• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 女性が転職を考えるとき。資格はどのようなものが有利になるかを知る
転職

女性が転職を考えるとき。資格はどのようなものが有利になるかを知る

自分の身は自分で守らなくてはいけないといいますが、資格はその身を守るための手段でもあります。転職をしたいときに資格がないと、採用されない確率が高くなってくるのです。どのような資格がよいのかを仕事別でまとめてみましたので、一緒に学びましょう。

女性が転職の際に有利になる資格を知りたい

仕事が好きで女性でもバリバリと働いている人は、大抵仕事に有利な資格をたくさん持っています。自分もさまざまなことにチャレンジしていきたいと思っていても、いざ資格を取ろうとしてもどのようなものがよいのか迷ってしまいます。

女性がこの先仕事をしていく上で、どのような資格がよいのかを学んでいきましょう。女性ならではの資格や、仕事の種類によって取っておいたほうがよいものなどがあるのです。将来金銭的にも不安がある人や、年を取ってからも仕事がしたいという人必見です。

まだ就職先を迷っている人も、今からでも遅くはありません。資格によっては老若男女受けられるものもありますので、早速自分に合う資格をみつけてみませんか。

資格があると転職に有利になる

資格を持っていることによって、転職先をみつけやすくなり幅広く職場を選ぶことができるためとても有利です。また、資格手当が付く会社もあり、以前の会社よりもはるかに高待遇で再就職できる可能性もあります。今の会社で給与に不満がある人は、まず資格を手に入れて転職を考えてみてもよいのではないでしょうか。

女性は結婚と出産、育児ということになると一線から離れる日がくるかもしれません。しかし、資格を持っていると一生使えますので、給与もよくすぐに即戦力として働き口がみつかりやすくなるのです。育児を終えて本格的に働きたい人は、今から資格を取っておくことをおすすめします。

 ユーキャン特集:今が始めドキ!な資格とは?

事務職におすすめの資格

女性は事務職で働いている人がとても多いです。年齢関係なくこの先も事務職で働きたいと思っている人に、取っておきたいおすすめの資格をいくつかピックアップしました。事務職は年齢問わずずっと働けますので、よい職場であれば将来的にも安泰です。

経理のことが分かるようになる「日商簿記検定」

経理事務などの帳簿を付けるのに役立つ資格で、1~3級まであります。求人では2級以上が求められますが、2級の合格率は10~25%となかなか難しい資格なのです。そのため、2級以上の日商簿記検定の資格を持っている人は、企業に採用されやすくなります。

2級を受ける際の勉強期間は約半年間といわれていて、2級は年に3度試験があります。通信講座などもあるため、転職をする前に働きながら資格を取る人も多いです。

1級は大学での簿記程度ですが、会計学や工業簿記、原価計算を理解していないといけません。1級を持っていると自分で会社経営もできますし、分析なども同時に行える知識が身につきます。また、大手会社の企業を希望であれば、ぜひとも持っておきたい資格です。

 ユーキャンの簿記3級講座詳細はこちら
 ユーキャンの簿記2級講座詳細はこちら

パソコンのスキルをアピールするなら「MOS」

「MOS」は「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」のことで、ExcelやWordなどが使えることを証明できる資格で、この先の将来のためにぜひ取っておきたいものです。事務職だけでなく、さまざまな業務でいかせる有能な資格なのです。

このスキルを持っていることで会社によっては特別手当が出たりと、給料面でもアップするところが多いようです。時間があまりないという人でも、通信講座なら短期間で取得できる可能性があります。試験は毎月実施されていて、PCで行うため合否もすぐにわかります。比較的に簡単に取得できる資格ですので、今後持っておいても損はないでしょう。

 ユーキャンのマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)講座詳細はこちら

医療関係に転職したい人におすすめの資格

今は女性の中で「転職したいと思う仕事」トップ3に入ってくるのが医療関係の仕事です。人の役に立つということではダイレクトに感じられるため、やりがいを感じている人が多いようです。人とコミュニケーションを取るのが得意な人に向いている仕事です。

女性に人気の資格「医療事務」

会計や受付、レセプト作成やカルテ管理など専門性の高い仕事です。人手不足というのもあり、医療機関は全国にあるので、引っ越したりしても転職先がみつけやすい資格なのです。

医療事務の資格は10種類ほどに分かれていてます。大きく分けると4種類あり「医科・歯科・調剤・医師事務作業補助者」で自分に合った資格を取ることが重要になってきます。そのため、自分がやりたい仕事をしっかり見極めて資格を習得するようにしましょう。

出産などで一度離れた仕事でも、スキルは一生ものですので育児を終えてからでも仕事に復帰しやすいです。女性にとってはかなり強みになる資格ですので、まだ就職していない人でも取っておいてみてはいかがでしょうか。

 ユーキャンの医療事務講座詳細はこちら

今後の需要も高い「介護事務」

高齢化問題もあり深刻な人手不足あるため、未経験でも歓迎される介護事務ですが、資格があることで特別手当が受けられたりします。介護事務にはいくつか種類があり、介護報酬請求などについてしっかり勉強できる資格がおすすめです。

資格を持っていることで、知識がある分自分の家族を守ることができます。また、介護事務の資格は合格率が50%と高く、比較的受かりやすいため取っておいたほうがよいのです。しかし、介護事務専業で働くのであれば、年収は平均250万円とかなり低くなるため、介護福祉プラス介護事務ですとかなり重宝される人材になります。

介護事務の仕事はデスクワークが多いため、体力に自信がないという女性でもできます。そのため、年をとってからでもできる仕事ですので、子供が独立したあとでも再就職しやすい環境でもあります。

 ユーキャンの介護事務講座詳細はこちら

幅広く職場を探せる「登録販売者」

第二類医薬品まで販売でき、最低高校卒業後に1年間の実務経験がある人なら、誰でも試験を受けられるため最近人気がではじめてきました。資格医薬品に関する勉強を行い、薬局やドラッグストアの経営を行うことも可能になります。

登録販売者の需要が高くドラッグストアやスーパー、コンビニやホームセンターなど幅広く働く場所があるのが特徴です。また、資格手当がつくことが多く、長期的雇用も期待できるため持っているだけでも損はしません。

薬剤師のような調剤を合わせたりとまでの知識は必要なく、ドラッグストアなどの薬は第二、第三類医薬品は9割あるため、登録販売者だけでも十分に活躍できるのです。また、給与もキャリアが上がれば年収平均で500万円とよく、時間数が少し長くなるかもしれませんが金銭的には満足できるでしょう。

 ユーキャンの登録販売者講座詳細はこちら

将来独立もできるおすすめの資格

本気で将来的にもなにかしら仕事に携わっていきたい人に、おすすめの資格を集めてみました。すぐに独立はできなくても、普段の生活でも必ず役に立つものです。資格を取るには勉強などで時間はかかりますが、独立を夢見て資格を取ってみませんか。

幅広い職種で役立つ「ファイナンシャルプランナー」

国家資格で資金の運用や、ライフプランのアドバイスを行える資格です。不動産会社や住宅メーカー、保険会社など活躍する場所が多くなります。年収は平均で300?400万円といわれていてあまり高いとはいえません。しかし、世の中に出回っているお金に関する知識も持てるため、開業にも役立つ資格なのです。

自分の家族に関するライフプランも組み立てられますし、税金や保険に関する知識にも強くなります。特に、マイホームを建てたいという人であれば、必然的にお金が絡んできますので大いに活用できるでしょう。

将来的にも、キャリアアップを目指したいという人にはおすすめです。転職の際にはこの資格があるだけで即戦力になるため、多くの女性が勉強しています。現在関連業界に関わっている人であれば、さらなるキャリアにもつながりますし、難しい案件などを任されて信頼も同時に得られます。

 ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座詳細はこちら

法律の知識も身につく「行政書士」

国家資格で行政などの、法務サービス全般の職務を行うことができます。「業務独占資格」とも呼ばれていて、資格がないとできない仕事なのです。国民と行政をつなぐ法律専門家として、キャリアを積めば独立や開業も夢ではありません。

資格摂取は並大抵なことではありませんが専業主婦でコツコツと勉強し、在宅で開業した人もたくさんいます。自宅にPCとプリンターさえあれば、簡単に開業ができます。開業をすれば自分の時間も持てて、自分のペースで仕事ができるのです。

行政書士の年収は個人差はありますが、平均600万円で普通のサラリーマンに比べるとかなり高めなのがわかります。それほど誰もが取れる資格ではないということがわかります。中でも開業してキャリアを積めば、年収1,000万円以上も可能な仕事です。

 ユーキャンの行政書士講座詳細はこちら

不動産業界で有利になる「管理業務主任者」

マンション管理について、的確にお客にアドバイスができる独占業務専門の資格です。委託契約に関する重要事項や、管理事務の報告を行えるのが条件です。会社によっては資格手当をもらえるため、将来は管理運営コンサルタントとして独立開業をすることもできます。

今後も多くのマンションが建っていくと予想されていますので、管理業務主任者はとても重宝される職種となります。就職先としてはマンション管理業者が適任です。

また、できればマンションと切っても切れない関係の、土地や建物の売買を行う「宅地建物取引士」のW資格があるとさらに有利です。多くの人は宅地建物取引士の資格が合格したらすぐに、管理業務主任者の資格を取得しているようです。どちらかひとつではなく、セットで取得したほうが会社的にも信頼され重宝されるのです。

 ユーキャンのマンション管理士・管理業務主任者講座

資格を活かして理想の職場へ転職しよう

今働いているところがやりがいがないと感じるのであれば、転職するのもひとつの手です。この時代、資格を持っている人が最優先されますので、資格があればあるほど採用されやすくなります。自分の名刺代わりとしての資格は、専門職であるほど重宝されます。

とはいえ、就職したい職業と関係のない資格を取るのではなく、関連の資格をたくさん取ることで信頼もされます。せっかく取得した資格を宝の持ち腐れにしないように、どんどん活用していきましょう。将来の老後の蓄えを担うのは資格かもしれません。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール