると言われています。

炭酸ガスで治療する

また、美容外科では、レーザーだけではなく炭酸ガスをつかった治療も行われており、炭酸ガスも肉割れに効果があると言われています。

炭酸ガスの治療は、皮膚に炭酸ガスを注入することで、血行をよくする効果やコラーゲンの生成育成を助ける効果があります。これによって、皮膚をできるだけ元の状態に近づけて綺麗にすることが可能です。

美容外科では、炭酸ガスの治療は、肉割れだけではなく、顔の小じわやくまの改善にも効果があると言われています。

ニューダマローラーで治療する

ニューダマローラーは、皮膚に小さい穴をあけて極々小さい傷をつくることで、肌が自分の力で元に戻る仕組みを利用した治療です。

小さな傷ができると、人間の体は傷を直そうと反応を起こします。その際、コラーゲンが生成されます。それによって断裂した傷(肉割れ部分)が修復する仕組みです。ニューダマローラーは、自分の体の生理的な反応を利用した治療のため、副作用などが起こりにくいことも一つの特徴です。

食生活を見直す

基本中の基本ではありますがとても大切なのが、食生活を見直し体の内側からアプローチをすることです。美容外科の治療などと比べると、すぐに効果が出るものではありませんが、食事を整えることも肉割れの回復に有効です。

皮膚の生成や回復には、コラーゲンが大切ですが、このコラーゲンを不足させないために食事にこだわりましょう。

例えば、コラーゲンはたんぱく質の一種なので、良質なたんぱく質をバランスよくとることを心がけます。併せて、コラーゲンの強くすることに効果があるプロテインやビタミンCの摂取を心がけることがおす住めです。

ピーリングをする

肉割れは、内側の皮膚が裂けて傷がついた傷跡が残っている状態です。傷跡を薄くする治療の一つとして、ピーリングも効果があります。

ピーリングのおさらいですが、ピーリング剤を使うと、肌の古い角質を落として新しく皮膚が再生するのを促すことができます。この皮膚の再生が起こる流れに乗せて、肉割れの跡を薄くさせることができると言われています。

ピーリング化粧品などは、薬局などでも手軽に手に入れることが可能です。そのため、セルフケアに取り入れている方が多い方法の一つです。

部位別にマッサージをする

マッサージを行い、血流をよくすることも肉割れの跡を薄くする効果があります。またクリームを使って保湿をする場合、マッサージを行うことでクリームの効果をあげることにもつながります。

自宅で手軽にできるマッサージを部位別にご紹介します。

胸のマッサージ

胸にできた肉割れをマッサージする際には、バストの横から下のほうへ半円を描くようにマッサージします。また、バストの上部分は、デコルテの方向に引き上げるように流していきましょう。

摩擦が強いと皮膚を傷つけてしまうことにつながります。摩擦を防ぐために、クリームをつかって優しくマッサージを行うことが大切です。

お腹のマッサージ

脂肪が付きやすいおへそ近辺は、円を描くように丁寧に刺激を与えてマッサージをしましょう。おへその下部分は、優しく上側に向かって撫でるようにマッサージをすることがコツです。

お腹のマッサージも、胸と同様にクリームを使って摩擦を防ぎながら、優しく行うことが大切です。

太もものマッサージ

太もものマッサージの場合には、お尻の方向に向かって、下から上に持ち上げるようにマッサージを行います。重力によって脂肪は下に流れやすいので、上に持ち上がるようにイメージし、クリームをたっぷりと使ってマッサージを行いましょう。

また、太ももの内側は忘れがちです。肉割れが出来やすい、内側部分も念入りに行ってください。

おすすめ肉割れ対策用クリーム3選!

肉割れの対策には、保湿がとても大切です。おすすめの肉割れ対策クリームを3つほどご紹介したいと思います。

保湿に効果があるクリームは世の中にたくさんありますが、今回は、肉割れ専用のクリームであることを選定条件としてクリームを選んでご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

180日間返金保障のプレマーム

Premarm(プレマーム)

初回限定価格 1,800円(税抜)

まず最初におすすめしたいのが、プレマームです。妊娠線を含む肉割れの予防段階でも、できてしまった後のケアにも使えるクリームです。

プレマームの特徴は、日本国内の製造販売であることと、「7つの無添加」です。多くの化粧品に使われている、合成着色料、合成香料、エタノール、鉱物油紫外線吸収剤、キレート剤、サルフェートが不使用となっています。

刺激に弱い方や敏感肌、妊娠中でも安心して使えることで支持されています。多くの方に満足度や信頼度の面から支持されて、シリーズ累計15万個という販売実績があります。

通常価格は6,800円ですが、初回限定で1,800円のキャンペーンをやっています。何を使ったらいいかわからないという方や肌が弱い方などは、まずはプレマームを試して見ることがおすすめですよ。

ブースターオイル付きのNOCOR

NOCOR(ノコア)

初回 6,980円(税込)

アフターケアに実績のあるクリームを探している方におすすめなのは、NOCOR(ノコア)です。

産婦人科の先生がアドバイザーとして入り開発された商品で、累計販売も50万本を超えています。その効果や満足度の高さから、多くの雑誌で取り上げられているので、目にしたことがある方も多いかもしれません。

NOCORの特徴は、ブースターオイルとクリームが二本セットとなっていること。最初にオイルをつけることで、肌の水分と油分のバランスを整えます。その上から保湿力抜群のクリームをぬって肉割れのケアをする商品となっています。

NOCORも、先ほど紹介したプレマーム同様、成分の無添加にこだわっています。合成界面活性剤、合成香料、着色料、鉱物油、パラベンアルコールなどが不使用です。肌が弱い人も安心ですね。

一方で、肉割れのアフターケアに有効な成分が38種類も配合されており、その有効成分の多さはボディクリームでありながら顔につける美容液並みと言われています。

オイルとクリームの二本使いでより効果を得たい方、肌に優しいけれども有効成分が多いものを探している方には、NOCORがおすすめです。

マタニティ用のmitete

mitete 女性100人の声から生まれたマタニティクリーム 120g

mitete 女性100人の声から生まれたマタニティクリーム 120g

3,023円(05/24 10:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

たまごクラブやなどの雑誌で、妊娠線ケアのおすすめクリームとして度々紹介されているのが、このmiteteです。べたつかない、油っぽいオイルの匂いを抑えるなど、100人以上の女性の希望を聞き、妊娠線のケアのために開発された優しいクリームです。妊娠線のケアに効果があるということは、もちろん肉割れにも効果が期待できます。

香料、着色、料鉱物油が無添加で、肌が敏感な時にも使え、使用時にリラックスができるようにアロマ成分が配合されています。また、嬉しい特徴として、冷えにも対応できるようにヘスペリジンという成分が配合されています。肉割れのケアをしている最中から肌が温まりますよ。

敏感な妊娠時にももちろん、アロマの香りで癒されたい、温めたい、優しいクリームを使いたい方にはmiteteがおすすめです。

【参考:https://464981.com/mcream/

肉割れは消せないが目立たないようにできる

今回は、肉割れができてしまう原因や、その予防方法、できてしまった後のケア方法などをご紹介しました。

肉割れは、急激な体型の変化などで皮膚に負担がかかりできてしまうもの。その原因を抑えて、事前の予防を心がければ、肉割れになってしまうことを防ぐことが可能です。

急激な体型の変化がないように心がけ、日頃から肉割れが起こりやすい場所が乾燥しないように丁寧にケアをすることを習慣化しましょう。

また、気をつけていても出来てしまうこともあるでしょう。もし、ケアを気をつけて行っていても肉割れができてしまった場合には、とにかく保湿が大切です。保湿を行うためには、肉割れに特化したクリームを使ってみましょう。

肉割れは傷跡の一つなので、完全に消すことが難しい場合もありますが、保湿を丁寧に行って食事やマッサージにも心を配れば、目立たないようにすることも可能です。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール