• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 転職に成功するコツとは|面接での退職理由の伝え方について
転職

転職に成功するコツとは|面接での退職理由の伝え方について

新卒採用で入社して何年か会社勤めをしてきたけれど、人間関係が上手くいかずに悩んでいる、新しい事にチャレンジしてみたいけれど、失敗するかもしれないと不安になるなど、気になっている人にこれから転職に成功する方法について説明していきます。

面接官に好印象を与える退職理由の伝え方

「上司や後輩との人間関係で悩んでいる」「仕事がマンネリ化してきたようで違うことに挑戦したい」というさまざまな理由で退職し、転職するのも未来へ向かう明るいスタートです。ただ、転職試験で聞かれることが多い転職理由。内容次第では、マイナスなイメージを与えかねないので伝え方には注意が必要です。

転職するときのために、面接で話し方が良い印象になるコツなどを詳しく記していきます。参考にして下さい。

退職理由は伝わり方が重要

面接で好印象を与えることができるのはどういったことなのか、次に説得力のある話し方や気を付けておきたいことを紹介します。

就活時と同様に志望動機に力を入れる

まず希望していることは何か押させておきましょう。

・会社で何をやりたいのか
・目標は何なのか
・その仕事を選んだ理由
・入社してからどのように働くか

大切な4つの点を重視することです。辞めた事情よりも、前に進んで行くことを面接官に伝えることが、納得できる志望理由に繋がります。

同じ退職理由を繰り返さないことを伝える

企業は自社の業績を伸ばして、長く働いてくれる人材を求めています。「会社を辞めたことは、転職のきっかけに過ぎません」というように、会社が変わることが志望動機になっていれば、面接のときに好印象を与えることができます。マイナスイメージになりかねない「退職」を繰り返さないという安心感を与えることが大切だといえます。

説得力のある退職理由の組み立て方

会社を辞めた事情は面接で、必ず聞かれると理解しましょう。面接官に同意してもらえるように上手く伝えるためには、まずは自分が退職した理由を理解することが重要です。

退職したい理由を書き出してみる

あらかじめ、転職した理由をまとめておくことが重要です。どうして辞めたいと思ったのか、どんな理由であっても、文章として書くことで現状が把握ができます。それから関係する内容を分けて整理しましょう。例えば人間関係や待遇面で不満に思っていたことがが分かってきます。

辞めたいと思った理由には、1つではないことがほとんどです。いろんな要因が合わさって退職につながります。とにかく自分の辞めたいと思った理由はなんだったのか、自分が求めていることが明確になってくることで、次の目標を立てることに繋がります。

ネガティブな理由だったらポジティブに言い換えてみる

誰でも仕事や会社に不満を持っているかもしれません。しかし転職や退職の理由をそのまま面接のときに話してしまうと、採用担当者は同じことでうちの会社も辞めるかもしれないと不安になるかもしれません。

書きだした退職した事情を前向きに考えて面接官に伝えましょう。会社の悪口は言わない方がよいでしょう。人間関係がよい所で働きたい、仕事内容や役割が違う、給料が高い所がよい、土日の休みが欲しい、勤務地が合わない、雇用形態が安定したい、成長できる会社で働きたい、など自分の希望などを伝えるようにしましょう。

ポジティブな言い換えは志望動機に繋がる

辞めた事情を転職の理由にする場合には、説明する内容をポジティブに言い換えてみましょう。あなたが探している会社は不満に思っていることを、改善された会社になるはずです。会社を辞める理由を志望動機に変えて話してみると、面接官に良い印象を与えることができます。

採用担当者が最も気になることは、前の所も短い期間しか勤めていないか、採用して仕事が続くかどうかです。印象をよくするには、辞めた理由と職場を変える原因に結びつける、前向きな話にする、話すときは小さい声で話すより、はきはきとした判りやすく伝えたほうが印象がよくみえます。これらのことを気を付けて、新しい会社を見つけましょう。

嘘はNGだが脚色はOK

書きだした辞めた理由の中に、業務自体に関するものがあればそれに繋がる内容を膨らませて行くことです。人間関係やハラスメントなどの主観が入ったり、センシティブな事情の場合が辞めるときでも、本音は言わないようにしましょう。

待遇面だけが転職の原因だと好印象を持たれるのは難しくなります。面接官に辞めた内容をそのまま話してしまうと、同じことで辞めるのではと不安がられてしまいます。退職する原因が人間関係だとしても、転職するならこういった会社で、自分の目標を達成したい、経験を活かしてスキルアップしたいということなど、前向きな内容を中心として伝えることが転職を成功させることと言えるでしょう。

無理をして思ってもいないことや事実とは違うことを退職の理由や志望動機にすると、つじつまが合わなくなってしまうため、気をつけましょう。

面接官はここを見ている

中途採用試験では、多くの求人者が退職経験者です。その中で採用してもらえるかどうかは、可能性を感じてもらえるかにかかっています。面接官の採用担当者に面接で転職を希望していることを伝えるときに、良い印象になるコツを表していきます。

前職場の悪口は絶対にダメ

人の見た目や第一印象は、その人の内面が表れていると思っている人は多いでしょう。話しかたにも人柄が表れてきます。リサーチによれば、採用の合否に見た目が関係あると答えた人は、7割以上もいます。

面接のときに前の会社の愚痴をいう人は能力が高くても、要注意とみられてしまいます。評価が悪くなる可能性も出てくるので気を付けましょう。

笑顔でハキハキが1番大事

人間にとって最初に受けた印象が、その後の印象にも影響を受けやすいです。初めによい印象を与えることができた人は、その後で失敗をしても大目に見てもらえる確率が高くなり、印象があまりよくなかった場合は、後も期待できない可能性もでてくるかもしれません。人の印象は、初対面から数秒から1、2分で決まると言われています。

まず笑顔ではきはきとあいさつをすることを心掛けましょう。身だしなみも整えて、清潔感のある姿で笑顔で挨拶をします。あなたが笑顔になっていることで、相手も笑顔にすることが出来ます。人柄がよく一緒に働きたい人だと思われて、印象がよくなるでしょう。

長く働いてくれるかどうか

人を採用するのに、かかる費用のことを採用コストと言います。一般職か専門職などどのような人材を採用するかによって、金額も変わってきます。中途採用を1人採用するのにかかる費用は、営業職、事務ならば35~40万円程かかるようです。

採用した人材に見合った成果があったかどうか、すぐに辞められるとまた同じ位のコストがかかるので、長く働いてくれる人材を企業は探しています。長期間で働きたいと意思を伝えることが重要だと言えるでしょう。

即戦力になるかどうか

求人を見ていると即戦力という文字が出てきて、応募するのを諦めてしまっていませんか。中途採用になると、これまでの経験やスキルを活かせることが転職の前提となります。

会社によっては仕事の内容、働き方、知識は違っており、慣れる時間が必要となるのは企業も承知しているでしょう。どのくらいの期間で仕事がこなせるかは、企業によってさまざまです。前の会社でどういうことをしてきたか、これから今までの経験をどう活かして会社に貢献していけるのかを説明していきましょう。

退職理由を伝える3つの例文

面接で聞かれる会社を退職する理由を相手に悪い印象を与えずに伝える方法を紹介していきます。

職場の人間関係の場合

転職を希望する人のほとんどの理由は、人間関係の問題が多く、職場でのいじめや上司と合わないなどが上げられます。しかし面接では触れないでおきましょう。そのことを言うと、職場でうまくやっていけないのではと、勘違いをされるかもしれません。

何故辞めたのかと聞かれたら、今まで積み上げてきた経験を活かすことがしたい、チームで協力して成果を出す働き方がしたいからと説明しましょう。前向きに伝えることで、職場の仲間とうまくやっていけないと誤解されることもなくなります。重要なことは、前の会社で身に付けたスキルを転職先に活かし、企業に貢献できるかをアピールすることだといえます。

残業時間が多かった場合

退職した事情が、就業時間外の仕事があるや休日出勤があった場合、週に何時間残業をしたや月に何回出勤したなどの客観的なことを理由に伝えたほうがよいでしょう。ただ単に時間外労働が多かったからと話してしまうと、忍耐力がないのでは、仕事が好きではないのだろうかと判断されてしまいます。

業務時間外に残って仕事をするのがなければ、何をしたかったのかを詳しく説明しましょう。スキルアップするための学習時間が少なかった、仕事の成果に対するクオリティが低下しているなど転職先での仕事に活かせることを伝えましょう

仕事内容に不満があった場合

面接で退職した理由を聞かれることは多いです。その際に企業を辞めたことを、どのように伝えたらよいか、判らなくなってきます。転職を考えている多くの人は、会社の待遇や人間関係などに不満を持っています。面接のときに、転職を希望している人の辞めた事情を聞くことは、その人の希望している仕事を知るためでもあります。退職の理由によって、自社で長く続けていけるかどうかを見定めているのです。

仕事の希望条件も明確化してきますので、会社を辞める事情が志望動機と結びついていると、採用担当者は条件に合っていると判断します。前の職場で学んできたことや身に付いたスキルが、転職することで活かせる業務につきたいことを伝えます。退職した理由を転職することで成長していけるように、アピールすることが大切だと言えるでしょう。

好印象を与える退職理由を伝えて転職を成功させよう

仕事に不満がある人多くいます。しかし辞めた内容をそのまま面接のときに話してしまうと、面接官は同じ理由で、また辞めるかもしれないと不安になるかもしれません。

退職した事情を書きだして、整理しましょう。転職の理由がネガティブだったら、採用担当者に前向きな考えを話した方がよいでしょう。仕事の愚痴ばかりを話すのはやめましょう。

人間関係がよい所で働きたい、仕事内容や役割が希望と違う、給料が高い所がよい、土日の休みがある、希望している勤務地でない、雇用形態が不安定、成長できる会社で働きたいといった前向きな自分の希望や考えを説明しましょう。

転職を考えている人のほとんどは、人間関係の問題で職場でのいじめや上司と合わないなどが理由になっています。しかし面接でそのまま話すのは避けておきましょう。そのことを伝えると、職場でうまくやっていけないのではと誤解されるかもしれません。

辞めた理由を聞かれた場合、今まで積んできた経験を活かすことを希望している、今まで個人で仕事をしていたため、チームで協力して成果を出す仕事を希望しているからと説明しましょう。

ネガティブなことを、志望理由に変えることで、職場の仲間とうまくやっていけないと勘違いされることもないでしょう。大切なことは、前職で身に付けたことを転職先に活かして、業績をあげていけるかをアピールすることが大切です。

【関連記事】
これから転職を考えている人におすすめの記事
【ガイド】転職に必要な準備とは?活動を始めるときに知っておきたいこと

おすすめの転職サイトやエージェントを知りたい方はこちら
【女性の転職に関する最新情報】おすすめの転職サイト・エージェントランキング


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール